ニコニコ生放送 【安保法制】次世代の党 和田政宗 vs 憲政史家 倉山満 対談生中継 を見て ~安保法制に関する誤解とは

 先日、7月17日にニコニコ生放送で次世代の党の和田政宗先生と憲政史家の倉山満先生による安保法制に関する対談が行われました。

【安保法制】次世代の党 和田政宗 vs 憲政史家 倉山満 対談生中継

 Youtubeでも動画が上がってます。

【安保法制】次世代の党和田政宗vs憲政史家倉山満対談 2015.07.17

 論点のわかりやすいとても有意義な対談でした。倉山先生の説明はいつも明快でわかりやすいのですが、和田政宗先生もとてもユーモアがあり、言うべきことをはっきり言う方で、しかもさすが元NHKのアナウンサー、とてもお話が聞きやすい。1時間があっという間に感じられるのでぜひ動画の方をご覧ください。
 
 この放送で倉山先生が言っていることで特に重要なのは、今まで政府は一貫して集団的自衛権の行使を禁止してきたのに、安倍内閣の一内閣の判断で解釈改憲して集団的自衛権を行使できるようにしているように言われていること。あまつさえ政府の説明や、マスメディアの中でも安倍政権に好意的な産経新聞の記事でもそのように取れてしまうこと、それが全く事実に反することだということです。

 集団的自衛権の行使に関しては、このブログ内では散々言ってきていることですが、米軍への基地提供などを通じて、とっくに行使していますし、し続けています。昭和47年の政府解釈で当然に保有しているものをその当時の解釈で、今は行使できないようにしましょうとした(本当は行使している)。出来るものを出来ないようにしただけで、国際情勢の変化によってまた出来るようにするということなので本来何の問題もないことのはずなのに、なぜかそれ以前に集団的自衛権の行使が禁止されていなかったことの説明が抜けているために話がわかりづらくなっているのです。

 そもそも憲法解釈が変遷してきたことは政府の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」報告書にも書いてあります(Iの1.憲法解釈の変遷と根本原則)。ただ岸内閣から、田中内閣に飛んでいて、池田内閣、岸内閣の間で何が起こったのかが書いてないのが問題です。

「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」報告書

 国際法と憲法の解釈をかい離させたのは佐藤内閣で8年間内閣法制局長官をやった高辻正巳です。(この動画で倉山先生が樋口恒晴先生の「一国平和主義の錯覚」の記述を読み上げています。)

(「平和」という病 P135より引用)

 確立された国際法規、いわゆる慣習国際法といいますか、そういうものは実は憲法との間に抵触関係はない。憲法は一国の最高法規でございますが、その一国と言うものは実は国際社会に存在しておるわけでございますから、その国際慣習法ともいうべき確立された国際法規とは抵触を生ずるはずはないという考えでございます。ただし、一国と一国が結ぶような特別の条約、ご指南の部分はそういうものが含まれているのだと思いますが、そういうものにつきましては、憲法はやはりそれに優先する。ただし、憲法以下の法律は、条約に矛盾すれば条約の方が優先するという考えでございます。したがって、現実には何が確立された国際法規であるかという解釈問題に結局変わってまいります。
(引用終わり)

 高辻正巳が言ったことを要約すると、倉山先生いわく、国際法が何を言ってようが、単なる条約じゃなくて、数百年間文明として確立して来た慣習として積み重ねてられてきた国際法であっても内閣法制局は関係ない。憲法と抵触するような国際法は国際法じゃない、だからそれを解釈するのは俺だ。というめちゃくちゃなもの。こちらの「一国平和主義の錯覚」は現在『「平和」という病』というタイトルで再刊されており、憲法解釈がいかに時の政府によりコロコロ変わってきたかが詳しく書かれていますので、ぜひ読んでいただけたらと思います。




 現在、この安保法制の議論の中で、集団的自衛権が違憲だとする憲法学者が多数いるため、この平和安全保障法制自体が違憲ではないかという声が大きくなっています。しかし本来、個別的であれ集団的であれ、自衛権は自然権にあたるものです。ほとんどの国の憲法典には集団的自衛権に関する記述はありません。なぜなら書こうと書くまいと、当然持っている権利だからです。この動画の中では「高い所からものが落ちてきたらよけるように、川でおぼれている人がいたら当然助けたくなるように、憲法であろうが法律であろうが、条文で禁止したところで禁止しきれるものではない」と自然権は説明されています。そもそも自衛権は国際法上、当然に主権国家に認められている権利であり、国際法とは慣習法であって、そのように見いだされたものであって、否定しようのないものです。それをその時の状況で行使しない、という判断をすることは出来るでしょうが、禁止してしまうなどということは出来ないはずです。そして国際社会で生きていく限り、憲法典は国際法と齟齬がないように作られ、解釈されなければならないはずなのに、どうも日本の憲法学者の頭からは「国際法」という概念がすっぽり抜けているように思います。ましてや内閣法制局は、そんなものは自分が決めるとでもいうつもりでしょうか。

 今回のこの法案、成立させることは可能だと思いますが、今のこの説明のまま可決してしまったら、何が問題か。日本国憲法という憲法典は、でたらめであれ何であれ日本の憲法であり、条文は尊重しなければならない。その日本国憲法の条文と解釈によって禁止されてきた集団的自衛権を初めて安倍内閣が一内閣の解釈変更で行使できるようにしたという風に国民に誤って伝わってしまう。安倍総理はきちんと説明しているのに、そのように伝わってしまって、困るのは国家であり国民。安倍総理自身も、東条英機と一緒の形で歴史に名を残してしまうし、これが後の政府の解釈も縛ってしまうと倉山先生はこの動画で説明しています。衆議院では、結局、野党は揚げ足取りに終始し、マスコミはまるでこの法案が通れば戦争になったり、徴兵制になるのではないかと不安を煽るような報道を続け、全く間違ったイメージでこの法案に関して語られることになってしまいました。参議院ではぜひ、建設的な議論が行われること、そして何より政府によって、集団的自衛権の行使を一貫して禁止してきたわけではない、もともと行使していたものを、その時の政府の解釈で出来ないことにしていただけであることを説明していただきたいと思います。

 長々と書きましたが、倉山先生自身が「倉山満の砦」で今回のこの放送やそれに関する説明をわかりやすく書いているので、それも合わせて読んでいただきたいと思います。

自民党に政権担当能力はあるか?

模範答弁

安倍首相テレビ生出演に関して


スポンサーサイト

若者たちが国会前で怒りの声「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」・・・えっ?


 何気にネタの宝庫の「弁護士ドットコム」

 今回はとびっきり香ばしいです。

<安保法案可決>若者たちが国会前で怒りの声「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」

メンバーは国会前に仮設された壇上でマイクを握り、「安倍政権は民主主義を理解していない。徹底してノーといいたい。めっちゃ声だしていきましょう」と呼び掛けると、「イエー」「フー」と声があがった。

若者たちは「自由を守れ」「未来を守れ」「安倍はやめろ」「勝手に決めるな」「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」「何か自民党、感じ悪いよね」などと声をあげた。

現場には社会学者の上野千鶴子さんも応援にかけつけ、「国会議員の主人は国民です」と政府の対応を批判した。

政治家も登壇し、共産党の志位和夫委員長は「若いみなさんがこの国の前途を考えていることを頼もしく思っています。安倍政権を倒そうじゃないですか」と呼び掛けた。社民党の吉田忠智党首も「憲法違反であることに変わりはありません。強く抗議していきましょう」と力を込めた。民主党の枝野幸男幹事長も「国民的な大きなうねりをつくってほしい」と語った。

●古賀茂明氏「30万人集まったら、流れが変わる」
デモを訪れていた元経産官僚の古賀茂明氏は弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「SEALDsに期待している。国会じゃ数で負けるが、この運動を続けて30万人集まったら、流れを変えることができると思う」と話していた。

精神科医の香山リカさんも取材に対し、「解釈改憲と安保法制は、国民と学問を愚弄している」「若い世代が参加する抗議運動は素晴らしい。この熱気を保ち続けて、来年の参院選に影響があると思わせないといけない」と語っていた。

(弁護士ドットコムニュース)


  もうタイトルからして飛ばしてますね。「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」
 どうやって?

「安倍政権は民主主義を理解していない。」

 あなたたちは民主主義を理解していますか?日本は議会制民主主義という制度をとっています。

(wikiより引用)
 議会制民主主義は、国民が選出した代表者で構成される議会の討議にもとづいて政治を運営していくことによって、国民の合意による政治という民主主義の理念を実現しようとするものである。議会制民主主義のもとでは、議会は、国民の意思を代表するものとして、政治の中心におかれることになる。対になる概念として直接民主制がある。現在ほとんどの国が「間接民主制」である。

 今、安倍さんが総理大臣なのはなぜでしょう。安倍さんが総裁である自民党が選挙によって第一党に選ばれたからですよね。しかも、3回連続で勝利しています。ちなみにどの選挙でもこの安保法制にあたるような法律の整備を公約で掲げています。きちんと公約に掲げたものを選挙で勝った政党が実行する。これって民主主義の否定なのでしょうか?

自民党公約 

 共産党の志位さん、社民党の吉田さん、民主党の枝野さんもいろいろ言いたいことはおありでしょうけど、まずは国民の声を聴いてください。それが一番示されているのは選挙結果ですよね。

 ちなみに、安倍さんのお祖父さんにあたる岸信介が首相だったときもこのようなことがありました。あの時は、今のでたらめなマスコミ報道とは違い、本当に国会を埋め尽くすほどの人が「日米安保反対!」と叫んでいました。その後、岸首相が退陣した後の、解散総選挙の結果はどうだったのでしょうか、池田勇人を総裁として自民党は圧勝していますよね。国会の周りで騒いていた人たちはいわゆる「ノイジーマイノリティー」で多くの国民は「安保改定」に反対していなかったということですね。確かに、現在の安倍政権の支持率は安倍総理自身の人気によるところも大きいですが、まさか安倍首相が退陣したら、自分たちが政権をとれるなどと思っているわけではないでしょうね。

 若い人たちが政治に興味を持つことは素晴らしいことです。しかし、それを実現するためにはまずは選挙に行くこと。マスコミは「解散に大義がない」などと無意味なことを言わずに、今回の法案しかり、選挙中の各党のマニフェストに関しても国民にわかりやすく説明する努力をしているのでしょうか。「戦争法案」などと出鱈目なプロパガンダで視聴者を誤解させるのはいい加減やめてください。説明不足と言いますが、政府はちゃんと説明をしています。それを報じないから、安倍総理がテレビに呼んでくれない、と言って自らニコニコ動画に出演することになるのではないでしょうか。そもそも騒いでいる人たちは、ちゃんと政府の説明を聞いているのでしょうか。聞いていたら絶対に「戦争するな!」などと大騒ぎするようなことになるはずはないのですが。

 しかし、こんな記事を弁護士ドットコムに載せるとは。書いた人は弁護士なんでしょうか。まずは憲法の勉強からやり直してくださいね。

テーマ : 安倍政権
ジャンル : 政治・経済

倉山満・杉田水脈 みんなで学ぼう日本の軍閥 感想


 インターネット放送のチャンネルくららで放送されていた同タイトルの番組の書籍化です。

みんなで学ぼう!日本の軍閥

 番組もとても面白かったのですが、やはり文字になっているのを改めて読むと頭に入りやすくて助かります。番組の中のお二人の楽しげな様子がそのままに本になっています。

 「軍閥」というとどのようなイメージを持たれるでしょうか。こちらで言われる軍閥は中華民国のような地方に割拠している軍閥ではなく、軍の中の派閥のことです。陸軍、海軍から主な人をピックアップして紹介しています。

 第一部の陸軍編では、山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中儀一、宇垣一茂、石原莞爾、荒木貞夫、永田鉄山、東條英樹が、第二部の海軍編では山本権兵衛、東郷平八郎、大角岑生、斎藤実、米内光政、山本五十六が紹介されます。

 人物に焦点を当てて語られ、同時代に活躍している人もいるため、同じ出来事も繰り返し語られることになるのですが、人によって立場が違うため、その出来事がより鮮明に浮き彫りにされます。例えば満洲事変一つとってみても、当時のチャイナの軍閥の横暴と何よりソ連に備えるためにそれを指導した石原莞爾、満州事変によっておこった政権交代を利用し、実権を握った皇道派の荒木貞夫、事変の時は関東軍に大砲などを融通して援助したが、皇道派に主導権が移ったため主要なポストには有り付けなかった統制派の永田鉄山など、それぞれの視点で語られることにより、その出来事がどのような影響を与えたのかが見えてきます。

 戦前は軍部が台頭し、政治家の発言力が弱くなったと学校では教わった気がします。しかし、そもそも軍部とはなんでしょうか。陸軍と海軍では立場が違いますし、それぞれも一枚岩ではありません。陸軍も海軍も予算の取り合いで国防方針を決めたり、軍から総理大臣が出ても、衆議院の力が強いため、強い政党政治家にすり寄ったりと、どうも学校の時に教わったのとはイメージが違います。最後に紹介される山本五十六など、三国同盟に反対していたため、民間右翼が山本五十六を暗殺しようと動き出し、海の上にいれば暗殺出来ないという理由で連合艦隊司令長官にされたなど、本当にまじめに戦争をする気があったのかと疑いたくなる状況です。日露戦争のとき、序列に関係なく人物を見定めて東郷平八郎を連合艦隊司令長官に抜擢した山本権兵衛に比べると、余りの組織の劣化に涙が出そうになります。

 一番、印象に残ったのは、山本権兵衛のエピソードです。先ほどの、日露戦争でのエピソードもそうですが、関東大震災が起こったとき大命は下っていたため、彼が総理大臣になることは決まっていたのですが組閣が出来ていない状況で「私が責任を引き受けます」と組閣を完了させるや、真っ先に緊急勅令を百三十本だしたという話。本当は緊急勅令を出すには枢密院を招集しなければならないのですが、震災で集まれず開けないので全部自分の責任で行い、震災処理を七十七日で終わらせました。当時の憲法学者は誰も彼を「憲法違反だ」と責めることなく、山本の緊急対処の能力を褒めたそうです。東日本大震災の時の総理が山本権兵衛のような人だったらと思うと本当に悔やまれます。あの時、山本のような行動を当時の菅元総理がやったら誰か責めたのでしょうか。現在、とっくに行使している集団的自衛権を「違憲だ!」と言って責め立てている憲法学者のような人達だったら、国が亡びるような災害でもそういうのでしょうか。現在、我が国は戦争状態にはありませんが、明確に脅威が存在する中、今、打てる手を打っておかなければいずれ滅びの道をたどるような気がします。

 現在の我が国は、他国の脅威に立ち向かおうにも、憲法や法律によってがんじがらめにされている状態です。何よりも一番、縛られているのは私たち自身の心ではないでしょうか。歴史にもしはありませんが、歴史を学ぶことによって同じことを繰り返すことを避けることは出来ると思います。そして、たった今何が出来るのかを考えることが大切なのだと思います。




テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR