倉山満 「真・戦争論 世界大戦と危険な半島」 感想


 今年も出版ラッシュに入ってきました。またまた倉山先生の新刊です。4月にも5月にも新刊が控えています!
 
 こちらはチャンネルくららとKKベストセラーズのタイアップ企画第一弾!チャンネルくららの方では「みんなで学ぼう!バルカン半島」というタイトルで放送されています。

【12月6日配信】みんなで学ぼう!バルカン半島 season1 第1回「小村寿太郎が見たバルカン半島」倉山満 古谷経衡【チャンネルくらら】

 古谷経衡さんとの掛け合いもとても楽しい。しかも大変勉強になる番組です。

 動画は楽しいのですが、バルカン半島だけでもたくさんの国があるのに、それに大国の思惑も重なり、大変複雑になっています。それなので文章でじっくり読めるこの本は本当にうれしい。しかもやはり面白くて読みやすい作りになっています。

 毎回毎回、倉山先生の本は読みやすいとか、するする読めるとか、ぐいぐい読ませるとか書いていますが、なぜこんなに読みやすいのか。今回はその理由も合わせて語ってみようと思います。

 まず、第1章 日本人の知らないバルカン半島。旧ユーゴスラビアの国々とその周辺国、そしてユーゴスラビアの国々の宗教、民族、言語などについての説明があります。「ユーゴスラビア数え歌」とわかりやすい解説なのですが、こちらをぜひゆっくり地図を見ながら頭に入れていただきたいです。後の内容への理解がそれでだいぶ違ってくると思います。倉山先生の本ではおなじみのこの人達の行動の法則も書かれています。そして、ユーゴスラビアの略史がざっくりと語られるのですが、この「略史」や「通史」を「ざっくり」「わかりやすく」書けるところが倉山先生の素晴らしいところだと思います。詳しい歴史をそのまま書くこと以上に、わかりやすく通史を語るには大変な知識とそれに対する理解、そして大切な情報を取捨選択できる能力が必要です。そして、特に第2章からですが、その通史がバルカンだけのものでなく、その当時の日本や大国の歴史と絡めて語られます。これがバルカンについての知識がない私のようなものにも、どういった時代背景でそれが起こっていたかをイメージさせるのに大変役立っています。この第1章ですでにバルカン半島のすごさに絶句してしまいます。スターリン?ヒトラー?なにそれと言わんばかりです。

 次に第2章 幕末明治の日本とバルカン半島。まるでメンバー紹介でも行われているかのように、バルカンの各国の略史が語られます。比喩が秀逸なので、その国々の特徴が強烈にイメージできます。こんなにすごいのに“スーパーサイヤ人”モンテネグロからみたらセルビアはヘタレ?そして第6節から日本との関わり、幕末の日本人がいかにバルカンの動きから世界情勢を読んでいたのかが描かれ、当時の日本人が地球儀を見ながら外交をやっていたというのが良くわかります。今までなぜこのことが大きく取り上げられなかったのか不思議なほどです。

 第3章は日露戦争とバルカン半島。当時はまだ弱小国だった日本が大国の思惑で戦争に巻き込まれながらも、それを跳ね返すためにいかに知恵を使ったか。そしてそのヨーロッパの思惑にいかにバルカン半島が関わっていたのかを知ることが出来ます。日露戦争は賠償金もとれず、結果的に得るものがなかったかのように語られることがありますが、戦争目的から考えたら日本の大勝利であること。そして日清戦争後、ウィルヘルム2世の陰謀によって、三国干渉で受けた悔しさを、その後の協商で取り返し、日本だけが安全地帯にいるような状況を作り上げたということ。この章だけではありませんが、当時の日本人の偉大さを知るとともに、日本人であることが誇らしくなるようなエピソードにあふれています。

 第4章 人類の不幸!バルカン戦争と第一次世界大戦。これまでのエピソードで彼らのトンデモなさにはならされたように思っていたのに、さらに突き抜けるような破壊力を思い知らされます。第一次世界大戦の始まり、バルカンの小国が大国に引きずり回されているイメージで考えていましたが、実際は小国が大国を引っ掻き回しています。バルカンの小国一国を止めるのにも大国が全部まとまらないと止めることが出来ないのですから。しかも、レーニンの片腕にしてスターリンの宿敵の革命家・トロツキーが真人間に見えてしまうようなバルカンの人々の行動。そして「嘘だらけの日米近現代史」でも狂人として語られていたアメリカ元大統領ウッドロー・ウィルソン。彼の主張した「勝利なき平和」、「十四か条宣言」、「民族自決」は一見良いことのように語られることも多いですが、それが世界に大いなる混乱をもたらしたことが書かれています。倉山先生と一緒に「おいウィルソン!世界を返せ!」と叫びたくなってしまいました。

 これだけ複雑で濃い内容をあっという間に読ませるのですから、やはり倉山先生はすごいとしか言いようがありません。ふんだんに使われている図表も内容を簡単に時系列で理解するためにとても役立ちます。チャンネルくららの放送ではサブカルに詳しい古谷さんが聴き手だからか、それともいつものことか、少年漫画から少女漫画、本宮ひろ志まで読む私にはかなり笑える表現もたくさんあります。もちろん知らなくても十分楽しめます。

 ぜひこの本を読んで、平和と人権の大切さを学びましょう!




スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「歴史問題をぶった切る」 感想

 
 今回の本は去年の7月9日に行われた藤岡信勝先生、竹内睦奏先生、倉山満先生のセミナーを加筆修正にて出版された本。発売にあたってチャンネルくららで番組も作られています。必聴です!

【3月25日配信】特別番組「歴史問題をぶった切る」 藤岡信勝 竹内睦泰 倉山満【チャンネルくらら】

 「教科書をつくる会」を立ち上げて、日本の自虐的な教育事情に一石を投じた藤岡先生。日本の歴史教科書の内容はまだまだ問題山積みですが、それでも一時期に比べれば随分自虐的な表現は減っているようです。「新しい歴史教科書をつくる会」が出てきたことで、教科書のシェアが変化し、倒産した出版社の話など具体的な事例が興味深いです。
 藤岡先生の提言された、歴史教科書の6つの大罪 (中学校用)、こちらを踏まえてもう一度歴史教科書について考えると怖ろしいことに気づかされると思います。6つ目の「共同体としての国家の否定の総仕上げ-地球市民主義」。上の動画でとんでもないことを倉山先生が言っています。恐ろしい!

 竹内先生は代々木ゼミナールのカリスマ講師。先生が講師になった目的とそのための不屈の精神が素晴らしいです。より多くの人に自分の信ずることを伝えるために一番大手の予備校の講師になった。しかも本来なら採用されないはずだったのを、あきらめない気持ちと機転で乗り切るその精神力。
 勉強法としても歴代天皇の名前を暗唱し、そこから記憶を引き出す方法などとても参考になりました。しかし、文章も面白いのですが、ぜひ上の動画をご覧ください。動いている竹内先生の面白さは格別です。さすがカリスマ講師!

 そして、倉山先生。去年の6月、慰安婦の強制連行を日本政府が認めた証拠とされていたこの談話が、再検証により、事実に基づいたものでなく韓国側に言われるがままなされたいわゆる「河野談合」だったことが明らかになりました。このセミナーは、この談話を潰すための秘策が語られています。但し、この時にはもう「河野談合」だったことが明らかになってしまっているのですが。再検証に至るまでの間に、倉山先生は旧維新の会の国会議員の方々にこの秘策を授けています。大変興味深いのが文書学についての話。村山談話によって造られたアジア歴史資料センターで昔働いていた倉山先生が、村山談話を骨抜きにするために何をしていたかという話です。この「文書学」についても一度詳しいお話、あるいは本にしていただきたいです。

 藤岡先生の語る自分が昔、左翼だったという話。このブログでも何度か書いていますが、勉強熱心で真面目で素直な子供ほど左翼になってしまうというこの日本の教育界の現状。何とか変えていきたいと思うのですが、学校にまかせていてもどうにもなりません。何よりも子供に教育をする大人が一人でも変わっていくことが大切です。一人でも多くの人にこのことを伝えられたらと思います。



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

上念司 「経済で読み解く大東亜戦争」 感想

 
 経済評論家、上念司先生の新刊です。上念先生は難しい経済のことをわかりやすく、面白く語れるだけではなく、実は歴史についてもかなり造詣が深い方ですので、今回の本はとても楽しみでした。そして期待以上の作品でした。

 なぜ日本があのような戦争をしてしまったのか、それがジオ・エコノミクス(地政経済学)によって検証されます。聞きなれない言葉かもしれませんが、ジオ・エコノミクスとは、経済を一つの手段として相手国をコントロールする戦略を研究する学問とのこと。歴史家ではなく経済評論家の上念先生ならではの視点で描かれる歴史は大変新鮮でした。

 序章の『「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!』でまず、「経済」と「戦争」の関係、金本位制や貨幣経済、比較優位、植民地経営などの基本的な経済学についての解説があります。肝心なことは世界恐慌がデフレだったこと。第一次世界大戦後のドイツのハイパーインフレ時の子供が札束をブロックのようにして遊んでいる写真の印象が強烈なためか、その後の世界恐慌がデフレだったことを知らない人も多いようです。実は、恥ずかしながら私も上念先生のお話を聞くまで知りませんでした。それの原因となった大きな要因が金本位制。それによる世界的な不況と人心の乱れ。これこそがその後の戦争につながる大きな要因だったと上念先生は語ります。

 もちろん戦争に至った理由は経済だけではありません。このころ日本にもアメリカにもソ連のスパイが入り込み、暗躍しています。彼らはマスコミや政府に入り込み、戦争を煽ります。しかし、このプロパガンダになぜ人々は乗ってしまっていたのか。やはり経済的な困窮で人々は判断力を失ってしまったのではないか。それを思うとやはり正しい経済政策を行うことは本当に大切なのだと改めて思います。昨日UPした「嘘だらけの日露近現代史」の感想でも少し触れましたが、経済の問題は人の生き死ににかかわるほど心に重くのしかかります。

 この本の第三部で気になったことがあります。高橋是清蔵相は日本経済が完全に復活したと判断し、緊縮財政に切り替えようとしたのですが、それを不満に思う一部の過激な軍人たちがニ・ニ六事件を引き起こしました。現在、予算額が特別減らされているわけでないにもかかわらずやたらと「緊縮財政だ!」と叫び「これではデフレに戻ってしまう!」と不安を煽り「だから安倍内閣は倒閣だ!」と言っている人たちがいますが、似たようなものを感じるのは気のせいでしょうか。安倍首相以上に金融緩和に肯定的でデフレ脱却に熱心な首相は今までいなかったと思うのですが、なぜ彼らはそれで安倍内閣を倒閣せよと煽るのでしょう。しかも、次に誰が首相になるべきか決して口にしないのです。批判はいくらでもしてよいと思います。しかし、不安を煽るだけの対案のない批判は害の方が大きいのではないでしょうか。

 上念先生はこのころの日本人のことを「スパイが轢いたレールの上を破滅に向かって全力疾走するバカ」と大変厳しく表現しています。確かにいくらひかれたレールとは言え、それを選んだのはその当時の日本人です。しかし増税をすれば景気が悪くなることなどわかりきっていたのにやってしまった我々に当時の人々を笑えるでしょうか。間違った判断をしないためにはまず景気回復をして、安心して生活できる体制を作ることが大切だと思います。そのためにも「経済が最優先」という姿勢を崩さず安倍首相には頑張っていただきたいと思います。



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

倉山満 「嘘だらけの日露近現代史」 感想

 
 倉山先生の4か月ぶりの新刊は帰ってきた嘘だらけシリーズ。前回の「嘘だらけの日韓近現代史」から1年3か月ぶりです。

 前回の3作は通史を紹介して、その誤りを正していくと手法でしたが、今回もそれを取り入れつつまた違った切り口で書かれています。今回は章ごとに登場人物紹介があるのですが、それがいちいち面白い。途中架空の人物が出てきたりするのですが、なるほどこの人のモデルってそうだったんだ、言われてみれば!と驚かされました。銀河英雄伝説は番外編も含めて全部読んでいたのですが知りませんでした。私が歴史を知らないだけなんでしょうけど。

 複雑に絡み合ったヨーロッパの主君たちの思惑、謀略、そしてコミンテルン。コミンテルンに関しては、最近ではいろんなところで明らかになってきているのに、学校や教科書で教わることはありません。私の学生の頃ならまだしも、ヴェノナ文書が公開された後でも教わらないのはそれを教えたらよっぽど都合の悪い人たちがいるのでしょうか。しかしこれだけ各国複雑に入り組んだ歴史をぐいぐい読ませます。これは倉山先生の一方だけによらない視点、日本史家だから日本側からしか見ないということではなく、日本側から、あるいはロシア側からといくつもの視点から出来事が描かれることで複雑でありながらもするすると頭に入っていくのです。こういったものが書けるまでにどれだけの知識をインプットし、そしてそれを形に出来るよう修練されたのかとひたすら敬服します。

 この嘘だらけシリーズでは各国の法則が紹介されているのですが、今回もなるほどと思わせるものばかり。その中のロシアの八大法則の最後の二つ、

七、約束を破ったときこそ自己正当化する
八、どうにもならなくなったらキレイごとでごまかす

 日本人のアイデンティティーにはそぐわないかもしれませんが、国際社会で生き抜くにはこのくらいの図太さが必要なのでしょうね。私たちは歴史を学ぶというのは本当のことを学ぶことで、本当の事さえ言っていれば皆わかってくれると思いがちですが、日ソ不可侵条約を破って北方領土を奪い、日本人をシベリアで強制労働させたソ連や、大量破壊兵器を使って民間人を大量虐殺したアメリカにそのようなものが通じると思っていること自体、どこまでお人よしなのかということですね。まさに、憎むべき敵に学べ、と言ったところです。

 子供の頃の私にとってソ連とは良くわからない怖い国でした。某少女漫画の影響でスパイが暗躍していて怖い政治家がいて、目的のためには非常な手段も辞さないと言ったイメージで見ていました。この本を読んで、やはりロシアは怖い国だなと思いました。この本の発売日直前に、プーチン大統領批判の急先鋒だった野党指導者ボリス・ネムツォフ氏が殺害されるという事件がありました。現在真相はまだ明らかになっていませんが、容疑者の一人が自爆死するということも起こっています。こういった事件の真実が明かされるのは早くても政権が交代した後のことなのでしょうね。歴史の検証が待たれるというところです。

 毎回、倉山先生の本は後書きが楽しみなのですが、今回は「今さらながらの自己紹介」となっています。簡潔ですが、倉山先生がなぜこういった活動をしているのか、これまで何をやってきたのかが書かれています。作家としてだけでなく、言論人として私が倉山先生を支持する理由がここに込められています。私も「自殺者が激減、特に経済苦を理由とした自殺者が減った」というニュースを見たとき、涙が出るほどうれしかったです。その件でブログも書きました。

経済的問題を苦にした男性の自殺が大幅減~景気回復と自殺対策~

 景気が回復しつつあるとはいえ、いまだ問題は山積みです。これから日本はどうなっていくのか。それを考える上で歴史を学ぶというのことは本当に大切です。その歴史を学ぶのにこんなにわかりやすく面白い本があるのは本当にありがたいことですね。ぜひこのシリーズ、日英、日独と続けていただきたいです。



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR