#教えて水島社長 夜桜亭日記afterで本当に知りたいことに答えてくれないのはなぜですか? #チャンネル桜

 
 いつも楽しみに読んでいるScorpionsさんのブログでこのハッシュタグを使って、水島の妻の問題についての記事が上がっていました。

 #教えて水島社長 「妻がNHK関係者だということは以前から話していた」というのは本当ですか?

 こちらのハッシュタグ、【夜桜亭日記after】水島総が視聴者の質問に答えます!で水島社長が本当に知りたいことに答えてくれないため、ネタとしてtwitter上で上がっていたりするのですが、先日の夜桜亭も質問コーナーもそれほど聞きたいの質問があったわけではなく、水島社長が話したいことを話しまくっている印象でした。

【夜桜亭日記after】我那覇真子さん登場!水島総が視聴者の質問に答えます! 平成29年2月22日号[桜H29/2/25]


 しかしながら、先程の問いに関連する場面もありましたので、番組内で感じた疑問を私も水島社長に問いかけてみたいとおもいます。

Q 3:35頃から今までは中国が南京大虐殺や慰安婦で嘘をついてますが、日本人はこんなことをやってませんよ、事実はこういうことですよという対処療法のようなこと、専守防衛をやってきたが、「南京の真実 第三部」で今回は、「お前らこそ悪い」というのをやっていて、世界で初めて反転攻勢していると言っていますが、そもそもの「南京プロジェクト」の趣旨とは違ってきてませんか?

南京の真実

 以前もこちらのリンクを貼ったことがありますが、製作趣旨は「誤った歴史認識を是正し、プロパガンダ攻勢に反撃すべく、南京攻略戦の正確な検証と真実を全世界に伝える」ことであり、それによって「祖国日本の誇りと名誉を守」ることですよね。そのためには、余計なことにお金と時間を使うのではなく、検証編を全世界の人達がお金を払ってでも見に来るようなクオリティーで一刻も早く作る方が大事だと思うのですが。


Q 7:10頃から全国で上映会をやる、手数料は1万円いただきますが、上映料金はいただきません、会場費はご負担いただく、間違いなく中共のプロパガンダ戦に対する力になると言っていますが、最初といろいろ話が違ってきていませんか。

 まず、上映会の件ですが、去年出た月刊正論では「来年初頭より全国で公開を行う予定となった」とあったのですが、通常このような表現をするときは、全国で既に上映会を行う段取りが出来ているときだと思うのですが、今回の水島社長の口ぶりだと「1万円でブルーレイディスク貸してやるから会場手配して上映会を開け」ですよね。

 第一部の時の上映会の要綱から察するに映画レンタル料が1万円、上映形式がブルーレイディスクに変わったと思って読めばよいのでしょうか。

映画「南京の真実」」第一部「七人の『死刑囚』」上映会開催要項

 以前の放送で、ただでと言っていたのにやっぱり「1万円だけでも頂戴」なんですね。手数料はもらう、でも入場料は取るな、支援金の徴収はOKで経費以上にもらえたら製作委員会にご支援を♡ですか。はあ。入場料が取れないとなると、どうしても有志による小規模なものになってしまいます。つまりもともと南京大虐殺などなかったと思っている人達が、仲間内で行うものになるわけで、これがどのように中共に対するプロパガンダ戦の力になるのでしょうか。それより先程の製作趣旨にあったように「英語版や中国語版等も同時に作り、世界同時公開を目指し」て欲しいのですが。もしかして、「目指す」のであって「実行する」のとは違うという意味なのでしょうか。


Q 28:30頃からこないだもバカが一人いて、水島は反NHK運動をやっているのに、水島の妻がNHKの職員で金をもらっていると言っていると水島社長は言っていますが、それがせと弘幸氏のことならなぜ事実を微妙に捻じ曲げるのですか?

 私もですが、せと氏は一度も水島の妻がNHKの職員だとは言っていませんよ。NHKの番組の編集者だと言っています。動画では明確にフリーのスクリプターだとも言っていますね。

チャンネル桜とNHK

チャンネル桜水島氏の反論(続)

 小さく事実を捻じ曲げて人を嘘つき呼ばわりすると、そちらの方が嘘つきになるので気を付けた方が良いと思います。


Q 30:25頃から、私個人は責任を持ってやっているけど、家族とか関係ないものに卑劣なことをやるのは、と非難していますが、どうしてまた話を捻じ曲げるのでしょうか。

 水島社長の奥様がNHK関係者だということが非難されているのは、彼女が水島社長の妻というだけではなく、チャンネル桜の役員だからですよね。これまでの一連の反論の中で水島清子氏がチャンネル桜の役員であることは一度も説明なさってませんが、それはなぜなのでしょうか。例えばもう一人の役員である井上敏治氏NHKの製作に携わって批判されても同じことが言えるのでしょうか。


Q 34:45頃からその後3回、水島社長の妻が名前を旧姓に変えてNHKの仕事をやっていると言っているが、これは嘘と水島社長は言っています。せと氏は「嘘なら訴えろ」と言っていますが、名誉毀損等で訴えるのでしょうか。そして「間違いなく運動をやってから一切(NHKの仕事は妻はやっていない)」と言っていますが、その「運動」とはいつからでしょうか。

 先程のせと氏のブログによると水島清子と同一人物と思われる山崎清子氏が2011年以降にNHKのドラマの製作に関わっているのは「冬の日」(2011年)と「白い息」 (2013年)です。水島社長が番組内で言っているような古い作品ではありませんが、こちらの2作に携わっている山崎清子という人物は本当に水島氏の妻ではないのでしょうか。曖昧にするのではなく、その辺に具体的に反論されないので問題が長引くのだと思うのですが。そして本当に違うのなら、いつものように「訴える」と言って大騒ぎすればよいと思うのですが。

 そして、NHK闘争を始めた時期ですが、私のブログで指摘した通り、ジャパンデビューの訴訟を始めたのが、2009年の6月(番組でのNHK批判自体はもっと前から)、水島清子氏が携わったドラマの放映日の最後の日付が2010年3月14日です。「すぐにNHKから出入り禁止になった」と言っていますが、その「すぐ」とはいつなのでしょうか。


Q 35:39から我那覇氏が人の家族に平気でそういうことが出来るかわいそうな人と言った趣旨のことを話していますが、一部でこの部分は編集で、他の部分を切り取ってせと氏を批判しているように見せているのではないかと噂になっていますが、実際はどうなのでしょうか?

 こちら、私のコメント欄にも報告があり、せと氏のブログのコメント欄にも書かれていました。よくご覧いただきたいのですが、35:34から水島社長が「そんなNHKは甘いと思ってんのかと。ばかがっていうね本当に。うん」と言った直後、我那覇氏が「この番組見てる」→カットが切り替わり浅野氏とsaya氏と我那覇氏の後ろ姿になり、我那覇氏が「この人は」→カットが切り替わり、我那覇氏だけになって「かわいそうな人です」と続きます。この我那覇氏の「この番組見てる」「この人は」という発言のつながりが不自然なんですよね。

 とは言っても、単純に我那覇氏がつながりのない発言をしているのかもしれませんので、確認出来たら良かったのですが、何しろチャンネル桜はニコニコ生放送を有料にしているのに、夜桜亭はタイムシフトに対応してないのですよね。こういうケチなことをしてなければ、検証用に入会して見ても良いかと思ったりしないでもないのですが。

 そして、本当に知りたいことに答えてくれるのなら有料会員になってニコニコで質問してみても良いのかもしれませんが、田母神さんに頑張れ日本に口座を作ってお金を移すように言っていたにも関わらず、番組で公然と「大嘘つき野郎」というような人に「本当のことを」答えてくれると期待する方がやはり間違いですね。

 チャンネル桜にお金を払うような無駄なことをして、延命を助けるようなことをすべきではない。それが今回の結論ですね。


osiete.jpg
スポンサーサイト


テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR