FC2ブログ

水島社長はまた逃げるのか! 我那覇真子との公開討論から逃げて、逃げて、逃げる?


水島社長が公開討論に応じるといった動画を受けて、我那覇真子が再度討論の申し込みをしました。

水島総チャンネル桜社長へ 再度申し込み、討論は1対1です 琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会特別動画その12


水島社長が、1対1ではなく、我那覇父、江崎氏、ボギーテドコン氏や依田啓示氏も呼んで討論すると言ったことに対しての返信でした。

我那覇真子氏が話したい内容は

・水島社長が我那覇真子氏に行った各誹謗中傷
・沖縄の篤志家を仲介したことを嘘だと言われたこと


こちらに対する反論なので外野はいらないということですね。

それに対して水島社長もすぐに動画で答えました。

【緊急報告】我那覇グループに応える[桜R2/7/15]


・長年活動したんだから、これくらいのことで傷ついたとかピーピー言うんじゃない。俺はもっとひどいことを言われている。
・私は客観的な立場でいられるから、我那覇真子、父、江崎氏、テドコンし、依田氏を交えて討論しよう。

はっきり言って、水島社長の反論は反論になっていないですね。

自分の方が誹謗中傷されていると言っていますが、水島社長が左翼から誹謗中傷されているのと、我那覇真子氏が、仲間だと思っていた、そして、長年活動や番組を通じて自分が貢献したチャンネルである、チャンネル桜の水島社長に番組を使って誹謗中傷されることは全く質の違う話です。

それに沖縄の篤志家に対する反論はなしでしょうか?

水島社長の篤志家に対する反論はこちらの動画ではこうでした(1:15:00頃から)。

【桜便り】我那覇グループの欺瞞を糾す。真面目な顔をして嘘を言ってはいけない~ボギーてどこん 他[桜R2/7/1]


20代の若い娘さんに篤志家を紹介してくれなどとお願いするはずがない。沖縄を考える会には招待されて行った。自分のことはもちろん相手方も知っていたし、山田宏議員の次に挨拶をして、大変丁重に扱ってもらった。そのとき、その中に、メンバーの中に我那覇真子もいたので、「あなたもいたのか」ということで、将来のある子なのでよろしくお願いします、とそういう感じ。

一方、我那覇氏の反論ですが

水島社長に沖縄支局が続けていけなくなるかもしれないから、篤志家を紹介(我那覇父曰く仲介)してくれと言われた。その会の出席メンバーをチャンネル桜の井上プロデューサーから事前に知りたいと言われて、リストを送った。井上Pからは、「水島に添付する」と返信が返ってきた。

これを見るに、リストは招待客全てに配られるようなものではないこと。
我那覇真子氏はそれを入手出来た、会のメンバーに近しい、あるいは会のメンバーだったのではないかということがうかがえます。
我那覇氏に井上Pが前もってリストを頼むということは当然、その会に呼ばれたこと自体が、我那覇氏の仲介だったのではないでしょうか。


そのことの真偽はともかく、なぜいろいろ理由をつけて1対1の討論を水島社長は避けているのでしょうか?

我那覇真子氏を若い娘さん呼ばわりしているくらいです。
自称・保守業界の大御所、スター、リーダー様の俺様・水島社長様と討論など100年早い!と言い切れるのならそれはそれなのですが、要はボロが出るのが怖いので逃げたいのでしょう。

これを意外とかいう人は甘い!今までの水島社長の行動まんまではないですか。

以前、田母神俊雄氏が都知事選で集めた支援金を横領したと水島社長が大騒ぎし(結局横領は不起訴)、田母神俊雄氏に通帳を持って、公開討論しようと呼びかけたことがありました。
その時、田母神氏は、警察に横領に関して相談してたため、すぐにはそれに応じられないと言っていました。

それが、田母神氏が「通帳を持っていくので討論しよう」と呼びかけたとたん、「事前に通帳や他の経費明細などを見せてもらわないとできない」と言って、水島社長は逃げたのです。

だから公開討論など無駄だと言ったのです。
正々堂々など口だけ、どうしてそれが我那覇氏にはわからないのでしょうか。
水掛け論を避けるための公開討論の申し込みが、結局動画の投げ合いになりそうな感じです。

世の中にはかかわってはいけない人間がいます。
自身の将来が大事なら我那覇真子氏は速攻で水島総社長を切るべきです!!




スポンサーサイト



テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

チャンネル桜 水島総社長と我那覇真子の争い 今までのまとめ ジャンヌ・ダルクはやはり焼かれるのか?


チャンネル桜沖縄界隈で内輪揉め及び、我那覇真子氏への水島社長の批判が行われています。

こちらの件、ご存じない方もいらっしゃるかと思いますので、まずは時系列でざっくりまとめます。

・2020.02.05 、6依田啓示氏が我那覇真子氏らがFM21相手に行なっている裁判を批判(動画は削除済)

我那覇氏の裁判情報
番組の打ち切り 本紙報道「圧力」/那覇地裁で正す会主張

・2020.02.24 それを受けて、我那覇真子がチャンネル桜の水島社長へ抗議し、公開討論が行われる。

動画の公開は5月5日。

【討論①】我那覇真子氏・依田啓示氏による公開討論[桜R2/5/5]


【討論②】我那覇真子・依田啓示 公開討論[桜R2/5/5]



・2020.05.31 我那覇側は依田氏やボギー手登根氏の批判動画を続けて作成。

依田啓示氏による誹謗中傷裁判妨害を糾弾する 琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会特別動画その1


・2020.06.10依田氏が70代の男性に怪我を負わせたとのことで逮捕。
依田氏が沖縄県議会議員選挙に出馬し、落選した直後で、怪我を追わせたのは で、選挙の前。

県議選出馬の依田容疑者逮捕 男性の顔殴り傷害容疑「牛のことでトラブル」

・2020.06.18 水島社長、Front Japanにて、水島社長が「沖縄の声」の現在と題して、我那覇真子、江崎支障氏を批判。我那覇真子、依田啓示両名に「真人間になれ!」。

【Front Japan 桜】金与正という新指導者の現実~西岡力 / チャンネル桜「沖縄の声」の現在 /さあ、 尖閣へ出漁!民間のできる防衛活動と実効支配 他[桜R2/6/18]


・2020.06.29 我那覇真子、水島社長に対する批判動画を公開。

水島総社長の信義違反、共産党的同志粛清は許されない 琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会特別動画その10


・2020.07.01 水島社長、ボギー手登根氏を出演させ、我那覇真子や江崎氏に対する批判番組を作る。この後、何度も番組を作って批判。

【桜便り】我那覇グループの欺瞞を糾す。真面目な顔をして嘘を言ってはいけません~ボギーてどこん 他[桜R2/7/1]


・2020.7.2

【Front Japan 桜】田村秀男~コロナ後オリンピックは? / 我那覇問題、私たちの姿勢 / なぜ海保は尖閣の現実を発表しないのか / 香港の死は台湾・日本へ 他[桜R2/7/2]


・2020.7.8
【桜便り】琉球新報に宣戦布告~尖閣映像不正使用と転売 / 我那覇問題について視聴者の質問に答える 他[桜R2/7/8]


この時点でのお互いの言い分の主なものをまとめて見ます。

我那覇真子側の言い分

・討論会を行ったのは、裁判について依田が嘘をついたから。依田が逃げないように水島社長に立会人になってもらって、チャンネル桜で公開討論という形にしてもらった。
水島社長にも経緯を説明して、依田は嘘つきだから、それを明らかにして欲しいと言った。同じグループのキャスターの中で、嘘で相手を非難するような組織にとって危険な人物は排除して欲しいというつもりで申し上げた。水島社長は「水掛け論的なこともあって断定できない」といったが、水掛け論にならないために、水島社長に交通整理をお願いしたのに、それを社長がしなかったから、6時間に及ぶ水掛け論になった。
・番組でおおきなわとか育てたいと思ってやってきたと言っていたが、番組が始まったのは、スポンサーの関係で、番組を一つ作らなくてはいけない。我那覇真子だったらスポンサーがOKを出してくれる。だから番組をやってくれないか。ということでお願いをされた。
・ある番組からレギュラーの話があって、お仕事として非常に大きなものであったが、その番組を考えたときに、社長のほうからこれはチャンネル桜潰しになりかねないからやらないでほしいいわれた。
・私(我那覇真子)は社員でもなんでもない。協力者として自分にできることをやりたいという思いでやっている。そういうふうに献身的にずっとやってきたにもかかわらず、この動画の最後には依田容疑者と私、二人に言いたいといって、「真人間になれ」といわれてわが耳を疑った。
・沖縄支局は金銭的にもうやっていけないと、数年前に私(我那覇真子)に相談があった。スタッフ、カメラマン2人いますが、その人たちの給料であるとか家賃、これがもう払えなくてやっていけなくなる。それが継続できるように私に篤志家の方を紹介してくれとお願いされた。その時も私は快くもちろん継続できるようにお願いをしましょうということで、一緒に頭を下げて、支援をお願いしますと、会いにまで行きました。そういったことも、協力もしてきました。なのに、「育ててあげた」「日本人の心はもうない」「真人間になれ」と言われた。

水島社長の言い分

・我那覇真子を育てたいと思って、「おおきなわ」などやらせてきた。番組が始まった時のは中山恭子先生が自民党(まま、本当は日本のこころを大切にする党)をやめて希望の党に移ったことから、保守政党を支持して、中山先生をプロデュースして来たスポンサーが、これでは支援できないと言ってきた。だから我那覇真子という人がいるからと言って、支援を続けてもらったが、今はもうスポンサーはやめている。それからも「おおきなわ」を続けているが全部自前で金は払っている。

・沖縄の篤志家の件は、その会には自分も招待されていった。そこに我那覇真子もいたが「お前もいたのか」という感じ。20代の娘に困っているから、支援してくれる人を紹介してくれなどというはずがない。その人にはスポンサーになってもらったが、現在は支援してもらってない。

・公開討論の後、江崎孝氏から、番組で依田批判のやりたいといわれたので、キャスター内でそんなことはやめてほしいといった。すると江崎氏から「言論弾圧だ」と言われた。江崎氏は依田やボギー手登根を「サイコパス」「サイコ蠅」などと言っている。

・江崎氏は統一教会の關係している、世界日報でもたびたび記事を書いている。彼らの周辺にはハッピー(幸福の科学)もいる。

・私(水島)は依田氏側についたわけでもなく、我那覇真子を切り捨てたわけでもない。

・我那覇側は自分の貢献とかギブアンドテイクだとか言っているが、結局金の話。それが日本人的ではない。従軍慰安婦みたいに被害者面するな。


さて、この水島社長の言い訳にはおかしなところがあります。
中山恭子先生を支援できなくなったというスポンサーに我那覇真子氏のような若い人がいるからと、言って支援を続けてもらったのは結局本当のことですよね?
その支援者がいなくなっても「おおきなわ」は自前で続けていると言っていますが、そもそもチャンネル桜の活動資金は二千人委員会などのスポンサーの支援ですよね?自前で続けたと偉そうにいう話でもないし、スポンサーがいなくなったからと言って、我那覇氏をやめさせるのはおかしいし、彼女の動画を見るために支援している人だって、チャンネル桜の支援者ですよね?

ほかにも統一教会だの幸福の科学だの、そもそも世界日報は頑張れ日本!全国行動委員会の役員だった、故井尻千男氏だってかかわってましたよね?

我那覇真子氏と幸福の科学や幸福実現党とのかかわりなんて、何をいまさらです。
現在、チャンネル桜に出演している人の中にも、幸福実現党の動画に出ている人なんて何人もいますよね?
まあ、一般人の私をYoutubeのチャンネル登録だけで統一教会信者で在日朝鮮人で本当は男などと言って、嘘八百の動画を何本も作った水島社長に何を言っても通じないでしょうけど。

#チャンネル桜 は #チャンネル削除 番外編 工作員kw yumi #水島社長 に正体を暴露されるの巻

#チャンネル桜 は #チャンネル削除 一般人を嘘で誹謗中傷する草莽チャンネル #水島総

慰安婦呼ばわりされて、さすがに怒った我那覇チームが昨日新しい動画を上げていたので、そちらの要点、といってもかなり長いですが、上げておきます。
ポイントとなる部分は赤字にしておきました。

水島総チャンネル桜社長、共産党もビックリの誹謗中傷! 琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会特別動画その11


・前回上げた10番目の動画は、動画の前の字幕で上げたように、事前に水島社長に電話をして、「真人間になれ」といった発言を撤回する気はないか、その発言を撤回すれば10の動画は公開しないといってあった。しかし水島社長は撤回しないといった。

・水島社長は7/8で我那覇真子に対して、番組内で我那覇問題といい「慰安婦被害者面するな」といった。最大級の侮辱。これほどの侮辱を黙って世に広がらせておくわけにはいかないと思い、今回の反論をした。

・電話をしてきたことに対して、土曜日の夜は酒を飲んでいたし、こんな時間に電話を来るのは非常識と番組で言っていたが、あれは真子に対していたことを酒の上での失言にしたいため。あの電話は、水島社長に直接電話したが、切られて、その後電話に出なかったために、チャンネル桜本社に電話して、北海道にいる水島社長に連絡を取ってもらって、水島社長からかけなおしがあった。そんなに飲み会が大事なら、かけなおさなくてもよいはず。自分から電話をかけてきたくせに、なぜこちらを非常識呼ばわりするのか。

・電話は移動途中で車中だった。我那覇と父がいたが、スピーカーフォンにしなくても、水島社長の声が大きいので父にも話は聞こえた。1時間くらい話をし、真人間になれという動画を撤回する気はないかといったが、しないといわれた。

・我那覇真子が電話をとった瞬間、水島社長に「土下座して謝ってくるかと思ったら反論とはなんだ」と言われた。

・依田氏の事件に関して、やばいと思い、善意で社長にこういう事件が起きているのでチャンネル桜に迷惑がかかるのではないかと伝えていた。水島社長は依田の選挙を応援していないと言っていたが、チャンネル桜で1週間番組でやった。月から金まで、普段は休みの土曜日まで候補者本人が語って支援者に語らせて番組をやって、応援していないは通らない。

・水島社長に「お前は忘恩だ、忘恩野郎だと周りに言ってやる」と言われた。「私こんな風に協力してきましたよね」と10番の動画で話したようなことを言ったら、「お前はあとから言ってくるのか、もうお前はチャンネル桜にかかわるな」というふうにいわれたので、私からするともう協力はできませんといった。だから正式には発表されていませんが、おおきなわはこれで終了。

・(沖縄の篤志家を我那覇が紹介したということに関して)、我那覇父、紹介というよりも仲介。
・水島社長は沖縄での篤志家との会合を、自分は招待された、我那覇真子が来ているのをその場で知ったくらいで、「おうお前もいるのか」という感じだったといったが、嘘。あの会合に関しては、取締役の井上さんとメールでやり取りをしている。チャンネル桜は、会場にだれが知りたいと電話で言われたので出席する先生の一覧を井上さんにメールで送っている。井上さんから、「じゃ水島社長に転送しておきます」と返事が返ってきている。だから水島社長が言ったように、当日会場に来てみて、いろんな人がいて「あ、我那覇真子もいた」というのは全く違う。事実を捻じ曲げて、20代の小娘に支援のお願いをするわけがないとまで言われるのは本当に心外。

・「おおきなわ」に関しては、我那覇が番組を持つのならスポンサーが継続するという話があったため、本来、その番組をそのまま引き継ぐ予定だった(番組内では話していないが、中山恭子先生がやっている「夢を紡いで」)。それをやってしまうと、それまで番組をやっていた先生の顔をつぶすことになるので、新しい名前の番組をやるという形でやるんでしたらできると伝えた。

・(我那覇父)水島社長は自分の番組に出させてあげたという意識が強い。毎回番組でキャスターが、支援金をお願いしますと頭を下げていて、そのお金で運営して社長の給料もスタッフの給料も出ているが、キャスターはほとんどボランティア。チャンネル桜沖縄の声も交通費が支給されるだけで、まったくボランティア。(我那覇に対しても)育てた何だと言っているが、社会的マナーとしてお世話になりましたというが実際は番組の構成の仕方や街宣のスピーチの仕方とか。(真子)そういう指導は一切ないし、自分でやるしかない。

・(我那覇父)桜便りで江崎が依田や手登根をサイコ菌、サイコ蠅とののしっていると言っていたがそういう事実はありますか?(江崎)ブログをやっていて、コメント欄を荒らした、手登根、依田支持者にはそういうことを書いたが、少なくとも手登根さんや依田に関して面と向かってそんなことを言ったこともない。(我那覇父)それが事実であるかのように社長はまくし立てた。

・(我那覇父)水島社長は我那覇側が裁判を依田に批判されたことに対して、自分たちは手登根の裁判を批判しているのに、自分たちが批判されるのはダメなのかといったが、そもそも手登根は裁判をしているのか?我々は知らないし、(知らない)裁判を批判しているということはない。水島社長はあまりにも事実誤認が多すぎる。こういったことを確かめて訂正されたほうがいい。

・(我那覇父)水島社長は江崎師匠に対して語るとき、枕詞に「統一教会の世界日報にたびたび記事を書いている」と言っているが、世界日報に記事を書くことがいけないのか?団体や信者や新聞の方に失礼。(江崎)渡部昇一大先生もたびたび記事を書いているし、ロバート・エルドリッヂ氏も定期的に書いている。期待に沿えなくて悪いが私は信者ではないし、自分から寄稿したことはない、頼まれて書いたし、今後も依頼があれば書く。それの何が悪いのか。

・(我那覇父)チャンネル桜で水島社長が江崎師匠がチャンネル桜沖縄で言論弾圧といった言うのは全く間違い(フロント・ジャパンで水島が、「江崎がチャンネル桜沖縄で依田批判をさせろと言ってきた。キャスター内でそんなことはやめろと言ったら、江崎がそれは言論弾圧だといった」と話したことと思われる)依田が我那覇真子がルール違反をしていると公開討論のことでいちゃもんを付けてきたので、事前に水島社長に了解をとって立ち合いをしてもらったので、真子側のルール違反ではないという単なる告知をやらせてくれといったのに、水島社長は「依田啓示批判番組をするな」とまくし立てた。

・(江崎)この問題の一番の問題、これは2019年の5月30日。チャンネル桜沖縄で手登根と依田が、依田の経営しているカナン関係の仕事が本人の放漫経営で銀行のさしおさえにあったのに、基地反対活動家の営業妨害されたため、おかしくなり、結果銀行差し押さえになったかのようなでたらめを言って、差し押さえられた物件を買い取るために三千万の資金が必要だから、皆さんの協力をお願いしますと言って番組を使って基金を募集した。勝手に二人でやるのは構わないが、チャンネル桜の番組を使ってやったので、責任者の水島社長にこれは大変な問題ではないかと直接言ったのに、水島社長は「よく検討します」といったまま、ほったらかした。責任問題になるし、詐欺と言われても仕方がない。

・事実誤認で間違ったことを水島社長によって発信されているので、私としては反論しなくてはならない。こちらが動画を上げ、反論動画を上げでは一向に解決できない。水島社長に公開討論の申し込みをさせていただきたい。


しかし、我那覇側は「水島社長がこんなことをいうとは信じられない」などと言っていますが、都合が悪くなれば、どんなに恩のある人でも切り捨てて誹謗中傷するのは田母神俊雄氏のことを見ていればいつもの話ではないですか?
倉山満先生に対しても自分の立場を守るために、欠席裁判に誹謗中傷。
これが水島総社長の本性ですし、もうなんど同じことを繰り返すのかと。


我那覇真子氏が国民保守党の代表を断った時から、この日が来ることは目に見えていたのですけどね。

カンパれ水島呆守新党(笑) 代表は我那覇真子! #水島総 #チャンネル桜 #ジャンヌ・ダルク

国民保守党代表 我那覇真子 沖縄保守新党結成を表明する?! #チャンネル桜 #水島総

事後承認で選挙に出たり党の代表になる。あり?なし? #水島総 #我那覇真子 #田母神俊雄 #チャンネル桜

公開討論も何も、我那覇氏は一刻も早く、水島社長と縁を切るのが、彼女のためだと思うのですけどね。

7.13追記
水島社長が7/11の放送を受けて、公開討論に応じるそうです。
どんな形になるのでしょうかね。

【緊急報告】我那覇グループの求めに応じて公開討論を実施します[桜R2/7/13]


テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

チャンネル桜はチャンネル削除 言論チャンネルとして無価値なことを自ら証明


ご無沙汰しております。

仕事が多忙&あまりにも水島社長の最近の言論がつまらなくて記事にすることが宣伝になってしまうために、随分こちらのブログが放置された状態でした。

最近、アーカイブとして自身のブログを読み返したら(゚д゚)!

日本と本と猫と チャンネル桜

私のブログでアップしていたチャンネル桜のyoutube動画がほぼ消えている!!
ニコニコ動画の方は残っているようですが、これはどうしたことか?

こちら最近記事にしようかと思ったのですが、あまりに些事だったのでやめていたのです。

【直言極言】松尾一郎氏が証言する水間政憲という人物の実像[桜R2/4/24]


水間政憲氏が、映画『南京の真実 第一部』の死刑囚がワインを紙コップで飲んているのがあり得ないとか言って誹謗中傷していたことのまあ反論動画ですね。
私は水島社長の肩を持つわけではありませんが、映画表現としても歴史的事実としても、ワインを紙コップで飲むのも切子のグラスで飲むのも「それ、議論する必要あるの?」と言う話なので。
結論としては水間氏が自身の「無知」をさらけ出しただけですし、1年前はせっかく水島社長が皇室を貶めるために番組に出して重用してあげたのに、手のひら返しされて、内ゲバ乙って話ですので┐(´д`)┌ヤレヤレ

水間氏に関しては、ここで書くまでもなく、最近では、ほぼ保守系雑誌にも執筆することなく、ずっとシリーズで出していた「ひと目でわかる」シリーズも、なぜかPHP研究所ではなくビジネス社で出したことで察しというかw

日本と本と猫と 水間政憲

さて、本題に戻ります。

4/24放送の『直言極言』で話していますが、『南京の真実 第一部』に続き、4月22日の『真相はこうだ』もyoutubeが削除したそうです。
youtubeでは1チャンネルで3つ削除されればチャンネル自体が削除されてしまうと言われています。
チャンネル桜は現在2アウトですね。

過去動画の削除はそのためでしょうか?

自分の番組を自身で削除するのなら問題がないのでしょうか?
しかしながら、言論人として、番組を理由もなく削除するのは如何なものかと。


一瞬だけ正しい人、そのときは正しいことを言っている人はいますが、本当にその人の言っていることが正しいのか、価値があるのかを見極めるにはその人が、「いつ」、「どのタイミングで」、「何を言っているのか」を確認する必要があります。
テレビと違ってyoutubeなどインターネット放送の良いところは、それが残っていて、再検証可能なことです。
インターネットに頼っているのに、それを自ら削除するのは如何なものでしょうか?

しかも水島社長ご自身の『直言極言』が令和2年のものしか見られない状況というのはねw

2020y04m29d_201259378.jpg


直言極言

よほどyoutubeの基準に沿わないような差別的で悪意のある表現をなさっていたというご自覚があるのではと(嘲笑

いやー、そんなこともあろうかと(そこまでは考えていませんでしたが)、問題のある動画をえー、とかうぅとかまで文字起こししておいた甲斐があるというものです。

水島社長がトンデモないこと言ってたけど、あれ、どの動画だったかな?とかお探しの皆様。
是非こちらのブログにお立ち寄りくださいね(^_-)-☆


テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

日本は無条件降伏したのか?~ポツダム宣言と日本国憲法


倉山塾には全国に支部が存在し、それぞれで勉強会などを開催しています。

先日1月25日に、我が北信越支部で行われた勉強会。
現在、倉山満先生の『誰が殺した?日本国憲法』を最初からじっくり読み進めています。



11月の勉強会の報告がこちら。

ウッドロー・ウィルソンの14カ条と『最後の授業』

今回は、日本の総力戦に対する無理解から、占領こそが本番だということが、わからず、その総力戦の総仕上げが日本国憲法だったという話を読みました。

その中の、日本は無条件降伏していない、という文脈で、ポツダム宣言をきちんと読んでみました。

私達は学校で、「日本はポツダム宣言を受け入れて無条件降伏した」と教わりますが、それは本当でしょうか。

ポツダム宣言の全文はこちらで読むことができます。

憲法条文・重要文書 ポツダム宣言

今回はわかりやすく、こちらのハフィントンポストの現代語訳を参考にさせて頂きました。

ポツダム宣言には、何が書かれているのか(現代語訳)

記事より引用

1. 我々、アメリカ合衆国大統領、中華民国主席とイギリス首相は、我々の数億の国民を代表して協議した結果、この戦争終結の機会を日本に与えることで意見が一致した。

2. アメリカ、イギリス、そして中国の陸海空軍は、何度も陸軍、航空編隊の増強を受けて巨大になっており、日本に対して最後の一撃を加える体制が整っている。この軍事力は、日本が抵抗をやめるまで同盟国によって維持できるものだ。

3. 世界中の自由な人々は立ち上がった。それに対してドイツが採った無益かつ無意味な抵抗の結果は、日本の人々に対しても極めて明快な例として示されている。現在日本に向かって集中しつつある力は、ナチスの抵抗に対して用いられた力―全ドイツ民の生活、産業、国土を荒廃させるのに必要だった力―に比べると、測り知れないほど大きいものだ。決意をもって、我々の軍事力全てを投入すれば、日本軍は壊滅し、また、日本の国土は焦土と化すだろう。

4. 日本が決断する時は来ている。知力を欠いた身勝手な軍国主義者によって制御され続け、滅亡の淵に至るのか。それとも、理性の道を選ぶのか。

5. 我々の条件は以下の通り。条件からの逸脱はないものとする。代替条件はない。遅延も一切認めない。

6. 日本の人々をだまし、間違った方向に導き、世界征服に誘った影響勢力や権威・権力は、排除されなければならない。無責任な軍国主義が世界からなくなるまでは、平和、安全、正義の新秩序は実現不可能である。

7. そのような新秩序が確立されるまで、また日本の戦争遂行能力が壊滅したと明確に証明できるまで、連合国軍が指定する日本領土内の諸地点は、連合国軍がこれを占領するものとする。基本的目的の達成を担保するためである。

8. カイロ宣言の条項は履行されるべきものとし、また、日本の主権は本州、北海道、九州、四国及びわれわれの決定する周辺小諸島に限定するものとする。

9. 日本の軍隊は、完全に武装解除されてから帰還を許し、平和で生産的な生活を営む機会を与えることとする。

10. 我々は、日本を人種差別し、奴隷化するつもりもなければ国を絶滅させるつもりもない。しかし、われわれの捕虜を虐待した者を含めて、全ての戦争犯罪人に対しては厳重なる処罰を行うものとする。日本政府は、日本の人々の間に民主主義的風潮を強化しあるいは復活するにあたって、障害となるものは排除する。言論、宗教、思想の自由及び基本的人権の尊重が確立されなければならない。

11. 日本は産業の維持を許される。そして経済を持続し、正当な戦争賠償の取り立てに充当する。しかし、戦争を目的とする軍備拡張のためのものではない。この目的のため、原材料の入手はこれを許される。ただし、入手と支配とは区別する。世界貿易取引関係への日本の事実上の参加を許すものとする。

12. 連合国占領軍は、その目的達成後そして日本人民の自由なる意志に従って、平和的傾向を帯び、かつ責任ある政府が樹立される限りにおいて、直ちに日本より撤退するものとする。

13. 我々は日本政府に対し日本軍の無条件降伏の宣言を要求する。かつ、誠意を持って実行されるよう、適切かつ十二分な保証を求める。もし拒否すれば、日本は即座にかつ徹底して撃滅される。

引用終わり


うーん、「我々の力は圧倒的だ。降伏しなければ潰す」と言ったところでしょうか。

読んで頂ければわかりますが、ポツダム宣言の5「我々の条件は以下の通り」とあるように、次から条件が列挙されています。
連合国側からの条件であり、日本だけではなく当然、連合国もその条件に縛られるはずですよね。
あれ?無条件降伏ではない。

連合国の上げた条件も、世界征服に誘った影響勢力や権威・権力の排除とか、どこにそんな勢力がいたんだというようなものがあるように、非常にあいまいではあります。
その中で13に日本軍の無条件降伏があります。
そもそも、日本は「国体護持」を条件にポツダム宣言を受け入れています。
ポツダム宣言とは「日本」の無条件降伏ではなく、「日本軍」の無条件降伏を受け入れたものなのですね。

ここまでなら、知っている人も多い話ではあると思いますが、では、我々は日本は「無条件降伏した」と学校で教わるのでしょうか。

ここで、おそらく日本の法学を学ぶ多くの大学生がテキストとして使用する、いわゆる芦部の『憲法』を見てみましょう。
今年、久しぶりに版が改定されて、第七版が発売されましたね。私が所有しているのは六版です。



そちらによると、日本国憲法の成立経過というところで、「1945年(昭和20年)、第二次世界大戦において日本は連合国に、無条件降伏し、ポツダム宣言を受諾した。」としれっと書かれています。
憲法は法律を直接学ぶ人達だけではなく、公務員試験など多くの試験や資格で必須科目となっていますが、そのようなテキストを読んでも当然のように、「日本は無条件降伏した」と書かれています。
これを読んで、「嘘つきだ!」というのは簡単ですが、それほど単純なものではありません。

その後の記述では、日本国憲法がGHQの押し付けであったという批判に、「ポツダム宣言は、連合国が日本に対して行った無条件降伏の一方的命令ではなく、不完全ながらも、連合国と日本の双方を拘束する一種の休戦条約の性格を有するものであったと解される」と説明されます。
え?無条件降伏だったの?そうではなかったの?

日本国憲法が占領期に勝手にその国の法律を変えてはいけないという、所謂ハーグ陸戦法規に違反しているから無効だと主張する保守の人達は多いですよね。
しかしながら、芦部は、ハーグ陸戦法規は交戦中の占領に適用されるものであるので、日本の場合にはこれは適用されず、特別法である休戦条約が、一般法である陸戦法規より優先的に適用されるとします。
しかしながら、このポツダム宣言を読んでも、圧力をかけて占領国の憲法を変えてよいことにはならないと思うのですが?
だからこそ、マッカーサーははじめは無理やりではなく、帝国憲法の改正を促す形で話を進めていたわけで。

この話は、ここから、宮澤俊義の八月革命説の正当性に続きます。
宮澤俊義の八月革命説はものすごく端折って説明すると、「昭和二十年八月十五日に革命のようなことが起こって、日本は天皇主権から国民主権になりました。本当は革命など起こっていないが、革命としか呼ぶしかない!だから八月革命だ!」というトンデモ理論です。
こちらの八月革命説に関しては、倉山満先生の本では繰り返し説明されていますが、宮澤俊義がどのような人物だったかを含め、『東大法学部という洗脳』を読んで頂けるとわかりやすいと思います。



私も、別ブログで感想を書いています。

宮澤俊義は生きている~倉山満 東大法学部という洗脳 感想

私達が教科書で学んできたことの中には、いろいろと疑うべきことはあります。
しかしながら、だからと言って、「日本が悪い国だと騙されてきた!教科書に真実は無い。真実はネットにある!」というのも間違いで、気付きがあったのなら、さらに学びを進めることが大事です。
体制側は保守側の批判など、当然知っていて、さらに理論武装し、それを将来ある若者やこの国の支配者層になりうる人達に、自分たちの考えを刷り込んでいるのですから。

ちなみに、ポツダム宣言が日本国の無条件降伏ではなく、日本軍の無条件降伏を求めていることはわかりました。
この軍の無条件降伏がなぜ速やかに行われたのか。
もちろん、昭和天皇のお言葉があったからではありますが、ポツダム宣言の受諾直後に、昭和天皇自らが、玉音放送があった翌日の8月16日に、現在では旧皇族となっている東久邇宮、朝香宮、竹田宮、閑院宮を御召しになり、東久邇宮以外の三名には昭和天皇の気持ちを将兵に伝え、戦いをやめさせるために第一線にを廻らせたことが、竹田恒泰氏の『語られなかった皇族たちの真実』に書かれています。
東久邇宮稔彦王はご存知の通り、その直後に大命降下があり、首相になり、戦後処理を行っています。



先日出されたばかりの倉山満先生の著書、『天皇がいたから日本は世界一幸せな国なのです』を読んでしみじみ思ったことですが、天皇が、皇室があったからこそ、日本は最長不倒の国であり続けている。
そして、有事の時こそ、天皇は君主としての力を発揮してきた、それなのに、現在の日本国憲法はそれをひどく歪めてしまっているということを改めて思い知らされました。



倉山満 天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです 感想

このような勉強会を倉山塾の地方支部では行っています。
良かったら是非お声がけください。







テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

ウッドロー・ウィルソンの14カ条と『最後の授業』


倉山塾はインターネット塾ですが、全国に支部があり、勉強会、講演会などの活動をしています。
私が所属している北信越支部でも定期的に勉強会を行っています。
我が北信越支部では、『誰が殺した?日本国憲法!』を最初から読み込み、その内容について詳しく学ぶことと、それにプラスして、支部員が学んだことを発表したりしています。



11月の勉強会では、『ウィルソンの14カ条』についての解説を行いました。
皆様、ウッドロー・ウィルソンについて、どのような印象をお持ちでしょうか?
倉山満先生の著書をお読みになっている方なら、彼がどのように世界を壊したのかをご存知でしょうが、この『14カ条』に関しても、これが提言された講和条約後、ウィルソンがノーベル平和賞を受賞していることもあり、世界平和に貢献した人だという印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

これが当時の世界秩序に対する挑戦だったことは、倉山満先生の『真・戦争論』か、先日発売された『ウェストファリア体制』を読んで頂ければ良くわかると思います。

第一条「秘密外交の廃止」
第二条「海洋航行の自由」
第三条「経済障壁の撤廃」
第四条「軍備の縮小」
第五条「植民地問題の公正解決」
第六条「ロシアの回復」
第七条「ベルギーの回復」
第八条「フランス領の回復」
第九条「イタリアの国境調整」
第十条「オーストリア、ハンガリー統治下の二重帝国の諸国民の自治」
第十一条「バルカン諸国の回復」
第十二条「トルコ少数民族の保護」
第十三条「ポーランドの独立」
第十四条「国際平和機構の設立」






一つ一つ解説すると長くなるので、今回、このウィルソンの14カ条と合わせて『最後の授業』の解説を勉強会で話しましたので、それについて書いていきます。
こちら14カ条の第八条「フランス領の回復」に関係してきます。

この『最後の授業』という作品、昭和の時代に小・中学生だった人の中には、教科書で学んだ方も多いのではないでしょうか?



『最後の授業』の舞台はアルザス・ロレーヌ地方。
プロイセンとの戦争でフランスが敗北したために、プロイセン領になってしまいました。
明日にもドイツ人の先生が来ることになるという状況で、今まで授業をさぼったり、真剣にフランス語を学んでこなかったフランツ少年は自分が不真面目な生徒だったことを後悔します。
フランス語教員のアメル先生は、フランス語が世界で一番美しい言語であること、例え奴隷となっても、国民が自分の言語を守っていれば牢獄のカギを持っているのと同じことだということを、最後にフランツ少年たちに語ります。

「フランス万歳!」

アメル先生のその言葉が、フランス語の授業の最後でした。

さて、これを国語の教材として教わった私は、当然、戦争によって母国語さえ奪われてしまう悲劇について、考えさせられました。

ここで、問題。
アルザス・ロレーヌ地方で話されているのは何語でしょうか?

フランス語ではアルザス・ロレーヌ、ドイツ語ではエルザス=ロートリンゲンと呼ばれるこの地方。
言語はドイツ語の一方言であるアレマン語(アルザス語)、住民の多くもドイツ系なんですね。


あれ?ということはフランツ少年は何人なの?

アルザス・ロレーヌ地方の歴史をさっくり見てみます。

・1648年 ウエストファリア条約でアルザス地方とロレーヌ地方の一部が神聖ローマ帝国領からフランス領に
・1871年 普仏戦争でフランス領からプロイセン領に
・1919年 第一次世界大戦のドイツの敗北でフランス領に
・1940年 ナチス・ドイツがパリを占領、ドイツ領に
・1945年 自由フランスがパリを奪取、アルザス・ロレーヌを専有


国境にある地方の悲劇というか、何かあるたびにドイツ領になったり、フランス領になったりしているんですよね。

アルザス・ロレーヌに住む人達のナショナリズムがどこにあるのかはわかりません。
時代によっても変わることもあるでしょう。
しかしながら、あの『最後の授業』「フランス人だったのに、戦争に負けたせいでドイツ国民にさせられてしまった人達の悲劇」と単純に読むことは真実を見失うことになりかねません。

『最後の授業』が国語の教科書に採用された経緯はわかりませんが、現在は使われていないそうです。

ちなみに、第一次世界大戦後のほんのわずかの間、ウィルソンの承認により、アルザス=ロレーヌ共和国というものが存在したのだとか。
すぐにフランス軍によって解体されたそうですが。

ウィルソンの唱える「民族自決」
言葉は美しいですが、結局、主権国家たりえる力がなければ大国に踏みつぶされてしまう。
本当に実行するには周辺諸国とのパワーバランスを考えながらでないと、紛争を世界中にまき散らすことになってしまうんですよね。

倉山塾では各支部ごとに様々な勉強会を開催しています。
塾生で無くても参加出来ますので、宜しければお声がけくださいね。








テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR