本田悦郎内閣官房参与が大使に!そして藤井聡参与は・・・

 この年も押し迫ってきたころにこんなニュースが飛び込んできました。

本田参与、大使転出へ=首相の経済アドバイザー

 本田悦郎内閣官房参与と言えば、浜田宏一内閣官房参与と共に総理の信頼する経済ブレーンであり、去年、「総理と刺し違えても『消費税10%』は阻止します」と10%への増税阻止に奮闘された方です。未だに消費の伸び悩む中、本来ならば10月には増税が行われていたことを思うと、本当に本田参与の功績は大きいと思われます。

財務省の言うことを聞いていたらこの国はなくなる!本田悦朗内閣官房参与が再増税阻止へ必死の叫び!

 今年行われるはずだった消費増税10%の延期が解散総選挙のおかげだったと思っている方も多いようですが、私はこの本田参与の活躍があったからだと思っています。本田参与のおかげで増税の害や、増税しなくても財政破綻したり国債が暴落したりすることはないという認識が広まりました。その後、解散風が吹いて、民主党を含む野党が増税反対に意見を変えた時点で、解散せずに増税延期を決めればよかったのですから。

 本田参与は、つい最近も、増税は延期すべきだとの声をあげておられました。

アベノミクス3年間の評価、キーマン2人に聞く 「追加緩和は来夏ごろ、消費増税再延期を」本田内閣官房参与

 現在、軽減税率などを含め、日本にとって重大な経済政策を決定すべく政府が動いています。それなのに、なぜこの時期に本田参与が大使として転出することになったのでしょうか?

 内閣官房参与と言えば、もう一名、私がこのブログで何度も取り上げている、藤井聡内閣官房参与がいます。

日本の独立と自由を守る最後の砦 チャンネル桜とは ~藤井聡と愉快な仲間たち


そこまで来たか!藤井聡 内閣官房参与として共産党との連携を主張!


藤井聡氏、赤旗掲載の件。ご本人から直々にご紹介いただきました!!


大阪W選挙自民惨敗! 戦犯は誰だ!


まだまだ続く!藤井聡 京都大学のメールアドレスで政治活動!


藤井聡内閣官房参与様の輝ける実績

・なぜかアベノミクスと親和性の高いリフレ派の経済学者(浜田宏一内閣官房参与を含む)を不思議なグラフなどを使って批判。

・政府の意向に反して、共産党と共闘して大阪都構想反対運動を展開。

・レギュラー出演している番組で、番組のフリップなどを変えさせて、自民党に有利になるように仕向け、BPOに申し立てられる。

・内閣官房参与でありながら赤旗で共産党との連携を呼びかけ、関西版SEALDs(SADL)の番組に登場、おおさか維新(主に橋下氏)を徹底的に批判。結果、大阪W選、自民推薦候補惨敗。

・橋下維新の不祥事を学生を使ってまとめさせる。さらに京都大学のメールアドレスを使って追加募集する(さすがにまずいと思ったのか、理由の説明なしにアドレス削除)。

 こんな素晴らしい実績を持つ藤井聡内閣官房参与様ですが、現在どうなっているかと言うと、なぜか安倍内閣の経済政策のブレーンなどと言われて大活躍です。

深層NEWS▽藤井聡が伝説のディーラー藤巻健史議員(おおさか維新の会)と白熱バトル!安倍総理GDP600兆円は実現するのか 最新2015/12/05


 一体これはどういうことでしょうか。やはり安倍首相の力が弱まって二階俊博氏の力が強まっているということでしょうか。

  藤井聡氏と二階俊博氏の関係の深さは常々言われていて、ここで須田慎一郎氏も語っています。

【須田慎一郎】藤井聡が橋下徹に噛みつく理由を暴露


 しかし、ここで語られている通り、W選では大失敗したにも関わらず、二階氏の強さは、最近の軽減税率をめぐるドタバタの中でこれでもかと言うくらい示されています。

軽減税率 谷垣氏、埋まる外堀 官邸、参院選にらみ押し切る

(記事より引用)

「ねじ伏せますから」

 二階氏は9日午後、公明党幹部に電話で、こう告げた。ねじ伏せる相手とは、谷垣氏だ。28年度与党税制改正大綱の取りまとめを翌日に控えても、いっこうに軟化しない谷垣氏を説得できる自信があることを伝えたのだった。

二階氏は今月1日に公明党の漆原良夫中央幹事会長、太田昭宏前国土交通相と会談。そこで衆院選で公約に掲げた軽減税率を広範囲に導入しなければ、「嘘つきと毎日言われる」と漆原氏らがこぼし、連立離脱をにじませた。谷垣氏に同調していた二階氏も危機感を大きく募らせたようだ。

(中略)

 二階氏は9日、軽減税率の対象品目拡大について、自分に言い聞かせるように周囲に漏らした。

 「公明党に選挙で協力してくれということだ」

(引用終わり)


 タイトルは官邸となっていますが、これでもかとばかりに二階氏の強さが語られています。

 二階氏がどういう人物かと言うと、親中派であることは有名ですが、まだデフレ脱却していない段階で金融緩和の出口戦略について語る、つまりアベノミクスを潰そうとしている人物でもあり、消費税増税に関しても推進派です。

【自民党】二階俊博の反日売国発言 【媚中派】

 この一連の動きを皆さまはどう思いますか。軽減税率のゴタゴタを見て「消費増税が見送られる可能性が高まった」とか「参議院選挙時に衆参ダブルで増税延期」などと言う方がいますが、本当にそうでしょうか。とてもではありませんがそのような楽観論を言う気にはなれません。私は、10%への消費増税はなんとしても阻止しなければならないと思っています。この増税が既定路線になっている中、どうしたら阻止できるのか。真剣に考えて行動しなければならないと思います。
スポンサーサイト


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

軽減税率自体が消費増税10%を前提にしてる感じなので、与党の反対を押し切って対象を拡大、公明党の意向を汲みメンツを立てて決めた方針ですから「決める政治」を謳う内閣である以上、予算審議などで野党の質問に対して「消費増税反対」を口にされては困るんじゃないですか?たぶん 自民党議員がよく言う決まったことには従うってやつだと思います それでも本田内閣官房参与の消費増税阻止の考えを変えることは出来ないので、野党の追及(批判ネタ)が及ばない
場所に移動させられるのではないかと 個人的には消費増税延期または撤回に議論を戻すのは難しいと考えた安倍総理が、よく働いてくれた本田内閣官房参与の希望を聞いて欧州の大使に派遣したと考えたいですけど。「加藤、古賀、野中の赤旗3銃士with二階」と官邸のパワーゲームの結果なのかもしれませんね
プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR