本田悦郎内閣官房参与が大使に!そして藤井聡参与は・・・

 この年も押し迫ってきたころにこんなニュースが飛び込んできました。

本田参与、大使転出へ=首相の経済アドバイザー

 本田悦郎内閣官房参与と言えば、浜田宏一内閣官房参与と共に総理の信頼する経済ブレーンであり、去年、「総理と刺し違えても『消費税10%』は阻止します」と10%への増税阻止に奮闘された方です。未だに消費の伸び悩む中、本来ならば10月には増税が行われていたことを思うと、本当に本田参与の功績は大きいと思われます。

財務省の言うことを聞いていたらこの国はなくなる!本田悦朗内閣官房参与が再増税阻止へ必死の叫び!

 今年行われるはずだった消費増税10%の延期が解散総選挙のおかげだったと思っている方も多いようですが、私はこの本田参与の活躍があったからだと思っています。本田参与のおかげで増税の害や、増税しなくても財政破綻したり国債が暴落したりすることはないという認識が広まりました。その後、解散風が吹いて、民主党を含む野党が増税反対に意見を変えた時点で、解散せずに増税延期を決めればよかったのですから。

 本田参与は、つい最近も、増税は延期すべきだとの声をあげておられました。

アベノミクス3年間の評価、キーマン2人に聞く 「追加緩和は来夏ごろ、消費増税再延期を」本田内閣官房参与

 現在、軽減税率などを含め、日本にとって重大な経済政策を決定すべく政府が動いています。それなのに、なぜこの時期に本田参与が大使として転出することになったのでしょうか?

 内閣官房参与と言えば、もう一名、私がこのブログで何度も取り上げている、藤井聡内閣官房参与がいます。

日本の独立と自由を守る最後の砦 チャンネル桜とは ~藤井聡と愉快な仲間たち


そこまで来たか!藤井聡 内閣官房参与として共産党との連携を主張!


藤井聡氏、赤旗掲載の件。ご本人から直々にご紹介いただきました!!


大阪W選挙自民惨敗! 戦犯は誰だ!


まだまだ続く!藤井聡 京都大学のメールアドレスで政治活動!


藤井聡内閣官房参与様の輝ける実績

・なぜかアベノミクスと親和性の高いリフレ派の経済学者(浜田宏一内閣官房参与を含む)を不思議なグラフなどを使って批判。

・政府の意向に反して、共産党と共闘して大阪都構想反対運動を展開。

・レギュラー出演している番組で、番組のフリップなどを変えさせて、自民党に有利になるように仕向け、BPOに申し立てられる。

・内閣官房参与でありながら赤旗で共産党との連携を呼びかけ、関西版SEALDs(SADL)の番組に登場、おおさか維新(主に橋下氏)を徹底的に批判。結果、大阪W選、自民推薦候補惨敗。

・橋下維新の不祥事を学生を使ってまとめさせる。さらに京都大学のメールアドレスを使って追加募集する(さすがにまずいと思ったのか、理由の説明なしにアドレス削除)。

 こんな素晴らしい実績を持つ藤井聡内閣官房参与様ですが、現在どうなっているかと言うと、なぜか安倍内閣の経済政策のブレーンなどと言われて大活躍です。

深層NEWS▽藤井聡が伝説のディーラー藤巻健史議員(おおさか維新の会)と白熱バトル!安倍総理GDP600兆円は実現するのか 最新2015/12/05


 一体これはどういうことでしょうか。やはり安倍首相の力が弱まって二階俊博氏の力が強まっているということでしょうか。

  藤井聡氏と二階俊博氏の関係の深さは常々言われていて、ここで須田慎一郎氏も語っています。

【須田慎一郎】藤井聡が橋下徹に噛みつく理由を暴露


 しかし、ここで語られている通り、W選では大失敗したにも関わらず、二階氏の強さは、最近の軽減税率をめぐるドタバタの中でこれでもかと言うくらい示されています。

軽減税率 谷垣氏、埋まる外堀 官邸、参院選にらみ押し切る

(記事より引用)

「ねじ伏せますから」

 二階氏は9日午後、公明党幹部に電話で、こう告げた。ねじ伏せる相手とは、谷垣氏だ。28年度与党税制改正大綱の取りまとめを翌日に控えても、いっこうに軟化しない谷垣氏を説得できる自信があることを伝えたのだった。

二階氏は今月1日に公明党の漆原良夫中央幹事会長、太田昭宏前国土交通相と会談。そこで衆院選で公約に掲げた軽減税率を広範囲に導入しなければ、「嘘つきと毎日言われる」と漆原氏らがこぼし、連立離脱をにじませた。谷垣氏に同調していた二階氏も危機感を大きく募らせたようだ。

(中略)

 二階氏は9日、軽減税率の対象品目拡大について、自分に言い聞かせるように周囲に漏らした。

 「公明党に選挙で協力してくれということだ」

(引用終わり)


 タイトルは官邸となっていますが、これでもかとばかりに二階氏の強さが語られています。

 二階氏がどういう人物かと言うと、親中派であることは有名ですが、まだデフレ脱却していない段階で金融緩和の出口戦略について語る、つまりアベノミクスを潰そうとしている人物でもあり、消費税増税に関しても推進派です。

【自民党】二階俊博の反日売国発言 【媚中派】

 この一連の動きを皆さまはどう思いますか。軽減税率のゴタゴタを見て「消費増税が見送られる可能性が高まった」とか「参議院選挙時に衆参ダブルで増税延期」などと言う方がいますが、本当にそうでしょうか。とてもではありませんがそのような楽観論を言う気にはなれません。私は、10%への消費増税はなんとしても阻止しなければならないと思っています。この増税が既定路線になっている中、どうしたら阻止できるのか。真剣に考えて行動しなければならないと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

チャンネル桜水島社長、東京地検特捜部に田母神氏を告発!今後の展開は


 【告発】田母神事務所政治資金横領事件、本日東京地検特捜部に受理さる[桜H27/12/25]

 ちなみにこれ、youtubeの方は【不正は許さず】本日、田母神俊雄他、本日東京地検特捜部に告発!政治資金横領事件[桜H27/12/25]とUPされてから数時間後にタイトルが変更されています。本当は提出した告発状を受け取ってもらっただけで、「受理」はまだされていないのだと思われます。告訴状が「受理」されてから捜査が行われることになりますので、今の段階で本当に捜査されるのかはわからないわけです。

 しかし、この経緯を説明する水島氏の言葉を聞いて、原告団として加わった人はどう思うのでしょうか。

 関係書類、通帳その他を一切今まで見せてもらっていないと言っているにもかかわらず、桜の放送から記者会見を行い、政治資金収支報告書を提出するまでに、領収書などをいろいろ誤魔化したのではないかと思っている、それでも使途不明金が5052万円もあった、事務長の島本氏、会計責任者の鈴木氏、そして田母神氏が毎週、毎週、選挙中も選挙後も50万、100万のお金を領収書無し目的も告げないまま取り出して、私的な流用をしたと言ってます。書類も通帳も見ていないましてや、現在「田母神としおの会」とは関わっていないにも関わらず、これを検察に告発できるほどの証拠をどうやって水島社長は得たのでしょうか。やはり都知事選に関わった方たちの証言が証拠とでもいうのでしょうか。政治資金収支報告書の領収書の誤魔化しに関しては、本人の発言通り想像なのでしょうし

 そして買収疑惑に関しても話が出ています。この買収疑惑も今回の水島氏の口ぶりからして告発したのだと思われますが、現在でも政界入りを考えている田母神氏からすればこれは絶対に看過できないことです。本当に確たる証拠があって、この件に関して告発を行ったのでしょうか。

 何か事件があった時に、告発や告訴をする権利は誰にでもあります。しかし、原告に加わった方たちは虚偽告訴の罪という物があることをご存じなのでしょうか。

刑法第172条 人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

 今回の件で、原告団の方たちは田母神氏側から逆に訴えられる可能性もありますが、大丈夫なのでしょうか。「誰々が島本氏からお金を払うと言われたと聞いている」とか「ランク付けをしてお金を配る相談をしていたらしい」と言うのはどう考えても証拠にはなりませんよ(有斐閣「判例六法」平成26年度版より 虚偽告発罪が成立するためには、申告者が申告事実の虚偽であることにつき確定的な認識を要せず、未必的な認識があれば足りるから、「公務員某が賄賂を収受したそうだがはっきり分からない」と知人の話を聞き、その真偽を調査しないまま告発した時は、本罪が成立する)

 「刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的」などではない、と言うのも通用しないでしょうね(こちらも「判例六法」より 本条の「目的」とは、他人が刑事等の処分を受けることがあるであろうという認識があれば足り、その処分を希望する意思は必要でない・・)。信頼できる有能な弁護士さんもついているのでしょうし、そのくらいのことの説明は受けた上での告発だとは思いますが、不正は許せないとの義憤に駆られて水島社長に協力したけれども、思いもよらず自分が犯罪者になってしまったということになれば目も当てられませんからね。

 最後の提出に行く場面ですが、原告の一人でもある軍事ジャーナリストの鍛冶俊樹氏が同行しています。こういったものの提出の時は普通弁護士が同行するものではないでしょうか。もう二人、女性と杖をついた男性が同行していますが、そのうちのどちらかが弁護士なのでしょうか?見てみたかったのになあ、6月には告訴状(この時は告訴と言っていた)が準備完了していたのに実際に告発するまで半年もかかる有能な弁護士さんを。

 この件に関して私は受理されないのではないかと思っていますが、先ほど申し上げた虚偽告訴の罪に関しては、受理、不受理は関係ありません。しかし、どのような告発状なのか是非拝見したいですね。水島社長は田母神氏に対して、鈴木氏を告訴した際の告訴状を公開せよと言っていましたので、こちらの告発状に関してはホームページ上で公開していただけるものと思います。じっくり検証したいので楽しみに待ちたいと思います。

続きを読む

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

ついにチャンネル桜の水島社長が告発!田母神俊雄氏絶体絶命か?!

 
 最初に告訴するとの言葉から早9か月。一部では「やるやる詐欺」と揶揄されながら、ついにこの日がやってきました!!

【告発】田母神事務所政治資金横領事件~明日、東京地検特捜部に告発[桜H27/12/24]


 以前の放送では「横領、買収、侮辱、名誉毀損、信用毀損刑事告訴」と言っていましたが、番組を見ている限りでは横領疑惑での告発のようですね。ちなみに散々「告訴」と言っていましたが、自分たちが告訴出来ないことがわかったようですね(笑)。この件で告訴できるのはお金を横領された田母神氏です。ちなみに買収でも告訴は出来ませんし、名誉毀損を刑事告訴するには時効が過ぎています。

 番組を見て、あれっと思ったのですが、この時は10万字を超えるというぶ厚い告訴状を見せていましたが、ずいぶんと薄っぺらくなってますね。

【桜特捜班】田母神事務所政治資金横領事件、告訴状の準備完了[桜H27/6/29]



 悪事の数々が非常に細かく、ディテール豊かに全部書いてあると前田有一氏も言っていたのに、こんなに少なくなって本当に横領が証明できるのでしょうか。それとも今回見せたのは表紙部分だけなのでしょうか。それにしてはホッチキスで止めてあるようですし。

 しかし水島社長を含め28名の原告団、この方たちは選挙対策本部で田母神氏の悪事を目の当たりにしていたそうです。はて?水島社長はあの選挙をもっともクリーンな選挙だと自慢していたはずなのですが、スタッフはそのことについて何も相談しなかったのでしょうか。原告団に加わったのが28人ならもっとたくさんの人がいろんなことを見聞きしていると思うのですが、水島社長は皆さんに信頼されているのですねえ(棒)。しかもそれほどの多くのスタッフに周知されてることがいかに対外的なことを中心に動く選対本部長とはいえ、全く気付いていなかったというのはどれだけ監督不行き届きなのかと。それと以前は横領が行われていたのは選挙後と言っていたはずですが、選挙期間中に行われていたのなら、水島氏の責任は逃れられないと思うのですが。

 本当に突っ込みどころの多い動画です。関係書類や通帳を見せなかったと言っていますが、WILLの花田編集長の番組で通帳を見せるから田母神氏と共演しろと言ったときになぜ出演しなかったのでしょうか。そこで見せてもらってコピーを取らせてもらうなりなんなり出来たと思うのですが。少なくともここで言っている島本氏と田母神氏がしょっちゅう50万程の現金を下ろさせていたという話が本当ならそれも確認できるでしょうし、選挙が終わった後の選挙資金の残高のお互いの言い分の食い違いなども確認できるでしょうに。

 そしてなんと関係者の証言が物理的な証拠だそうですよ!関係者が「田母神さんがお金を使い込んだ!」と証言したらそれが証拠になるなどと正気で言っているのでしょうか。当たり前ですが、通帳で下した現金がどのように使われたのかの証明をどうやってするというのでしょうか。通帳も関係書類も水島氏は見ていないと言っていますし。そもそもその状況で横領疑惑の告発が出来ること自体が不思議でならないです。

 そして会計責任者の鈴木氏の言葉ということで音声が流れます。プライバシーの問題があるから音声を変えてあるというのですが、これ鈴木氏なんですよね?なんで音声を変える必要があるのでしょうか。告発されている人物の言葉が証拠と言うのもまた不思議な気がします。200万円のスーツを田母神さんが買ったという話ですが、政治資金の中から出したということを関係書類なしにどうやって確認するのでしょうか。選挙期間中だから服はNGかも、と言っていますが、明るい色の服にした方がいいといって葛城さんが一緒に選んだと言っていましたよね。(1時間49分ごろ)。

【アーカイブ】2014年東京都知事選挙開票特番[桜H26/2/11]


 この件の水島社長の発言で気になるのが、5万以上の支出は報告するように言ってあったが全然報告されていなかった、一部しか(7:40~)。なんだか日本語として変で気になりますが、以前の放送ではこう言ってますよね。

【水島総】田母神俊雄事務所の政治資金横領事件、記者会見の嘘を暴く[桜H27/2/19]



23分58秒くらいからですが
 明るいイメージにする為コート、ネクタイをデパートで買ってもらった。請求書が来たら百数十万だった。ブランドネクタイ7本、スーツなどで、数十万ならしょうないが、会計責任者がその時は「これ駄目だよ」と言った、ということでした。

 水島氏はこの会計責任者がこれはダメだと言ったのをいつどこで聞いたのでしょうか。これを知っているということはお金に関する報告を受けていたということではないのですか。これが水島氏のボソッと付け加えた一部なんですかね。しかもここで突っぱねているということはお金はどこから支払われたのでしょうか。それが選挙資金からだという証明はどうやって出来るのでしょうか。

 最後はお得意の「日本人じゃないじゃないか!」「まるで中共や朝鮮半島の人たちのね。政治家を見るような思いが私はしております。」と言う罵倒。私はこういった発言は日本人として恥ずかしいと思っています。日本人なら絶対に不正なことはしないというわけではないですからね。

 一番面白かったのは、自分は会計とは関わっていない。対外的な仕事をしていたのだと強調したかったのでしょうが、選挙対策本部長の仕事を説明しようとしてこういったことです。

 選挙対策本部長と言うのは、もちろん選挙対策本部長です。

 ・・・苦笑するしかありませんw

 そして翌12月25日、東京地検特捜部に水島社長は告発するのですが、長くなりましたので続きはまた別に書きたいと思います。

続きを読む

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

すめらみこといやさか!ブログ開設二周年!


 細々と更新しております。皆様のおかげでこのブログも二周年を迎えることが出来ました。

 1周年の時はブログを始めることにしたきっかけについて語りました。

ブログ開設1年! すめらみこといやさか!


 今回はなぜブログと言う手段だったかについて、一つきっかけになったエピソードを書こうと思います。

 2年前の10月1日。消費税が8%になることを安倍首相が決定して記者会見を行いました。まずは経済と安倍首相は言っていたのに、景気が悪くなることがわかりきっている増税を決断してしまった。そのことに立ち上がれないほどの絶望を感じました。私はその頃、首相官邸にメールを送る程度のささやかな増税反対運動にしかかかわっていませんでしたが、あの時の心臓が冷たくなるような感覚は忘れることが出来ません。

 そうは言ってもただ打ちひしがれているだけではどうにもなりません。前に進むために自分の出来ることは何か。その時ある人が言ったのです。個々人で一芸を磨き、それを集合させてこそ日本は再生できるのではないかと。

 一芸と言っても、賢くもなく、お金持ちでもなく、人と接することも苦手で行動的でもない。そんな自分に何があるのだろうと。私の好きなことは本を読むこと。読書感想文は苦手だったけど、それでも自分の学んだことを一人の人にでも伝えることが出来れば何かが変わるのではないか。今までひたすらインプットだけを行っていましたが、アウトプットする方向にも動こうという気持ちもあり、ブログを始めよう思いました。それは倉山先生に教わった「感動、伝達、参加」にも通ずることでした。

 何しろ何もやってこなかったので、どうすればブログを開設できるかを調べるところから始め、この日と決めて天長節に最初の記事を投稿しました。

「ジャパニズム」16号感想

 つたない記事ですが、今はちょっとは進歩したのかな?世の中を動かすための集合体の一部、その一粒の砂くらいのことは出来ているのでしょうか。

 忙しい毎日を送っていますが、日々学ぶことがあり、伝えたいことがある。紹介したい本もたまってきていて少々焦っていますが、少しずつでも更新していきたいと思います。ここを訪れてくださる皆様のおかげで続けることが出来ました。本当にありがとうございます!




プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR