今がその時ですか? #舛添リコール より #河野談合

 とりあえず、今拡散すべきは #河野談合 でしょ。

 Twitterのタイムラインが、#舛添リコール であふれている。先日25日からの、舛添都知事の訪韓やその時の言動に対する抗議のようだ。実際に署名活動をしようとする動きもあるようだが、具体的にどうするのか。

 リコールというが、具体的に長の辞職を求める請求をするためには、原則として選挙権を有する者の総数の3分の1以上(40万を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上)の署名が必要となる。

東京都の選挙人名簿登録者数は10,814,890人。

http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/data/data03.html

 必要な署名数は約145万、選挙から1年間は解職請求することができないので、2015年2月9日以降に解職請求は可能になる。この請求が通り、解職投票において有効投票総数の過半数が賛成すれば、その首長は失職する。

 結局、請求をするだけでもかなりハードルが高いことがわかる。そして一番の問題は、彼をもし失職させることができたとして、次に都知事になるのは誰かということだ。私のtwitterのフォロワーの人にはいわゆる保守派と呼ばれる人たちが多い。そして都知事選では圧倒的多数が田母神氏を応援していた。今、舛添リコールを叫んでいるのもその人たちだろう。しかし、田母神氏が都知事になれる可能性はあるのか?

今の状況で舛添氏を除く、前回の候補者たちで都知事選を戦うことになれば、どう考えても勝つのは、2位だった宇都宮氏ではないのか?田母神氏が自民党の推薦を受ければあるいはとも考えられるが、これほど集団的自衛権の問題で大騒ぎした後に、元航空幕僚長だった田母神氏を公認にするととてもではないが思えない。細川氏も体力的なことや前回の結果を考えると、次に立候補することは考えにくい。前回の選挙で、細川氏が立ったことで、宇都宮陣営の票が大きく割れたことを考えると、今の状況では宇都宮氏圧勝ということも考えられるが、果たしてそれで保守層の人々は良いのだろうか。

 私が何を言いたいのかというと、今、勝てない戦いをするときなのか、ということだ。ここで舛添氏をリコールして得するのは誰か?自民党が嫌いな人と(宇都宮氏に再度都知事選に出たい気持ちがあればだが)宇都宮氏とその支持者だろう。どう考えても、田母神氏がたっても当選するとは思えない。舛添氏を失職させてもそれよりも良い人が都知事になるとは限らないのだ。

 今現在の舛添氏の言動で彼を都知事から引きずり下ろすにはあまりに根拠が薄い。しかも前回の都知事選が平成26年2月9日、その前が平成24年12月16日。大多数の東京都民にとって、短期間で何度も選挙が行われることは好ましいことではないだろう。2か月間で莫大な数の署名が集まるとも思えない。しかも、それで解職の請求ができて、投票によって失職させられたとして次に誰が都知事になるのか?私としては宇都宮氏に比べれば、舛添氏はまだましだと思うのだがどうだろうか。

 勝てない戦いに挑んだら、かかわった人間は疲弊し、失望することになる。戦うには作戦が必要だし、時期を見ることも大切だ。今は舛添氏を降ろすことに労力を注ぐ時ではないのではないだろうか。政治運動はクラブ活動ではない。がんばればそれで良い、そういったものとは違うということは考えていただきたい。


スポンサーサイト

宮脇淳子 倉山満 真実の朝鮮史 感想

 
 宮脇淳子先生と倉山満先生の対談を一冊の本にまとめた、読む前から面白くないはずがないと確信出来る作品。帯のお二人の笑顔もまぶしい(笑)。お二人の軽妙な語り口をそのまま本にした感じでするすると読めます。

 東洋史が専門の宮脇先生、憲政史研究家の倉山先生、それぞれの視点で話が進むのですが、おもしろいのは読むにつれて「朝鮮どこ?」となるところ。倉山先生は、ほかの著書や動画で、「朝鮮はシアター(場)であって、アクター(関係国)であったことは一度もない」とおっしゃっています。

 国際政治や世界史を読み解くときに、これに注目すると関係や流れがわかりやすいというものがあるのですが、ここで簡単に用語の説明をすると、関係国(アクター)、大国(パワーズ)、覇権国(ヘゲモン)、挑戦国(チャレンジャー)、争点(イシュー)、場(シアター)となります。詳しくは、『じっくり学ぼう!日本近現代史』のこの動画をご覧になることをお薦めします。

第2週1回地球儀から読み解く世界!【CGS 倉山満】
https://www.youtube.com/watch?v=a0E60KbnAsM&index=12&list=PL6mu43UnNThAhNNLwejuQWyLAk0DGA17s

 朝鮮史がなぜ理解しづらいか。それは彼らの行動に主体性がないからです。いつも強いものに寄りかかり、その場の対処のみに終始し、しかもその行動は日本人には理解しがたく、その整合性が取れない話の流れに頭がついてこなくなります。それで、朝鮮人の行動を主体として描くのではなく、それに関わったもの、ここでは主に日本と支那からの視点で描くことで流れが見えてきます。東洋史の専門家の宮脇先生と憲政史研究家で日本の近現代史と政治に詳しい倉山先生が朝鮮史について語るのは理想的な形であると言えます。

 両先生のファンにとってうれしいのは、はじめに宮脇先生、巻末に倉山先生の言葉があること。宮脇先生の言葉からは、いかに宮脇先生にとって倉山先生がよき同僚であったか、そして理解者でありよき友人であるかが語られ、倉山先生のあとがきでは現在の嫌韓にふけり、それで溜飲を下げている日本人に対する嘆きが語られます。特に倉山先生の本に共通するのは、歴史に関する本でもただその国の史実が語られるのではなく、それによって現代の日本人がどうすべきかを問う内容になっているところです。

 歴史を学ぶということは、現在の私たちがそれを踏まえてどう生きるかにつながると思います。日本は今までなかったほど嫌韓ムードにあふれています。「嘘だらけの日韓近現代史」の感想でも書いたことですが、韓国を嫌うのは構わないのですが、それでどうするのか、そのことが誰を利するのかを考えなければならないと思います。この本の良いところは、ただ韓国がどうしたかが書かれているだけでなく、その時日本がどう動いたか、その結果、今どうなっているかがきちんと書かれているところだと思います。

 この本を読む前に、どのような雰囲気で語られているのか興味を持たれた方は是非CGSの動画「じっくり学ぼう!日韓近現代史」を見ることをお勧めします。この本を読む際の予習になりますし、この本を読んで、きちんと流れを抑えた後に見てみても面白いと思います。

「じっくり学ぼう!日韓近現代史」【CGS 宮脇淳子】
https://www.youtube.com/playlist?list=PL6mu43UnNThAsPhdFjB6GG5w2tPUBMTPX
 
 最近はやりの嫌韓本とは一線を画すこの本、ぜひ読んでいただけたらと思います。






プロフィール

yumi

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR