上念司 倉山満 説教ストロガノフ ネオ東京裁判 感想

 
 説教ストロガノフももう3冊目。今回はチャンネルくららで放送された「掟破りの逆15年戦争」の書籍化です。


戦後70年特別企画「説教ストロガノフ 掟破りの逆15年戦争~戦争責任とは敗戦責任である」

 

 今回は、ポツダム宣言を受け入れた1945年から、満州事変が勃発した1931年までを新しい出来事から辿ってゆき、なぜ日本は亡国への道を歩んでしまったのか、どの時点なら最悪の事態を回避出来たのか、そして真の敗戦責任は誰にあるのかを探るという新しい試みです。お二人のお話は一見楽しげなのですが、さすがに内容が内容だけにちょっと重い感じです。去年も「じっくり学ぼう日本の内閣」で近衛内閣を扱って、げんなりしていましたね。


じっくり学ぼう日本の内閣:近衛内閣「歴史に学ぶ日本の滅ぼし方講座」



 この季節になると、毎年敗戦の悲惨な話をどこのテレビ局でもやるので、うんざりしてテレビをつけるのが嫌になります。両先生のお話は、テレビでやっているような、戦前の日本は悪い国で、軍部さまという悪い人たちがいてという話ではなく、なぜ日本は戦争に負けたのか、そもそも何でこのような戦争をすることになってしまったのかということを突き詰める作業になっていて、これもなかなかつらいものがあります。しかも、決定的に悪い人がいるというよりも、戦時なのに普段のルーティーンで仕事をしていたり、司令官にすべきではない人を司令官にし、外務大臣になってはいけない人が外務大臣になり、この人だったらこの事態を食い止められたのではないかという人は排斥され、和平工作がうまくいきそうになると潰されるという、何とも情けないような話ばかりでなのです。もちろん、コミンテルンの謀略などもあるのですが、政党政治の腐敗や学歴エリートたちの間違った政策の判断などそれ以外にも大きな原因があるようです。

 この辛い歴史をこの季節になったら繰り返すことを、上念先生はユダヤ教における「過ぎこしの祭り」に例えています。この祭りは一通り終えるには6時間以上かかるらしいのですが、ユダヤ人は昔、エジプトから命からがら逃げた「出エジプト記」のつらい体験を追体験することで、頑張ろうという気持ちを新たにするのだそうですが、それをわれわれ日本人は近衛文麿でやったら良いのではないかと。そのためには、ただ戦争の悲惨さを語るだけでなく、やはり正しい意味での先の大戦への反省が必要ですね。

 対談中、倉山先生が解説をし、時に上念先生に「この時、総理だったらどうしますか?」などと話を振るのですが、上念先生の「ぶん投げる」「特高警察を使って抑え込む」「転んだふりをしてタックル」などの答えで、どれほど事態がひっ迫していたのかが計れます。この回答を「ふざけている」と思われる方もいるかとは思いますが、そうでもしないと国を守れない、逆に国を守るためなら何でもしなくてはならないのだとの思いを感じます。

 経済評論家の上念先生と財務省の歴史に詳しい倉山先生が語るだけあって、予算に対しての軍事費の割合も見ながら当時の出来事が語られます。日本が増税無限ループに入り込んで軍事費がどんどん増加しだすのは二・二六事件後の馬場鍈一が蔵相になってからです。なぜかこれを高橋是清のせいにする勢力があるようですが、それは歴史歪曲に他なりません。高橋是清は軍事費を削減しようとして、軍の恨みを買い、最後は暗殺されてしまったのですから。少しでも調べればすぐに間違いだとわかることが、通説にされてしまっている。誰の都合でこのようなことになっているのでしょうね。

 歴史というものは当事者が生きているからわかる事、後になって様々な資料が発見されてからわかるものなど、様々な方向から見なければ本当の姿は見えてこないものなのでしょう。今回のこの対談にも通ずる「お役所仕事の大東亜戦争」がチャンネルくららで放送中で、すでに書籍にもなっています。そちらの感想も近々こちらのブログに掲載予定です。我々が真の敗戦の反省をするために、まだまだ学ぶことはたくさんありますね。



スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

上念司 「高学歴社員が組織を滅ぼす」 感想

 
 上念司先生がトークライブなどで良く話している優秀な現場と脆弱なマネジメント。それについて詳しくかつ分かりやすく書かれた作品です。

 この本のタイトルを見てまず「高学歴社員ってどんな人のこと?」と疑問に思います。ここで言う高学歴社員とは偏差値の高い大学を出た人のことを単純にさしているのではありません。ここでの高学歴社員の定義は本の中でも説明がありますが、帯に簡潔に書いてあるのを引用すると

① とにかく「リスク回避」を優先する
② つねに「自己保身」を考える
③ 「世間のヒエラルキー」ばかりを重視する
④ 「格上」の人間にはおもねる、身内に甘い
⑤ 「格下」の人間には極めて冷淡

とこのようになります。こういった人たちが組織で何を引き起こすのか。

 この本では主にこういった「高学歴社員」がマネジメントに回ったときの危険性を語っています。高学歴社員による脆弱なマネジメントの例として、牟田口廉也中将の補給を軽視した結果三万人の死者と、四万人の餓死者・病死者を出してしまったインパール作戦。他の牛丼チェーンが将来的なインフレ予想をする中、値下げ路線を堅持し、アルバイトの大量離脱を招いたすき家。インターネットの普及に伴い逆風が吹いていたにも関わらず、捏造記事を掲載し続け、捏造発覚後も話のすり替えで批判をかわそうとし、読者の信頼を喪失し、部数・広告を激減させた朝日新聞。適正価格、商売に対する誠実さ、品質の良さで飛躍を遂げたものの、デフレの進行による顧客の低価格指向を読み切れず、売り上げを下げてしまった大塚家具などがあげられています。

 この脆弱なマネジメントの際たるものとして大東亜戦争における大本営を筆者は上げています。政府及び大本営の作戦参謀は単に空気に流されるだけの高学歴エリートでお互いに批判し合わないし、先輩が失敗しても責めない。そんな間抜けな腹の探り合いばかりしていて、肝心の国家戦力はおろそかになり、それに水を差すような優秀な人間はメインストリームから遠ざけられる。ここでその優秀な人間として石井菊次郎と堀栄三があげられています。石井菊次郎は良く倉山満先生が「正論が封殺される例」として挙げているのですが、三国同盟の批准審議が枢密院にかけられた時に猛反対した人物です。堀栄三はこのブログでも感想を上げている「大本営参謀の情報戦記」の著者でもありますが、彼は「マッカーサーの参謀」と呼ばれるほどの正確に米軍の動きを読んだ参謀ですが、なぜか大本営は彼の情報を握りつぶしたりしています。

堀栄三 大本営参謀の情報戦記 感想

 そしてその大東亜戦争時のグダグダぶりを再現するかのような東日本大震災における民主党政権の危機管理のひどさ。一刻を争う事態だったにも関わらず、東電社長の乗った自衛隊機を引き返させた北澤俊美元防衛大臣。そして震災発生2日目に福島第一原発を視察し現場を混乱させた管直人元首相。この件で、風に流されて民主党政権を誕生させてしまったことを死ぬほど後悔した人は多いのではないでしょうか。

 そして脆弱なマネジメントは優秀だった現場を暴走させるまでに至ります。
 無茶で間抜けなマネジメントの方針をカバーし続けた末、現場は逆切れ。現場の「被害者意識」が非常時に「加害者意識」に転換されてしまう時、組織は崩壊します。

 あなたの勤めている会社でこんな状況を見たことはないでしょうか。自分の所属する組織がこのような状態だったとき私たちはどうすればよいのでしょうか。

 なかなか考えさせられる本で、組織が壊滅するほどひどい状況ではないにしろ、自分の会社や属していた組織でこういうこともあるよなあと思わされます。身内には甘かったり、現場にばかり無茶ぶりしたり。私の以前勤めていた会社ではあからさまに人手が足りず、社員にサービス残業、休日出勤を強いる上に過酷なノルマを課す、達成できなければひどい圧力をかけるということをしていたのでした。それでどうなったかと言うと、当然優秀な人から辞めていきました。私も辞めましたけど。

 そこから逃げ出したからと言って、次に行ったところが必ずしも理想的な職場だということもないわけで、それならばどうすればよいのか。組織を抜けるのか、とどまって立て直すのか。そのための心構えまできちんと書かれている。上念先生らしい、厳しいけれど優しく励まされる本でした。



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

上念司×倉山満 『かくも根深い「政治の劣化」を叱る!』感想。

 
 倉山先生にお会いできる機会があり、ご著書にサインをいただきました!

サイン_convert_20150414143028

 「真・戦争論 世界大戦と危険な半島」に書いていただいてます。
 「平和と人権」大切ですね(笑)
 実際にお会いした倉山先生は動画で見る印象よりもずっと温和で気遣いをされる優しい方でした。

 こちらはVoiceで連載中の「説教ストロガノフ」の2冊目。相変わらずの軽快なお二人の対談。表紙のデザインも面白い!

 一強多弱になってしまった現在の政治。平成24年12月の衆議院選挙が終わったときに、上念先生は「これから平成25年体制が始まる」と言っていました。昔の55年体制(自民党2対社会党1の体制)になぞらえたものですが、その状態のまま、それも日本維新の会は維新の党と次世代の党に分かれ、次世代はほぼ壊滅。みんなの党も解党というなんだか望ましくない状況に(私が考えるにはですが)。

 印象としては、衆議院選後の論調が上念先生が結構楽観的なのに比べ、倉山先生は厳しい見方になっているような気がします。もともと倉山先生は厳しい論調が多いのですが、健全な近代政党が最低でも2つなければならないと言っているのに、現在では与党自民党(とそれにくっついている全く理念を同じくしない公明党)の一強に弱い野党。近代政党は一党もないという状態なので無理はないのですが。選挙に3度も勝った安倍政権ですが、周りの状況を見るに本当に強い政権なのかは微妙です。安倍さんが一番やりたいと言われている憲法論議がグダグダなことからもうかがえます。

 衆議院選で大躍進した共産党ですが、第四章で「共産党=ブラック企業」という面白い考察がなされています。機関誌『赤旗』の記者募集には待遇が書いてない、その『赤旗』は区役所や市役所などの自治体の役所の部長などに対し、共産党の議員が自腹で購入するように「営業」している、造反の疑いがあるものに対しては『査問』が行われる、など確かにその通りかも、というか怖すぎです。

  第五章の「テロに共感して安倍叩き!?」は日本人拘束事件の時のサヨクとメディアの報道に対する批判ですが、実際に悪夢を見ているような状況でした。テロリストに日本人が拘束されているのに、政権批判。マスコミはダーイッシュ(ISIS)のプロパガンダ映像を垂れ流し、彼らにも言い分があるかのような報道をする。テレビ番組にでて「I am not ABE」などのプラカード持って自己主張をするバカな元官僚。非難されるべきはテロリストなのに、それに乗じて安倍首相を叩く。私たちはテロリストにシンパシーを感じていますという自白でしょうか。わかりやすくて結構ですが、さすがにそれに騙され続けるほど国民もバカではないと思います。滅びたいのでしょうか。

 倉山先生の後書きは相変わらず面白いです。上念先生との学生時代の思い出が語られてるのですが、「レッドショルダー部隊」を作るって・・・。お二人と同世代の私は思わず笑ってしまいましたが、大学生時代でそれをやろうとは。詳しい内容は、昔トークライブで語られていて抱腹絶倒です。倉山塾で購入できるオーディオブックで聞くことが出来ます。考え方はけっこう違うお二人ですが、長年付き合ってきた中での信頼関係があってこそ意見をぶつけ合うことが出来るのでしょうね。




テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

上念司 「経済で読み解く大東亜戦争」 感想

 
 経済評論家、上念司先生の新刊です。上念先生は難しい経済のことをわかりやすく、面白く語れるだけではなく、実は歴史についてもかなり造詣が深い方ですので、今回の本はとても楽しみでした。そして期待以上の作品でした。

 なぜ日本があのような戦争をしてしまったのか、それがジオ・エコノミクス(地政経済学)によって検証されます。聞きなれない言葉かもしれませんが、ジオ・エコノミクスとは、経済を一つの手段として相手国をコントロールする戦略を研究する学問とのこと。歴史家ではなく経済評論家の上念先生ならではの視点で描かれる歴史は大変新鮮でした。

 序章の『「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!』でまず、「経済」と「戦争」の関係、金本位制や貨幣経済、比較優位、植民地経営などの基本的な経済学についての解説があります。肝心なことは世界恐慌がデフレだったこと。第一次世界大戦後のドイツのハイパーインフレ時の子供が札束をブロックのようにして遊んでいる写真の印象が強烈なためか、その後の世界恐慌がデフレだったことを知らない人も多いようです。実は、恥ずかしながら私も上念先生のお話を聞くまで知りませんでした。それの原因となった大きな要因が金本位制。それによる世界的な不況と人心の乱れ。これこそがその後の戦争につながる大きな要因だったと上念先生は語ります。

 もちろん戦争に至った理由は経済だけではありません。このころ日本にもアメリカにもソ連のスパイが入り込み、暗躍しています。彼らはマスコミや政府に入り込み、戦争を煽ります。しかし、このプロパガンダになぜ人々は乗ってしまっていたのか。やはり経済的な困窮で人々は判断力を失ってしまったのではないか。それを思うとやはり正しい経済政策を行うことは本当に大切なのだと改めて思います。昨日UPした「嘘だらけの日露近現代史」の感想でも少し触れましたが、経済の問題は人の生き死ににかかわるほど心に重くのしかかります。

 この本の第三部で気になったことがあります。高橋是清蔵相は日本経済が完全に復活したと判断し、緊縮財政に切り替えようとしたのですが、それを不満に思う一部の過激な軍人たちがニ・ニ六事件を引き起こしました。現在、予算額が特別減らされているわけでないにもかかわらずやたらと「緊縮財政だ!」と叫び「これではデフレに戻ってしまう!」と不安を煽り「だから安倍内閣は倒閣だ!」と言っている人たちがいますが、似たようなものを感じるのは気のせいでしょうか。安倍首相以上に金融緩和に肯定的でデフレ脱却に熱心な首相は今までいなかったと思うのですが、なぜ彼らはそれで安倍内閣を倒閣せよと煽るのでしょう。しかも、次に誰が首相になるべきか決して口にしないのです。批判はいくらでもしてよいと思います。しかし、不安を煽るだけの対案のない批判は害の方が大きいのではないでしょうか。

 上念先生はこのころの日本人のことを「スパイが轢いたレールの上を破滅に向かって全力疾走するバカ」と大変厳しく表現しています。確かにいくらひかれたレールとは言え、それを選んだのはその当時の日本人です。しかし増税をすれば景気が悪くなることなどわかりきっていたのにやってしまった我々に当時の人々を笑えるでしょうか。間違った判断をしないためにはまず景気回復をして、安心して生活できる体制を作ることが大切だと思います。そのためにも「経済が最優先」という姿勢を崩さず安倍首相には頑張っていただきたいと思います。



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

上念司×倉山満 『「日本の敵」を叩きのめす!』感想

 上念司先生と倉山満先生、中央大学辞達学会の先輩・後輩コンビによる対談。普段WEB番組の「チャンネルくらら」やトークライブで一緒に活動しているお二人ですが、共著は初めて、こちらは雑誌「voice」に掲載されていた「説教ストロガノフ」を大幅に加筆されたものです。

 まずVoice掲載時のタイトル「説教ストロガノフ」。こちらは雑誌Willの人気連載「蒟蒻問答」のアンチテーゼだそうです。問答が通用するようなちゃんとした人・国を相手にしていないので「説教」。このタイトルが決まるまで延々5時間話し合ったとか。こんなことを真面目に長時間話し合ってしまうようなところも好きです。

 本書で出てくる「日本の敵」は中国共産党、反日日本人、朝日新聞などで、お二人の痛烈な説教が繰り広げられます。途中、「銀河英雄伝説」になぞらえて話が進んだり、かなりきつい表現が入ったりしますが、内容自体は至ってまっとうで、国際情勢、日本経済、防衛、メディアなどの問題がわかりやすくするすると頭に入っていきます。そして、そういった解説としてだけでなく、敵のプロパガンダに騙されないための情報、逆にこちらからプロパガンダを仕掛けるための方法も手に入れることが出来ます。

 最近の倉山先生の著書はいろいろ考えさせられて、読後感が重いものが多かったのですが、本書は痛快、読後感すっきりといった感じです。ただ最後の倉山先生の結びの文章では厳しいことが書いてあります。よく倉山先生は「血と屍が足らない」という表現をするのですが、日本人はどうしても上品というか、相手を批判するにも、相手の立場や自分の保身を考えて中途半端になりがちなような気がします。反日勢力はこちらのそういった思慮などお構いなしに、こちらを叩き潰すようなことをしてくるにもかかわらずです。本書の最終章は「朝日新聞」についてだったのですが、先日、間違いを訂正した吉田清治の従軍慰安婦の強制連行の件、これのせいでどれだけ日本人が貶められてきたか、しかもこの件は出されてすぐにおかしいとわかっていたのに、結局32年間もそのままにされてきたのです。これや河野談話(河野談合)のせいで、現在でも海外で日本人は嫌がらせを受け、子供がいじめられる原因になっているのです。それなのに、朝日新聞をたたくことを「言論弾圧」だなどという人がいます。確かに報道の自由は日本国憲法の下で保障されています。しかしそれは「事実」である場合であって、虚偽の報道を繰り返す自由ではありえません。しかも、間違いを訂正した後も、言い訳に終始しきちんとした謝罪が行われているとは到底言えない状況です。こういった発言を繰り返す人たちを中途半端に叩いて、何が改善するのでしょうか。

 上念先生と倉山先生の著書に共通するのは、単に情報や知識をインプットするのではなく、それを使っていかに騙されないようにするのか、いかに戦うのかの「実践」のための本であることだと思います。今回は共著ということでより一層その側面を強く感じました。興味のあるテーマから読むのでも面白いのでぜひ手に取ってご覧いただけたらと思います。




プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR