集団的自衛権?とっくに行使している 「誰が殺した?日本国憲法」 感想


 倉山満先生の初めての単独著書。東日本第震災直後に出版された本です。「嘘だらけ」シリーズの軽い語り口とは違い、ちょっと文章固めです。日本国憲法の三大原則と言われている「平和」「人権」「民主主義」。それを信じて裁判なんかしたらどうなるか、といった、運用面の問題から、日本国憲法の制定の成り立ちなどがとてもわかりやすく書かれています。

 私は、倉山先生の動画や著書に触れる前から独学で憲法の勉強をしていたのですが、自分の理解がいかに条文にとらわれているだけの浅いものだったのかと、今は恥ずかしい思いでいます。憲法には成文化されたものと、そうではないものがある。およそ国家というものがあるならば、成文化されている、されていないにかかわらず存在するもの、ということは知っていたのですが、それならば、なぜ日本国憲法が、日本の文化、伝統にそぐわないものであるのかに関して気づかなかったのか、なぜ伊藤博文は大日本帝国憲法を十年物歳月をかけて作り上げたのか、それに思い至ることがなかったのです。勉強って、ただただテキストを読むようにしてやるだけでは理解が深まらない、優れた著者の作品などに触れながら、自分との違う意見を取り入れつつ進めていかなければならないのですね。

 今話題の集団的自衛権のことにも触れられていますが、もともと持ってるものなんだからそんなの当たり前でしょ?ということです。まあ、国内に他国の軍隊の基地があるのに、集団的自衛権がないってどう考えてもおかしいですよね。それにもともとあるという前提で、日米安全保障条約は結ばれているのですから。調べていただければすぐにわかるのですが、まず、サンフランシスコ講和条約の直後に結ばれた旧安保条約の前文に「両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認し、両国が極東における国際の平和及び安全の維持に共通の関心を有することを考慮し、相互協力及び安全保障条約を締結することを決意し、よって、次のとおり協定する。」とはっきり書かれています。新安保でも同様です。アメリカも日本が集団的自衛権を保有していることを認めているということですし、集団的自衛権があるからこんな条約が結べたのではないのですか?そもそも、個別的自衛権も集団的自衛権も国連憲章に明記されているのですが、国際法というのは条文があるなしにかかわらず、共通のルールとしてもともと存在していたものが見いだされたものだという考えなので、それを無視した憲法を作る時点で文明国としてどうかと思われます。憲法上認められないという内閣法制局の昔の解釈がどうかしているのではないでしょうか。もともと、占領下で作られた憲法で、占領が解かれた状態では運用がむずかしいので、憲法を改正するのがよいと思う(自主憲法制定がベストだと思う)のですが、それには怖ろしく時間がかかる、しかも今の日本はそんなものを悠長に待っていられるような状況にない、それで解釈変更ということなんでしょうけど。解釈変更ではなく、もともとの解釈に戻す、で良いのではないでしょうか。

 これから、憲法解釈や憲法改正に関する様々な意見が国会でもなされると思いますし、報道でもなされるでしょう。それを理解するには、私たち国民が当事者として憲法というものを考え、学ぶことが必要だと思います。憲法改正論議に関しては、やはり倉山先生の著書の「間違いだらけの憲法改正論議」というわかりやすい本がありますので、そちらの感想も近々UPしたいと思います。




スポンサーサイト

民間防衛 スイス政府編 感想

 感想文を書くような本か?と思われるかもしれませんが、この本、すごく大切なことが書いてあります。

 核戦争が起こったら、どんな被害があるかとか、どのように避難すればよいかとか、そのためにどういった備えと心構えが必要か、などかなり具体的なことが書いてあります。戦争が起こって、攻撃を受けたときにどのように対応すべきか、占領されたらどうするか、国を取り戻すためにどうすればよいのかなど、そういったことを国民に周知する。スイスが永世中立国であり続けるためにどれだけの覚悟をもって国家を運営しているかがうかがい知れます。日本はアメリカと軍事同盟を結んでいるとはいえ、暢気すぎです。特に憲法9条を唱えていれば、戦争は起こらないなどと勘違いしている人にこの本をたたきつけてやりたくなります(やりませんよー)。

 確かに、今の時代、直接軍隊を動かして戦争をする、というのはあまりリアルではないかもしれません。ならば後半の「戦争のもうひとつの様相」という章を読んでいただきたい。敵が武器を使わず、どのように国を侵略するか。マスコミ、政治家、言論人などを取り込み、様々な方向から圧力をかけ、私たちの抵抗意思をくじき、眠らせようとします。国を経済的に弱らせて、混乱を呼び込み、政府への信頼をなくさせ、内部分裂させる。本当にいま日本が、このような侵略をされていないと思いますか?

 舛添新東京都知事が、この本の帯に推薦者として書かれていて、実際にこれをモデルにして、防災対策にするために冊子を配布する考えがあるそうですが、防災対策だけではなく、この本全体を通して書かれていることを、わかりやすく日本向けにして作っていただきたい。そして、これを東京都のみならず、全国に広めていただきたい。それだけでも、彼が都知事になった意義はあると思う。ほかのことに関しては・・・。うーん、とりあえず、いろんな疑惑がいっぱいあるのでいつまでやれるのかな?とりあえず、この本だけは作ってください(笑)。



戦後という呪い

 安倍首相が靖国参拝したことについて「安倍はバカだ。中国を怒らせてどうするんだ」といった人と喧嘩をした。彼が言うには、中韓に批判的な私のような人間が増えると戦争になるのだそうだ。私が、国としての在り方とか、歴史問題に関して話をしても、その人は聞く耳を持たない。私の言う歴史は、日本に都合のいいように書かれた偏った歴史だそうだ。

 同じ日本に生きているのに全く会話が通じない。こんな時ひどい無力感に襲われる。彼は、なぜか日本にもいいところがあるという話や、大東亜戦争は侵略が目的だったのではない話をすると、いきなり火がついたように怒り出すことがある。私の知っている歴史の話に聞く耳を持たないだけでなく、自分で勉強してそれを知る気もなさそうだ。彼にとっての真実は、昔、学校で習った歴史の授業、あるいは書物、あるいはテレビや雑誌で少々聞きかじった話がすべてのようだ。何しろ、南京大虐殺で何百万人も日本人は中国人を殺したなど、中国人でさえ言わない怖ろしいことを言い出すのだ。

 ただ、彼が特殊な人間かと言ったらそうではないのだろう。普段、歴史にも政治にも関心がない人ならば、なんとなく、昔、先生に教わったことが正しくて、なんとなく、マスコミが言っていることが正しいように思っている。そして、なんとなく日本人は戦争で悪いことをしたのだから、ずっと謝り続けて、アメリカの庇護下にあればよいのだと思っているのかもしれない。

 彼は、日本は戦争に負けた、それが全てだ、という。彼は私が危険思想の持ち主のように言うが、どちらが危険な考えだろうか。戦争に負けたから、謝り続け、他国の支配下にいなければならないのなら、それをやめるためにはもう一度戦争をして勝つしかないではないか。憎しみが戦争を生む、と彼は言うが、戦争は憎しみで起こるものだろうか。宗教戦争や民族間の争いならまだしも、日本はそんな戦争を他国とする理由が全くない。靖国参拝で中国が怒るというが、私はとてもそうとは思えない。誰がいつ靖国に参拝したとしても、心から傷ついている中国人が本当にいるのだろうか。たたけるネタとしてたたいているだけではないのか。戦争とはそもそも国益のぶつかり合いで発生するものではないのか。それにこちらが戦争をする気がなくても、起ってしまうのが戦争ではないのか。

 戦争など誰も望まない。私はそうならないためにはどうしたらいいかを考える。そのためには、周辺国のことも、歴史も知らなければならないと思う。それなのに、それについて語ることすらも戦争につながるという人がいる。戦争で戦った人のみならず、その孫である私たちまでこれほど根強く、戦後という呪いにかけられているのか。暗澹たる気持ちになってしまった。


都知事選が終わって

 応援していた田母神氏は4位・・・。予想通りではありますが、残念。
 しかし宇都宮氏が2位とは。これって思ったよりサヨクが多いのか、それとも舛添氏よりまし、って感覚なのか?いろんな考えかたがあるとは思いますが、日本人なのに「日の丸」「君が代」が嫌ってどうなのよ?

 細川氏が当選しなかったのには正直ほっとしている。私はもともと熊本生まれなので、細川氏が総理になったときは注目していたのですが、結局何もなさずにグダグダでやめていった。負の遺産として、あんまりメジャーじゃないけど「細川談話」みたいなものも残しているし。しかもこの間まで、世捨て人みたいな感じで陶芸やってた人がいきなり都知事って、ふざけてるとしか思えない。都知事選の演説でも、最初カンペもって演説してたし、小泉さんが話し始めたら泣いてたし・・・。私の周りの細川さん押しの人たちは、「テレビでの取り上げ方が少ない!!」って怒ってたけど、細川さんのほうから、討論とか断ってたよね。まあ、あんなんで出たら一瞬で「ダメだこりゃ」ってなると思うけど。

 田母神氏の敗因としては、もともと知名度が低い上に、知っている人たちにもあまりいいイメージを持ってない人が多い。自衛隊出身者が右翼とか軍国主義とか戦争好きとかどんだけ思考停止だよって人が多くて嫌になりますが。ただ、そのイメージを上塗りするような選対・・・。まあ選対のやり方に対する不満はいろいろありますが、一番まずかったのは、やはりどこの公認も得られない状態で出たことだろう。草の根でやりたい、という気持ちはわからないでもないが、選挙は勝たなければ意味がない、2番では意味がないのだ。そんなまずいやり方で戦っておきながら、水島氏の敗戦直後の言葉が「都民はおろかだ」ってどっちがだ?

 舛添氏に関しては、選挙期間中から悪い話しか出てこないし、公職選挙法違反の疑いもあるそうだし。これでまたあっという間に再選挙とか、勘弁だなあ。選挙権ないしどうにもできないけど。

 最後に、直接都知事選に関係ないが言いたい。何度も彼の本の感想を書いていることからお分かりの通り、私は倉山満先生の大ファンなのだが、今回の都知事選の間も都知事選が終わった後も、関係がないのにこの件に絡めて倉山先生や周辺の人たちをたたいている人たちがいた。田母神氏の推薦人になった上念司先生のことを「チャンネルクララで嫌々推薦人になったって言ってた」なんてデマを流す人もいたが、「推薦人になってくれと連絡が来たので、どうぞどうぞといった」のが何で嫌々引き受けたことになるのか?彼らは倉山先生や上念先生が保守分断しているというがそれこそどっちが分断工作してるんだか。


倉山満 歴史問題は解決しない 感想

 またまた、倉山先生の新刊。新刊ラッシュで読むのが大変!今までの、倉山先生の歴史観、大日本帝国憲法に関する評価などがギュッと濃縮されたかのような1冊。大変読みごたえがありました。

 私が今まで思いもしなかったのは第五章第三節の『「戦争」が根絶された世界』で「戦争」をなくそうとしたがために、より悲惨な紛争が増えてしまったとの考え方だ。ヨーロッパの王たちの果たし合いの末、その慣習が積み重なり国際法となる。このルールが守られていてば、戦争は相手を抹殺するまでには至らない。しかし、その国際法を理解できない国々によってそれは通用しなくなった。CGSの動画「じっくり学ぼう 日本近現代史」を見たときも思ったことだが、私は今まで、「戦争」という歴史的な出来事に関しては知っていても、「戦争」の目的とやり方に関しての知識があまりにもなかった。学校では、日清戦争や日露戦争は勝ったが、大変苦しい戦争だったとか、第二次世界大戦は悲惨な間違った戦争だったとか、そういう風にしか教わらなかった。何しろ各々の戦争を日本が起こした意味さえも、大人になってからようやく理解できたのだ。だが、倉山先生の著書や動画をみると、日清戦争や日露戦争は戦争目的がはっきりしており、特に日露戦争などどうやっても勝てる相手ではなかったのになぜ勝つことができたのかがはっきりわかる。逆に大東亜戦争は戦争目的に対して、やり方がめちゃくちゃで、しかも相手が総力戦しかできないアメリカだったため、どんどん悲惨な状況に陥っていったことがわかる。ヨーロッパ諸国が作り上げてきた法にのっとって、うまくやっていた日本が、国際法を理解できないアメリカに翻弄され、しかもアメリカが世界の中心に居座ることによって、紛争が悲惨な宗教戦争の体をなすようになってしまう。その結果、今まで戦争が終わり、講和条約を結んでしまえばそれまでだった歴史問題が、その後も色濃く残る羽目になってしまった。しかも、日本は自ら、河野談話や村山談話によってそのハードルを上げているのだ。

 世界中で様々な国がパワーゲームを繰り広げている。どんな国でも他国が自分たちより上位に来ることを望むはずはない。日本が歴史問題を解決しようと、何かをすれば、それを良しとせず、引きずり降ろそうとする国が現れるのは当然だ。日本の場合、他国だけに気を配るのでは足らず、自国内の敵をも相手にしなくてはならないので厄介だ。

 おりしも2月3日の国会で維新の会の杉田水脈議員が河野洋平を参考人として招致する要請とそのための活動をする旨の発言をした。私はこの活動を、私のできる範囲で、全面的に応援したいと思う。歴史問題は簡単に解決はできない。しかし、子供たちのためにも、今生きている私たちが、少しでもやれることをやるしかないのだ。




プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR