倉山満 「軍国主義が日本を救う」感想

 またまた過激なタイトルの本作。日教組の先生とか叫びだしそうです。

 最近安倍総理のことを独裁者だのファシストだのと言ってデモをやる人がいますが、彼らはファシストやファシズムの意味を分かっているのでしょうか。そもそも安倍首相がヒトラーのような独裁者だったら、安倍首相の首のマネキンをホイルローダーで引かせるようなデモができるはずがありませんよね。集団的自衛権の件で安倍首相を軍国主義者だという人もいますが、では集団的自衛権を認めていない国は世界で何か国あるのでしょうか。それ以外の認めている国はみんな軍国主義国家なのでしょうか。

 大日本帝国は軍国主義のファシスト国家だったなどと言う人がいますが、まずは言葉の意味を定義してみましょう。ファシズムとは一国一党、そして国家の上に党がある体制です。日本の隣国にもこんな国がありますが、左翼の人はなぜかそこの国のことをファシズムとは言いませんね。そして軍国主義とは国策の最優先事項が軍事になることで、国家主義を前提としています。つまり、国家の上に党があるファシズムと軍国主義は相いれないものなのです。そして大日本帝国はファシズムではありえませんし、軍国主義でもありませんでした。これに関した考察は中に詳しいのですが、大日本帝国は軍国主義に徹することが出来ずに滅んだと言えます。

 本書では日本人があまりに軍事に対して無知であること、憲法だけではなく国民の意識や法律、財務省、防衛省までもがいかに自衛隊を戦えない組織にしているかということなどが詳しく語られます。読んでいると現在の日本がこれほどまでにひどい状況なのかと、かなり暗澹たる気分にさせられます。東日本大震災以来、いろんなメディアや書籍でもいかに自衛官が素晴らしいか、自衛隊がいかに強いのかが語られることも増えています。確かに、これだけ予算もつけてもらえず、人員も増やされない状況での日本の自衛官の士気や能力の高さは称賛されるべきだと思います。しかし、今の自衛官のおかれている状況は国を守るために働いている彼らに対してあまりにもひどいと言わざるを得ません。しかも有事の際に彼らが動こうとしても法律が煩雑すぎて動くことが出来ない。自衛隊法はポジティブリストではなくネガティブリストにしなければならないと、以前から言われていましたが、今回の集団的自衛権の解釈変更でも、出来ることを全部法律で決めるような議論になってしまっています。それでは自衛隊は自由に動けませんし、敵に出来ること、それしかやれないことを教えてしまうことになってしまいます。どうしてこのような議論になってしまったのでしょうか。日本を戦えない国にしたいのはいったい誰なのでしょうか。

 本書の内容ですが、どちらかと言うと左翼よりも保守派に喧嘩を売っています。確かに戦争反対と叫びながら日本を弱体化させようとする反日左翼はわかりやすい上に、言っていることも筋が通っていないので論破することも簡単です。しかし、ザルのような特定秘密保護法や骨抜きにされた集団的自衛権の解釈変更で喜んでいる保守派はある意味左翼よりも筋が悪いかもしれません。全ての保守派がそうだとは言いません。しかし、憲法9条改憲をいう保守派の人で9条があるから拉致被害者を取り返せないという人は多々います。改憲が出来なければ拉致被害者を見捨てるというのでしょうか。改憲できなくても何が出来るのかを考えて行動すべきなのではないでしょうか。

 軍事と外交は一体のものです。つまり今の日本はまともに外交も出来ない状態にあるということなのです。私たち日本人があまりにも知らされていない、教わることのない軍事の最低限知るべきこと、そしてその上で私たちが何をすべきなのかを考えさせてくれる本です。後書きの倉山先生の言葉にはしびれます。




スポンサーサイト

#反動減はリーマンショック級 10%の消費増税は無理

 
まずこちらのグラフをご覧ください。


消費税グラフ


 はっきりとわかりますね。今回の増税が私たちの消費にどれほどのダメージを与えたのかを。世界的な経済危機や、未曽有の大災害のときより減少しています。8%ですらこれなのに、10%にしたらどのようなことが起こるでしょうか。

 今、首相のブレーンの本田参与や良心的な経済学者たちは消費増税の延期を訴えています。それなのに麻生財務大臣や谷垣幹事長は決まったことだの、上げるリスクより上げないリスクの方が大きいだのわけのわからないことを言っています。しかし、上げないリスクとはなんでしょうか?国債が大暴落?そんなことは起こらないとあちこちから声が出ていますね。

またぞろ日本国債暴落論
http://www.iza.ne.jp/izablog/tamurah2/3240704

 前回、麻生大臣は増税は国際公約だと言っていましたが、そんなものがどこにあったのでしょうか。アメリカの財務長官も今の日本の経済状況に失望したと言っていますが。

消費増税 米もダメ出し 財務長官が「失望」表明
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140922/frn1409221532007-n1.htm
 今の状況で増税は絶対すべきではありません。増税をしなければアベノミクスは失敗などと言う人がいますが、そもそも増税はアベノミクスの政策ではなく、民主党政権時代の三党合意で決められたものです。本来なら増税するかは附則18条によって景気を見て判断できるものです。それをなぜ決まったことだからやらなければいけないとか、延期するには法律を変えなければならないので間に合わないとかいう声が上がるのでしょうか。

 増税を見送れば、安倍政権が財務省につぶされる、という人もいます。確かに財務省は怖ろしく強い権限を持っています。しかし、それ以前に増税で国民生活を壊滅させてしまった政府を国民は許すのでしょうか?前回、民主党に政権交代したことの一番の原因は経済政策の失敗だと思います。リーマンショックなどの経済対策として麻生元総理は財政政策を行いましたが、金融政策が不足していました。日本以外の国は大規模な金融緩和を行ったにもかかわらずです。その結果、大元の原因だったアメリカは不況を乗り越えたのにもかかわらず、日本は不況から抜け出せず、現在もなお苦しい状況にあります。それがアベノミクスによる大規模な金融緩和でようやく不況からもデフレからも抜け出せる兆しが見えたのに、増税で台無しにしてしまったら・・。国民はもう二度と自民党を許さないでしょう。今はまだ安倍政権の支持率が高いため、大多数の自民党は油断しているのかもしれません。しかし、この影響は地方選挙の結果にじわじわとあらわれてくるでしょう。次の衆議院選挙、参議院選挙の頃にはどうなっているでしょうね。

 景気を回復させ、安倍政権を長期政権にしたいと望むならば、10%への消費増税は延期、できれば8%に増やしてしまったのを5%に戻すくらいのことをしなければ厳しいと思います。国民の消費が増えなければGDPは増えない。GDPが増えなければ税収も増えないのです。政治家の方々にはその辺をよく考えていただきたいです


上念司×倉山満 『「日本の敵」を叩きのめす!』感想

 上念司先生と倉山満先生、中央大学辞達学会の先輩・後輩コンビによる対談。普段WEB番組の「チャンネルくらら」やトークライブで一緒に活動しているお二人ですが、共著は初めて、こちらは雑誌「voice」に掲載されていた「説教ストロガノフ」を大幅に加筆されたものです。

 まずVoice掲載時のタイトル「説教ストロガノフ」。こちらは雑誌Willの人気連載「蒟蒻問答」のアンチテーゼだそうです。問答が通用するようなちゃんとした人・国を相手にしていないので「説教」。このタイトルが決まるまで延々5時間話し合ったとか。こんなことを真面目に長時間話し合ってしまうようなところも好きです。

 本書で出てくる「日本の敵」は中国共産党、反日日本人、朝日新聞などで、お二人の痛烈な説教が繰り広げられます。途中、「銀河英雄伝説」になぞらえて話が進んだり、かなりきつい表現が入ったりしますが、内容自体は至ってまっとうで、国際情勢、日本経済、防衛、メディアなどの問題がわかりやすくするすると頭に入っていきます。そして、そういった解説としてだけでなく、敵のプロパガンダに騙されないための情報、逆にこちらからプロパガンダを仕掛けるための方法も手に入れることが出来ます。

 最近の倉山先生の著書はいろいろ考えさせられて、読後感が重いものが多かったのですが、本書は痛快、読後感すっきりといった感じです。ただ最後の倉山先生の結びの文章では厳しいことが書いてあります。よく倉山先生は「血と屍が足らない」という表現をするのですが、日本人はどうしても上品というか、相手を批判するにも、相手の立場や自分の保身を考えて中途半端になりがちなような気がします。反日勢力はこちらのそういった思慮などお構いなしに、こちらを叩き潰すようなことをしてくるにもかかわらずです。本書の最終章は「朝日新聞」についてだったのですが、先日、間違いを訂正した吉田清治の従軍慰安婦の強制連行の件、これのせいでどれだけ日本人が貶められてきたか、しかもこの件は出されてすぐにおかしいとわかっていたのに、結局32年間もそのままにされてきたのです。これや河野談話(河野談合)のせいで、現在でも海外で日本人は嫌がらせを受け、子供がいじめられる原因になっているのです。それなのに、朝日新聞をたたくことを「言論弾圧」だなどという人がいます。確かに報道の自由は日本国憲法の下で保障されています。しかしそれは「事実」である場合であって、虚偽の報道を繰り返す自由ではありえません。しかも、間違いを訂正した後も、言い訳に終始しきちんとした謝罪が行われているとは到底言えない状況です。こういった発言を繰り返す人たちを中途半端に叩いて、何が改善するのでしょうか。

 上念先生と倉山先生の著書に共通するのは、単に情報や知識をインプットするのではなく、それを使っていかに騙されないようにするのか、いかに戦うのかの「実践」のための本であることだと思います。今回は共著ということでより一層その側面を強く感じました。興味のあるテーマから読むのでも面白いのでぜひ手に取ってご覧いただけたらと思います。




景気回復のために増税延期を

 平成26年4月より消費税が5%から8%に変わりました。それから5か月、一時的に落ち込むことはあっても7月ごろからは回復すると言われていましたが、そのようにはとても思えない状況です。

景気下振れ、消費再増税に耐えられるか
https://vpoint.jp/bus/26425.html

 私は知識がないためあまり経済関係のことをブログの記事にすることはなかったのですが、日々生活をしている実感として、苦しくなっていることはわかります。増税は社会保障のため、と言われていますが、大人も子供も、お金持ちも貧乏な人も、働けない人までも一定の額を支払うのが消費税です。しかも、増税をすれば税収が増えるかと言えばそういうわけではなく、消費が冷え込み、GDPが減少すれば減ってしまいます。税収は税率を挙げなくても、景気が上向きGDPが増えれば増えるのです。実際去年の税収は増えました。アベノミクスの第一の矢、金融緩和により景気が回復基調にあったからです。

13年度の国の税収47兆円、予算比1.6兆円上ぶれ 一般会計
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL030ON_T00C14A7000000/
 
 人は先行きが苦しくなると思えば、お金を使わずにとっておきます。逆に、よくなると思えば使います。景気は「期待」に左右されます。このまま来年の10月に消費税が10%になるなら、期待は逆の方向に向かい、景気は悪化するでしょう。日本は20年以上デフレです。これは日本人が働かないからでも無能だからでもありません。経済政策の失敗です。それを正しくしようとはじめられた政策がアベノミクスです。1年もたたないうちに株価を倍増させ、現在では失業率を大幅に低下させたのに、増税ひとつで台無しにしても良いのでしょうか。

 安倍首相のブレーンの一人である本田内閣参与は、増税を延期しなければこのままでは日本は終わってしまう、と今、様々なメディアで訴えています。

財務省の言うことを聞いていたらこの国はなくなる!本田悦朗内閣官房参与が再増税阻止へ必死の叫び!
http://ameblo.jp/channelcrara/entry-11922694286.html

 もともと本田内閣参与も、もう一人のブレーンであり有名な経済学者の浜田内閣参与も、消費税を8%にあげることには慎重な意見を言っていました。本来、安倍首相も景気が腰折れしてしまうのに増税することを望んでいたとはとても思えません。去年の8%の増税時に何が起こったかは、私が以前ブログに感想を挙げている「増税と政局・暗闘50年史」に詳しく書かれています。

倉山満 「増税と政局・暗闘50年史」感想
http://yumikw.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

 本田内閣参与は、首相と刺し違えても増税を止めると言っています。難しい経済のことがわからなくても、今この苦しい時に、増税しないでほしい、少しだけ待ってほしい、増税しなくても景気が上向けば税収が増えるではないかと声を上げることはできますよね。財務省の権限がいくら強いと言っても、政治家は本来民意がなければ何もできません。私たち一人一人の声が大きくなれば、それに逆らう政策はできないのです。消費税を8%にする決断がされたときは、景気は回復基調にあり、東京オリンピックが決まったこともあって、マスメディアも御用学者も一時的に落ち込むことがあっても大丈夫だと言っていました。しかし、予想以上に消費が落ち込んだことで、増税に反対する声も大きくなり、危機感を募らせる経済学者たちも増えています。軽減税率を適用すれば大丈夫だという声もありますが、果たしてそのような煩雑な制度を生活必需品に導入できるでしょうか。新聞社が軽減税率を導入するように言っています。読売新聞グループに、前財務事務次官とその前の財務事務次官が天下りしたのはご存じですか?そういった業界を優先して軽減税率を適用しないと誰が言い切れるのでしょうか。

 確かに、金融緩和を続けていれば、いずれデフレは脱却できるでしょう。しかし今やっているのは、アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいるのと同じことです。回り道をしながら、もっと上まで行けるのに、中途半端なところで終わりにして良いのでしょうか。日本は長い間不況が続いています。生まれてきたときから景気の悪い状態の日本で、良くなった時期を知らない私たちの子供たちは、この後どうやって明るい未来を思い描いて生きていくことができるのでしょう。今の日本をより良いものにして、次世代に渡すのは大人の責任です。少しだけでも声を大きくしていくことから始めましょう。


朝日新聞 懲りない人、逃げる人、煽る人

 朝日新聞が世紀の誤報を自ら報じてはや一か月がたとうとしていますが、その後どうなったのか。結論を言えばいまだ謝罪はなし。英字版(とは言っても日本の朝日新聞サイトに英文で掲載)での説明も中途半端。しかもこんな記事をさらにのせている(こちらも前記同様ですが)。

What is the 'comfort women' issue all about?
http://www.asahi.com/articles/ASG8L674PG8LULPT00N.html

 英語のわかる方はご一読ください。要するに、「慰安婦とはなにか」の問いに、河野談話(河野談合)を根拠に日本軍の性奴隷だったと説明したり、以前と全く同じ論調で、慰安婦とは軍の強制連行による性奴隷であるという印象操作を行うための記事です。軍の強制連行の根拠とされている吉田清治の「私の戦争犯罪」が根拠のないものだと認めたのにもかかわらず相変わらずこんな記事を書く。要は反省していないのですね。河野談話だって河野談合だったのに!

 今日、NHKでもニュースに取り上げたようですが、池上彰氏はこれは体よく逃げたのかな?朝日新聞とかかわってもいいことなさそうですしね。(以下赤字はリンク先からの引用)

池上彰氏、朝日新聞での連載中止を申し入れ 慰安婦「検証」批判、掲載を拒否され
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140902/trd14090223300015-n1.htm

 ジャーナリストの池上彰氏(64)が、慰安婦問題に関する記事の一部を取り消した朝日新聞報道を批判した原稿の掲載を拒否されたとして、同紙での連載中止を申し入れていたことが2日、分かった。池上氏は産経新聞の取材に「これまで『朝日の批判でも何でも自由に書いていい』と言われていたが、掲載を拒否され、信頼関係が崩れたと感じた」と説明している。

 朝日の慰安婦報道検証や、それを受けた他紙の反応を論評する予定だった。掲載数日前に原稿を送ったところ、28日に担当者から「掲載できない」と連絡があったという。


 朝日新聞は、先日、週刊文春や週刊新潮の広告掲載拒否で話題になりましたが、今度は連載執筆者の原稿の掲載まで拒否とは。どこまで批判に耐えられない体質なのでしょうか。 

そして極めつけは昨日の夕刊のこの記事です。

(終わりと始まり)過激とユーモアの不足 動け、闘え、笑わせろ 池澤夏樹
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11329765.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11329765

 朝日デジタルなので無料で会員登録すれば記事は読めます。かいつまんで説明すると、 政権への抵抗の手段として、安倍首相の顔の落書きをスプレーで書いて、後から来た人に踏ませよう。原発周辺の直線道路に「駐停車禁止」の交通標識によく似た「再稼働禁止」という標識のポールを立てて、駆け付けた警察官が撤去するか悩む動画を取ってネットで広めよう。紙幣に「アベノミクスで価値半減」というゴム印を作って千円札に真っ赤なスタンプ・インクを押そう(押してはいけませんと書いてあるがあからさまにあおっています)。

 以下は図録にヒントを得たぼくの案(良い子のみなさんは真似〈まね〉してはいけません)――
 
 真似をしてはいけませんと書けば許されるとでも思っているのでしょうか。扇動する気はないと書かれていますが、日本語の理解できる人間には扇動としか読み取れないのですが。

 落書きは抵抗の手段である。どれほど効果的なことができるかを知りたければ、匿名のグラフィッティ・アーティストとして名高いバンクシー(←検索)の偉業を見てほしい。彼はパレスティナ人を閉じ込めるイスラエルの高い塀に夢のような脱出の絵をステンシルで描く。少女が風船にぶらさがって自由な世界へ飛んでゆく。

 文筆業者としては言いにくいのだが、ビジュアルはやっぱり強い。抵抗の場でアピール力がある。デモとプラカードもいいけれど路面・壁面の版画はもっと効果的。現場とネットを組み合わせよう。


 どう読んでも落書きで抵抗を表現しろと言っているようにしか聞こえません。ちなみに国会議事堂前の道路に落書きすることは刑法261条の器物損壊にあたると思いますし、東京都の落書き防止条例にも違反すると思います。道路に勝手に道路標識またはそれに類似したものを設置することも道路交通法第76条で禁止されています。つまり違法行為を促しているのですね。夕刊とはいえ大丈夫ですか、朝日新聞さん。捏造記事をのせることも大外ですが、政権批判のために違法行為を勧めることは、善良な市民としてはおすすめできませんね。

 やっぱり捏造を認めても、謝罪も反省もできない朝日新聞。しかも違法行為を推奨!昔はテレビを見るとバカになると言われましたが、もはや朝日新聞を読むとバカになると言われる時代が来たのかもしれませんね。正しい情報を知ることも出来なければ、読んだらバカになる。こんな新聞読む必要ありますか?

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR