ケーススタディー 三橋貴明「真冬の向日葵」を検証して名誉毀損について考える

 先日、倉山満先生の「増税と政局」の感想をブログにUPしたのですが、おりしもその翌日、経済評論家の三橋貴明氏が倉山先生に内容証明を送るという事態が発生しました。

「増税と政局・暗闘50年史」について
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11822729893.html

 現在訴訟に発展しているので、その件に関しては法廷で明らかになることでしょうし、これから争われることですので、言及は避けたいと思うのですが、この内容証明文で一つ気になるところがありました。

ブログより引用

(4)294ページの以下の記載
ア 『経済評論家の三橋貴明など、よく名誉毀損の訴訟を起こされないものです。』
イ 上記記載は、一般読者をして、三橋が何ら証拠のない話をしばしば論じていると印象付け、三橋の名誉を毀損します。

引用ここまで

 三橋氏は一文のみ抜き出して、「三橋が何ら証拠のない話をしばしば論じていると印象付け」とありますが、倉山先生は何をもって、三橋氏が名誉毀損の訴訟を起こされかねないと言っているのでしょうか。それはこの引用部分の前に書かれています。

「増税と政局」294ページより引用

 また、例の酩酊会見について玉木林太郎国際局長が読売新聞の越前谷知子記者と手を組んで中川に一服盛ったというまことしやかな噂がありますが、なんの証拠もありません。こんなことは法廷で使えるぐらいの証拠がなければ言ってはいけない話です。

 引用ここまで

これは三橋氏とさかき漣氏との共著「真冬の向日葵」の内容について言及していると思われます。

真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪―



amazonよりあらすじ
 バッシングによって貶められた朝生一郎総理と中井昭二財務相の失脚の真実。メディアとは、報道とは、“情報”とは、何なのか?偏執的な報道を繰り返すメディアの実態と情報を鵜呑みにし、無責任な判断をくだす人間の姿を冷静かつ客観的視点で見つめた本格小説。

 あらすじにありますとおり、小説の体をなしていますが、登場人物の名前を見れば朝生一郎は麻生太郎、中井昭二は中川昭一と一見してわかるように実在の人物、実際にあった出来事を下敷きに書かれています。

 この小説の中で、財務官の篠塚直治、玉林国際局長、読解新聞の江崎記者、国テレの八俣ひろみが共謀して中井大臣を失脚させたと読み取れる描写があります。ここに登場している人物は実際の事件とリンクさせると実在のモデルが誰か読み取れます。これは名誉毀損に当たらないのか?

 名誉毀損は親告罪ですし、この小説が発表されてからもうすぐ2年がたとうとしています。今さら、こちらの内容について訴訟を起こされるようなことはないでしょう。しかし、もしこれが訴えられた場合どのようなことになるのか。法律を学ぶものとしてあくまでも思考トレーニングとして考えてみたいと思います。なお『』内の記述は有斐閣「判例六法 平成26年版」より引用しています。

 そもそも名誉毀損とはなんでしょう。

 名誉毀損(めいよきそん)とは、他人の名誉を傷つける行為。損害賠償責任等を根拠づける不法行為となったり、犯罪として刑事罰の対象となったりする。(wikipediaより)

 『名誉とは各人がその性質・行状・信用等について世人から相当に受けるべき評価を標準とするものであるから、ある行為が他人の名誉を毀損するかどうかを決めるには、単にその行為が性質上一般に人の名誉を毀損すべきものかどうかを判断するだけでは足りず、その人の社会的位置・状況等を参酌して審査しなければならない。(大判明38・12・8民集一一・一六六五)』

 大臣を陥れるために共謀して毒物を飲ませ、失脚させた。何の証拠もなしにこのようなことをしたと書かれたら、社会的位置・状況などを考えるまでもなく名誉毀損に当たるでしょう。

 名誉毀損とは法律上どのように扱われるのでしょうか。

 民法では、民法709条 不法行為(不法行為による損害賠償)、710条(財産以外の損害の賠償)、723条(名誉毀損における原状回復)。
 刑法では第三十四章の名誉に対する罪 第230条(名誉毀損)、第231条(侮辱)に該当します。
 
 ただし、憲法21条第1項の表現の自由との兼ね合いもあり、すべてのものが名誉毀損にあたるわけではありません。

 「真冬の向日葵」はフィクションの体裁をとっていますが、フィクションでも名誉毀損の判決を受けた事件はいくつかあります。

『小説、演劇、映画等により、名誉、プライバシー等が侵害された場合には、侵害行為の予防、排除を求める請求権の存否は、個人の尊厳及び幸福追求の権利の保護と表現の自由との関係に鑑み、具体的事案における比較衡量によって決せられる。(東京高決昭和45・4・13高民二三・二・一七二〈「エロス+虐殺」事件〉)』

『実在人をモデルとしたことが何人にも明らかな文芸作品を発表した場合において、それが事実の適示でないと言えるためには、特定人の具体的行動を推知せしめない程度に、人間一般に関する小説へと抽象化されていなければならない。実際の政治家をモデルとした小説で、世人から憶測されていた疑獄事件に関する事実が生のまま織り込まれているときは、本罪が成立する。(東京地判昭32・7・13判時一一九・一)』

 実在の人物、事件が特定されるような書き方をしていれば、フィクションであっても名誉毀損は成立するのです。しかし、こういった場合であっても名誉毀損に当たらないケースもあります。

 民事事件の判例で『名誉毀損については、当該行為が公共の利害に関する事実に係り専ら公益を図る目的に出た場合には、適時された事実が真実であることが証明されたときは、その行為には、違法性がなく、不法行為は成立しない。もし、右事実が真実であることが証明されなくても、その行為者においてその事実を真実と信じるについて相当の理由があるときは、右行為には故意又は過失がなく、結局、不法行為は成立しない(最判昭41・6・23民集二〇・五・一一一八)』とあります。

 刑事事件の場合は刑法第230条の2により規定されています。
第230条の2
1. 前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。
2. 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。
3. 前条第1項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

 条文には書かれていませんが判例で『たとえ真実性の証明がない場合でも、行為者がその事実を真実であると誤信し、その誤信したことについて確実な資料・根拠に照らし相当の理由があるときは、犯罪の故意がなく、名誉毀損罪は成立しない。(最大判昭44・6・25刑集二三・七・九六五)』とあります。

 何の証拠もないのに、ある人物が薬物をつかって大臣を陥れたとの小説を書き、それが事実に反することであれば、間違いなく名誉毀損になるでしょう。しかし、それが公共の利害に関する事実であり、または事実を真実と信じるについて相当の理由があるときは、名誉毀損には当たらないのです。「中川財務大臣酩酊会見」が何者かの謀略によってなされたものでそれについての証拠があって三橋氏とさかき氏が小説にしているのならば、名誉毀損には当たらないとの判決が下されるのではないでしょうか。

 先ほどのamazonのレビューを読んでも、かなりの人がこの作品をフィクションではなくノンフィクションとしてとらえているのがうかがえます。

 実際に三橋氏自身もブログで何度もこの件に関して言及しています。
 
贖罪
 http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11346415352.html

ブログより引用

 ローマの署名式に、いくら元財相の麻布高校時代の同級生とはいえ、本来は行く必要がない玉木林太郎国際局長(当時。現財務官)が同行したのはなぜなのですか。

 教えて下さい、玉木さん。あなたがローマの事件の後、国際局長から財務官に「出世」したのはなぜなのですか? ローマの会見で中川元財務相の横に座っていた篠原尚之財務官が、その後、IMFの副専務理事に「出世」したのはなぜなのですか。

「そうだ、安倍政権崩壊から中川昭一元財務相の死に至るまでの日本の政治、経済、メディアの混乱をモチーフに、小説を書こう。少しでも多くの人に、真実を知ってもらおう

引用終わり

続 贖罪 ~真冬の向日葵~

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11351795009.html

ブログより引用

 本書「真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪― 」は、安倍政権末期から中川昭一先生がお亡くなりになるまでの日本をモチーフに書かれた小説です。とはいえ、お読みになればお分かり頂けると思いますが、本書は「現実の記憶」でもあります。

 とはいえ、「黒幕」は上記のような情報を国民に伝えることもなく、ときには良い方向に、ときには悪い方向に政治や経済を動かし、国民の運命を変えてしまいます。「黒幕」が責任を取ることはありません。くどいですが、責任を取らされるのは国民です。

 「黒幕」はときに、人の生命すら奪います。あのとき、四面楚歌の中で戦い続けた故・中川昭一先生やご家族の気持ちを想像するだけで、心が痛みます。

引用終わり

 このブログの内容から察するに、三橋氏は玉木氏に何らかの疑いを持っていることは明らかです。そしてこの黒幕とは「マスコミ」及び「財務省」でしょう。そして「真実を知ってもらおう」「現実の記憶」という言葉が出てくることから、三橋氏が知りうる限りの真実を伝えるために書かれた本だと思われます。

 先ほどの内容証明を送る旨の報告のなされたブログにおいても「三橋が何ら証拠のない話をしばしば論じていると印象付け、三橋の名誉を毀損します。」とあるとおり、三橋氏は証拠のない話を論じないと自ら述べています。ということはこの「真冬の向日葵」の内容について、三橋氏及び共著者のさかき氏は何らかの証拠を持っており、このような訴えがあった際にはそれを明らかにする準備があると考えられます。

 なおこの「真冬の向日葵」の内容と現実の出来事がどこまで一致しているかに関してはこちらに秀逸なまとめがありますので、参考にしていただけたらと思います。

http://matome.naver.jp/odai/2139964146813992901

 今回の「増税と政局」に関する訴えの中で、三橋氏はこの件に関して「名誉毀損となる記載」として挙げています。ということは、この「真冬の向日葵」の内容の真偽に関しても法廷で明らかになるのではないでしょうか。

 中川昭一氏を失ったことは、日本にとって大変な痛手でした。故中川氏及びご遺族のためにも、三橋氏及びさかき氏はこの件に関して明らかにしていただきたいと一日本国民として心より願います。

スポンサーサイト

猫でも行使する集団的自衛権

集団自衛権報告書 「異質の国」脱却の一歩だ

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140516/plc14051603360005-n1.htm

(以下記事引用)

行使容認なくして国民守れぬ

 日本の安全保障政策の大きな転換につながる集団的自衛権の行使について、政府の有識者会議が憲法解釈の変更で容認することを求める報告書を安倍晋三首相に提出した。

 首相は記者会見で「いかなる危機にあっても国民を守る責任がある」と述べ、本格的な与党協議に入る考えを表明した。

(引用終わり)

集団的自衛権の行使容認に政府が大きく動き出しました。

 何度かブログに取り上げてきましたが、もともと日本は国際的にみて集団的自衛権をとっくに行使しています。現在の憲法解釈では集団的自衛権は保持しているが行使することはできない、持っている権利を行使できないとはどういう理屈でしょうか。ここで昨日面白い記事を見つけました。

猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米

http://www.cnn.co.jp/usa/35047911.html
 
 昨日のニュースですが、猫が飼い主の子供を襲っている犬に体当たりして、子供を救っている映像が、監視カメラに写っています。目の前で子供が襲われたら猫でも子供を助けるという、9条信者の方はこれを見てどう思われますか。なぜ国際法では個別的自衛権や集団的自衛権が認められているのでしょう。国際法とは理屈ではなく人間が積み重ねてきたものから見いだされたものです。それを無理やりないことにすることが、まっとうなことでしょうか。世界に日本しかないのなら話は別ですが、国際社会で生きていこうとするのならばそれは通用しない話でしょうね。先日ツイートして何名かの方がリツイートしてくださったのですが、「個別的自衛権を否定する人は、暴漢に襲われても自分の身を守らないのでしょうか。 集団的自衛権を否定する人は、愛する人が襲われても見ているだけなのでしょうか。」これに尽きると思うのですけどね。9条絶対守れ、と言っている方でこれに賛同してくださる方はいらっしゃらないのでしょうか。

 今回のこのブログは高橋洋一先生のツイートを見て思いつきました。高橋先生のツイートや記事は経済の勉強をするためにフォローさせていただいているのですが、こんなことでまで役に立つとは。

https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/466954774974189568

 最後に、集団的自衛権について、みんなの党の和田正宗議員がとてもわかりやすくまとめてらっしゃったので紹介したいと思います。和田議員は前回の参議院議員選挙で当選したばかりの若手議員ですが、こんな方がもっと増えてくださるとよいですね。

http://ameblo.jp/wada-masamune/

本日は、集団的自衛権の行使容認について、安倍総理の記者会見がありましたのでそれについて述べます。

安倍総理も記者会見で述べたように、平和を希求し戦争は絶対に起こしてはならないという思いは誰しも同じで、私も当然のごとくそう思います。
しかしながら、日本国と国民の命を守るために必要な措置は取っていかなくてはなりません。

集団的自衛権行使容認がなぜ必要かはこれまでも述べてきていますので、
本日は、マスコミや評論家などによる集団的自衛権に対する間違った論について、正しくはどういうことか述べたいと思います。

今朝、憲政史の専門家・倉山満さんを囲んで超党派の保守系議員でも議論しましたが、そもそも集団的自衛権はこれまでも行使されており、「集団的自衛権は保有するけれども行使できない」というのは恣意的な解釈で、これを健全な姿にしていかなくてはなりません。
そのうえで、どこまで出来るのかを制限することが必要なのです。

日本はアメリカと同盟を結んで米軍基地を置きながら自国を守る限り、集団的自衛権をこれまでも、そしてこれからも行使することになります。
どういうことかというと、国際法上、基地の提供は集団的自衛権の行使とみなされるからです。これは、過去の政府答弁でも明らかです。

また、集団的自衛権を認めれば戦争に巻き込まれると言いますが、すでに日本は中立国ではなく、ベトナム戦争などに実質的にアメリカの同盟国として参戦しています。
日本は参戦していないと思っていても、相手国はそう捉えますし、国際的にもそう捉えるのが常識です。
「宣戦布告」を日本はしていないじゃないかという事を言われる方もいると思いますが、第二次世界大戦以降、宣戦布告が行われる戦争はなくなりました。すなわちどういった枠組みで戦っているかで、中立国かそうでないかが判断されます。

そして、解釈改憲は許されないという論に対しても、池田内閣までは何度も解釈改憲はなされておりますし、そもそも内閣法制局は憲法9条の呪縛を是正するために、解釈改憲を繰り返してきました。

さらに大前提として、国連憲章51条にもあるように、国家は当然にして集団的自衛権も個別的自衛権も保有し行使できるわけです。

個別的自衛権と集団的自衛権を分ける恣意的な解釈で逃げるのではなく、集団的自衛権の行使を容認したうえで、どのような制限をかけ、我が国を守っていくのかという議論をしていくのが健全な姿です。


倉山満「帝国憲法の真実」 感想

 「帝国憲法」に正面から向き合う、倉山満先生の新作。

 本当は「日本国憲法の暗号と帝国憲法の真実」というタイトルにする予定だったのが、日本国憲法があまりにもグダグダなので、タイトルから外したとか。

 第一部で日本国憲法の欺瞞について、第二部で帝国憲法の真実について書かれていますが、私が最も感銘を受けたのは、第二部第三章の「自由の根源に迫る」です。

 日本国憲法では、第十九条で良心の自由、第二十条で、信教の自由が掲げられています。帝国憲法では第二十八条に信教の自由に関する条文がありますが、「安寧秩序ヲ妨ケス及臣民タルノ義務ニ背カサル限ニ於テ」との制限があります。とすれば、日本国憲法下にある現代の日本は自由の保障された素晴らしい社会なのでしょうか。

 まず良心の自由ですが、これは本来制限しようがなく裁判の対象になりえません。その人が内心で何を思っているかなど知りえないことだからです。それをやってしまったら中世の魔女狩りと変わらないことになります。では日本国憲法下では良心の自由が守られているのでしょうか。マッカーサーは、日本国憲法を押し付けておきながら、レッドパージをしています。裁判所は、良心の自由の侵害を訴えた人たちの請求を棄却しています。マッカーサーは日本国憲法より上、ということです。倉山先生は、憲法や法律は条文ではなく運用が大事だということをいつも言っているのですが、どんなに立派な条文があってもそれが守られなくては何の意味もないですね。

 信教の自由はどうでしょうか。今の日本ではオウム真理教がアレフと名を変えて存在することを許していることを思えば確かに守られているのでしょう。しかし、無制限に自由を認めることが本当に良いことなのでしょうか。この章ではかなり、いろいろな宗教問題に切り込んでいますが、憲法を学ぶ人ならだれでも知っている「エホバの証人輸血拒否」の事例もあげています。信仰の問題が絡むと、何が正しいのかを判断することは容易ではありません。ただ成人した信者が自分の意志で輸血を拒むのならまだしも、緊急手術の必要な子供の場合はどうするのか。信仰と人の命の重さ、それを法でどのように運用するか。答えを出すのはあまりに重い問題ですが、実際に起こりうることに目を背けるわけにはいかないでしょう。さらなる議論が必要だと思われます。

 以前「誰が殺した?日本国憲法」の感想をUPし、そちらは集団的自衛権の観点から感想をあげていたのですが、この本でも、良心の自由及びさまざまな人権についての考察がなされています。日本国憲法は様々な人権を保障し、なおかつ憲法十三条から無数に権利が増殖できる仕組みになっていますが、先ほども述べたとおり、どんなに条文でそれを保障していても、それが正しく運用されなければ意味がありません。今回の「帝国憲法の真実」他、何冊もの憲法に関する倉山先生の著書において、条文だけ立派なのに結局それが守られない現在の日本国憲法運用に関する怒り、その怒りの中に先生の人としての優しさが読み取れます。そして、なぜ倉山先生がときに過激なまでに意見の異なる人のことを攻撃(口撃)するのかが、こちらの本を読んでわかった気がします。「保守の心得」に続く「保守入門シリーズ」。第三作が出るのはまだ先になりそうですが、本当に楽しみです。




5月3日はゴミの日! 資格試験に潜む当用憲法のワナ

 はい、みなさん、今日はゴミの日です。え、憲法記念日?何をおっしゃいます。日本で初めて近代憲法が施行されたのは1890年(明治23年)11月29日ですよ。今日は、ゴミのような憲法を押し付けられながら、それを最高法規として崇め奉っているこの現状を怒り、悲しみながら絶対この状況を覆してやると誓う日です。

 現在、私は資格試験用の勉強をしています。法律系の資格なので当然憲法は必須です。実は去年も受験したのですが、玉砕してしまいまして・・・。新しいテキストを買って、勉強しなおしです。

 で、いきなり来ました。憲法の基本原理は国民主権、基本的人権の尊重、平和主義・・。
しかもこれは前文に宣言されているので読めと。・・嫌なんですけど。ちなみにこれね。

http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/bunken/bunken02.html

 初めて、この憲法前文を読んだとき、なんでこんな変な日本語なのかと思ったのですが、すっと理解できないのは私の頭が悪いせいか?と思っていました(一応、理解できないものがあるときは自分の頭をまず疑います)。なぜこのような日本語なのかが、もともとひどい英文なのを直訳したものだと知った時の脱力感ったら・・・。これを暗記させる学校もあるらしいですね。拷問だろ。そんな学校に通わなくてよかった。

 で、次は天皇について。大日本帝国憲法(こう書いてあるだけこのテキストはまだまし)では天皇が主権者とされていましたが、日本国憲法は、国民を主権者とし、天皇は象徴としての地位にとどまるものとしました。・・・出た!象徴にとどまる。
まず、大日本帝国憲法に天皇主権など明記されていません。もちろん、これについての議論はあるのですけど。しかも、このテキスト、日本国憲法下では一番偉いのは国民で、天皇ではないとか書いてあります。それ、意味わかってるの?これ読んだ人が、じゃあ、国民は天皇の地位を引きずりおろしてもいいとか勘違いしたらどうするの?いや確かに、国民が本当に望めばどうにもならないかもしれないけど、じゃあ日本が日本であることの正当性ってどうなるの?しかも、偉いってどういう意味?権威と権力はまた別の話だし。法律扱うテキストなんだから、言葉の定義をきちんとしようよ。

 ということで、こんなゴミのような憲法の精神が資格試験に合格するという目的で、特に何も知らない若い人に刷り込まれていくのです。今の私はこの憲法がどのような経過を経て制定されたものか知っているので良いのですが、何も知らなかったときはこれをうのみにしていました。憲法判例なども読み込むのですが、どんな合理性があってその判決に至るのか、さっぱり意味が分からないものが多いのですが、それに無理やり意味を見出していました。

 ああ、この試験には受かりたい。でも、将来こんな無意味な勉強をしていたと笑い話になるように、この日本国にふさわしい憲法が新たに制定されることを祈ります。それが私の生きているうちだといいな


プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR