江崎道朗 『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』 感想


 「ヴェノナ文書」

 これについて聞いたことのある人は多いだろう。しかし「ヴェノナ文書」とは一体どのようなものなのか。本書の中ではこのように説明される。

P67より引用

 ヴェノナ文書とは、ソ連・コミンテルンのスパイたちの更新記録だ。
 正確に言うと、一九四〇年から一九四四年にかけて、アメリカにいるソ連のスパイとソ連本国との暗号電文をアメリカ陸軍が密かに傍受し、一九四三から一九八〇年までの長期にわたって、アメリカ国家保障局(NSA)がイギリス情報部と連携して開設した「ヴェノナ作戦」に関わる文書のことである。

引用終わり


 F・ルーズベルト政権内にも当時のアメリカのマスコミ内部にも多くのソ連のスパイが入り込んでいた。そして彼らは日本とアメリカを戦争へと追い込むための工作を仕掛け、戦後はGHQの一員として、日本の占領政策や現行憲法制定にも関与していのだ。

 現在、アメリカでは、特に保守派の間では近現代史の見直しが起こっているという。しかしながらそれは民間レベルの話で、アカデミズミの世界ではやはり日本同様、左派の影響が強いという。日本の歴史学会では「コミンテルン」の名前を出しただけで、実証主義ではないとまともに取り上げられないそうだ。しかし、コミンテルンは陰謀論ではない。この「ヴェノナ文書」は1995年にアメリカ政府が情報公開法に基づいて公開したものだ。日本の歴史学者はなぜこれを無視するのか。少なくとも日本の大手の教科書にはこれを検証し、取り入れた形跡は見られない。日本国憲法の制定に関わったビッソンはソ連のスパイだった。元々は英語で書かれていたGHQの作った憲法草案を翻訳する過程で白洲次郎たちはなんとか日本の国体を守るために日本側に都合のいいようにしようとしたが、それはビッソンたちによって阻まれている。皇室の条項について、「すべての皇室財産は、世襲の遺産を除き、国に属する」と邦訳しようとしていたのに、「世襲の遺産を除き」という言葉が彼らによって削除させられたのだ。現在、皇室財政が逼迫し十一宮家が臣籍降下せざるを得なくなったこともここからつながっている。しかしながらそのようなことは我々は学校では教わらない。帝国憲法下では天皇主権で、人権は法律によって制限され、自由な言論や政治活動は制限されていた。日本国憲法によって、戦前の天皇主権が否定され、国民主権となり人権の保障が著しく強化されたと一方的に歪められた形で教わるのだ。

 本書で江崎先生は「二十世紀は、ソ連・コミンテルンとの戦争であった」という「百年冷戦史観」を提唱している。この百年冷戦史観の観点から、日米の保守派は、東京裁判史観の見直しで共闘すべきだと。ソ連の崩壊で冷戦は終わったと思う人も多いかもしれない。しかし、ソ連が崩壊したからと言って、コミンテルンの末裔たちが絶滅したわけではない。日本でも、前回の衆議院選挙では共産党は議席を伸ばし、現在、根本的な主張が違うはずの民進党などの野党を取り込もうとしている。以前、「国民連合政府」の構想を共産党が打ち立てたのは「安保関連法制(彼ら曰く戦争法案)廃止と安倍政権打倒」を目的としての共闘しようというものだった。このように「平和」や「戦争反対」などの名目で、彼らの主張に共感する者たちを、巧みに取り込み、自分たちの利益のために働かせる。ここが彼らの恐ろしいところだ。
 
 今回つくづく感じたのが、共産主義者の恐るべき執念深さと保守派のナイーブさだ。昨今の若者中心で結成された(とされていた)SEALDsとて、決してうまくいっていたとは思わない。しかし、解散したはずの彼らが、最近では沖縄や原発反対運動で活動しているように、失敗してもまた形を変え、目的達成のために何十年もかけて工作活動を続けるのだ。そして、彼らは手段を選ばない。本来の彼らの主張からすれば、共産主義と宗教は相いれないはずだが、彼らは目的のためなら宗教団体にも潜入して活動する。こちらの是非はともかくとして、とかく保守派は正しいことを主張していれば、いずれ自分たちが認められると思っているとようにしか見えない。マスコミが左翼で席巻されていることを批判するのは良いが、批判するだけではなく、どうすれば自分たちの主張が取り上げられるようになるのか。自分たちがそこで主流派になれるのかを真剣に考えるべきではないだろうか。

 「ヴェノナ文書」が公開されたことによって、少しずつ解明されていることはあるとはいえ、未だに謎の部分は多い。アメリカ側はもちろん、日本の外務省も当時アメリカでの反日活動の背後にアメリカ共産党・コミンテルンの暗躍があることを正確に分析し、日米分離工作にのらないように近衛内閣に訴えていた。しかしその声に近衛内閣は耳を傾けず、親ソ反米政策を推進し、ルーズベルト政権も対日圧迫外交を強化していった。近衛の近くで尾崎秀実などのスパイが暗躍していたことは知られているがそれは氷山の一角だろう。「ヴェノナ文書」の中にはモスクワと東京の交信記録もあるそうだ。アメリカ側からだけではない、日本側からの研究も待たれる。

 残念なことに、日本で中西輝政氏の翻訳した「ヴェノナ」は絶版になっており、古本でも手に届かないような値段となっている。なんとか再販か電子書籍化してもらえないかと思い、kindle化のリクエストもしているのだが、現在ではその予定はないらしい。これだけ高額で古本が取引されるほど需要があるにも関わらず、なぜ再版されないのか。出版業界にも大きな闇があるのか。どちらにしても正しく歴史を検証しようという声が、無視できないほど大きくなるよう、保守派は左派に負けることなく作戦を立て、執念深く活動を続けなければならない。



スポンサーサイト


テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

いつも、役だつ情報ありがとうございます、失礼ですが、リンクや転載の許可を頂けませんでしょうか?
中々の読書家として、敬意を感じております、ただ最近の本より、もう亡くなられた、論客の方々しか私は知らないので、最近の潮流をお知らせ頂きありがとうございます、逆に歴史は繰り返すと言うところでしょうか?
今は亡き、山本夏彦氏や江藤淳氏、福田ありつね氏、アメリカ学の猿谷要氏などしか私は知りません、ちょっと脱線して申し訳ありません、最近の若手の論客の方々は、知りませんでした。
あと、私は障害者で中々お金がなく、蔵書も眠っていますので、管理人様の紹介された本は、図書館で探して見ます、少し支離滅裂な書き込みご容赦ください。
では失礼致します。

誤記申し訳ありません

福田つねあり氏でした、江藤淳氏の全集は、昔読みましたが、なかなかでした、会田氏や山本七平氏も好きで読んでおりました、連投失礼致しました。

対共産主義者戦線を張って勝利するには、日米保守派協力が必要不可欠ですね。

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。

リンクも転載もOKですよ。

Re: タイトルなし

>対共産主義者戦線を張って勝利するには、日米保守派協力が必要不可欠ですね。

その通りですよね。

TPPも金融緩和も消費税も北朝鮮の核実験もアメリカの陰謀だー!などと、保守の振りして日米離反工作をしているような人間が一番困ります。アメリカも一枚岩ではないので、ちゃんとこちらの利益になる人を味方に引き入れないといけませんよね。

ありがとうございます

コミンテルンの謀略は、散々日本を撹乱し、陰日なたに、あらゆる手段を使って来ましたね、山本夏彦氏の本で、尾崎の弟が日本ペンクラブで、君臨していた時、山本夏彦氏は、尾崎は日本人に詫びたのかと、やんわり非難していました。
ゾルゲ事件は、いまだに謎が多く、誰がどう関わったか、不明ですから。
肝心の近衛総理は、服毒自殺、今も何かしらつながりがある人間はいるでしょう、亡くなった瀬島はスパイでしたし、今の日共委員長、志位のおじはソ連のスパイと自ら、出頭していますし、謎の解明は、日本政府では無理そうです、スパイ防止法もありませんから、公安の最終手段が、強行追尾しかないのはなんとも言えません。

たびたび失礼致します

私は自主独立派なんですが、今の状況では難しいですね、ただアメリカの次の大統領はどちらになっても、日本に関心が無いのが問題です、コミンテルンの影響を、排除するには、かなり心もとない感じです、日本としては、インドや東南アジア諸国との連携しかないのかなと思います。
キッシンジャーのような怪しげな人物が、アメリカで力を持つのは、ちょっと不安です、アメリカのパートナーは中々難しいですね、日本はロビー活動が下手ですから。
プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR