朝日新聞はNG、藤井聡の赤旗はOK? チャンネル桜のダブルスタンダード

 
 今回の一連の出来事ですが、大阪W選挙後、チャンネル桜が結果について取り上げたのはたったこれだけですね。

【大阪ダブル選】維新圧勝、参議院選挙への影響は?[桜H27/11/24]


 三輪さんこう言ってますね。「共産党とかSEALDsとか、あるいは日刊ゲンダイだとか、もうねオール左翼勢力が自民党候補を応援したわけですよ。   
オールサヨクが応援してる候補にやはり普通の、その保守だと入れられないですよ。」


え、共産党(赤旗)?

hujiiakahata.jpg


(関西版)SEALDs(SADL)?

sadl 藤井



日刊ゲンダイ?

genndaifujii.png

大阪W選 橋下維新リードに藤井聡教授「選挙とテレビは違う」

この全部に出た藤井聡に関してはなぜ何も言わないのですか?

こんな特番まで作ってたのに。

【緊急特番】藤井聡氏への嘘と言論弾圧を許さない![桜H27/11/6]


 内容は突っ込みどころ満載でしたが。

 通信の秘密の憲法上の定義とか、反論は文章でとか。そもそも藤井氏は文章で反論して相手側の意見が圧倒的に支持されても「言い負かされたことがない」と強弁するじゃないですか。

 それとBPOの問題で私信の公開がどうこうおっしゃってましたが、先日、当ブログ「チャンネル桜は報道番組?誤報記事を使って誹謗中傷?その1」であげていたこの番組。

【水島総】「そうだ、難民しよう」、はすみとしこ氏の質問状に答える[桜H27/10/9]


 これ、はすみさんはメールで問い合わせをしたのであって、公開質問状を送ったわけではないですよね?確かに、この内容を当時は公開設定のFB(今は設定範囲が変更されている)であげてらっしゃいましたが、普通メールで問い合わせがあったら、メールで返答しますよね。なに、一本番組作っちゃってるんですか。それに、前の番組「【難民「恥知らず」イラスト】難民問題の無知無理解と冷酷[桜H27/10/8]」を作った時にFBを見ていたのだったら、毎日新聞のねつ造を知っててあえてあの番組作ったことになりますし、知らなかったのなら、碌に取材もしない、視聴者からのメールを断りもなしに使って番組を作る方たちなのだということになりますが、それでよいのですか。

 そして先日、古谷経衡氏が朝日新聞に取材を受けたときの水島社長の言いようは随分なものでしたよね

【朝日新聞】田母神事務所横領買収事件に便乗、古谷経衡君に社論を託す?[桜H27/5/29]


 その辺の詳細は当ブログ「チャンネル桜は報道番組?誤報記事で誹謗中傷?2」に書いてありますが。

 まずは番組紹介欄で誹謗中傷されましたよね。

朝日新聞から若手保守評論家とし­て「取り立て」をられたかのような古谷経衡君が、事情も分からぬまま朝日「提灯持ち」­コメントを述べたことに対し、そのレベルの低さと追従姿勢に、失笑と情けなさを水島と­西村が表明します。

 番組内でも

 (水島)上昇志向の子供っていうかね、彼なんかはね。あの一応皮肉で言っときますけど。良かったね。あの朝日新聞なんかによく登場できてと

 (西村)評論家としての要するに資格なんかないと思うんですよね

 (水島)古谷さんもね。一応うちの中で番組やってもらったりしてた人だから。あなたはね、やっぱり朝日新聞がね、良く重用してくれるようになってうれしいのかもわからないけど、本当にジャーナリズムとかあのそういう原点を忘れちゃいけないよ


こんな感じで散々な言いようだったのですが。


 この後、古谷氏の朝日新聞でのコメントが前後の話を削除されてしまったとして、自分の意図とは違う記事となってしまったということを水島社長は確認されて、そのネタを使って朝日新聞に抗議状及び公開質問状を送られていましたよね。それなのに

 古谷氏への番組での謝罪はまだですか。

 取材を受けて朝日新聞に答えただけの古谷氏はボロクソにけなして、赤旗で共産党に共闘を呼び掛けた藤井聡氏に対してだんまりなのはなぜですか。


 このようなダブルスタンダードでは視聴者は減るだけでしょうね。少なくとも共産党と共闘しようなどと呼びかけた人を今まで通り重用するようだったらチャンネル桜には保守の看板をおろしてもらわないといけませんね

スポンサーサイト

まだまだ続く!藤井聡 京都大学のメールアドレスで政治活動!


 なんだか、藤井聡内閣官房参与様の記事が続いていますが、またやらかしてくれてますよ。

 今回はこちらです。

橋下維新 主な「不祥事」記録

 驚いたのが一番下の記載。

※ 2012年~2015年の新聞記事等で報告された「不祥事」と考えられるものをリストしています。訂正・追加があれば、随時、右記アドレスまでご一報ください(sec-tba〔アット〕trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp)。

 このメールアドレス、京都大学のものですよね。
 大学教授が職場のメールアドレス使って、政治活動を行っても良いのですか。

 しかも、藤井氏のFBページでは

fujii学生利用


『橋下維新 主な「不祥事」記録』を、学生さん等に協力してもらいながら作成しました。(← とりまとめ、ご苦労様でした!)

と書いてあります。こんなものを作るのに学生を利用するんだ…とそれ自体にあきれます。

 そもそも内閣官房参与って非常勤の国家公務員なのに、政治活動、しかも選挙期間にネガティブキャンペーンをやっていいのかとつくづく思うのですが、

 私の一連の藤井聡氏の記事を批判される方にお聞きしたいのですが、常識で考えておかしいと思わないのですか。

 内閣官房参与が

安倍内閣を打倒すると言っている共産党の機関紙「赤旗」で共産党との連携を呼びかける

「アベ政治を許さない」というプラカードを掲げてデモ活動を行う団体の番組に出演する

京都大学大学院の教授でもありながら、学生を使って特定の政党のスキャンダルを集め、かつ大学のメールアドレスを使って追加募集する

 これを非常識と考えられない人には何を言っても無駄なのかもしれませんね。一体なにに囚われているのでしょうか。何をもってこの「藤井聡」という人物を盲信できるのでしょうか。当ブログのコメント欄に、私に向かって「信者」と書き込んだ方がいたのですが、私の何をもってそう書き込まれたのか。まったく、鏡をみろと言いたいですね。


続きを読む

大阪W選挙自民惨敗! 戦犯は誰だ!

 大阪W選挙が昨日終わりました。

 今回は、安倍政権を倒すと公言している共産党他の政党と組んでまで維新と闘った大阪自民党(候補者はいろんな政党から支援してもらうためか無所属で出ていた)。どれほどの大勝を勝ち取ったのでしょうか!!

 あれれ?

NHK選挙情報開票結果


 与党自民党が他党との選挙協力も得ながら維新2候補に惨敗!!

 一体これはどういうことなのでしょうか。

 しかも、市長選の出口調査によると、自民支持者の3割が維新候補に投票するという驚きの結果に!

 自民支持層、3割が維新に=大阪市長選出口調査


 ここで、くりもと、柳本氏の応援風景を見てみると



 どこかで聴いたことのあるリズム。そうです。

2015.7.19 SADL×SEALDs KANSAI「戦争法案」に反対する関西デモ


 彼らを応援しているのは関西版SEALDsと言われるSADL。アベ政治を許すなと言っている彼らですよ。これでも共産党と連携するのは是々非々だとでもいうのでしょうか。選挙協力して勝った後どうするの?

 そして、11月17日に我らが藤井聡内閣官房参与様「この団体さん何やってるか知らないんですけど」と言い訳しつつ、このSADLという団体の放送に出演。言い訳じゃなかったら甘すぎですね。暴力団関係だったらどうするんだか。




 ここのラッパーさん、11月14日の共産党の小池晃氏のツイッターでツーショットで映ってて、しかもこの中で小池氏は「アベもハシモトを倒しましょう」って安倍政権倒すこと公言してるじゃないですか。

https://twitter.com/koike_akira/status/665734465264619520

koike20151114.png


そして藤井聡氏はブルーリボンバッジを付けてこのピースサインですよw

sadl 藤井


 さすがにこれを見たら自民党支持者の方もあきれるのではないでしょうか。これを見て、自民の候補を勝たせることは政権を倒すことにつながると思って、維新の候補者に票をいれた方もいらっしゃるんじゃないですか。

 言いがかりに聞こえますか?だって藤井聡氏は、京大教授でネットでもテレビでも人気の言論人で、なおかつ内閣官房参与なのですから。そのご発言にどれほどの影響力があるかははかり知れません。その藤井氏が共産党の機関紙、赤旗に出てまで共産党との連携を呼びかけられたのです。この影響力を過小評価するのは藤井聡氏に対して失礼です!

 これほどの大敗を喫した大阪自民党はこれから猛反省をし、この件に関して総括する必要があるでしょう。それは大阪のみに関わらず自民党全体でやらなければならない問題です。さて、その総括される対象の中に藤井聡氏は入るのでしょうかね。今後の自民党の動きを注視したいと思います。




藤井聡氏、赤旗掲載の件。ご本人から直々にご紹介いただきました!!

 
 先日の私のブログですが、沢山の方にご覧いただき大変ありがたく思っています。

 そして、なんとなんと、ご本人の藤井聡内閣官房参与様からFBでご紹介いただきました!!


政治学的に分析しますと、今回の大阪ダブル選挙では、維新側陣営は、共産党と自民党が共闘している事が『大問題だ!」というネガティブキャンペーンを展開しているものと解釈できます。例えば、松井氏の下記発言は、そんなネガキャンの典型例です。『...

Posted by 藤井 聡 on 2015年11月13日


 本当にありがとうございます!!

 しかし、はて?当ブログをさして

 >上記文章を拝見すると、当方の文章を曲解しているデマがふんだんに含まれています。ご関心の方は是非一度、ご覧になってみてください。

 とあるのですが、肝心の藤井氏は私のブログを本当に読んでいただけているのでしょうか?

  私のブログで主張していることは、大事なことだから繰り返していることは多いのですが、言っていることはシンプルで

  
 首相のブレーンでもある内閣官房参与の藤井聡氏が共産党との連携を主張しても良いのか!

 それだけなんですけどね。どこにデマがあるのでしょう?

 もし、万が一、安倍総理が「共産党との連携もやむなし!」と言っているのなら別ですよ。その時は「安倍総理には戦後レジームの脱却は無理だな」と見限らせていただくだけなので。

 しかしこの藤井氏のFB、突っ込みどころ満載なのですが。

(引用)

ウソとデマに対しては「真実」が必要です。私は、安倍内閣のもとで内閣官房参与をしています。共産党と立場や政策は違いますが、「真実」のもとに団結し、協力すれば、自民党と共産党の是々非々の一点連携は至って自然な発想です。』
皆さん、この文章の一体どこに、批判される要素があるのでしょうか?
もし、これを批判するなら、「真実なんてどうでもいい、是々非々であろうが、たった一点だけの連携であろうが、兎に角、自民は共産とは一ミリも連携しちゃいかんのだ!!」という事になります。

(引用終わり)


 一つ確認させていただきたいのですが、「真実」ってなんですか?一体どういった「真実」のもとに共産党と組むというのでしょうか。察するに大阪都構想に関する維新側の主張が「ウソ」、自分たちの言い分が「真実」と言いたいのでしょうが、それを「真実」と言い切れる根拠が見当たらないのですが。確かに住民投票は僅差で反対が多かったので住民はそちらを選んだ、と言うのはまあ良いでしょう。ただ、なぜそこで共産党との連携が必要なのでしょうか。

 それに対する答えとも言うべき重要な発言が藤井氏からこの後なされています。

(引用)

そもそも、第二次大戦の時、全体主義のドイツと戦うために、共産主義のロシアと、自由民主主義のイギリス・アメリカが共闘したのですが、今、大阪で起こっていることはそれと同じことなのです。

(引用終わり)


 おおさか維新はナチス・ドイツだと言いたいのでしょうか。敵を勝手にナチスやヒトラー認定するのは左の方々の得意技ですが、この文章大事な部分がごっそり抜けています。

 まず、連合国はドイツだけではなく日本とも戦っていること。本来、自由民主主義国の日本と連合国が戦うことになった原因の一つにソ連や中国共産党のスパイの暗躍があったことは今では明らかになっていますよね。そして、連合国が勝ち、ドイツと日本は負けたのですが、その結果どうなったかと言うと世界の半分が共産主義国家になり、現在、日本にとって一番脅威である中華人民共和国が建国してしまいました。怖いですねー。

 共産主義者と組むということがどれほど恐ろしい結果を生むかということは歴史が証明しているのに、いったい藤井氏は何がやりたいのでしょうか。
 
 そもそも今現在、共産党は、野党を連合して「国民連合政府」なるものを作って政権を打倒しようとしているのですが、それでも共産党と組むのが是々非々なのでしょうか。

 再度繰り返しますが、藤井氏個人が共産党と組もうが赤旗で何を言おうが別にかまわないのですよ。藤井氏が自身の内閣官房参与と言う立場を明確にして共産党との連携を正当化することを問題視しているのです。
 
 先日のブログで橋下氏が「内閣官房参与」の肩書を消したと指摘していた件ですが、WEB上では全部消された状態になっているので、どうすれば確認出来るかと思っていたのですが、なんのことはない、メルマガそのもので確認すれば良かったですねw

 こちらが1月27日の分。sinnnihonn20150127.png


 それでこちらが2月3日分。sinnnihonn20150203.png



 内閣官房参与の肩書が外され、現在もそういう形になっていますね。メルマガでは外した肩書をなぜわざわざ赤旗でのインタビューではあえて名乗ってらっしゃるのでしょうか。再度言いますが、それが官邸の意思なら何も言いません。

 しかし、反論コメントが寄せられてますが、びっくりしますね。

 日本は自由主義社会?個人の自由?
 そんなことわかりきってますよ。だから私が藤井氏を批判するのも自由でしょ?それと自由には責任が付きまとうのですよ。藤井氏のように教授でもあり、参与でもあるような方ならなおのことです。

 立場は違えど是々非々で?
私には政権の要職についている人が共産党と組むと公言することに相当なデメリットがあると思っているのですが。それで選挙に勝ってもその後の議会運営はどうなるのでしょうねえ。

 内閣官房参与の言論活動を誹謗中傷?レッテル?
 どこに誹謗中傷があるのでしょうか。私が行っているのは基本的に事実の指摘です。どこにレッテルがありますか?

 藤井氏の私の記事に対する評価もですが、全く具体的ではないのですよね。反論されるなら、私のブログのどこが問題なのか、何がデマなのかはっきり指摘していただきたいのです。根拠のないレッテル貼りはご遠慮願います。


続きを読む

そこまで来たか!藤井聡 内閣官房参与として共産党との連携を主張!

 
 いつかこの日が来ること確信していましたが、これほど早く訪れるとは。

 藤井聡氏が赤旗で共産党との連携を堂々と宣言しています。

hujiiakahata.jpg


 以前から、彼や三橋貴明氏など愉快な仲間たちの思想が赤いことは指摘していましたが、ここまで隠さなくても良いと開き直っているとは。

 先日、三橋貴明氏が「共産党宣言」を和訳した幸徳秋水を引用して、自説を強化してるのにも驚きましたが。

ドイツ第四帝国の支配と崩壊

 ちなみに藤井氏と愉快な仲間たちへの指摘はこちらの当ブログからどうぞ。 

日本の独立と自由を守る最後の砦 チャンネル桜とは ~藤井聡と愉快な仲間たち

 勿論、個人的に藤井氏が共産党にシンパシーを感じていらっしゃる分には何も申し上げることはございません。当用憲法19条でも良心の自由は謳っておりますし。ただ、あなた現政権の内閣官房参与様ですよね?いわば公人なのですが。

 勿論、公人とはいえ言論の自由はありますが、あなたのその発言が、どのように現政権に影響を及ぼすかを知った上での発言なのでしょうか。村山氏や鳩山氏が今だに何かするごとにニュースになるのは元総理だからですよね。あなたは現役の内閣官房参与様なのですが。

 以前、大阪自民党が、民主党や共産党と共闘した時、菅官房長官は「理解できない」とおっしゃってましたよね。

菅長官「全く理解できない」 都構想反対で民主、共産と共闘の自民大阪府連を批判 谷垣氏は「大きなシンパシー」と黙認

 官房長官の発言は現在の内閣の公式見解だと思うのですが、なぜ政府の意思と逆のことを「内閣官房参与」の肩書を鮮明にした上で発言なさるのでしょうか。

 そうそう、藤井氏は以前、橋下氏とのバトルの際には、橋下氏に「市長のわりには度量が狭い」なんて言いながら、自分の「内閣官房参与」の肩書をこっそり消したりして、それを橋下氏に暴露されてましたよねw(6:45~)




 それなのに、今回は堂々と「内閣官房参与」を名乗って赤旗に寄稿ですか。一体何の意図があるのでしょう。

 先日のメール事件もですが、これ、自民党の議員の方の指示でなくあなたが勝手にやったことなら、この件で名前を出された自民党の方々には大変迷惑をかけていますよね。

藤井聡氏、自民応援メール流出で大問題(大阪ダブル選挙2015)全文あり

 なぜここまであからさまに利敵行為をなさるのでしょうか。大事なことなので繰り返しますが、藤井氏は現役の内閣官房参与ですよね。

 今まで何度も参与としてあるまじき行為をしてらっしゃいますよね。何度も指摘してまいりましたが、同じ政権の内閣参与を鶴田正平なる別名で攻撃したり(本当に別人だったとしても藤井氏の監督責任は明らか)、

【鶴田正平】消費税のしょぼい展開

 経済学者でもないのに安倍内閣の進める経済政策を批判したり。

[安倍景気の行方] ついに暴かれたエコノミストの「虚偽」〔1〕

 赤旗で共産党との共闘を内閣官房参与の肩書で表明れるとは。それを内閣の意思だと勘違いなさる方がいたらどうするのですか。公安監視対象と政権与党が組むことを良しとするのですか。それは官邸の意思ですか。

 言論弾圧と言う言葉を使うのがお好きですが、そう言いたければ言えばよろしい。ただ、公人としての自分の立場はわきまえられた方がよろしいでしょう。あなたの言動を見ていたらそのような自覚があるようには全く見えないのですが。

 少なくともこんな人間を内閣に留めておく必要はどこにあるのでしょうか。それどころか
 利敵行為をする人間一人切れずに戦後レジームの脱却などと大それたことを安倍総理ができるはずもありません。

 かつての大日本帝国が滅びた原因の一つに偽装保守の問題があったことは間違いありません。ではあからさまに利敵行為をする人間を安倍首相はどう処遇するのか。一安倍総理の支持者として見届けたいと思います。


増税と政局後日談~名誉毀損裁判の行方 皆様へのお詫び でも完全勝訴って何?

 皆様にお詫びしなければならないことがあります。

 先日の私のブログ、増税と政局後日談~名誉毀損裁判の行方 三橋全面勝訴は事実か?はタイトルに誤りがありました。

 三橋さんは「完全勝訴」とおっしゃっていたのに「全面勝訴」になっているではないですか!!

 申し訳ございませんでした!謝罪いたします!賠償は致しませんが。


 それでお詫びついでに完全勝訴とはどのようなものかについて書いてみます。


 こちらの用語、いわゆる法律用語としての厳密な定義はあいまいなのですが、完全勝訴とはざっくり言って訴状内容がすべて認められることです。よほど被告に過大な瑕疵がある場合でもほとんどそんなことはないのですが。

 それ以外はほとんど部分勝訴となります。

 民事訴訟において、三橋氏の言うように、完全勝訴であるならば、一体どのような文面になるのでしょうか。

 まず、三橋氏のブログと砦の文面を比較してみると、これは前回の記事にも同じことを書いていますが。

 ①「増税と政局・暗闘50年史」を本通知受領後速やかに書店から回収すること及び増版しないことを要請します。
                 ↓ 
 記載なし。要は棄却されたということですよね?

 ②本通知の発送日から1か月以内に主要新聞5社(産経新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞)の全国版に、「株式会社イースト・プレス及び倉山満は、同社出版にかかる『増税と政局・暗闘50年史』において、三橋貴明氏に関して事実に反する記載をなし、三橋貴明氏の名誉を毀損したことを謝罪します。」との広告を掲載することを要請いたします。
                 ↓
 新聞主要5社ではなく、イースト・プレスのホームページと「倉山満の砦」に謝罪文を掲載。要は、主要五社への謝罪広告要請は棄却されたと。

 ③名誉毀損に基づく損害賠償として、三橋に対して1000万円支払うことを要請します。
                 ↓
             1000万円→150万円


 訴状と判決文をきちんと読まないと本当のところはわかりませんが、棄却されたところと一部認容されたところがある。

 これって部分勝訴ですよね。

 これが完全勝訴だった場合は(いろんな判決の主文を読んでこんな感じになるだろうなという想定で書いてます)

 1、被告らは、書籍「増税と政局・暗闘50年史」を速やかに書店から回収せよ。今後増刷することも禁ずる。

 2、被告らは連帯して主要新聞5社(産経新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞)の全国版に、「株式会社イースト・プレス及び倉山満は、同出版にかかる『増税と政局・暗闘50年史』において、三橋貴明氏に関して事実に反する記載をなし、三橋貴明氏の名誉を毀損したことを謝罪します。」との広告を掲載せよ。

 3、被告らは連帯して、原告に対し、1000万円及び・・・による金員を支払え。

 4、訴訟費用は被告らの負担とする。


と少なくともこういった文面になるかと思います。

 果たして判決文はどのようになっているのでしょうか。少なくともこのように書かれているのだったら、三橋氏のブログの文章にはなりませんよね。なんだか判決文を読む楽しみが薄れたというか・・・

 はっ!まさか厳密な定義がないから、俺が完全勝訴って言えば、完全勝訴なんだ!という俺様定義でしょうか!

 最近では『「構造改革」と「緊縮財政」を合わせて、グローバリズムと呼ぶことにします。』などと意味不明なことをつぶやいていらっしゃるようですし。昔の言葉の定義とデータを大事にしていた三橋氏はどこに行ってしまったのでしょうか。まさか1000万円も150万円も彼にとっては同じなのでしょうか。何とも悲しい限りです。

未来のための投資

 しかし、前回の記事に対して、延々ポエムを書いてる方がいらっしゃるのですが、大丈夫なんでしょうか?記事に対する感想や意見を言っていただくのは構わないんですが、どう考えても読んでらっしゃらないような。それとも読解力がなさすぎなんですかね。法律に関しても全くお勉強されてない方のようですし。このような過疎ブログのコメント欄に粘着するより、もっと有益なお勉強でもされた方が良いと思うのですがねえ。

 前回の記事で私が言いたかったことは

 この判決で三橋完全勝訴とか名誉毀損の裁判で敗訴になるということは嘘をついたということだなどと言っている人はバ〇ですか

ってことなんですけどねえ。一応面倒くさいから付け足しときますが、私、一度も誰が勝ったとか負けたとか書いてないんですけど。こんなことまで書かなくてはならないとは、つくづく読解力のない人を相手にするのは面倒くさいです。全く困ったものですね。



プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR