新春最初に見るべき映画はこれだ!今こそ虚妄を打ち砕く時! #チャンネル桜 #南京の真実


 あけましておめでとうございます。

 平成29年1月と言えば制作発表がなされて今年で10年、その後、製作日誌「僕の生活とご飯の記録」が109回も「正論」誌上にて連載されるもその間に完成発表がなされることのなかった『南京の真実』の続編の公開です!

 昨年のうちに完成の報告がなかったため、きっと新年のご挨拶での報告、それと同時にホームページ上で全国での劇場公開の案内がなされると期待していたのですが、あれあれ?映画の件には触れずに終わってしまいました。

 その後の番組でも冒頭で案内があるかと思ったのですが、未だなされないまま、桜のホームページの更新もまだです。

 告知されないことには見に行くこともできません。皆さん楽しみに待っているのでお問い合わせなども殺到しているのではないかと思うのですが、なんとこんなものを見つけてしまいました。

~チャンネル桜に消された名言達~まとめ

 チャンネル桜がコメントを削除することに関しては当ブログでも取り上げたことがありましたが、水島の批判だけではなく『南京の真実』の公開を期待したり、応援したりするコメントも消されているようです。これはどういうことなんでしょうか。

 3億5千万以上の支援金、協賛の声を上げてくれた方たち、資料集めに奔走した方、インタビューに答えてくれた元兵士の方々など多くの人がこの日を待っていたはずです。期待の声があがるのは当たり前のことではないですか。それをなぜ削除するのでしょうか。

 今週の直言極言では水島社長は、批判だけしてやり過ごしても何もならない、草の根が立ち上がり自分たちで切り開いていくしかないと言っています。

【直言極言】謀略・情報統制下にある日本[桜H29/1/6]


 確かに正論です。そして、今年も共に歩まん事をお願いします、と締めているのですが、では共に歩んで一体何をするのでしょうか?抗議行動ですか?

 水島社長のまずやらなければいけないことはずっと延期していたこの『南京の真実』の続編を完成させ、公開することではないのでしょうか?

 直言極言でも言っていましたが、通州事件、盧溝橋事件に限らず、謀略が行われており、それは今でも続いています。水島社長は『南京事件』という虚妄を打ち破り、英霊たちの汚名を雪ぐためにこの映画を多大な支援を得て作ることにしたのではないのですか?それならまずすべきことは一刻も早く映画を完成させることでしょう。

 この10年の間、確かに国内では南京での日本軍における虐殺はなかったと認識は広まっているでしょう。しかしながら南京大虐殺に関する資料が、中国政府により国連機関ユネスコの「世界記憶遺産」に登録されてしまいました。それを水島氏は「僥倖だ!」と言ってこのような集会を行っていましたが、その後何をしていたのでしょうか。
 一番熱心にやっていたのは鍛冶俊樹氏と共に田母神さんを批判することではなかったでしょうか。

【歴史戦】11.28「南京大虐殺」の歴史捏造を正す国民大集会[H27/11/30]

 

 と、思っていたら、この番組の後半の部分で付け足しのように報告がありました。

【Front Japan 桜】思想的に破綻した元日各紙社説 / 通州事件の裏に中国共産党 / 皇居新年一般参賀 / 新年・靖國神社昇殿参拝[桜H29/1/5]



48:20~

今あの南京の映画のね、あの続編を作っておりまして、ま、1月中に皆さんに発表する予定ですけれどもね。

 延びてるし…

 さて、1月中に作っても1月に公開するのでしょうから、劇場の案内くらいはあってもいいと思うのですけどね、映像でもいろいろ残っていますが、去年の正論の12月号でも書いていたのでそれも貼っておきますよ。1月の劇場公開楽しみだなあ♪

nannkinn1.jpg




スポンサーサイト


テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

一月も終わりますねぇ・・・。

えーと、もう一月も終わりますねぇ。( ´ー`)フゥー...
プロフィール

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR