倉山満 お役所仕事の大東亜戦争 感想


 今回は(も)力作です。331ページで1200円(外税)とはなーんてリーズナブル!

 倉山先生の大東亜戦争に関する本は単著では4冊目になると思いますが、今回は大日本帝国の統治機構や内閣の変遷を踏まえて語られます。元老の役割、衆議院との関係、宮中、陸軍、海軍、官僚機構などの間にどのような力関係があるのかを知ることで、単純に出来事だけを追っていたのでは見えないものが見えてきます。この辺が、単に歴史だけではなく、憲法、政治学の研究をしている倉山先生の真骨頂とも言えます。

 大東亜戦争は「侵略」だったのか、それともアジア解放のための「聖戦」だったのか。倉山先生はそれを「お役所仕事」と断じ、それが「賢人の知恵」を使って説明されます。「賢人の知恵」。それは倉山満先生の中央大学弁論部・辞達学会の先輩、上念司先生により、いかなる正論も封殺して理不尽を押し通せる応答パターン集としてまとめたものだそうで、大東亜戦争に至る政府のグダグダぶりがそれで説明されています。

 ここで詳しく書くよりも、この「お役所仕事の大東亜戦争」はチャンネルくららでも番組を作られているので、それで見たほうがわかりやすいかと思います。爆笑ものです!



 ちなみにインターネット放送で一番最初に「賢人の知恵」が発表されたのがおそらくこれ。笑えるのですが、今の状況を思うに微妙に泣けてきます。

【アーカイブ】上念・倉山・浅野、消費増税とアベノミクス偏向報道を語る[桜H25/8/21]

 日露戦争以降の日本人は何が変わってしまったのか。戦時なのにも拘わらず、平時のルーティーンと変わらない人事が繰り返される。本当に日本は真面目に戦争をやる気があったのか。日本は侵略戦争をやった悪い国だという人がいますが、それはある意味過大評価です。人事のみならず、敵に命を狙われているはずの連合艦隊司令長官のその日の行事日程を分刻みで作り、大事なことだからと二回も電報を送るとか殺してくれと言わんばかりの行動です。それで暗殺された山本五十六が長官になった理由というのも、三国同盟に反対していた山本が民間右翼に暗殺されないように海上に送り出したという本当にいい加減なもので、こんな日本が軍国主義の侵略国家だったと言われても、いっそその通りだったら戦争に負けていなかったのではないかと思うのです。

 読んでいて「これはいつの時代の話なのだろう」と思ったのが、第三章第二節の田中義一内閣の時、1927年に起きた「南京事件」で南京に入城した蒋介石の北伐軍が各国領事館を襲撃して、被害を受けたアメリカとイギリス軍は艦砲射撃で報復したにも関わらず、日本は「それでは中国の顔を潰す」「今、日本が反撃すれば、かえって虐殺を誘発するかもしれない」と艦砲射撃に参加しなかった。いわゆる幣原軟弱外交と呼ばれるものですが、この軟弱な対応、これと同じような状況にしたのが現在、平和安全法案を「戦争法案」とレッテル張りし、拉致被害者のことなど全く無視して「日本が平和なのは憲法9条のおかげ」と言い、自衛隊や集団的自衛権を違憲だと叫び、「米軍は出ていけ」と言っている人達ではないでしょうか。この時、きちんと反撃をしておかなかった結果どうなったか。その後も日本人居留民への襲撃などは繰り返され、世論も激高し、泥沼の支那事変につき進んでいくことになりました。反論、あるいは反撃しておくべき時にしておかなければ何が起こるか。こういった歴史的事実があるにもかかわらず、今ある危機に対処することを止めようとする人たちは、本当はこれと同じことを繰り返させようとしているのではないかと思わざるを得ません。

 倉山先生の本は読後に気持ちの良くなるものではありません。正直商売としては損なやり方をされる方だと思います。散々、「お役所仕事」の政府の対応で戦争に突き進んでいく話が語られた後、「おわりに」で斎藤隆夫代議士のいわゆる「反軍演説」が引用されています。内容は、世界は徹頭徹尾力の論理で動いていること、聖戦の美名で国家百年の計を誤るようなことをしてはならないこと。そして長引く支那事変を政府はちゃんと終わらせるつもりがあるのかと説いています。この反軍演説が行われたのが1940年の2月2日、その年の3月7日に斎藤は除名されています。
 
 「正論が封殺されたときに国は亡びる」倉山先生が繰り返し口にする言葉ですが、この演説を読んで、そしてその後斎藤が除名されたことを知るに泣けてきます。前回ブログに挙げた「ネオ東京裁判 掟破りの逆15年戦争」のテーマにも通じることですが、どの時点がポイント・オブ・ノーリターンなのかは後になってみなければわからないことかもしれません。しかし、その時に間違わないためにも歴史を学ぶことは大切なのだと改めて思い知らされました。



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

上念司 倉山満 説教ストロガノフ ネオ東京裁判 感想

 
 説教ストロガノフももう3冊目。今回はチャンネルくららで放送された「掟破りの逆15年戦争」の書籍化です。


戦後70年特別企画「説教ストロガノフ 掟破りの逆15年戦争~戦争責任とは敗戦責任である」

 

 今回は、ポツダム宣言を受け入れた1945年から、満州事変が勃発した1931年までを新しい出来事から辿ってゆき、なぜ日本は亡国への道を歩んでしまったのか、どの時点なら最悪の事態を回避出来たのか、そして真の敗戦責任は誰にあるのかを探るという新しい試みです。お二人のお話は一見楽しげなのですが、さすがに内容が内容だけにちょっと重い感じです。去年も「じっくり学ぼう日本の内閣」で近衛内閣を扱って、げんなりしていましたね。


じっくり学ぼう日本の内閣:近衛内閣「歴史に学ぶ日本の滅ぼし方講座」



 この季節になると、毎年敗戦の悲惨な話をどこのテレビ局でもやるので、うんざりしてテレビをつけるのが嫌になります。両先生のお話は、テレビでやっているような、戦前の日本は悪い国で、軍部さまという悪い人たちがいてという話ではなく、なぜ日本は戦争に負けたのか、そもそも何でこのような戦争をすることになってしまったのかということを突き詰める作業になっていて、これもなかなかつらいものがあります。しかも、決定的に悪い人がいるというよりも、戦時なのに普段のルーティーンで仕事をしていたり、司令官にすべきではない人を司令官にし、外務大臣になってはいけない人が外務大臣になり、この人だったらこの事態を食い止められたのではないかという人は排斥され、和平工作がうまくいきそうになると潰されるという、何とも情けないような話ばかりでなのです。もちろん、コミンテルンの謀略などもあるのですが、政党政治の腐敗や学歴エリートたちの間違った政策の判断などそれ以外にも大きな原因があるようです。

 この辛い歴史をこの季節になったら繰り返すことを、上念先生はユダヤ教における「過ぎこしの祭り」に例えています。この祭りは一通り終えるには6時間以上かかるらしいのですが、ユダヤ人は昔、エジプトから命からがら逃げた「出エジプト記」のつらい体験を追体験することで、頑張ろうという気持ちを新たにするのだそうですが、それをわれわれ日本人は近衛文麿でやったら良いのではないかと。そのためには、ただ戦争の悲惨さを語るだけでなく、やはり正しい意味での先の大戦への反省が必要ですね。

 対談中、倉山先生が解説をし、時に上念先生に「この時、総理だったらどうしますか?」などと話を振るのですが、上念先生の「ぶん投げる」「特高警察を使って抑え込む」「転んだふりをしてタックル」などの答えで、どれほど事態がひっ迫していたのかが計れます。この回答を「ふざけている」と思われる方もいるかとは思いますが、そうでもしないと国を守れない、逆に国を守るためなら何でもしなくてはならないのだとの思いを感じます。

 経済評論家の上念先生と財務省の歴史に詳しい倉山先生が語るだけあって、予算に対しての軍事費の割合も見ながら当時の出来事が語られます。日本が増税無限ループに入り込んで軍事費がどんどん増加しだすのは二・二六事件後の馬場鍈一が蔵相になってからです。なぜかこれを高橋是清のせいにする勢力があるようですが、それは歴史歪曲に他なりません。高橋是清は軍事費を削減しようとして、軍の恨みを買い、最後は暗殺されてしまったのですから。少しでも調べればすぐに間違いだとわかることが、通説にされてしまっている。誰の都合でこのようなことになっているのでしょうね。

 歴史というものは当事者が生きているからわかる事、後になって様々な資料が発見されてからわかるものなど、様々な方向から見なければ本当の姿は見えてこないものなのでしょう。今回のこの対談にも通ずる「お役所仕事の大東亜戦争」がチャンネルくららで放送中で、すでに書籍にもなっています。そちらの感想も近々こちらのブログに掲載予定です。我々が真の敗戦の反省をするために、まだまだ学ぶことはたくさんありますね。



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

和田政宗 戦後レジームを解き放て! 感想


 次世代の党の政調会長、和田正宗先生。先日のニコ生の対談も面白くて有益なものでしたが、参議院での質疑も本当に素晴らしかったですね。


和田政宗議員と安倍晋三総理大臣の素晴らしい議論(2015年7月29日)



 衆議院での他の野党のあのむなしい質疑は何だったのかと思いました。もう、次世代の党だけでいいのではないかと思ってしまいます。次の日の中山恭子先生の質疑も拉致被害者を取り返すという視点に絞り、その上で法案をより良いものにしていくための前向きなものでした。

 和田議員の質疑を受けてのその意図が良くわかる動画がチャンネルくららでUPされていますので、こちらもご覧になられるとより理解が深まると思います。


【8月4日配信】和田政宗先生 大勝利者インタビュー!「安保法制特別委員会&NHK日曜討論」和田政宗 山村明義 倉山満【チャンネルくらら】



 さて、今回の記事は、その和田先生がまだみんなの党に所属していた時に出版された本の紹介です。戦後レジームとはいったいなんであるのか。メディア、教育、憲法などを通じてGHQがどのような罠を日本人に仕掛けたのか。そしてそれがどれほどまでに現在の我々を縛っているのかが書かれています。

 和田先生は元NHKのアナウンサーだったため、その時の自らの体験などを語っているのですが、なんだかここで読んだようなエピソードをちょっと前にも見たような・・そうです。先日感想をUPした上念司先生の「高学歴社員が組織を滅ぼす」で書かれているそのままのことがNHKでも起こっているようです。

上念司 「高学歴社員が組織を滅ぼす」 感想

 日本のメディアは全体的に左傾化している印象を受けますが、それは特定の勢力の意思で動いているという簡単なものではなく、保守的なことを言うと軍国主義の礼賛につながるのではないかという漠然としたおそれ、それこそGHQによる統制の産物と、それによる左派の人のバッシングを恐れる気持ち、要は外部からのクレームを受けることで組織内で冷遇されることを恐れる事なかれ主義的な官僚組織化した体制。これがメディアの成熟を妨げていると和田先生は言っています。

 最後の章で台湾の元総統の李登輝先生との交流を通じて、本来の日本人の精神についてと和田先生の政治家としての覚悟について書かれているのですが、現在の安倍政権に対する思いを読むと、党など関係なく日本のことを思って奮闘されている方なのだと強く感じます。安倍政権の足を引っ張る事だけしか考えず、なんでも反対の野党は日本のことを考えて政治を行っているのか、それだけでなく、自民党員ですら隙あらば安倍総理の足を引っ張ることを考えているのではないかと悲しくなります。和田先生は前回の参議院議員選挙で当選したばかりの方ですが、日本のためにこのような政治家が増えてくれればと強く思います。



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR