倉山満 嘘だらけの日中近現代史 感想

 私が初めて読んだ倉山満先生の本。「この本の題名がいきなり嘘です」って出だしから面白すぎ。しかし、よく言われる中国4000年の歴史(最近は6000年に増えた?!)とかが、いかに嘘っぱちかもよくわかります。国としても、民族的にも、領土の広さも全く連続していない、ただそこに誰かが住んでいた、というだけ。しかも、一度でも自分たちを支配したことがある民族の住んでいる国は中国というものすごく怖ろしい論理。宮脇淳子先生の言葉ですが、日本がいわゆる朝鮮出兵(本当は明を攻めたかった)に失敗してよかった。もし、明まで攻め込んで、一度でも支配していたら、「我々を支配していた人たちが住んでいる日本は中国の領土だ!」と言いだしかねない人たちです。

 前作の「嘘だらけの日米近現代史」のスタイルを踏襲していて、まず通説を語り、それに対する反証を語る。あまりにもわかりやすく簡潔に書かれているため、「何々について書かれていない」、だの「参考文献がないから本当かわからない」とかいう人がいるのですが、詳細な歴史を知りたければ、世の中に大量に出回っている歴史文献を読めるだけ読めばよいでしょう。参考文献が書かれていないのは、それこそ大量の文献を読み、それを比較検証して正しいと思えるものを選び抜き、簡潔に語れるまでに自分の中で消化されているからではないでしょうか(あくまで私がそう思うだけで、倉山先生がそう言っているわけではないので断言はできませんが)。倉山先生は、ブログでも「このことの予習用の参考文献は、○○先生の著書全部と、××先生の著書全部、・・・、△△年から後に書かれた□□国に関する本全部・・・」とか、恐ろしいことをしれっと書くおちゃめな方です。なので、新たにいろいろ調べたうえで書かれたと思われる「財務省の近現代史」には怖ろしい量の参考文献がのせられています。逆に、こんな安い新書で今まで知らなかったことが学べる、歴史嫌いだった私でも楽しく読める、さらに深く勉強したいと思えるのはとてもありがたいことです。

 第一章、第一節の「中国史は繰り返す」で新王朝成立から地方軍閥の中央侵入、そしてまた新王朝成立までのパターンを繰り返すという説明がとてもわかりやすい。この本ではそれぞれの王朝の簡単な歴史については触れられているのですが、もっとじっくり学ぶ時でもこれを念頭に置いて考えてみると、また違った発見があるかもしれません。

 しかし、現代はすっかり中国にしてやられている、と思います。日本人はバカ正直というか間違ったことをしていなければわかってもらえると信じ込んでいるというか、それに付け込まれてやりたい放題やられている感じですね。どこかでこの悪循環を止めないと、知らない間に国が滅んでいることもあり得るかもしれません。大変怖ろしい状況です。

 まあ、中国も大変そうではあります。いよいよデフォルトか?という話も最近ではよく聞きますし、かなり報道は抑えられているようですが、各地で暴動やテロが起こっているようです。中国共産党が倒されるか、我が国が知らない間に乗っ取られるか?私たちとしては、敵のゆさぶりには動ぜず、静謐を保つことが一番大切だと思います。



スポンサーサイト

倉山満 嘘だらけの日米近現代史 感想

 嘘だらけシリーズ1作目。すらすらと読みやすいけれども目からうろこが落ちる本です。

 倉山先生はアメリカのことを「バカ、ヘタレ、でもやるときはやる」とバッサリ切っています。現代の私たちは敗戦後の教育のせいもあり、アメリカのような強い国に無謀な戦争を仕掛けたどうしようもない国だと自国のことを卑下していますが、実は第一次世界大戦後の日本は世界の列強国の一つであり、最強の軍隊を持つ国だったことがわかります。こんな強い国だったのになぜ負けてしまったのか、それをきちんと反省しなければ日本は立ち直ることができないと思います。間違ったコンプレックスに凝り固まり、自分を見失ってしまった日本人。そのコンプレックスから解放されるための良書です。

 この本はまず通説を語り、その後にそれを覆すという手法をとっています。これを読むといかに私たちが間違った認識で歴史を理解しているのか、と感じます。アメリカ南部は奴隷制を続けようとした悪いところ、それを北部の人たちが解放したのだ、なーんて歴史観で物事を見ていたら、本当の歴史はわからない。北部に住んでいたアメリカ人は、そういったプロパガンダをうまく利用し、南部にあった国をそれがあったことを人々が忘れ去るまで壊滅してしまったのです。しかもそれと同じ「総力戦」を日本は、敗戦後やられています。これをきちんと理解しなければ、今の日本とアメリカの関係も理解できないだでしょう。今後私たちがどのようにしてアメリカと付き合っていけばよいかも、歴史を理解することがそのヒントとなります。

 最近、アメリカからの風当たりもきつくなっているように感じます。しかし、それは本当にアメリカ発なのかを疑うことも必要です。何しろ、こちらの言動をいちいち報告して、それに対しての言質をとり、さらにそれをこちらに持ち帰って、「こんなに非難されているー!!日本は孤立するー!!」と、日本のマスコミはしょっちゅうやっているのです。どこからの指令で何のためにやっているのでしょうか。最近、アメリカに対して強硬な物言いをする人たちも増えてきたように思います。確かにアメリカは戦争中、原発をおとし、民間人を虐殺した、私たちにとってにくい敵であった国です。しかし、彼らとの軍事同盟がなければ、軍隊を持たない我が国は、いつチベットやウイグルと同じ状況になるかわからない、そのためにはどうあっても協力していかなくてはならない、倉山先生いわく「むかつく同盟国」なのです。現在、領土的野心を我が国に対して持っている中国という国が存在する状況で、アメリカと敵対することはあまりにも危険です。それなのに、アメリカをことさら批判したり、沖縄からアメリカ軍を追い出そうとする人々は、アメリカ、中国を二正面作戦で倒す秘策でも持っているのでしょうか。最近、特に特定秘密保護法の成立のときのマスコミや左翼団体の狂ったような騒ぎっぷりを見てから、どこまでそういった勢力が入り込んでいるのか、怖ろしく感じました。




倉山満 「間違いだらけの憲法改正論議」 感想

 憲法改正といえば、よく話題になるのが、9条と96条についてですが、本当にそれだけでよいのでしょうか。自民党の出している憲法草案は何が問題なのでしょうか。

 改正するところがある、ということは今の日本国憲法には問題がある、ということになります。この本ではまず、日本国憲法の何が問題か、ということについて語られます。一言でいうと、何もかもがでたらめで話にならないということです。まず、成り立ちがでたらめです。日本にはもともと大日本帝国憲法がありました。敗戦後、GHQにより押し付けられた「マッカーサー3原則」をもとに、憲法に関してまるで素人の集団が作ったものを日本人が何とか憲法の形にしたもの、それが日本国憲法なのです。そもそも、占領時に憲法はおろか法律を変えることでさえ、よっぽどの事情がない限り国際法違反です。日本は武装解除していて、国内の混乱もなかったため、そのような必要がなかったのに、憲法を変えられてしまいました。無理やり押し付けられた憲法でも、内容が良ければいいじゃないか、という批判もあるでしょうが、その内容もめちゃくちゃです。どのくらいでたらめなのか、有事に関する規定がない、改憲に関する条文があるのにそれをするための附属法がなかった(国民投票法ができたのは2007年)、三権分立と言っていながら、国会は国権の最高機関?(政治的美称説とかわけのわからない説明が憲法学ではなされる。法律の条文に意味のないものを書き込むのは論外)などなど。

 では、あるべき憲法とはどのようなものでしょうか。それについて、「天皇」「人権」「議会」「内閣」「司法」「財政」「憲法」の視点から語られます。憲法とは何か、を突き詰めると、国がどうあるべきかということ、そしてどのように運営していけばよいかを考えることになります。それを思うと、他国から押し付けられたものを押し頂いていることの恥ずかしさ、それを条文だけちょっと変えれば何とかなると考えることの愚かしさがわかります。

 憲法に限らず、法律に関しても、一番大切なのは条文を守ることではなく、どのように運用するかであると思います。憲法に書かれていることを守りすればよいのか、書いて無いことならばやらなくても、またはやっても法律違反にならないのか。憲法は国家の基本法なので、最低限の絶対守らなければならないことについて書かれなければならないのですが、書いてないから守らなくてよいということにはならないでしょう。日本は長い歴史と伝統を持つ国なので、慣習として積み上げられてきたものがあり、条文に書かれていなくても守られてきたものがあります。そして正しく運用するために、すべてを憲法の条文に書き込むのではなく、憲法附属法をもって運用するのが正しいあり方なのだと思います。

 とても読みやすい本なのですが、これを読んでいかに、憲法というものを普段自分がおろそかに考えているのか、条文だけにとらわれて中身のことを理解できていないかを思い知らされました(何しろこれでも条文は全部読んでいるし、勉強もしていたのだ)。今の状況では、自主憲法制定どころか、一語変えることすら何年後になるかわからない、ならば本当にあるべき憲法について、一人でも多くの人が学び、考えることが大事だと思います。



倉山満 保守の心得 感想

 またまた、倉山満先生の新刊。今年出た本を、「常識から疑え!山川日本史 上」から数えたら、なんともう4冊目!!しかも「山川日本史 下」が5冊目でもう発売しており、明日amazonから届きます。倉山先生の本だけで読むのが追いつかないペースです。執筆に講演に、大学の授業もなさってるのかしら?先生過労死しないでね。

 「はじめに」で私たちの住んでいる日本がいかに素晴らしい歴史と伝統を持った国であるかが語られます。しかし、現在ではそれが失われつつあり、なおかつ、それを意図的に破壊しようとしている勢力があります。自虐的な教育を受けながらも、それがおかしいことに気づき、何とかこの国を守りたい、そのためにはどうしたら良いのか、最低限でもこれだけは知っておいてほしい、という倉山先生の思いから書かれた本です。

 耳触りの良い言葉であふれている本ではありません。「政党の近代化」「財政」「外交」「憲法」など、現在の日本における深刻な問題について書かれていて、この国を守るための覚悟を迫られます。

 厳しい言葉の中に、今つらい思いをして生きている人たちに、何とか生き抜いてほしいという、気持ちが垣間見えます。私も倉山先生と同世代なので、働き始めたときはバブルは崩壊しており、景気は悪くなる一方、このまま暮らしていて、老後は大丈夫なのか、とリアルに考えてしまいます。結局、お金がなければ、ちゃんと食べていける状況に無ければ、天下国家のことを語っても聞く耳をもってもらえない。まずは経済を立て直さなければ始まらない。そのために、日本銀行の政策を変えさせ、増税を止めるための活動を倉山先生たちが必死に行っていたことを知っています。ただ、理想を語るだけでなく、本当に世の中を変えるために動いてきた人の言葉をかみしめながら、この本を読み進めました。

 「おわりに」で、倉山先生は、空気を読むこととは人の気持ちを慮ることで、それは日本人の大切な伝統であるが、それが今失われつつある、と言っています。それを何とか食い止め、私たちはこの国を守り、次の世代へ残すためにどのように行動するのか。すべての人に考えてほしいと思います。




私にとって保守とは

 倉山満先生の「保守の心得」を読んだ。そちらの感想はまた近々あげるとして、私の考える保守、というか、本当はブログを立ち上げるときに書くもののような気はするが、私がこのようなブログを立ちあげるの至った理由を書いておきたいと思う。

 若い時ははっきり言ってウスラサヨクだった。日本国憲法は平和憲法だと思っていたし、君が代は口パクだった。日本はなんだかよその国にひどいことをしていたようだ、と思っていた。しかもどういう風にひどいことをしたのかをよくわかっていない、というひどいものだった。何しろ社会科は嫌いだった。歴史も地理も公民の教科書も読んでもさっぱり意味が分からないので、大切なキーワードを暗記してテストでは点数をとっていた。自慢ではないが、これで中学のテストは満点を取ったこともあるし、高校は進学校だったが8割、9割は取れた。しかし、短期記憶にとどまるし、流れとしての歴史はつかめなかった。改めて考えるとこれが学問なのか?

 何かがおかしいと気づいたのはだいぶ大人になってからだった。小林よしのり氏の「ゴーマニズム宣言」を読んで、氏の慰安婦問題に関しての作品を読んだときに、マスコミで騒がれていることと、小林氏の書いたことを比べると、明らかに小林氏の書いたものの方が、きちんと資料も提示されているし、理論的で正しいものだと思えたのだ。その後、朝日新聞やTBSなどからの小林氏に対するバッシングが行われるようになるのだが、小林氏の著作を勝手に引用した作品に対する裁判が行われた際、一審で小林氏が敗訴した時は、朝日新聞は鬼の首を取ったかのように報道したのに、二審で勝訴した時は、ほんの小さなスペースで報じただけだった。そこで改めて、メディアの自分の都合の悪いニュースは流さない、新聞やテレビの言っていることを真に受けていては騙されてしまうことに気が付いた。

 私は、テレビや新聞だけではなく、同じニュースもインターネットで調べて情報を得るようになった。改めて検証してみると、いかに大メディアが真実のみを報道するわけではない、誤った情報を流してもそれを訂正もしなければ謝罪もしない、さらにはわざと間違った報道で日本を追い込むようなことをしていることを知った。教育に関しても、いかにゆがんだ教育を受けていたかを知った。それは今も続いている。息子の社会科の教科書を読んだことがあるが、ひどいものだ。学校教育でこんな偏向した教育を受けさせて、どうやってまともな大人になるのか。

 そうやって私は様々な情報をインプットしてきた。しかし、これを人に話しても、おかしな人間だと思われるだけ、実際にこういった話をして喧嘩になることもある。ただただ自分の中だけで知識を増やしてきたが、それではいけない、と思うようになった。

 一番の理由は息子だ。彼に私たちが受けてきた間違った教育、プロパガンダによりゆがめられた歴史、そんなものを負わせたままでよいのか、との思いがだんだん強くなっていった。自分の国を愛せない、外国に行けば、昔のことで犯罪者よばわりされるような状態のままでよいのか。私には、ある種の障害のようなものがあって、それは治るものではなく、一生付き合っていかなければならないものなのだが、ずっとそうであったし、それとの付き合いにも慣れたので、自分一人の問題ならば、大したことではないと思っている。しかし、それで悩んでいる、特に若い人たちにとって、それと向き合い、克服するための助けになればと思い、そのための協力をしている。若い時に自分が味わってきた苦しみ、どうにも出来ない思いや不安、それを若い人たちが少しでも和らげることができればと思っている。今の日本、日本人も病にかかっているのと同じだ。今、私が学んでいること、それを少しでも分かち合って、この国を良くするにはどうしたらよいか、と考える人が増えてくれればと思う。

 私が考える「保守」とは、何を保ち守るのか。もちろん、私たちが住んでいる日本であり、住んでいる人々であり、家族である。どうやって守るのか。この国の文化、伝統、歴史を学び、健全な国のあり方について考え、多くの人たちと共有すること。大それたことはできないが、少しずつでも広げていければと思う。


プロフィール

yumi

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR