コメント設定変更のお知らせ


 これまで全てのコメントをそのまま掲載する形にしていましたが、この度承認制にすることにしました。私のつたない文章を読んでいただいた上にコメントまで書いて下さる。以前は出来る限りコメントに返信していたのですが、最近返信に値しないコメントが増えてしまいました。

 何故返信に値しないかと言うと、まともにブログを読んでいない、あるいはこちらのブログを読む読解力がない、ブログ主や倉山先生を叩きたいだけ。そんな人達に自己表現の場を与えるために、自分のブログのコメント欄を解放することも無いかと思った次第です。

 そうは言っても直前のブログのコメント欄の突込みどころの多い人には返信しておきましょうか。もう、このようなコメントがここでさらされることは無くなるのですからw

>控訴審は確定してるし、上告しないかどうかは確定していないってこいつ正気か
あるいは日本語が読めないのか
教祖が沈黙を守り、信者が勝手に盛り上がってるのが実に滑稽
2016-04-07(08:30)


 そっくりそのまま返してあげますw

 読解力に問題があります。時系列が理解できないのかもしれませんね。私が問題にしているのは、三橋さんが3月23日にブログで勝利宣言をしたことです。判決が確定したのはいつでしたか?三橋さんが自慢げに判決確定書をブログにUPしていますよね。4月4日です。まだ上告されるかもしれないのに、ブログで勝利宣言する。一審の後のあの「完全勝訴宣言」が控訴審に影響を与えたことはかしわもちさんによってばらされていましたが、これで倉山先生が上告していたらこのことは、確実に裁判官の三橋氏に対する心証を悪くしたでしょうねw ではなぜ三橋氏は勝利宣言できたのでしょうか?倉山先生が上告しないと思ったからですよね。だって勝ったのは倉山先生ですから。

 そして「教組が沈黙を守り」って、4月6日に倉山先生勝利宣言してるでしょうが。倉山満の砦を読まずに私のブログに来ているのでしょうか。それはそれで光栄ですがなんともまあ。私に信者と言っても何一つ効果がないですよ。狂信者と言われてもだからどーしたです。信者じゃないですけどね。それ倉山先生に失礼ですし。「倉山の犬」と言われたこともありますが、だから何?私を知ってる人なら「犬?猫でしょ」と笑うところですw 

出版社に抜けがけされたくせに
強弁しないと死ぬ病にでも罹ってるのかな
2016-04-07(10:15)

・イーストプレス社の謝罪
・倉山氏は150万円の賠償
・民事訴訟法62条による費用負担。
※61条なら敗訴当事者が全額負担

倉山先生の圧勝ですねw

和解の席に倉山先生の代理人が来なかったの知ってます?

ほんとうに楽しいですね(((o(*゚∀゚*)o)))

2016-04-07(20:06)


 へー、抜け駆けされたほうが悪いんですね。騙された人物の方が騙した人物より悪いと。勝手に控訴したのに勝手に和解する出版社の方が正しいのですね。

 で、次の人。イースト・プレスの勝手にやったことなんて知ったこっちゃないでしょ。なんで勝手に和解した席に倉山先生の代理人が行く必要があるんですか。

 イースト・プレス、これからどうするのでしょうね。この出版社で本を出しても著者を守らないと言うことが露呈してしまいました。著者との信頼関係を全く築くことのできない出版社。、ちょっとした毒舌で、これから名誉毀損で訴えられるかとびくびくしながら仕事をするのでしょうか。これで真の言論活動など出来るのでしょうか。イースト・プレス社に幸あれ!


>訴訟費用の割合が、民事訴訟の勝敗をはかる物差しになる

こうやって謎の論理で結束を保持しようとするあたり、パヨクそっくり
2016-04-07(10:03)

なんで賠償金命令出てるのに勝利とかアホらしいこと言ってんだかw
2016-04-07(21:35)


 はいはい、くやしいねえ。
 前にもブログで書きましたが、今回の件はどちらにとっても一部勝訴、一部敗訴です。少なくとも三橋さんの「完全勝訴」ではありえません。それで、この人は何を持って勝敗の基準にしたいのでしょうか?民事訴訟は原告の言い分がどれだけ認められたかですよ。まさか賠償金を1円でもとったら勝ちなんですかw

・イーストプレス社の謝罪
・倉山氏は150万円の賠償
・民事訴訟法62条による費用負担。
※61条なら敗訴当事者が全額負担

よくわからんが
裁判では、三橋氏に対する倉山氏の書いた事実は虚偽と認められる。
賠償金は確定。
出版社は謝罪済み。
中立からしたら、三橋7:3くらいの勝ちで倉山氏の負けに見えるが?

単に、倉山氏は自分が謝罪しなければ、自分の勝ちと言っているようにしか聞こえないが?
賠償の意味を理解しているか?小学生でもわかるけど?
ちなみに私は三橋氏、倉山氏、どちらのファンでもありません。
2016-04-07(23:02)


 判決文読みましたか?「倉山氏の書いた事実は虚偽と認められる」どこにそんな記載があるのでしょうか。どんなに相手がひどいこと言う人間(例えばポチとか韓国人とか言う人)だからと言って、その人の悪口言ってもいいわけじゃないのよ、みたいな記載はありましたが。

 「中立からしたら、三橋7:3くらいの勝ちで倉山氏の負けに見えるが?」って、7:3の根拠をお願いします。

控訴上告する権利が倉山自身にあったって倉山本人が自白してる時点で推して知るべし

痛い目に遭ったからたぶん今後三橋に関わることはないだろうけど
他の人相手に似たような名誉毀損を繰り返すことだろう

反省の色がないし

まあ、相手にしてくれる出版社がいればの話だけど

幸い、塾生の一部にはこんな程度の説明でも納得してもらえてるようなので
残党で出版社でも設立したほうが早いかもね
2016-04-08(10:17)

 これ、後のコメでも書いてくれてる方がいますが、判決に不服があれば原告でも被告でも出来るのですよ。裁判のことがわかってないのがまるわかりですね。

 それと今回の件で出版社の方が思い知ることになると思いますよ。著者を守れない会社だと自ら暴露したのと同じですから。

いちいち拡大赤字で自分に言い聞かせるような書き方になってるのが実に面白い

そんなに面白いネタを供給してくれるというなら
変わらずそのままネタにし続ければ良いだけじゃないか 馬鹿馬鹿しい
2016-04-09(00:08)

 自分に言い聞かせるって意味不明です。それにもう三橋さんは言論人じゃないことが判明したので。このブログ書いた後「僕が言っても皆信じないから、弁護士さんに言い訳してもらうもん」って謎の文書出したじゃないですか。どれほど批判されようと自分の言論の正しさは読者が判断すると言っている倉山先生との差。比べたら失礼ですね。

言論には言論でって言ってるやついるけど、そもそも
三橋は麻生の犬である。その証拠を裁判の場でこれでもかというくらい出してあげますよ
と言っていたにも関わらず何も出さなかったやつに、言論で正当性を主張したところで、まともな反論も出さず、勝手に勝利宣言して終わりになる事が目に見えてるんだから時間の無駄でしょ。

必死に擁護の理屈考えている暇があるなら、もっと生産的な事に時間を費やした方が世の中の為ですよ
2016-04-10(08:43)


 裁判の場って傍聴したのですか。判決文を読んだのですか。なんで出さなかったと言えるのでしょうか。まともな反論も出さずに勝利宣言をしたのはどちらでしょうか。あのタイミングで「完全勝訴」とかねwww

 もっと生産的な事、そっくり返して差し上げますよ。こんな過疎ブログのコメント欄に書き込むよりもっと生産的なことをなさってください。

 とここまで書いてきてなんだかめんどくさくなってきました。バカなコメントにまともに返すことほど非生産的なことはないですね。

 そこで、まとめてこの辺のコメントを取り上げましょうか。

圧勝なのに裁判官や出版社への恨み節を忘れない倉山先生マジパネェっす
まあ強制執行前にとっとと自発的に支払った方が良いんじゃないですか。精神衛生上
2016-04-10(12:54)

祝いましょう。倉山先生の圧勝を
編集担当者→謝罪無し無賠償
イーストプレス社→謝罪掲載
倉山先生→150万円賠償

13日過ぎたら
三橋は圧勝した倉山先生に強制執行するつもりらしい。圧笑ですねw

勝ったのは倉山先生ですよ。喜びなさい。

イーストプレス社は謝罪掲載+無賠償。
勝ったのはどちらか
皆さんの判断に委ねます。
2016-04-10(14:50)

圧勝だと主張してるってことは、不当判決だなんだかんだと喚く余地がないってことだよな?
判決に納得してるってことでしょ


なら、さっさと150万円払って終わりにすりゃいいだけじゃん

150万円の話も、編集・出版社・著者それぞれが払うわけじゃなくて150万円という額をそれぞれが分担して払う判決だったのが第一審でしょ

それが、控訴審判決にて著者一人で負うことになっただけの話だからねえ
2016-04-10(17:13)

敗訴した側が裁判結果に従わないと
勝訴した側により強制執行申立

150万円払わない→強制執行

150万円支払→強制執行阻止!→再び圧勝!
とかネタやりそうw
2016-04-10(18:29)

あとはたった150万ぽっちを払えばそれで良いんだから、さっさと済ませば良いのにね
2016-04-10(22:08)

165万円振込完了→強制執行阻止再び圧勝
口座番号は先週の水曜日に通知してたみたい。

それを「知らなかった」かしわもちさん。

165万円-訴訟費用59231円-着手金59万円-報酬金32万円

皆さんの判断に委ねます。
2016-04-13(12:22)

かしわもち氏?

通知されていないのに165万円振込みの事実

通知はあったのかなかったのか?

さて、問題
・通知は無い。
・165万円の振込みはあった。

これはどういうことだ?
2016-04-13(17:48
)

 この辺の経緯、「倉山満の砦」でかしわもちさんにばらされてましたねえ。倉山は払わないつもりか!強制執行ガーって言ってた人、大丈夫ですか?上告しないと言うことは判決を受け入れると言うことなんですよ。経済芸人の三橋さんと、大学で憲法を教えていた倉山先生。どちらがそのことを知っているのでしょうか。それどころか、軽く法律を学んだ人ならそのくらいのことは知ってますよ。って言うか一般人でも常識?。そして払ったら払ったでいろいろ言っているようですが、最後のこの人の言ったこと

>通知はあったのかなかったのか?

 かしわもちさんからの暴露があるのかと思ってましたが、いまだにありませんね(4月16日午後現在)。こんな面白いネタを隠すとはかしわもちさんも人が悪いw さすがにこれをばらしたらかわいそうだと思ったのでしょうか。それともとっておきのネタはいざと言うときに取っておくべきだと判断したのでしょうかね。

 さーてこれで三橋さんとは本当にさよならしたいところです。

 山賊さんに関しては、反映してもいいと思えるような面白いコメントなら反映しますよ。面白い投稿待ってマース!私もいつもあなた方が倉山先生や私にないことないことないことをいろんなところで書いていることを生温かーく見守ってますからねw

スポンサーサイト

祝!!倉山満先生、三橋貴明こと中村貴司との裁判圧勝ww


 『増税と政局』こちらの書籍が発売されて、もうすぐ2年になるのですね。いやあ、民事裁判と言うのは本当に長くかかるものですね。

 私がこの本の感想をブログにUPした次の日、三橋さんが倉山先生に内容証明を送ったのですよね。三橋氏はそれを「祭りになる」と呟いていた(該当ツイートは削除されている模様)のですが、そのブログの内容がRSSに残っていて公開される前に読めてしまい、大爆笑したのを懐かしく思い出します。

 一審で三橋さんが「完全勝訴」などと噴飯物の発言をしたのは記憶に新しいですが、そちらに関しては当ブログをお読みくださいw

増税と政局後日談~名誉毀損裁判の行方 三橋全面勝訴は事実か?

増税と政局後日談~名誉毀損裁判の行方 皆様へのお詫び でも完全勝訴って何?

 さて、今回の控訴審、まずは三橋さんの言い分を聞いてみましょうかw

【緊急更新】倉山満氏とイースト・プレス社との控訴審についてご報告

ブログより引用

1.一審で認められた、ホームページへの謝罪広告は認められず。
2.慰謝料は一審と同じく150万円を倉山氏が三橋に支払う。(一審と同じで増額も減額もなし)

引用終わり


 随分請求と後退してませんか?こちらのブログだけでは三橋さんの控訴審での請求が定かではないので何とも言いようがないのですが、謝罪が認められなかったのに、それでなんで勝ったかのような言い分なのでしょう。「吃驚してしまうほど高額な慰謝料」って三橋さんの目的はお金だったのでしょうか。

 そこで問題を多面的に見るために、もう一方の当事者。倉山先生のブログを参照してみましょうw

ご報告:三橋貴明こと中村貴司君との裁判に圧勝しました

 おやおやーww 三橋さんは前回の一審の時と同様、ずいぶんとまるで反日マスゴミのような「報道しない自由」を行使しているようですね。

平成28年3月
 控訴審判決(確定)。

一、勝敗
 訴訟費用を8対2で原告が負担せよ。
 一審では10対3でしたので、さらに広がりました。圧勝です。

二、謝罪広告
 全面棄却。
 謝罪広告の有無は、最大の争点でしたので、完勝です。


 訴訟費用の割合が、民事訴訟の勝敗をはかる物差しになることは、前にあげたブログにも書いたとことですが、あれあれ?控訴審の判決で三橋さんへの割合が増えているじゃないですかw

 それで謝罪広告は無しなんですか!ブログでも謝罪しなくてもいいって、じゃあ、なんのために三橋氏は訴訟を起こしたのでしょうか?それでも勝ちってやっぱりお金が目的?

三、三橋が批判された4カ所の文章について
 4か所中3か所は、一審通り。
 ただし、『真冬の向日葵』はフィクションであり、違法性は認めない。


 これ、要は「麻生のイヌ」「御用評論家」「卑怯者」って言って、三橋さんのこと傷つけたよね?って言うことですよね。

 ここで面白いことが前にも書かれていましたよね。

倉山満の砦より引用

三橋君も含めた「水島ら」への批評部分は大幅に割愛かつ表現も穏当に留めました。穏当の基準ですが、今回の裁判での表現に従えば、「原告(三橋)が日ごろ使用しているよりも穏健な表現」です。

引用終わり


 三橋さんがこの件で訴えてきたとき、毒舌な彼がこの程度のことで訴訟を起こすことは自らの言論を狭めることになってしまうだろうになあと思いました。

 何しろ彼のブログのタイトルだけ見てもこの通りです。

財務省のポチたち

経団連のポチさん

【三橋貴明】三木谷会長のポチですか

自民党はいつから三木谷会長のポチになったのか!

 犬はダメでもポチなら良いのでしょうか?

 悪口を言われたら、一般人でも韓国人よばわりします!(ヘイトスピーチ?)

【東京都知事選挙】三橋貴明より、デマと口撃に淫する人達へ[桜H26/2/12]


 そしてタイトルもですが内容に関してもこれ(あっ!中野君もいるw)

売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体 – 2012/2/29
三橋貴明 (著), 中野剛志 (著)



 こちらで売国奴と名指しされた人たちは訴えたら賠償金が取れたということですね。
 
 そして『真冬の向日葵』はフィクション!これには笑わせていただきました。こちらの作品に関しても、以前取り上げたことがあります。

ケーススタディー 三橋貴明「真冬の向日葵」を検証して名誉毀損について考える

 この作品が裁判の争点となったのは、三橋氏の内容証明でこのように書かれていたからです。

(4)294ページの以下の記載
ア 『経済評論家の三橋貴明など、よく名誉毀損の訴訟を起こされないものです。』
イ 上記記載は、一般読者をして、三橋が何ら証拠のない話をしばしば論じていると印象付け、三橋の名誉を毀損します

 自分で訴えておきながら『真冬の向日葵』はフィクション!ブログでも「現実の記憶」と書いていたじゃないですか。これは私ではなく支持者の方達こそ怒るべきところですよね?

 この作品の登場人物、中井昭二のモデルとなった中川昭一氏の夫人を迎えて、北海道で出版記念イベントまでやったのに。

【三橋経済塾】イベントをやります

 私の知り合いの、元三橋経済塾生さん達は昔はこちらの作品をノンフィクションだと思っていたそうです。何しろご本人がそう言っていたのですからね。

 「ほとんどノンフィクション。ここに書かれていることはほぼ事実ですね。創作はないんです。創作した部分はない。登場人物もほぼリアル」
 「感想聞くと面白い小説だったと言う。すごくバカにしてる」


 こちらの音源、オーディオブックで残っているそうなので、お持ちの方は確認してみてください。しかし、あきれた話です。共著者でもある奥様が、文庫化を拒否するのもわかる気がします。

 ちなみにこのイベントの時は100人を超えていたそうですが、次に三橋氏が帯広に来たとき公職選挙法にかかる疑いがあり、中川氏を呼ぶことが出来ず、かなり広い会場に20人集めることが出来なかったそうです。政治家の支持基盤ってすごいですねw

四、賠償金
 150万円払え(一審通り)。

 一審の判決と同じ。なぜか請求額を300万円にしたとありますね。何がしたかったのかよくわかりません。三橋氏は「吃驚してしまうほど高額な慰謝料」と言っていますが、倉山先生のあげているこちらのブログを見るとそうでもないようですね。三橋氏が有名人ならば。

名誉毀損の慰謝料の金額、政治家・芸能人を優遇・一般人を冷遇

 そして、大爆笑ポイントはこちらです。

五、水島総ら(他に藤井聡と中野剛志)の分も、この裁判で賠償金を上乗せしろ。
 当然、棄却。


 ・・・いったい何を言っているのでしょうか。内容を見るとさらに意味不明なようで。

倉山満の砦より引用

 何を言っているのかわからないけれど、原告三橋が附帯控訴状でこんなことを言ってきたのが事実だから仕方がない。
 原告三橋の附帯控訴状に合わせ、その立証趣旨で述べられていることを書く。

証拠その一 「水島総履歴書」
→水島氏は保守業界の重鎮である。
 証拠その二 「水島が倉山に送った内容証明」
→去年の内から倉山には謝れと警告しておいた。
 証拠その三 「内容証明通知書」
→届いているはずなのに、倉山からは返事が無い。
 証拠その四 「『増税と政局』の該当箇所」
  →水島、藤井、中野への違法行為も甚大である。本来ならば、三人とも裁判に訴えたいけど、忙しいのでこの裁判で賠償金を150万円上乗せしてくれ。

 重要な事なので、原文から引用します。
「水島、藤井、中野においては、単に業務繁忙のため附帯控訴人(被控訴人)のように本件同様の名誉棄損の訴訟を提起しないだけであって、時間さえ許せば、附帯被控訴人(控訴人)らを名誉棄損で訴求したいものと願っているものと容易に推認できる。」
「このように、附帯被控訴人(控訴人)らによる名誉棄損行為が、著しく違法性が高いことに鑑み、本件附帯控訴請求を認容すべきであると考える。」

引用終わり

 水島氏が保守業界の重鎮ということには私も倉山先生同様疑義がありますが、この内容証明のことは知らない方も多いかもしれません。2014年の7月に水島氏は「散々面倒見てやったのになんだ!『倉山満の砦』で謝れ!」といった内容証明を倉山先生に送っていたのです。以前、このことに言及した田中秀臣先生のイベントがyoutubeでUPされていたのですが、消されてしまったようですね。それにしても意味不明ですし、放っておいたからといってどうなるものでもなく、倉山先生が砦で謝罪することは無かったのですが。

 そして、こちらの附帯控訴ですが、確かに「忙しいから訴えられない。暇な三橋君についでに訴えてもらった」としか読めないですね。いやはやびっくりです。もともと水島氏に書籍を送ったのになぜか三橋氏が訴えてきた。その背景にこんなことがあるとは。

 今回の訴えの背景に水島氏がいるであろうことの証拠にこちらの控訴審の結果を突然三橋氏がブログで緊急更新したタイミングでもうかがえます。

 先にあげた三橋氏のブログは3月23日の午後です。この日に何が起こっていたか。

「Twitterのフォロワーが3000人も減った」〜田母神俊雄氏が釈明会見で水島総氏を厳しく批判2016年03月23日 14:29

 田母神俊雄氏の横領容疑の記者会見です。この会見が行われるまでは、水島氏側の取材によるものと思われる一方的な記事が流れるばかりでしたが、このことをきっかけに少々流れが変わってきました。しかもこの会見の後には田母神氏の支援者である諸橋氏が水島氏を痛烈に批判しています。その直後になぜ三橋氏はブログを緊急更新したのでしょうか?

 偶然?そんなはずはないでしょう。ブログにも書いてあるではないですか。

 倉山氏が上告するかどうかは、現時点では不明です。

 まだ判決が確定していないのに、それをブログで公開して勝利宣言するなど正気ですか?一審の時の「完全勝訴」の時も、「絶対弁護士に相談なしにやっているな」と思ったのですが、もし上告されていたら、この件は相当に裁判官の心証を悪くするでしょうに。まあこの時点で倉山先生に上告する利益はありませんので、上告されることはないと思っていたのでしょうね。だって勝ったのは倉山先生の方ですから。

 しかし、言論を自ら縛るような真似をしてしまった三橋さん。今度はtwitterで呟いていた一般の方を訴えるなどと言っているようですが、訴訟芸人として生きていくつもりでしょうか?あ、私に内容証明など送らないでくださいね。常時政治ブログランキングで1位を取り続けている三橋さんですし、ブログで反論していただければ簡単に名誉回復できますよね。

 この裁判が終わったことで、いくつか記事にさせて頂いた三橋さんに関しての記事をもう書くこともなさそうです。

 さようなら三橋さん。今までたくさんネタを提供していただきありがとうございました!

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

yumi

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR