安倍政権が「海外メディア」に圧力?


 今さら日刊ゲンダイに突っ込むのもあれですが。

安倍政権「海外メディア」にも圧力 ドイツ紙記者が怒りの暴露

(記事からの引用)

 もはや、常軌を逸している。安倍政権による“圧力”が海外メディアにまで及んでいることがわかった。外国人ジャーナリストは安倍政権のやり方にカンカンになっている。

 つい最近までドイツの高級紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」で東京特派員を務めていたカールステン・ガーミス氏が、圧力の実態を明らかにしている。

 ガーミス氏が暴露したのは、外国人特派員協会が発行する機関紙「ナンバー1新聞」4月号。日本での5年間の取材をふり返る形で、安倍政権の暴走を詳細に伝えている。内容は“国際問題”にも発展しかねないトンデモないものだ。

(引用終わり)


 記事全文は読んでいただくとして、要は安倍政権及び外務省が彼に圧力をかけていたという話。そもそも、外国人記者や本国の本社に圧力かけたなんてことが報道されたら世界中にバッシングされるでしょうに、そこまで安倍政権も外務省もバカじゃないでしょうよ、というツッコミはさておいて、ゲンダイの記事だけでなく元記事もチェックしてみましょうか。

 原文はこちら。

On My Watch

 「ナンバー1新聞」記事を訳したものがこちら。

カーストン・ガーミス「わたしの観察眼」~5年間の東京勤務を終えたドイツ紙特派員の惜別メッセージ

(引用)

 わたしの日本勤務は非常に違った問題ではじまった。2010年には、日本の民主党が政権を握っていた。わたしが取材した3代――鳩山、菅、野田――の政権はすべて、自分たちの政策を外国メディアに説明しようと努めていたし、わたしたちは度々、政治家が「わたしたちは、国を運営するのにもっと多くのことをなし、さらにうまくならなければならないとわかっています」という風にいうのを聞いた。
 たとえば、外国人ジャーナリストらは意見交換のために岡田克也副総理によく招かれた。首相官邸で週例会合が開かれ、当局者たちは目下の問題について――多少なりとも率直に――議論する意欲があった。わたしたちは特定の問題について、政府の姿勢をためらうことなく批判していたが、当局者たちはみずからの立場を理解してもらおうと努めていた。

(引用終わり)


 ずいぶん民主党のことをべた褒めしてますが、あの東日本震災後の原発事故の時の対応を知るに外国人記者がその件で民主党を批判せず、安倍政権の対応だけを批判するのはありえないと思うのですが。それにしても民主党は外国人ジャーナリストをずいぶん優遇してたんですね。産経新聞とか締め出してたのは何だったんでしょうか。

 そして気になる記載。

(引用)

 まだ民主党が政権与党だった2012年のこと、わたしは韓国の旅に出かけ、元慰安婦に取材し、紛争中の島、竹島(韓国人にとっては、獨島〔独島・トクト〕)を訪問した。もちろん、ツアーは宣伝目的だったが、わたしにとって、自分の目で紛争の核心地を見る、またとないチャンスになった。わたしは外務省から食事と議論に呼ばれ、この島が日本領であると証明する数十ページの資料を受け取った。

(引用終わり)


 韓国旅行に行った際に、宣伝目的のツアーで竹島に行ったと?日本の領土である竹島に日本政府の許可もなく韓国側からジャーナリストが行って、それで外務省から食事に呼ばれて資料を受け取った?そんなことで済む問題なんですかね。ずいぶんと優しい対応ですね。

 ちなみにこの記者はこんな記事を書く人です。(2014/02/16 赤旗日曜版より)

カーステン_convert_20150414120345

(引用)

 例えば、「慰安婦の問題はどこの国にもあった」という発言です。軍「慰安婦」という制度が、当時の日本帝国軍の特有なものだったということは海外でも日本国内でもコンセンサス(合意)になっています。
 これは国が組織し、強制したシステムでした。性奴隷制度であり、戦争犯罪です。

(引用終わり)


 うーん、歴史修正主義者はどちらなんでしょうね。

 そしてこの新聞社、Wikipediaによると

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング

(引用)

 ヒトラードイツ時代の1943年に発刊禁止となったフランクフルター・ツァイトゥング(英語版)の後継紙である。発行部数は約36万部(2006年)。
戦前にスパイ事件で日本を震撼させたリヒャルト・ゾルゲは同社の新聞記者として1933年(昭和8年)に来日した。

(引用終わり)


 あちゃー。まあゾルゲがいた新聞だからどうこう言うのも違うのかもしれませんけどね。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

朝日新聞 懲りない人、逃げる人、煽る人

 朝日新聞が世紀の誤報を自ら報じてはや一か月がたとうとしていますが、その後どうなったのか。結論を言えばいまだ謝罪はなし。英字版(とは言っても日本の朝日新聞サイトに英文で掲載)での説明も中途半端。しかもこんな記事をさらにのせている(こちらも前記同様ですが)。

What is the 'comfort women' issue all about?
http://www.asahi.com/articles/ASG8L674PG8LULPT00N.html

 英語のわかる方はご一読ください。要するに、「慰安婦とはなにか」の問いに、河野談話(河野談合)を根拠に日本軍の性奴隷だったと説明したり、以前と全く同じ論調で、慰安婦とは軍の強制連行による性奴隷であるという印象操作を行うための記事です。軍の強制連行の根拠とされている吉田清治の「私の戦争犯罪」が根拠のないものだと認めたのにもかかわらず相変わらずこんな記事を書く。要は反省していないのですね。河野談話だって河野談合だったのに!

 今日、NHKでもニュースに取り上げたようですが、池上彰氏はこれは体よく逃げたのかな?朝日新聞とかかわってもいいことなさそうですしね。(以下赤字はリンク先からの引用)

池上彰氏、朝日新聞での連載中止を申し入れ 慰安婦「検証」批判、掲載を拒否され
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140902/trd14090223300015-n1.htm

 ジャーナリストの池上彰氏(64)が、慰安婦問題に関する記事の一部を取り消した朝日新聞報道を批判した原稿の掲載を拒否されたとして、同紙での連載中止を申し入れていたことが2日、分かった。池上氏は産経新聞の取材に「これまで『朝日の批判でも何でも自由に書いていい』と言われていたが、掲載を拒否され、信頼関係が崩れたと感じた」と説明している。

 朝日の慰安婦報道検証や、それを受けた他紙の反応を論評する予定だった。掲載数日前に原稿を送ったところ、28日に担当者から「掲載できない」と連絡があったという。


 朝日新聞は、先日、週刊文春や週刊新潮の広告掲載拒否で話題になりましたが、今度は連載執筆者の原稿の掲載まで拒否とは。どこまで批判に耐えられない体質なのでしょうか。 

そして極めつけは昨日の夕刊のこの記事です。

(終わりと始まり)過激とユーモアの不足 動け、闘え、笑わせろ 池澤夏樹
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11329765.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11329765

 朝日デジタルなので無料で会員登録すれば記事は読めます。かいつまんで説明すると、 政権への抵抗の手段として、安倍首相の顔の落書きをスプレーで書いて、後から来た人に踏ませよう。原発周辺の直線道路に「駐停車禁止」の交通標識によく似た「再稼働禁止」という標識のポールを立てて、駆け付けた警察官が撤去するか悩む動画を取ってネットで広めよう。紙幣に「アベノミクスで価値半減」というゴム印を作って千円札に真っ赤なスタンプ・インクを押そう(押してはいけませんと書いてあるがあからさまにあおっています)。

 以下は図録にヒントを得たぼくの案(良い子のみなさんは真似〈まね〉してはいけません)――
 
 真似をしてはいけませんと書けば許されるとでも思っているのでしょうか。扇動する気はないと書かれていますが、日本語の理解できる人間には扇動としか読み取れないのですが。

 落書きは抵抗の手段である。どれほど効果的なことができるかを知りたければ、匿名のグラフィッティ・アーティストとして名高いバンクシー(←検索)の偉業を見てほしい。彼はパレスティナ人を閉じ込めるイスラエルの高い塀に夢のような脱出の絵をステンシルで描く。少女が風船にぶらさがって自由な世界へ飛んでゆく。

 文筆業者としては言いにくいのだが、ビジュアルはやっぱり強い。抵抗の場でアピール力がある。デモとプラカードもいいけれど路面・壁面の版画はもっと効果的。現場とネットを組み合わせよう。


 どう読んでも落書きで抵抗を表現しろと言っているようにしか聞こえません。ちなみに国会議事堂前の道路に落書きすることは刑法261条の器物損壊にあたると思いますし、東京都の落書き防止条例にも違反すると思います。道路に勝手に道路標識またはそれに類似したものを設置することも道路交通法第76条で禁止されています。つまり違法行為を促しているのですね。夕刊とはいえ大丈夫ですか、朝日新聞さん。捏造記事をのせることも大外ですが、政権批判のために違法行為を勧めることは、善良な市民としてはおすすめできませんね。

 やっぱり捏造を認めても、謝罪も反省もできない朝日新聞。しかも違法行為を推奨!昔はテレビを見るとバカになると言われましたが、もはや朝日新聞を読むとバカになると言われる時代が来たのかもしれませんね。正しい情報を知ることも出来なければ、読んだらバカになる。こんな新聞読む必要ありますか?

やはり吉田調書もねつ造?朝日新聞はもはや廃刊しかない。

 以前吉田調書の朝日のスクープに関連した記事を書いたことがありました。

情報に振り回されないためには
 http://yumikw.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
 
 その後、産経新聞やNHKも吉田調書を入手。それに関する記事を読むとやはり、朝日の記事の「原発命令違反し9割撤退」はねつ造だった可能性が高いですね。結局政府も正式に吉田調書を公開するようですし、それにより一層真相ははっきりします。

 しかし、なぜ朝日新聞は嘘をついてまで日本人を貶めたいのでしょうか。慰安婦の強制連行の報道もそうですが、これによって日韓関係がどれほどゆがんだものになってしまったのでしょうか。海外で暮らす日本人がどれほど苦しんでいるのでしょうか。そしてご先祖様を貶められた我々がどれほど心を痛めたのでしょうか。

「済州島で連行」虚偽と判断 朝日新聞は全日本人に土下座しろ
http://yumikw.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

 もう土下座では済まないですね。この2件だけではなく、Googleで「ウソ新聞」と入力すると「もしかして朝日新聞」と表示されるほど、いくつものねつ造を朝日新聞は繰り返してきました。このことによって我々日本人がこうむった被害は謝罪記事程度で済むものではありません。食品偽造を行った食品会社はどうなりますか?それでつぶれてしまう会社もありますよね。ではねつ造記事で自国を貶める新聞社が謝罪もせずに存続していても良いものでしょうか。このようなことを繰り返さないためにも、朝日新聞は廃刊していただきたいです。

 とは言っても朝日新聞は自ら廃刊することはないでしょう。しかし、誰も新聞を買わなかったら、新聞に広告をのせることを止めたならば、どうなるでしょうか。おりしも、昨日、朝日新聞の糾弾特集を行った週刊文春の広告を朝日新聞が掲載拒否するということが起きました。朝日新聞は自分たちを批判するメディアのすべての広告を拒否するのでしょうか。このことが話題になって、今週の週刊文春はかなりの売れ行きを見込めるでしょうし、朝日新聞を買わなくなる人も増えるでしょう。朝日新聞は自らの首を絞めたことになります。今後は文春の方も広告をのせなくなるかもしれませんが、そのことで朝日は収入を自ら減らすことを選んだことになりますね。購買数の減少もそうですが、広告収入がなくなることはかなりのダメージになるでしょう。朝日新聞に広告を載せるということは朝日のねつ造に加担することになる、そのようなイメージがつけば朝日新聞に広告を載せようという会社は減っていくでしょう。そうすれば朝日新聞はどうなるでしょうね。

 今はすっかり左翼メディアのような顔をしている朝日新聞。しかし、戦前、支那事変をあおり、対米開戦をあおり、戦争をしないことが非国民であるかのような空気を作り出したのは朝日新聞でした。健全なメディアとしての役割を果たせないのなら、もう必要のない新聞なのではないでしょうか。今回の件で謝罪も、海外への訂正記事も出せないということは自浄は望めないということです。朝日新聞が廃刊するまで、徹底的に追及したいと思います。


情報に振り回されないためには

ちょっと古い話題ですが、こんな記事がありました

室井佑月「『吉田調書』流出で安倍サイドの洗脳はぶちこわし」

http://dot.asahi.com/wa/2014060400085.html

 室井佑月という人がいます。本来は作家で、頻繁にテレビにコメンテーターとして出てきて、ネットでも記事が上がっています。なんだかいつもピントの外れたような記事を書いていますが、今回も突っ込みどころ満載です。

 まず、取り上げている記事が5月23日付の「日刊ゲンダイ」です。ここからして突っ込むところですね。安倍首相の悪口を一日一回は書かなければ死んでしまう病気にでもかかっているのか、と疑われる「日刊ゲンダイ」。知り合いの医者とやらが診察もせずに、安倍首相を精神異常者呼ばわりしてそれを記事にする「日刊ゲンダイ」。その「日刊ゲンダイ」の記事がこれです。


安倍官邸が激怒! 福島原発「吉田調書」流出で“犯人捜し”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150411/1

 まず官邸事情通なる怪しい人物の本当だかどうだかわからない証言。「原発再稼働に突き進む安倍政権にとって、少しでも反原発につながる動きは許せないのでしょう」という勝手な解釈。そして、今回の件は、特定秘密保護法が施行されていたら、吉田調書は闇に葬られ、朝日の記者も渡した役人も逮捕される事態になっていただろう、と(司法ジャーナリスト)に言わせています。

 この官邸事情通なるものの名前が出ていないのはまあ良いでしょう。取材源の秘匿ってやつです。しかし司法ジャーナリストの名前は出しても良いのでは?何をもってこれが特定秘密に当たるのか、ご説明いただきたいです。

 そもそもこの吉田調書なるもの、調書が取られたのは2011年7月22日から11月6日です。民主党政権時代のものですね。特別に安倍政権が隠していたのではありません。なぜ朝日や、ゲンダイや室井さんは民主党を攻めないのでしょうか?

 そして特定秘密保護法に反対する人はちゃんと内容をわかっているのでしょうか。

http://www.kantei.go.jp/jp/topics/2013/headline/houritu_gaiyou_j.pdf

 これを見ればわかるように、おそらく今回の吉田調書は国家公務員法上の秘密には当たっても、特定秘密にはあたらないのではないでしょうか。全文が公開されていないのでわかりませんが、原発内部の記述などがあれば、場合によっては④「テロリズムの防止 」にあたることはあるかもしれませんね。

 そもそも国家公務員には当然のことですが守秘義務があるので、特定秘密でなくても、勝手にこんなものを公務員が記者に渡すのは問題があります。

国家公務員法 第100条
第1項 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。

 しかもこの調書は吉田氏本人から公開されないように要請されているものです。公開しないことを約束したものを、本人の同意を得ずに公開する。こんなことがまかり通るなら貴重な証言をしてくれる人がいなくなり、事実を調査することが困難になるでしょう。

 情報とは当たり前ですが、なんでもかんでも公開すればよいというものではありません。国家機密という外に漏れてしまっては、国家や国民に多大な影響を与えるようなものに関しては、当然秘密にされなければなりません。それを公開しろという人たちは、知る権利や報道の自由という美名を盾にして、悪意を持って近づくものに、国家や国民を差し出すというのでしょうか。何を秘密にするのかは、その時の政府が決める。当たり前のことです。それを決断することに際して、信用のできる人を国会議員として選ぶ、そのことこそが国民の権利ではないのでしょうか。

 室井さんは「日刊ゲンダイ」の記事を元にして

 こんなもの(吉田調書)が出て来たら、少しずつ上手くいきつつある。国の国民への洗脳がぶちこわしだよな。だから、安倍サイドはかんかんなんだろう。

と言っていますが、そもそもこの朝日のスクープって特別新しい情報って出てきてますか?センセーショナルな見出しと朝日風味の味付けで吉田所長の恐れていた”事実の一人歩き“が起こってはいませんか?特に最初の朝日の見出し「原発命令違反し9割撤退」は本文を読めば、単なる伝達ミスで起こったことで、命令違反で逃げたのではないような気がするのですが。この朝日の書き方は、危険な作業に従事し、あの悲惨な状況で死を覚悟しながら働いていた人々に対する冒涜としか思えません。

 真相をもし知りたいと思うのならば、ジャーナリストの門田隆将氏が吉田所長含め100名近い人々にすべて「実名」で証言してもらって書かれた「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」を読んだ方が、朝日新聞の解釈付きの記事を読むより良いのではないでしょうか。今回の件でも怒りの声をあげておられます。

お粗末な朝日新聞「吉田調書」のキャンペーン記事
http://blogos.com/article/87529/

 「吉田調書」に関しては、朝日新聞もそのまま載せているわけではありませんし、門田氏と朝日新聞のどちらがより真実に近いものかは定かではありません。しかし、生前の吉田所長に一番長く時間をかけて取材をし、100名近い人びとの「実名」をあげて書かれたものと、吉田所長ご本人が、記憶違いなどあるかもしれないので、出さないでほしいといったものを勝手に公開し、なおかつ読み違えがあると思われる記事のどちらが信用できるでしょうか。

 日刊ゲンダイも室井さんも原発や特定秘密保護法に関して懸念をされるのも反対の声を上げるのも結構ですが、もう少し慎重に、事実に即した発言をしてはいただけないでしょうか。影響のある方なのに、自分自身の勝手な妄想で記事を書かれては真剣に反対活動をしている方の足をかえって引っ張ることになると思います。

 世の中には様々な情報が流れています。何が信用できるものかを見極めるのは難しい。しかし、慎重にそれを精査し間違った情報をうのみにすることは避けなければならないと思います。


毎日新聞のことは毎日変態新聞と呼んでやる

 いきなりなタイトルですが、新年早々こんな記事です。
http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20131226p2g00m0dm032000c.html

 靖国神社を「Yasukuni war shrine(靖国戦争神社)」と表記しています。えーっと、それ日本人の誰がそんな風に呼んでます?少なくとも私は初めて聴いたんですが。毎日新聞さんはよっぽど、戦争が好きなんですかね。とりあえず
そんな風に言っている人は私は知らないのですが、世間一般でよく言われているので、もう通称というか、正式名称扱いで、毎日新聞さんのことは、毎日変態新聞と呼んであげましょう。何のことか、わからない方は、毎日変態新聞で検索してみてください。口に出すのもはばかられるような記事を、延々英字版で毎日変態新聞さんが垂れ流していたことがわかります。そんなに日本が嫌いですが、そうですか。ちなみにgoogleでうそ新聞と検索すると、「もしかして朝日新聞」と出ます。さすがはgoogle先生です。

 マスメディアの世間一般との感覚のずれに関しては、古谷経衡氏の「反日メディアの正体」に面白い考察が書かれています。まだ読み終わっていないのですが、読み終わったら、感想をまたupしたいと思います。

 で、メディアの感覚のずれ。古谷氏も詳しいフジテレビですが新年早々これです。

http://www.hoshusokuhou.com/archives/35370383.html

 私、ツボに入って大爆笑してしまって大変でした。意味が分かりません。

 最近本当にテレビは面白くないので見ないし、新聞も信用できないので買って読むことはないのですが、本当にこれじゃ見捨てられるぞ。

プロフィール

yumi

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR