倉山満 反日プロパガンダの近現代史 感想

 倉山先生の1月25日に出たばかりの新刊。いろんな国のプロパガンダのやり方、歴史上の人物のやっていたプロパガンダ、現在行われているプロパガンダや対処の仕方など盛り沢山な内容。しかも現在のものもかなり実名入り。

 「反日プロパガンダに勝つ方法」の章では、実際に倉山先生が活動してきたことも語られています。現在進行形の出来事なのであまり詳しく語られないのですが、蓮池薫さんを救うために「北朝鮮に拉致された中大生を救う会」を結成して活動した内容です。私が言論人として倉山先生を信じられる理由として、ただ、学者として安全なところでものを言うのではなく、実際に行動しているということがあります。去年の消費増税の時もそうでした。反対の意見を適当に言っているだけなら、あれだけ先頭に立って活動をしなければ、非難を受けることもなかったのに、増税することで失われる命(1997年の消費税の増税から年間約2万人だった自殺者は3万人に増えています)を思い、矢面に立った。その姿に、この人は本物だ、と感銘を受けました。

 私たち日本人、特に保守派の人間はどうもバカ正直というか、正しいことをやっていればいずれみんなが認めてくれる、と思いがちなのですが、敵のほうは、嘘は100回つけば本当になるとか、真実の中に巧みに嘘を混ぜてきたりなど、さまざまな方向からこちらに罠を仕掛けてくるのです。騙されないためには、私たちはきちんと敵の手口を学び、正しいことをきちんと伝えるためにも、知恵という武器を身に着けなければならないと思います。




スポンサーサイト

何のための野党?

 NHKの籾井勝人会長が、野党の求めで31日の衆院予算委員会に参考人として出席する。先日の会見での慰安婦に関する発言だ。私はあの会見を見たが、明らかに失言をねらう記者たちの連携プレーにより言わされたものだった。

 それを自民党にしつこく問いただすのにもうんざりだが、今度は本人を参考人として呼ぶ。予算委員会とは何のためにあるのか。「放送法の定める言論や報道の自由と公共放送の責任」を問うなどと綺麗ごとを言っているが、どう考えても安倍総理の足を引っ張るためにやっているとしか思えない。それならば、さんざんねつ造と偏向報道を今までNHKがやってきたことに対して、何も言わなかったのはなぜだ。先日NHKが高裁で敗訴した「ジャパンデビュー」など、単なるねつ造だけでなく台湾の人たちの誇りも傷つけ、国際問題になりかねないような番組を作っていることに何か言及したことがあるのか。

 籾井会長の慰安婦に関する発言は「今の時代では良くないことだが、あの時代はどの国でもあったこと」「日韓基本条約で解決済み」という極めてまっとうなものだった。政府見解とも外れていない。何の問題があるのだ。報道機関としての公平性?では、今まで通り日本を貶めるようなことをしていれば、何も言わないというのか。

 大事な審議をするための予算委員会。現政権を引きずり下ろすためだけにこんな茶番を仕掛ける野党はいらない。民主党!!二度と与党に戻れると思うな!!

ソマリとロシアンブルー

 うちの二匹の猫。雌猫のソマリ。名前はミュウ。雄猫のロシアンブルー。名前はギン。

 どちらも初めて飼う猫種だが、それぞれの特徴を書いてみる。あくまで私の感想です。

 どちらにも共通の特徴としては普段ほとんど鳴かない。これはペット可と言えどもマンションなどに住んでいる人にはうれしいだろう。昔飼っていた猫は朝、もうちょっとで起きるという時間に泣き叫んでいたのでけっこうつらいものがあったのだが、それがないのはうれしい。ギンはそれでもご飯が欲しいときはにゃあにゃあ鳴くけど、ミュウはそんなこともない。ソマリは鈴のような声で鳴く、というが、なにか感情を表す時は、クルルンとかウルルンとかそんな感じの小さな声で鳴くのが何ともかわいい。

 ミュウはレッドという毛色のソマリなのだが、明るい毛色で柔らかい手触りだ。長毛だがあまり毛は密集していない感じでさらさらしている。ギンはその名の通りの美しい毛色で短毛なのにみっしりとした毛並みでいつまでも撫でていたくなる。

 性格に関してはミュウは警戒心が強く、神経質だ。私にたいしてはご飯をくれるお母さんといった感じでなついているが、旦那には気を許しておらず、息子にはなぜかデレデレだ。ギンは誰にでも撫でられるとおなかを見せて甘えている。でも夜は必ず私の腕枕で寝る。オスとメスという違いか、猫種の違いか、本当に性格は真逆に近い。書くことが尽きないので今日はここまで。





本当は怖ろしい日本国憲法 感想

 平和、人権、国民主権。このフレーズ皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?なんとなくいいもの?絶対守らなければいけないもの?ではこういった考え方はどのような背景から生まれてきたのでしょうか。

 これらの概念が発生した歴史を丁寧に長谷川先生と倉山先生が語ります。それは身の毛もよだつような血まみれの戦いの歴史。そんな恐ろしいいきさつから生まれた概念、果たして日本国憲法にそのようなものが必要なのでしょうか。

 憲法とは成文で書かれている「憲法典」だけを指すのではなく、国家が存在するところ、いかなる時代の国家にも必ず存在することになる判例法や慣習法としてのもの、として考えるならば、よそから借りてきた概念で作るのではなく、その国独自のものでなくてはなりません。人は人だから殺してはいけない、といったことがようやく近代になって認められた社会できた基本的人権という概念を、古代から民をオオミタカラとして一人として餓え凍ることのないようにするのが天皇の務めとされていた日本にそのまま取り入れてよいものでしょうか。国民主権とは国民が何をしても良いもの、気に入らなければ王様の首もちょん切っちゃうよ、というものだとすると・・・。日本は政治権力を将軍が握ることはあっても、天皇を排除したことはなかった。それを日本がやってしまったら、この国は日本ではなくなりますね。平和主義。憲法9条で守られてるから、軍隊はいらない?拉致被害者も取り返せない国は主権国家なんでしょうか。もし戦争が起こったら本当にアメリカ軍は私たちのために戦ってくれるのでしょうか。まあ、私たちは戦わないのでアメリカさんかわりに死んでくださいっていうのもひどい話ですね。

 私の息子の使っている公民の教科書でもこの3つは憲法の三大原則として教えているのですが、もちろんこういったことは説明されませんし、「戦前の天皇主権を否定して国民主権の原理を採用し、人権の保障を著しく強化」などと書かれています。確かに、日本国憲法にはずらずらと国民の権利に関する条文が並べられていますし、13条から無限に権利が増産できるシステムになっています。しかし条文に書かれていたら人権って守られるのでしょうか。書かれていなかったからと言って、人権を侵害していたということにはならないと思うんですけど。憲法の成立過程に関しても、ざっくりしすぎというか、一番肝心な占領下での法律改正は無効(憲法などもってのほか)ということは、絶対に教えないのですよね。ざっと読んだ限りでも、この教科書結構ひどいです。特に日本国内の外国人の人権のところは、ちょっと勉強した人ならすぐに間違いだらけだとわかります。教科書なのに嘘はいかんでしょ、東○書籍(怒)。

 長谷川三千子先生と倉山満先生の対談をまとめたこの本。対談のほうはチャンネルajerでUPされています。

http://www.youtube.com/watch?v=PdI8KMpEZf0
http://www.youtube.com/watch?v=O3OFD-5BKLM
http://www.youtube.com/watch?v=eSyYaFaQKS0

 ゆっくりと優しい声で話す長谷川先生と鋭いコメントを入れる倉山先生。著書を読んでも、長谷川先生がどれだけ聡明な方かはわかるのですが、対談でお話をされているのを聞くとなおさら、頭の回転の速い、周りの人に心配りのできる素敵な方なのがわかります。これはチャンネル桜の「どうする日本国憲法」という動画を見るとなおわかりやすいのですが、周りに配慮せず一人でしゃべりまくっているとんでもない人がいるのがいまいちです。倉山先生はさすがですが。

http://www.youtube.com/watch?v=Rtyn0Dz4Lfk&list=PLqdZVJ-FxJc_qBX85D-OH3WIPjcA6wphj
http://www.youtube.com/watch?v=jHi28axjw0U
http://www.youtube.com/watch?v=_KrxCONG5po

 GHQがいろんな憲法から持ってきた条文で作ったものを、何とか憲法典として使えるようにしたこの憲法。占領下だった時ならまだしも、それが終わってもう60年以上もたっているのにいまだに押し頂いているのは本当に情けないことです。しかもこれを何が何でも死守しようとしている人間が大勢いる。日本が独立した主権国家であることが認められることが困る人たちがどれだけいるかということです。本当に怖ろしいのは日本国憲法ではなく、日本人なのに日本人を滅ぼしたい人たちなのです。





常識から疑え!山川日本史 近現代史編 上 感想


 倉山満先生の新刊。刺激的なタイトルに刺激的な表紙(笑)。女性ファンが減ったらどうするんだ・・・。

 見た目と違って(失礼)大変まともな内容かつ面白かったです。日本史歴史教科書のダメなところを7つの法則と歴史学界におけるタブーと合わせて解説しています。イデオロギーもなく、歴史教科書であるがため嘘はかけないが、タブーにより本当のことが書けない、英雄不在のため面白みに欠けるものになる、当時の世界情勢に対する説明がないため、なぜ日本がそのように動いているのかの理由がわからない。これでは歴史教科書がつまらなく、意味の分からないものになってしまうのは仕方のないことですね。最近、日本史を必修科目にしようという動きがありますが、教科書がこの有様ではあまり意味がない気がします。

 私自身、社会科が一番苦手でした(点数が取れないという意味ではない)。教科書を読んでも頭にすっと入ってこないため、重要なキーワードを暗記して点数を取る。しかしやっぱり大筋が理解できていないので、長期記憶として残らない。この本を読んで、その理由がわかる気がします。日本史に関しては受験というか学校の都合で、高校2年の時点で日本史の勉強をやめてしまったため、歴史に関する知識が浅いというのはあるのですが、日清戦争や日露戦争がなぜ起こったのかということを、大人になって自分で勉強しなおすまで全く理解できていませんでした。恥ずかしい限りです(これは教科書のせいではないかも・・・)。

 この本で著者は「歴史教育とは自国正当化の手段であり、歴史問題は敵国を攻撃するた武器である」と言っていますが、確かに日本とかかわりの深いアメリカ、中国、韓国を見ているとそれをフル活用しているのがわかります。日本の取っている態度がいかに異常かということですね。こういった態度は他国を増長させるだけではなく、かえって軽蔑される要因になってしまうのではないでしょうか。なにしろ日本人自身がやっていもいないことをねつ造してまで謝って、よその国にわざわざ出かけて行って広めたりしているのですから。

 後半の内容に関しては、インターネット上のyoutubeやニコニコ動画にUPされているチャンネルグランドストラテジーの「じっくり学ぼう日本近現代史」を合わせてみるとより理解が深まると思います。毎週土曜日に更新されているのですが、これは本当に面白い!!歴史嫌いだった私が何度も見返しています。特に高杉晋作のエピソードとか爆笑しながら見てしまいます。

 教科書の問題というと、歴史教科書もですが、公民の教科書もかなりひどい!!こちらは倉山先生と長谷川三千子先生の共著「本当は怖ろしい日本国憲法」に絡めて今度感想を書きたいと思います。

 今回、上巻ということで下巻の発売が楽しみです。しかし倉山先生の本は今月もう2冊発売予定、出版ラッシュですね。うれしい限りです。




耳が痛い・・・

 耳鼻科へ・・ではない。最近盛り上がっている東京都知事選に関する話である。候補も出揃っていよいよ本番。残念ながら私に選挙権はないが、田母神氏を応援している。私の実際に周りにいる人はそうではないが、ネット上の周辺の人々も田母神支持者が多い。しかし、一部の人々の暴走がひどい。特に舛添氏に関してだが、彼が帰化朝鮮人とのねつ造ではないかと思われる誹謗中傷だ。

 これには問題がいくつかある。

 一つは、真実かどうかのソースがどこにもなく、間違っていたら完全に名誉棄損レベルの中傷だということ。
 もう一つは、たとえこれが真実だとしても、帰化していれば日本人であるため被選挙権が当然あるので彼が候補として立つことに何の問題もなく、帰化朝鮮人だという言説が完全に民族差別に当たること。

 このようなことを田母神支持者が声高に叫ぶことは、ただでさえ知名度が低い上に、いろいろな経緯が誤解されている田母神氏の選挙活動にマイナスになってもプラスになることはないだろう。

 田母神支持者の中でも先日著書を取り上げた、古谷経衡氏や、ミュージシャンのyokoさんも警鐘を鳴らしているのだが、挙句の果てに彼らのことまで攻撃する人間がいるありさまだ。

 批判をする人たちの気持ちもわからないでもない。私とて、朝鮮人や中国人が全員悪い人ばかりではない、だから仲良くしよう、などとは全く思っていない。単純に危機管理の問題で、彼らが本国で受けている教育を考えれば、警戒してあたるのが当然だからだ。だからと言って、朝鮮人の習慣に似ていることをしたとか、外国人参政権に賛成だからと言って、証拠もなしに帰化人に認定してたたくことが許されるはずはないだろう。反対するなら、単純に「外国人参政権反対、だから舛添氏が都知事になることには反対だ。」で済むことではないか。何より、そういった的外れな攻撃をすることが、誰を利して、誰の足を引っ張るか、少しは考えたほうがいいだろう。彼らの田母神支持が実は偽装だというのなら話は別なのだが・・。

 ただ、嫌いな人や物を感情的に批判したくなる気持ちは私にもやはりある。だから今回の古谷氏やyokoさんの言葉に耳が痛くなる思いだった。常に心がけていなければならないと思う。

Nexus7を買った

欲しいなー、とずっと思っていたタブレット。ようやくGet!

 どれがいいかなあ、とずっと悩んでいたのです。何しろ携帯もまだガラケーですし。いっそのことスマホにするかとか。でも電気書籍として使うことを考えるとスマホじゃ画面が小さいし、タブレットを買うにしても大きすぎると使いにくそうだし。

 それでipadとNexus7のどちらにしようかと思っていたのですが、結局小さい女の手でも片手でもてるNexusに決定。やっぱり動画やテキストをストレスなく見たいので、解像度の高い2013年版で、そんなにたくさんアプリを入れたり、データを持ち運ぶ予定はないし、行く場所も限られているので16GB、Wifi接続のものにしました。購入はいつものamazonでぽちっと(笑)。

 うちではバッファローの無線ルータを使っていて、使い始めた人の感想でWifi接続ができない、というものがあったのですが、きちんと下調べをしていたおかげで、スムーズにできました。こういうときいろんな人の体験談やブログってとっても役に立つ。

 使い始めた感想としては、画面はきれいだし、サクサク動きます。特に電子書籍を読むとき、ページをめくる感覚でサクサクと進められるのがいいです。パソコンだと、マウスでぽちぽちするのがなんだか面倒だったので。一つだけ気になる点は、ニコニコ動画を見ているとき、停止ボタンなどが、画面をタップしてもなかなか出ないことがあること。これはどうにかならないかなあ。

 でも、自分として一番よかったのは、ソファーに座ったり横になったり、くつろいだ状態で使えること。パソコンの前で壁に向かった状態で固い椅子に座っているのはなんだかさみしいものがあったのですよね。書き物をしたい時などパソコンデスクはちょっと使いにくいところがあるけど、そういう時はテーブルに移動できるし。料理を作るときも、わざわざ印字せずに、レシピをキッチンに持っていけるのもいいですね(水気には注意が必要ですが)。

 まだ使い始めたばかりですが、今のところとても満足しています。しかし、これで遊んでいて3連休をすっかりつぶしてしまった。うーん。

「反日メディアの正体」感想

 チャンネル桜の「さくらじ」やチャンネルグランドストラテジーの「全力古谷 サブカルから見る日本」でおなじみの古谷経衡さん。彼の著作を読むのは「ネット右翼の逆襲」に続き2作目。

 「ネット右翼の逆襲」も単なる著者の主張ではなく、アンケートに基づく冷静な筆致が特徴でしたが、この「反日メディアの正体」はなおさら彼の客観的な視点がうかがえる。

 メディアに在日外国人が入り込んでいる、というのはありふれた言説だ。実際にそれは間違いではないのだろう。しかし、著者はそれだけが原因ではないという。問題はメディアの国民との皮膚感覚からの遊離、メディアの「閉鎖性」「特権意識」「安定」がそろったときの危険性にある、それと同じような状態の説明にあさま山荘事件にかかわったテロリストや学校教員の例を挙げた説明は非常にわかりやすく興味深かった。それだけではなく、メディアが「社会の公器」から敗戦責任を政府になすりつけ、それを知りつつ国民が受け入れてきた構図、それが現在崩れかけているのが現代なのだろう。

 興味深かったのは、著者のネットに対する態度だ。先ほどから何度も繰り返しているが冷静で客観的なのだ。それこそ、著者はインターネットという媒体を通じて世に出てきた人だと思うのだが、ネットの力を過信せず、あくまでインターネットは、テレビの反射空間だと指摘する。その上で最近になって増えてきたインターネットユーザーの閉鎖性も指摘している。確かに、最近私はTwitterを始めたのだが、まず、自分がフォローする人を選ぶ。そのうえでツイートとしたりリツイートしたりすることを繰り返していくうちに、自分をフォローしている人が出てくる。ただ、意識してフォロワーを選ばないと、自分と似たりよったりの考えの人ばかりになり、入ってくる情報も限定的なものになってしまう。私のように自分の意見や情報を拡散するためにやっているものですらそうなのだから、友人と情報を共有するためだけにやっている人ならなおさらだろう。結局新しい媒体を手に入れても、そこで閉鎖空間を作ってしまっては、閉鎖性ゆえに歪んでしまったマスメディアとなんら変わることがなくなってしまうだろう。

 全体の感想としては、さまざまなデータや歴史的な検証によって書かれた本書は大変読みやすく、新たな視点に気付かされた。「ネット右翼の逆襲」も面白かったが、こちらのほうが内容的には堅いもののするすると読める感じでした。

 しかし、前々回の記事でも取り上げましたが、フジテレビの新年の看板を見た限りでは、マスメディアと国民の感覚のかい離は広がるばかりのような気がします・・・。


 




正月休みももう終わり

 長いと思っていたお休みも今日で終わり。
 今年は雪が降らなかったため、ゆっくり過ごせました。ゆっくりし過ぎて、明日制服のスカートが入らなかったらどうしよう、と思うくらいです・・・。しばらくは節制だな。

 と言いつつ、今日はケーキを焼きました。旦那の誕生日が1月8日なのですが、平日なのでゆっくりできるうちに。

 スポンジ、きれいに焼けました。

ST340040001.jpg

 先日のクリスマスケーキを作った時に、マジパンがなかったことが不満そうだった息子のためにマジパンで薔薇を作りました。マジパンはアーモンドプードル、粉糖、卵の白身で簡単に作ったもの。普段だったら何かのキャラクターを作るけど、まあ、旦那の誕生日だしね。

ST340039001.jpg

 で、仕上がりはこんな感じ。
ST340042001.jpg

 ちょっと、デコレーションのバランスが悪いかなあ。葉っぱもクリームの中に沈んじゃったし。

 今日は、ケーキだけで、特にお誕生日用の御馳走はなし。というのも、旦那は麻婆豆腐が作りたかったらしく、昨日のうちに材料を買ってきていたので。当日は何を作ろうかな。

毎日新聞のことは毎日変態新聞と呼んでやる

 いきなりなタイトルですが、新年早々こんな記事です。
http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20131226p2g00m0dm032000c.html

 靖国神社を「Yasukuni war shrine(靖国戦争神社)」と表記しています。えーっと、それ日本人の誰がそんな風に呼んでます?少なくとも私は初めて聴いたんですが。毎日新聞さんはよっぽど、戦争が好きなんですかね。とりあえず
そんな風に言っている人は私は知らないのですが、世間一般でよく言われているので、もう通称というか、正式名称扱いで、毎日新聞さんのことは、毎日変態新聞と呼んであげましょう。何のことか、わからない方は、毎日変態新聞で検索してみてください。口に出すのもはばかられるような記事を、延々英字版で毎日変態新聞さんが垂れ流していたことがわかります。そんなに日本が嫌いですが、そうですか。ちなみにgoogleでうそ新聞と検索すると、「もしかして朝日新聞」と出ます。さすがはgoogle先生です。

 マスメディアの世間一般との感覚のずれに関しては、古谷経衡氏の「反日メディアの正体」に面白い考察が書かれています。まだ読み終わっていないのですが、読み終わったら、感想をまたupしたいと思います。

 で、メディアの感覚のずれ。古谷氏も詳しいフジテレビですが新年早々これです。

http://www.hoshusokuhou.com/archives/35370383.html

 私、ツボに入って大爆笑してしまって大変でした。意味が分かりません。

 最近本当にテレビは面白くないので見ないし、新聞も信用できないので買って読むことはないのですが、本当にこれじゃ見捨てられるぞ。

プロフィール

yumi

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR