日本の独立と自由を守る最後の砦 チャンネル桜とは ~藤井聡と愉快な仲間たち

 
 先日のブログ「本当に問題ないの? 三橋貴明氏のメルマガを再読してみた 」をUPした次の日、三橋氏は水曜日レギュラーのおはよう寺ちゃんでこう言っていました。

 「藤井先生も私も大阪都構想について賛成とも反対とも言っていません」

おはよう寺ちゃん活動中 2015/02/11

 あれ?藤井氏は2月6日に、何やら不思議な面子で反都構想の集会に参加してますよ。

「反都構想」が大集結!! 藤井聡、辻元清美、竹山堺市長、共産党らが団結を訴えるwwwwwwww

 三橋氏は藤井氏とは親しい間柄だと思っていたのですが、この会に参加したことを知らなかったのでしょうか。橋下市長には「愉快な仲間たち」の一人だと認識されているようですが。

 しかしこの「府民のちから2015」ってどんな団体なんでしょうね。平松邦夫前大阪市長の支援組織が母体だそうですが、平松氏という人は、あれれ?

大阪市長選 橋下独裁政治の阻止へ渡司氏が立候補を辞退 山口党府委員長 「平松氏を自主的支援」

 2011年の市長選では共産党が支援していたんですね。

 「府民のちから」も共産党は応援しているようですね。

「大阪都」構想 「偽装」の中身 広く市民に 「府民のちから」がつどい

 そして部落解放同盟も平松氏を応援と。

部落解放同盟

 なんだかずいぶんと赤い思想を感じられますね。そういえば、以前藤井氏の言説が中核派のものとそっくりだということが話題になっていましたね。

 倉山満の砦 質問4

 三橋氏の新自由主義の定義が共産党宣言とそっくりだということも一時期話題になりましたね。

 偽装保守たちの出典は?衝撃の事実を語る動画

 なーんだ、一般的には保守の論客とか言われていますが、彼らの心のよりどころはそちら側だったのですね。ということは彼らを重宝して使っているチャンネル桜ってなんなんでしょうね?

 確かに思想が左だろうが右だろうが、正しいことを言い日本のために活動しているのなら問題はないのかもしれません。しかし、先日のブログや11月のブログ「「増税と政局」後日談 チャンネル桜 水島社長の変節」でも書いたように、口では増税に反対をしておきながらそのために頑張っている人たちを後ろから撃つような真似をするような人たちの言葉を本当に信用してよいものなのでしょうか?

 この11月のブログで触れていた件ですが、この後視聴者から問い合わせがあったらしく、反省の弁を述べるかと思いきやこんな言い訳をしています。

【総選挙】自民大勝・次世代壊滅の危機、議席予測、保守の勢力はどう変わるか?[桜H26/12/4]

14:14秒ごろから

 嘘つきの人間がいましてね、あの書いた本の中で私が木下何某と言う財務省の次官からね、あの命令を受けてそのストップに回ったというね、こういう全くのデマ。私は木下とかこんな連中に会ったこともないし、このそういうなんとかっていう次官にもあったこともないしね、電話で話したこともない。そういうようなことを、デマを本で書くバカがいるんですよ。こういうあの人間というものは、あの本当に許しがたいんでね、もうじきあのまあ制裁加わると思いますけどね。あのこういうデマ、デマゴギストにあの騙されないようにしてもらいたいと思います。

(中略)

 一番いけないのはあの嘘をついたりデマを飛ばして人の心を人心をね、あの纏めようとか、これナチスとかその共産党がやるやり方なんですけどね。これは大変良くない。我々は本当のことを伝えてくってことですね。そのことをあのあえて言っておきたいと思います。

 はい。あなたがうそつきのデマゴギストです。倉山先生はそんなことは書いていません。

 「増税と政局」に書いてあるのはこう。
 (引用)
(P156)財務省とか大臣の麻生とか親中派とか、そんなところを目がけていってもしかたがない。彼らは木下の指令にもとづいて動いている駒に過ぎない。
 最も強力に増税の意思を持つ司令塔に攻撃をかけなければ意味はない。マスメディアが財務省に従う状況下で、ネットで黒幕の名前と顔を引きずり出して安倍を翻意させるしかない。
 唯一の急所を目がけて斬りかかって行っていたのが私と倉山塾の増税阻止の戦いでした。それを「チャンネル桜」の水島社長を使って止めにきた。何ひとつ危険の芽を見逃さずに木下は手を打ってきた。


 (引用終わり)
 
 倉山先生がいつ「直接」木下元財務事務次官が水島社長に指令を出したなどと言ったのですか?
 藤井氏の国土強靭化に予算をつけてもらわなければならない、尖閣の漁民対策に予算をつけてもらわなければならない、そして参議院議員の西田昌司氏にNHKの問題についてがんばってもらわなければならない、西田氏、藤井氏を守りたい。だから木下の悪口を言うな、と言って倉山先生の増税阻止運動を止めようとしたのではないですか。これで財務省に操られてないと言われてもね。

 あなたが語っているのは三橋氏との妄想ですよね。

 「増税と政局・暗闘50年史」について

 (ブログより引用)

水島社長は(わたくしもですが)財務省の木下次官と一度も会ったことはありませんし、もちろん電話等で話したこともありません。要するに、我々にとって木下次官とは「関わったことがない人」なのです。

 とはいえ、悪趣味なコラージュがインターネット上で拡散されており、木下次官の「顔」は知っています。

木下次官「水島、倉山を何とかしろ」
水島社長「は、かしこまりました」

 と、水島社長が巨体をかがめて「指示を承る」l光景を想像し、みんな爆笑してしまったわけでございます。


(引用終わり)

 一言で言うと見苦しい!結局、自分の行動の疾しさや発言の変説を倉山先生が嘘を言ったことにしてごまかしているだけじゃないですか。何がナチスとか共産党とかのやり方ですか。水島社長、あなたの嘘を指摘した私の動画欄のコメントをミュートするように指示したのは誰なんですか。倉山先生についてならどんな誹謗中傷のコメントも残っているのに。

 自分の言説が正しくないことがわかっているから倉山先生の講演を潰そうとしたのではないのですか?

倉山講演の中止要請「開演前の暗闘」

 最近の支援のお願いの動画では「日本で唯一の独立不羈と報道の自由を貫く草の根国民テレビ局」とか、「日本の独立と自由を守る最後の砦」とか言ってますが、こんな赤い思想を保守と偽装している出演者を重宝し、薄汚い真似で頑張っている地方の団体の講演と潰すような放送局が最後の砦とかおこがましいにもほどがあります。

 チャンネル桜さん。今すぐ「草莽崛起」の看板を下げてください。立ち上がる芽をつぶす人たちにはそれはふさわしくありません。吉田松陰先生に失礼です!

スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

本当に問題ないの? 三橋貴明氏のメルマガを再読してみた

 
 橋下徹大阪市長と藤井聡内閣参与の論争が話題になっています。関連記事を上げだすとキリがないのですが、簡単ないきさつは下記サイトを見ていただけるとよいかとおもいます。

 橋下市長、京大教授の「ヘドロチック」発言に怒りあらわ 「こチンピラただす」 京大総長に見解要求へ

 そもそものいきさつは三橋貴明氏のメールマガジンで藤井聡氏が大阪都構想への批判をしたことなのですが、そのメルマガの責任編集者である三橋氏はメルマガ及びブログでこのような表明をしています。

 [号外]言論封殺と戦う「サトシフジイ ドットコム」をよろしくお願いします!

 権力による言論封殺には屈しません

 私は大阪都構想の内容にそれほど詳しくないこともあり、ぜひとも公開討論をしていただいて、都構想の問題点あるいは良い点などが理解できたらと思っていたのですが、どうも藤井氏は公開討論に応じるつもりはないようで残念です。

 しかし、上記の三橋氏のブログの中で、気になる文章がありました。

 (上記ブログより引用)
 
 そもそもの発端であるメルマガ「三橋貴明の「新」日本経済新聞 」の責任編集者を務める三橋は、もちろん、配信前に全ての執筆者の文書に目を通しております。内容的に問題等があるとは到底思えなかったからこそ、1月27日のメルマガが配信されたのです。

 (引用終わり)

 三橋氏はメルマガに目を通して問題がないから配信したということですが、そうすると以前配信されたブログも当然内容に問題がないと判断されているのですよね。

【鶴田正平】消費税のしょぼい展開

 上記のメルマガは以前私のブログでも紹介させていただきました。筆者は鶴田正平となっています。この人物、藤井氏が忙しい時に代筆と言ってたまに登場していたのですが、文体を見るに本当にご本人ではなく代筆なのでしょうか?もちろん代筆だとしても藤井氏の了解及び三橋氏の監修のもとで書いているのでこの内容に関して問題がなかったと判断されているのですよね?同じ内閣の参与である浜田宏一氏をボケ呼ばわりし、リフレ派の学者をバカにし、増税反対運動をしている人の足を引っ張る。一応三橋氏はこの時消費増税に反対と口ではおっしゃってたのですが、増税阻止運動に水をかける行為には問題ないと思ってらっしゃったんですね。

【東田剛】消費税増税より大きな問題

 上記のメルマガは筆者は東田剛となっていますが、経済産業省にお勤めの中野剛志氏のペンネームです。こちらもやはり増税反対運動の足を引っ張った上に(下青字引用)、
「仮に消費税を増税したって、そのデフレ効果を上回る大型の財政出動をやれば、「倍返し、いや10倍返しだ」となるでしょう。」

などと言っています。実際に消費増税が行われてどのようなことになったかは皆さんご存知の通りです。

 ちなみに、どちらも木下元財務事務次官の名前を上げていますが、これは木下元財務事務次官を増税の黒幕として増税阻止運動をしていた倉山満先生に対する嫌がらせです。

【適菜収】ロックの話

 そして、平成26年の12月5日に配信されている上記のメルマガなのですが、冒頭にこう書かれています。

 (引用)

次の衆院選は、自民党が勝つでしょう。
だから、自民党の支持者の方も、気兼ねなく、自民党以外に投票しましょう。


 (引用終わり)

 衆議院選挙の期間に投票行動を呼びかける。特定の候補者に言及してないとはいえ、自民党員である三橋氏は自民党以外に投票しようと書かれたメルマガに本当に問題がないと思ったのでしょうか。

 確かに三橋氏は自民党員でありながら、民主党の研究会に参加して、現在、安倍首相が最も大事だと言っている経済政策 アベノミクスを批判する方ですが。いやあ、本当に自民党って寛大な党なのですね。

mituhasi tochigi


 しかし、橋下市長からこんな申し出ありました。

 「討論するなら、藤井さんと愉快な仲間たちを僕1人で相手に」橋下氏

 もともと橋下市長は公開討論と言っているのですから言論封殺ではないと思うのですが、さらに仲間を連れてきていいと言っています。ここはテレビでも論客として名をはせる三橋氏の出番ではないでしょうか。今回は裁判関係者もいないことですしね!是非とも熱い言論バトルを期待したいものです!

続きを読む

テーマ : 橋下徹
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR