田母神俊雄 『日本の敵』 感想


 田母神俊雄氏の5月22日の一審判決後初の著書!今後も続々出版予定だとか。講演の予定も多数のようで社会復帰に向けて着々と進んでらっしゃいますね。

 平成26年2月9日に行われた東京都知事選挙。そこで集まった1億3000万円の支援金。その10カ月後、衆議院選に出るときにはその金は1000万ほどしか残っていなかった。会計責任者が横領を自白、警察にも相談し調査している最中に、なぜか選対本部長であり、田母神氏の相談相手でもあった日本文化チャンネル桜の代表である水島社長が、自身の番組で平成27年2月17日に使途不明金疑惑を放送、田母神氏は記者会見を行うも、週刊文春でもその疑惑が記事になった。延々と続くチャンネル桜放送内での田母神氏への誹謗中傷。12月には水島社長は東京地検に田母神氏を告発。そして選挙後2年以上もたった平成28年3月7日に横領疑惑で東京地検特捜部の捜査が入り、4月14日に公職選挙法違反で田母神氏は逮捕。保釈請求するも169日にも及ぶ拘留。その長い拘留期間、田母神氏は心折れることなく、心身を鍛え、本を読み、思索し、その思いをノートにしたためた。そして、日本という素晴らしい祖国を守るため、もっと良い国にするため「日本の敵」と立ち向かうことを自分にあたえられた使命とした。

 ・敗戦利得者という存在

 「敗戦利得者」。田母神さんが一貫して戦ってきた敵とも言えます。皆さんご存知の通り、田母神さんは平成20年に最優秀賞を受賞した懸賞論文が政府見解と異なるということで航空幕僚長を更迭されました。「日本はいい国だ」という論文を書いたら、「何を言っている、日本は悪い国だというのが政府見解だ」ということで幕僚長をやめさせられてしまう。なぜこのような奇妙な事態になっているでしょうか。

 「敗戦利得者」という言葉を最初に提唱したのは上智大学名誉教授であった渡部昇一氏と言われています。GHQにより行われた公職追放、それによって戦後日本を担う中枢は赤く染められてしまいました。特にゆゆしき状態になったのは教育界と言えるでしょう。教育を乗っ取られるということは本当に恐ろしいことです。それによって子供だけではなく、親たちすらもコントロール下に置くことが出来るのですから。本書ではその「敗戦利得者」たる日教組や彼らにより刷り込まれた自虐史観に関して鋭く切り込んで行きます。

・田母神俊雄は親北派か?

 本書では「日本の敵」として第4章で「韓国と中国と北朝鮮」があげられています。ここでなぜ私が北朝鮮を取り上げたのか。田母神さんが保釈後、twitterで発信を始めたころから、度々チャンネル桜が田母神さんのツイートを取り上げて「田母神は親北派だ!」と言い、田母神事務所を巡る使途不明金疑惑に「外国勢力の匂いがする」悪宣伝をしているからです。確かに田母神さんのツイートを見ると一見、北朝鮮は日本にとって脅威ではないと取れるものもあります。それでは田母神さんの真意はどこにあるのでしょうか。

 北朝鮮は核実験も行っていると思われますし、最近では頻繁に日本に向けてミサイル発射実験を繰り返しています。そのような国が本当に脅威ではないのでしょうか。田母神さんは言います。「実際にミサイルを撃ち込んだり、核兵器を使ったりしたらどういうことになるかは、かの”若き首領様”である金正恩(1984~)が一番ご存知のはずである。北朝鮮は日本やアメリカによって潰されることになるだろう(p152)」と。北朝鮮には、我が国に大規模侵攻を行うほどの海軍力、空軍力はない、ましてやアメリカを敵に回して戦争など出来るはずがない。考えてみれば当たり前のことで、戦争をするには必ず「戦争目的」があり、相手側から既に攻撃や侵略を受けているという切羽詰まった事情がない限り、勝てない戦争などしないものです。北朝鮮は日本やアメリカを敵に回して戦争など出来ない、だからやたらと北朝鮮に対して脅威を煽るのは、本当の敵から目をそらすためにやっているのではないか、田母神さんはそう指摘しているにすぎません。この辺りがただ勇ましいことを言って受けを狙う言論人とは違う、元航空幕僚長の田母神さんらしいリアリズムだと思います。

 では、本当に北朝鮮は脅威ではないのか。田母神さんは、北朝鮮を安全保障上の「日本の敵」という認識を過剰に持つ必要はないが、未だ解決を見ない拉致問題の方が現実問題だと言います。クアラルンプール事件や、ダッカ事件での対応のまずさ。それが拉致事件を引き起こし、さらに日本政府や、左派政党、マスメディアが拉致事件そのものを隠蔽したために深刻になってしまったと。「日本の敵」は内部にも潜んでいることが良くわかります。ここで本書では第一章で語られている「偽装保守」について述べたいと思います。

・「偽装保守」とは

 マスメディアや教育界は左翼に席巻されていたと言えども、政治に関しては所謂55年体制と言われたころから、短い例外の期間を除き、自民党が与党として政権を担ってきました。自主憲法制定、日米安保堅持を謳う保守政党であるはずの自民党、しかしながら実際はどうだったのか。ここで具体例として若いころから右派として有名だった中曽根康弘元総理のことが語られています。彼の一声で始まり、続く竹下登総理が引き継いで1988年から始まった日米共同開発はまさに日本の国益を損ねるもので、田母神さんはその決定される過程をそのまま見てきたのだそうです。外からではなく、現場で見てきた人の言葉には重みがあります。当時の日本の技術が如何に素晴らしかったか、そしてそれに対してアメリカが何をやってきたのか、その結果日本はどうなってしまったのか。この他にも愛国を叫びながらも日本を危うくする偽装保守について書かれていますので、是非詳しくは手に取ってお読みください。

・田母神有罪の証拠のはずが実は…

 公職選挙法違反で逮捕・起訴されたた田母神さんの裁判。前作の『不徳を恥じるも私心なし』を読んだ時も感じた事ですが、何しろ2年以上前に起きたことを、何月何日に何があったのかを各自が思い出しながらの供述なので、非常にあいまいなものになっています。現在、判決文が公開されていないため、何が田母神さん有罪の証拠とされたのかが定かではないのですが、P234の記述で、田母神さんの元部下が報酬を受け取る以前、平成26年2月中に田母神さんが増額を指示したという供述があり、それが田母神さんが報酬配布を事前承認した証拠とされたとされたようです。しかしながら、その部下が田母神さん、水島社長と共に念法眞教に選挙後の御礼の挨拶に行き、電車の中で水島社長が「選挙資金の残金を『頑張れ日本』の口座に移してはどうか」と提案したのを聞いていたのが2月28日。事務局長が報酬配布の話をANAコンチネンタルホテル東京で田母神さんに初めてしたのがその数日後(元部下は少し離れた位置でそれを見ていた)。そうすると増額の話を2月にしたというのが時系列で考えるとおかしいことがわかります。そして、報酬の支払いに反対して事務局長に再検討を指示した点も、その再検討の結果を確認しなかったのが不自然、不合理とされたそうですが、田母神さんは「選対本部長と相談してくれ」と言った後、その報告を事務局長から受ける前に、元部下から報酬を受け取った御礼を言われたのです。報告待ちだったものが、事前に配られてしまった形なのに再確認しなかったのがおかしいというのも無理があるように思われます。

 このあやふやな関係者の記憶で進められた裁判の中で、日付の特定できるものもあります。それは事務局長と水島社長の会った日で2014年2月27日と3月19日です。この3月19日の会合、それに伴い会計責任者が田母神さんに3月20日に送ったメール、そのメールを見て田母神さんが「困惑した」。このメールの件でチャンネル桜内で水島社長は自分がお金を配ったことに関与していなかった証拠だ言わんばかりに大喜びしていました。これに関してですが、私には最終的に水島社長はお金を配ることには了承しなかった、しかしながらこれこそがお金に対する権限が水島社長にあったことの証拠だと思うのです。こちらは本の感想の範囲を越えるので別で詳しく記事にしたいと思います。

 上に述べた通り、こちらの本では使途不明金疑惑や先日まで行われていた裁判に関して、現在メディアで報道されている以上のことを具体的に知ることが出来ます。是非、前作の『不徳を恥じるも私心なし』と合わせて読むことをお勧めします。某ネット放送が如何に偏向したものだったのかがはっきりと知ることが出来ますので。彼らは、田母神さんの言い分が嘘で、後に裁判記録が公開されたら恥を書くことになると言っていますが、さて、嘘を言っているのはどちらでしょうか。







スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

倉山満 日本一やさしい天皇の講座 感想

 
 去年の8月8日、天皇陛下によるお言葉がありました。こちらは扶桑社から出された『保守の心得』『帝国憲法の真実』に続く保守シリーズ第三弾として予定されていたものが、今回のお言葉を受けて緊急出版することになったそうです。譲位に関する特例法案が先日衆議院を通過したばかりというまさに今読むべき本となっています。

 あの時の陛下のお言葉を受けて、陛下がどれほど国民を信頼しているのか、どれほど国民を思って日々祈り、務めてこられたのか。改めて胸の熱くなる思いがしたものです。このお言葉で陛下の御存在がどれほどありがたいものかを確認した方も多いのではないでしょうか。そして、改めて「天皇って何?」「皇室って何?」といった疑問を持ち、それを知るために何から学べばよいかわからず戸惑う方もいると思います。そういう方に是非この本を手に取っていただきたいと思います。

 「はじめに」で語られますが、この本は三つの疑問
 一、なぜ、天皇は必要なのか
 二、なぜ、皇室は一度も途切れることなく続いてきたのか
 三、そもそも天皇とは、そして皇室とはなんなのか

こちらの答えを出すことを試みて書かれたものです。決して倉山先生の意見を押し付けるものではありません。しかしながら、答えを出すには知っておかなければならないことがあります。皇室を論じるための大原則は「新儀は不吉。だから先例を探す」。世界最長の歴史を持つ日本、昨日と同じ明日が続くことが幸せといった価値観を持てるとても恵まれた国ですが、なぜそうなのかを知るには歴史を知ることが第一となります。古事記から連なる歴代天皇のエピソード。特に、武家の時代になってからは、一見武家社会に押しやられ、陰に隠れてしまったように見える歴代天皇が如何に知略を駆使し自らの権威を保ってきたか、そして時の権力者たちが自らの力を保持するために如何に天皇を利用して来たかが描かれます。歴代の天皇には無駄な公共事業をやめ、文化事業に励み次々と政治改革に取り組んだ嵯峨天皇、両統迭立の原因を作った後嵯峨天皇やその息子の後深草天皇、亀山天皇、そして南北朝の動乱の原因となった後醍醐天皇。名君もいれば世の中に混乱をもたらした天皇もいる。しかしながら、万世一系の皇室は公称2600年以上も続いている。なぜ誰も皇室を滅ぼさなかったのでしょうか、そして天皇になり替わる者がいなかったのでしょうか。倉山先生は著書の中で何度も「タマタマ」とそれを表現しています。いい加減なと思うかもしれませんが、そうではありません。何度もこの「タマタマ」が繰り返されるところが日本が日本である所以ではないでしょうか。読み進めて頂ければご理解いただけると思います。

 武家社会が終わり、明治に移ると、外国の植民地にされない、強い国になるための国づくりをするための改革「御一新」、後に「維新」が行われます。しかし先に述べた大原則「新儀は不吉」。新儀を嫌う朝廷で改革を進めるために新政府は「王政復古の大号令」を宣言します。新政府は「新儀」を神武創業の精神で乗り越えようと試みます。この時に行われた三つの新儀「一世一元の制」「皇室典範」「摂政」は現代にも大きく影響を及ぼしています。こちらに関しても、作られた背景やそれが持つ欠陥も含めて語られます。今回の御譲位の問題でもなぜ摂政が望ましくないのか、そしてにわかに浮上する女系天皇や女性天皇、女性宮家の話、そちらも先例に基づいて是か否かが語られます。特に皇室について語るには歴史を知ることが大事です。今、簡単に「女性尊重の時代だから女性天皇」と言う人は八方十代の女帝が未亡人か未婚だったことを分かって言っているのでしょうか。「そうしなければならないなど皇室典範にもどこの法律の条文にも書いてない!」というつもりでしょうか。条文で書かれていることが全てではない。あまりに当たり前なことは条文に書かないこと、条文に書かれていないことの中に非常に大切なことがあること、そして書かれていないからこそ簡単に変えられないということ。これは憲法や国際法の問題と同じことで、それについて日本の学校教育ではほぼ教わることがありません。倉山先生の様々な御著書では繰り返し書かれていることなのですが、当ブログでもいろいろ紹介しているので是非そちらも参照していただきたいと思います。

 激動の時代を越えて、日本は敗戦を経験し、憲法典を変えさせられるという悲劇に襲われました。「元首」から「象徴」へ。そのことで天皇という存在は変えられてしまったのでしょうか。もともと明治憲法下の天皇も普段は政治には関与しない立憲君主でした。ではなぜ今回の陛下のお言葉で「天皇が憲法や法律を変えさせようとするのは憲法違反だ!」などと言う人達が現れたのでしょうか。それは憲法を変えさせたGHQすら想定していなかった、「天皇はロボットだ」とする日本人がいたこと。そして、それが「法の番人」と呼ばれる内閣法制局にまで浸透してしまったからです。しかしながら今回のお言葉を受けて、多くの国民が「陛下がおっしゃることならば」とそのお気持ちを受け入れました。そしてそれに応じるかのように阪田雅裕元内閣法制局長官も「陛下のお気持ちに沿った法整備がなされるべき」であり、「今回のお言葉を理由に政府が法案を提出しても憲法上問題はない」とインタビューで答えています。

 敗戦後、これでもかと自虐教育を強いられてきた日本人ですが、一番大切な我が国の国体とも言うべき皇室と国民の絆は切れていなかった。それが陛下のお言葉で確認されたと思います。そして戦後の憲法学を乗っ取った宮澤俊儀の呪いも今打ち破られようとしています。今回の御譲位が実現すればそれは光格上皇以来の二百年に一度の出来事となります。その大きな歴史の中で改めて天皇とは何か、皇室とは何か、そして今回の御譲位について考えるために必読の本です。


 

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

田母神事務所使途不明金報道 水島社長の嘘を暴け!③ 告訴やるやる詐欺の結末 #チャンネル桜 #水島総 #田母神俊雄


 第三弾です。

 今回の投稿のタイトルを見て、「嘘じゃないだろ、ちゃんとやったじゃないか!」と仰る方もいると思います。「告訴じゃなくて告発だったとかそういう細かい日本語の揚げ足取りじゃないだろうな」と邪推する方もいるでしょう。しかしこの「告訴」「告発」の意味の違いと、ずっと「告訴」と言っていた水島社長が「告発」というようになったタイミングに私は意味があると思っています。

 田母神事務所の使途不明金疑惑が表に出たのは平成27年2月17日のチャンネル桜の放送でした。その2日後の2月19日に田母神さんが記者会見を行いました。その時に田母神さんは会計責任者による横領があったことを認めました。しかしながらその時は「かわいそうだ」という理由で名前を上げませんでした。そして、記者からの質問に答える形で、水島社長が余った選挙資金を頑張れ日本全国行動委員会の口座に移すように進めたが断ったという話が出たため、水島社長の怒りを買い、それから延々とチャンネル桜での攻撃を受けることとなりました。

 田母神さんは警察に相談し、会計責任者の鈴木氏とは金の返還などの話し合いをしていました。しかしながら水島社長は田母神さんや事務局長の島本氏も横領したと決めつけ、横領と公職選挙法違反で「告訴する!」と騒ぎ立てました。

【桜特捜班】いよいよ田母神俊雄氏らを告訴へ![桜H27/3/26]
【桜特捜班】驚くべき調査結果、刑事告訴は統一地方選後に[桜H27/4/23]
【桜特捜班】もはや刑事告訴は既定路線、面談実現とのバーターに非ず[桜H27/5/4]
【桜特捜班】逃げ切れると思うのか?田母神氏の通帳未公開と花田氏との話し合い。粛々と司法手続きへ。[桜H27/5/21]
【桜特捜班】月明けに告発へ、犯罪と喧嘩のすり替え工作は通じません[桜H27/5/28]
【桜特捜班】告訴状に記した「罪状」[桜H27/8/4]


 こちらは番組タイトルに「告訴(あるいは告発)」と書かれた、あるいはそれを匂わせているものです。5月28日のタイトルは「告発」となっていますが、番組内で水島社長は「告訴」と言っているので、知識のあるスタッフが恥ずかしくてタイトルを訂正したのでしょうか。

 ここで簡単に説明を。告訴とは犯罪被害者が申告するもの、告発とは被害者ではない第三者が申告するもので、田母神事務所の横領について、田母神さんが申告すれば告訴で間違いありませんが、水島社長に告訴は出来ません。もしかして自分はお金に一切関与していないと言っていたにも関わらず、水島社長は田母神事務所の金を自分のものだとでも思っていたのでしょうか。ちなみに買収で告訴というのもおかしな話です。「買収 告訴」でGoogle検索するとトップに桜の動画が出てきます。

 しかしながらやると言いながらいつまで経っても行われない告訴。私を含め、多くの人が本当はやらないと思っていたのではないでしょうか。なぜならばこれはチャンネル桜及び水島社長を昔から見ていた人にとっては見慣れたものだからです(こちらのまとめの「ジ○イアンみたいな風貌なのに、の○太もびっくり!!??駄目な小学生かっっっ!!」を参照)。『南京の真実 第一部』公開から今年こそは作ると言いつつ繰り返されてきた言葉。それが集められた20分超の動画も作成されるほどです。

 そもそもこの使途不明金疑惑に対する執拗な攻撃は何の為に行われていたのでしょうか。ご存知の通り、水島社長は田母神さんの都知事選の時の選対本部長でした。決裁の権限が田母神さんにはなかったが水島社長にはあったことは複数の証言から、あるいは本人すらも実は認めていることです。そこで行われた金銭問題に候補者であった田母神さんに責任があるというのなら、水島社長に責任がないはずはありません。それを自分が都知事選以降は距離を置いたことを言い訳に、不正が起きたのは都知事選後ということにして(と言いつつ都知事選の間も横領が行われていたような矛盾した発言を繰り返し)、「真相究明こそ私の責任」と番組を作り、田母神さんへの誹謗中傷を続けてきました。

 しかしながら、ある時期まで本当に告訴(告発)する気はなかったのではないかと思っています。ここは憶測になりますが、彼の行動の理由の一つは疑惑の目を自らから離すためだと思われます。先日のブログ「田母神事務所使途不明金報道検証 水島社長の嘘を暴け!① 」でも上げていますが、水島社長自身が金銭疑惑の塊のような人物ですから。もう一つの理由ですが、田母神さんの勝兵塾の動画でこのような発言がありました。

第46回勝兵塾月例会 田母神俊雄様


6:15~
 最後はですね、彼の弁護士ですねがあの、私に言ってきて、田母神さん、あのこういう時にはあのまあ正しいことが通るという事ではなくて、まあなんか金を払って収めるというこの手がありますねと。田母神さん少し金を水島に払ってもうこの水島、攻撃をやめさせる、の攻撃をやめさせるという手はありませんかと私に言ってくるんですね。まあ良くわかったと。まあ、金が欲しいんだなとということがですね。あの良くわかったという私は思ったんですけど。


 これには水島社長が激怒して14分に対して1時間超えの反論動画を作っていました。

【桜特捜班】 いよいよ田母神俊雄氏らを告訴へ![桜H27/3/26]


51:00~
水島が金を欲しがってる?ね?お金が大好きな田母神さんとは申し訳ないけど私は違いますよと。自分が金に汚いから他人も同じく汚いなどと思わないこと。ね?一緒にしないこと。自分がどケチで金儲けが大好きだから、日本人も同じだと思わないこと。支那朝鮮の方には田母神氏に近い人はいっぱいいると思いますけども、そう思っていただいていいでしょうと言いますよと、これは皮肉で言っております。


 「お金が大好き」「どケチ」。本来お金を払うべきだった人をボランティア扱いし、届出しなかったためにわずかなお金で頑張って働いてくれた人たちを犯罪者にしてしまった方にこそふさわしい言葉だと思いますが。水島社長の行動をずっと追ってきている人ならわかると思いますが、彼の行動原理はまずお金です。田母神さんと水島社長の言っていることのどちらが正しいのかを証明することは出来ませんが、あの執拗な田母神さんへの攻撃にこのような目的があったのではないかと疑われても仕方のないことではあります。この弁護士なる人物が実在することは51:45ごろの水島社長の発言から明らかです。

 しかし、奇妙な動画です。動画を見てその内容をスタッフがまとめたフリップを作っただけならわかるのですが、水島社長のセリフまでフリップには書かれています。水島社長は誰の作った台本を読んでいるのでしょうか。
 
 どちらにしても、田母神さんを告訴(告発)して、それが本当に受理されれば選対本部長であった自分にも疑いの目が向けられることは間違いないわけです。捜査が入るかもしれません。ではなぜそんなリスクを本当に水島社長は取ったのでしょうか。

 ここである一つのターニングポイントがあります。さんざん「告訴」と言っていた水島社長が、この番組から「告発」というようになりました。こちらはこれより先にライブ放送された【夜桜亭日記after】水島総の質問コーナー 平成27年10月14日号[桜H27/10/16]に再度答える形での発言です。

【情報戦争を舐めてはいけない】表現者の心得、偽装難民批判やトヨタに見られた印象操作[桜H27/10/15]


 冒頭で必ず告発する、弁護士さんが忙しい人で督促していると話しています。私はこの時、ずっとやると言いながらやるつもりがなかった告発を、本当に弁護士に相談してすることにした。だからこそ間違った「告訴」という表現ではなく「告発」というようになったのではないかと思います。そして、実際に東京地検に告発する流れになりました。そちらは当ブログでも取り上げています。

ついにチャンネル桜の水島社長が告発!田母神俊雄氏絶体絶命か?!

チャンネル桜水島社長、東京地検特捜部に田母神氏を告発!今後の展開は

 何度も繰り返していますが、この時私はこの告発が受理されることはないと思っていました。水島社長はずっと通帳も関係書類も見たことがないと言っていました。横領は立証するのが難しいものなのに関係書類も何もない、関係者の証言だけの告発が受理されるのでしょうか。

 結局横領で起訴はされずに田母神さんは公職選挙法違反で逮捕されることになりました。しかし、強制捜査が入った日の各記事(産経以外は現在記事を消している)を見れば東京地検は横領容疑で田母神さんを捜査しています。

田母神俊雄氏の関係先を業務上横領容疑で捜索 東京地検特捜部 2016.3.7 14:23

 その後の裁判でも田母神さんはずっと公職選挙法違反に関して無罪を主張していましたが、地裁の判決は懲役1年10カ月、執行猶予5年というものでした。先日、田母神さんはこれを不服として控訴すると発表しています。

 ここで不思議なことがあります。田母神さんは事後買収に関して、ずっと関与を否定しています。田母神さんが有罪とされた根拠は会計責任者の鈴木氏が島本からの指示で作ったリストだそうです。島本が「会長指示」として作らせた、だから田母神さんが関わっているに違いない。随分と明確な物的証拠ですね。

 そして以前のブログでも指摘しましたが、裁判中に田母神さんよりずっと多く名前の出てきた人物がいます。証言台ではやはり偽証罪に問われるのは怖いのでしょうか。番組内で話していたこととはまるで違う事実を語っていましたね。あの証言台での発言でなぜあなたは告訴されなかったのでしょうか。

 ずっとやるやる言ってやる気のなかった告発をすることにしたのは、ある時点で自分が告訴されることはないとの確証が得られたからではないのですか?水島社長?

 これ以上は憶測になるので語りません。田母神さんが控訴したことですし、奥茂治氏も水島社長を刑事告発しましたので、その推移を見守ることにしましょう。
 
 この事件を告発したことは本当に水島社長にとって良かったことなのでしょうか。今までは発言を自粛していた人達も今までのようには黙っていませんよ?どのような真実が明らかにされるのか。楽しみですね。


テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR