水島クンの「エセ保守」の一例 赤ペンチェック解説あり(笑) #チャンネル桜 #水島総

 
 なんだか最近の水島社長は飛ばしているというかなんというか。先週の極言直言はタイトルだけで目が点になりました。

 【直言極言】エセ保守達の化けの皮が剥がれてきた[桜H29/3/31]



 目が点というか、四方に鏡を置いてあげたいと言ったところでしょうか。彼がどのような人物であるかは先日のブログ「保守?リベラル?チャンネル桜 水島社長の正体とは」を見て頂きたいと思います。
 
 そちらを受けて、4月5日のチャンネル桜で「エセ保守」の定義を水島社長が話していました。

【桜便り】「エセ保守とは何か?」の質問に答えて / 香山リカ氏への公開提案書 / 杉尾秀哉参議院議員に対する抗議状及び公開質問状 / 高野孟氏の「中国脅威論の嘘」について[桜H29/4/5]


 彼にとっての保守の定義は「金に綺麗なこと」、そして「嘘をつかないこと」だそうです。そしてエセ保守の一例としてある人物を例にして語っていました。

 その内容があまりにあんまりだったので、突っ込みどころを赤ペンを入れて番号を振って解説したいと思います。

5:21~
水島:えーだからもうひとつ言うと、嘘をつかない。例えば一つ、あのまあ1)私もあんまりこういうのは今、言わなかったんですけど。一つ例を挙げるとある、えー人間がいましてね。えー例えば、えー、消費税の値上げの時5%から8%にやるとき。私達は連日、えーあそこの首相官邸前で、あの安倍総理に対して反対のえー行動をとりました。街頭活動を行いました。

 えーまあこういう流れの中で、えー私はその、数日前に、数日前って言うのかな、えーそうですね。決定の数日前ぐらいに、えーまああの2)ある政治家や、えー官邸筋から、えーこれはもう総理は決めてるよと。水島さん一生懸命頑張っておられるけど、もう総理は決めてるよと、いうようなことをありました。

 えー、それでも私達はえー前日も、前日まで、そして決まった翌日もまた抗議行動をやりました。というのはあの、3)政府があるいは首相が決めたからと言って、我々の活動は違うわけであります。正論はちゃんと言わなければいけないということでこれはやりました。

 ところがその中で、えー私をえーなんか、えーその当時の4)木下という事務次官がいましてね。この事務次官から命令を受けて私は裏切ったと、そして運動に水をかけた、というあのバカがいたわけであります。あのーそれで私をなんかまるであのー裏切り者のような形で言う人間がいたわけです。

 5)
こういう人間はたまたま初めてぐらいに街頭活動にくるような人間だったんですよ。私はもう何、十何年もずっとやってるわけですけども
。こういう形であの、で、6)私とその男の、と、意見が違ったのは政府が政府はこういうことやって、木下という事務次官が決めたわけではないと、これは政府そのもの、まあ安倍総理そのものも内閣も自民党もそしてもっと言えば、民主党もマスメディアも財界もみんな賛成して決めたんで、まあもちろん財務省も、決めたんでその木下というのは権力ナンバーワンの男でね、それを決めたわけではないと。総理も決めてるんだと。しかし我々は反対するTPPもそうでした。こういう移民法も今でも私は反対してるし。こういうことなんでね。だからって言って安倍政権全体を全部否定するもんじゃないって。

 ところが7)自分の論理の整合性がないわけです。木下というのが一番でなければ、日本で一番権力がなければ、ね。それを安倍総理は悪くないって言ってるわけです。そういう人は。で、結局やったら自分の論理をね、あの、私はこれ安倍さんに対しても非難しました。その後もね。当然そうです。あのー内閣全体はね、え、まあ我々が作ったような。あのー保守の人間が作ったような、もとのもろ(?)ですけどね、こういうことをやってまた嘘をつく。で、8)あろうことか後で本に書いた、その男はね。私が木下から命令を受けたって書いてるんですよ。そこに。

林:社長が命令を受けたっていうことが書かれている。

水島:9)その男には電話で話したことも、面談したことも一度もあったこともない。で、だいたい財務省に私なんか関係ないですからね。もっとも嫌われる人間だからね。あの、財政均衡論に対して大反対してる人間ですから。こういうね。嘘をばらまく。こういうのを「エセ」というんですよ。私は、ね。あのー、こういう嘘つきって言うかね。それで、恬として恥じない。あのこういう人達を私は「エセ」と言います。まあ他にもたくさん「エセ」はいますけど、一例だけ今日はあげときます。


 あーあ、真っ赤っ赤になってしまいました。

 この一例ですが、名前は上げてないですが、倉山満先生のことですね。本人が言わずとも工作員さんたちがyoutubeやニコニコ動画のコメント欄に書いてくれるというシステムです。突っ込みどころと間違いの訂正をしておきましょう。

 まず1)ですが、今まであんまり言っていなかったと言うのは間違いです。私のブログでも何度も指摘しています。

正論の会』ならぬ『妄言の会』?! 嘘と矛盾だらけのチャンネル桜 水島社長 #チャンネル錯乱

増税と政局~保守界隈のバカ騒ぎ~チャンネル桜 水島社長編 #チャンネル錯乱

 該当動画は【総選挙】自民大勝・次世代壊滅の危機、議席予測、保守の勢力はどう変わるか?[桜H26/12/4]チャンネル桜・水島聡社長が尖閣諸島・慰安婦「日韓合意」を快刀乱麻20160218183130。言っている内容もほぼ同じようなことです。その他にも「消費税が5%から8%に増えたら自殺者が増えると言ったバカがいた」などの倉山先生の悪口を言った動画は何本もあり、よっぽど消費増税にまつわる出来事は都合が悪かったのだと思われます。

 2)、この政治家や官邸筋というのは容易に想像が出来ます。政治家は参議院議員の西田昌司、官邸筋は内閣官房参与の藤井聡でしょうね。

 この時の時系列をはっきりさせておきます。消費増税に反対していたはずの西田昌司がいきなり「消費増税に反対している奴は新自由主義」と言いだしたのが、平成25年9月19日。チャンネル桜の『くららじ(仮)』収録前に、上念司先生と倉山先生に「消費増税は決まったことだから、財務事務次官の木下を叩くのはやめろ」と水島社長が言ったのが、9月24日鶴田正平こと藤井聡が、三橋貴明のメルマガで消費増税反対運動に水をかけ、木下批判をする倉山先生を揶揄する記事を書いたのも9月24日。やはり三橋メルマガで東田剛こと中野剛志「仮に消費税を増税したって、そのデフレ効果を上回る大型の財政出動をやれば、「倍返し、いや10倍返しだ」」と言い放ち、やはり倉山先生を揶揄する記事を書いたのが翌9月25日

 水島社長の言い分に納得がいかず、倉山先生が水島社長と井上プロデューサーと話しをした際、「西田氏、藤井氏を守りたい。だから木下の悪口を言うな」とも言っています。しかし、なぜここまで木下康司の悪口を言わせないことにこだわるのでしょう。水島社長のいう政治家や官邸筋の人達はなんの目的でそんな情報を水島社長にもたらしたんでしょうね。

 3)4)正論を言わなければいけないと言っていますが、上に示した時期をきっかけにあからさまに水島社長の言動は一変しています。この後の討論、【特別先行公開】消費増税は日本を破壊するのか?[桜H25/9/28]、完全に消費増税は決まってしまったとあきらめた態度。これを見て今まで一緒に増税阻止運動をした人がどれほど動揺したと思うのでしょうか。肝心の水島社長がこのような態度で、いくら反対運動をしたとしても全く説得力がないわけです。運動に水をかけたと言われても仕方がないのではないですか。増税決定後の抗議行動【水島総】国民運動の反省と実践、10.5 首相官邸前緊急国民行動[桜H25/10/7]の前置きでは「俺は悪くない。悪いのはデマを言った倉山」という主張一点張りでしたし。

 5)どうも水島社長は街頭活動をしていればえらいと思っている節があるようですね。確かに効果があればよいでしょうが、以前から指摘している通り、水島社長のやり方が世間一般で受け入れられるとは思いません。ちなみに保守活動というくくりなら、チャンネル桜発足以前から、倉山先生は拉致問題解決のために活動していますよ。まあ倉山先生は水島社長よりずっと若いので、活動歴を比べるのもおかしな話なのですが。

 6)7)消費増税に賛成していたのは、財務省だけではない。同じことを倉山先生は言っていますよ?それこそ街頭演説でも著書の中でも。その中でも財務省が増税を実現すべく、各方面にご説明をし、マスメディアも動かしていたことは今は周知の事実ですよね。だからこそ、倉山先生はその事務方のトップである木下康司に切りかかっていったわけですが。そして、アベノミクスを頓挫させる増税に安倍首相自身は消極的だったこと、増税を止めることは首相の決断で出来ること、それは平成26年11月の消費増税延期判断で明らかになりましたよね。それで水島氏はいったいその理屈でどうやって消費増税を止めるつもりだったのでしょうか。全方位に弾を撃って全面戦争するとでも?

 8)9)木下康司が水島社長に命令したとか、あったことがあるとか電話をしたなどどこにも書いてませんよ。先の「妄言の会」のブログでも指摘していますが、それは三橋貴明ブログの妄想です。そしてもう一度よーく考えてみてくださいね。あなたの言う政治家や官邸筋の人が何の目的であなたに「首相は増税を決めた」などという情報を持ってきたのかを。

 これだけの短い中にこれほど突っ込みどころと事実誤認があるとは。嘘は100回つけば嘘ではなくなるのではなく、何度も繰り返すことでもう妄想と現実の区別がつかなくなっているのでしょうね。最近の水島社長の番組は発言も内容も同じネタの繰り返しですので、同じことを話すことによって自己洗脳にかかっているのかもしれません。夜桜亭でもこのエセ保守の一例の話を昔話を語るおじいさん風にもう一度語ってましたし。

【夜桜亭日記 #45 after】水島総が視聴者の質問に答えます![桜H29/4/7]


 しかし同じ話を何度も何度も。1週間での水島社長の出演番組はだいたい4本で6時間。ネタがないのなら自身の番組も討論も他の人に譲って映画の作成に専念した方がよいと思うのですが。ちなみにこの動画で「第二弾も出来たし、8月ぐらいに第三弾も作ろうと思っている」と言っているのですが…水島社長、先日公開したのは第三部ですよね。それと第四部、五部は今年前半に作る予定だと言っていたのに、既に8月に延びているのですか。

 そしてこの中でこの「金に汚い」「嘘をつく」というエセ保守の定義で「お前のことだろと言う人がいる。悪いところがあるならぜひ教えてもらいたい。反省しますから」と水島社長が言っていました。さあ!みなさん水島社長が反省してくれるそうなのでどんどん書き込みましょうね!水島社長!コメント削除はなしでお願いします!!





 
スポンサーサイト


テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介、乙!

自己紹介、乙!

・・・としか、言いようがない。(笑)

チャンネル桜ならぬ、チャンネル醜態さらし(´Д`)

わかりやすい自己正当化ですね。全然筋が通っていないし、保身第一の自己弁護ですね。
散々倉山先生や田母神先生を貶しておきながら、保身の言葉を吐くとは。唖然としました( ; ゜Д゜)

No title

水島は最悪ですね。
筋が通ってない。

いくら倉山さんが主張しても証拠ない限り
信用出来ません。

Re: タイトルなし

> いくら倉山さんが主張しても証拠ない限り
> 信用出来ません。

目的語はなんですか?
倉山先生が何を主張したのか、それに対する証拠とは何か。

ちゃんとかけたらもう一度コメント承認して差し上げますよ。

錯乱は自らの品格を落とす気がします

タイトルには、二つの意味があります。
チャンネル錯乱は、放置するか、チャンネル桜にもの申すで、錯乱と書けばなにか、街宣右翼のシノギをしている、水島と同じように感じてしまいます。
チャンネル桜は、街宣右翼の形をかえたシノギと、嘲笑うか、無視するかと。

なんと申しますか、下品な相手を、相手にしますと、自らも下品に見られないか?

ヤクザ紛いの街宣右翼が、ネットでシノギをしている、水島なる詐欺師紛いの者は、放置がよろしいかと。

偽装保守だの、保守をシノギにする輩など、山のようにいます。

管理人様は、良質な書籍と、新しい人材と、新たなる論客の紹介をお願い申し上げます。

私は、精神障害者で、色々病持ちですが、表で派手な動きはせず、今のところ、任意団体ですが、精神障害者の為のまあ、無料便利屋や愚痴聞き、また、自己申請主義の役所と闘っております。

目指すのは、福祉を保守に取り戻す、精神障害者団体は、赤の巣窟某団体は、過激派のフロント団体、保守と右派の仲間と、まだ微力ですが、色々動いています。

赤のインチキや利用されるはまっぴら御免、今はメンタルシェアハウスと、就農支援を形にできないか、頑張らず頑張っております。

敵には敬意を、下品な敵に下品で対抗するなかれ。

前に述べた気も致しますが、未承認か私の勘違いか、まず錯乱やらクンと呼ぶ、気持ちはわかりますが、言霊信仰の悪しき例、言葉をかえても相手はかわりません。

また、下品な相手の土俵に上がってしまう、という事でもあります。

自ら下品な水島氏に合わせる必要はありません。

気持ちは理解しつつ、事実関係を冷静に伝え、水島氏の矛盾や虚言を討たなければ、お互いに言葉遊びでじゃれている印象は否めません。

厳しい事を申しましたが、管理人様の様々な思いや願い、今後の働きかけ、それがブレてしまいます。

何卒ご理解くださいますように。

新しき、保守派の騎手の方々の著作紹介という啓蒙活動が色褪せてしまいます。

私は、福田恆存氏や林房雄氏、会田雄二氏、山本七平氏、また山本夏彦翁、江藤淳氏、猪木正道氏、古いですね(笑)

また、異能の天才、小室直樹氏など、さすがに皆さまの著作、たまに理解が難しく、読書百篇でやっと理解したりですが。

極端な言い方は、管理人様に失礼なれど、しょせん街宣右翼がシノギをしているネット水島氏、などを相手にしないのも、一つの方々かもしれません。

では失礼致します。

永田町の雀様

なんというか、一応働いている上に子持ちの主婦であり、そしてブログ記事をちゃんと読んでいただければわかると思いますが、直近に大きなイベントが控えているため現在忙しく、そしてコメントの内容が皇室に関わることのためゆっくりご返信申し上げようかと思っていましたが、なんだか馬鹿らしくなってきてます。

簡単に今答えられること。

>保守が、皇室への敬意と、愛国者というのは、日本における、保守に限定した話と理解してよろしいでしょうか?

記事にそう書いてあります。読んでくださいね。

>君主たるお方が本来の手続きを飛ばし、いきなり国民へのお言葉には、逆賊と不敬の謗りをおそれず申し上げます。
やはり、越権行為であると。

>ご説明致します、まず臣下への下問であるならば、侍従長を通じ、宮内庁長官から、内閣へ下問をなぜなさらなかったのか、またご進講により、有識者会議以前に、各有識者及び、各大臣に下問されなかったのか。

なぜ今回の経緯になったのかは、いろんな報道が既になされていますので、調べてみてください。少なくとも陛下が勝手にやったような簡単なものでないことはわかるはずです。一応、ヒントとして、こちらの動画がとても参考になりますので見てみてください。
【1月8日配信】江崎道朗のネットブリーフィング「天皇陛下のご譲位は国政にあたるから憲法違反なのか」小野義典【チャンネルくらら】

>なんと申しますか、下品な相手を、相手にしますと、自らも下品に見られないか?

>ヤクザ紛いの街宣右翼が、ネットでシノギをしている、水島なる詐欺師紛いの者は、放置がよろしいかと。

水島をだれも保守などと呼ばなくなり、彼が完全に消え去ればそうします。


>管理人様は、良質な書籍と、新しい人材と、新たなる論客の紹介をお願い申し上げます。

もともとは書籍の感想ブログです。書けるときは書きますし、まずはご自身でどうぞ。

>管理人様のブログで気になるのは、現代の視点で過去を断ずる。

どのような視点で見ようとも、勝手に軍を動かして政府閣僚を殺害したニ・ニ六事件は正当化できないと思いますが?いかなる社会情勢であったとしてもです。その行動の先に具体的に貧しい農民たちを救う手段でもあったというのですか。

どちらにしても、これ以上は私のブログのコメント欄ではなく、ご自身のブログでなさってください。


玉座を胸壁とするなかれ

決別のご挨拶、あまりヒステリックな書き込み、感心致しません。

あなた様の答えにならない答えに反論の価値無し。

人の引用は否定せず、されど証拠かどうか?

アンチ水島はよいですが、倒す戦略も戦術も無い。

じゃれあいの向こうにある、空っぽの世界。

忙しいなら、書き込みを閉鎖すべきでしょう?

ではあなた様の益々のご活躍とご発展を祈念致します。

チャンネル桜に統一協会の十字架が(この人のブログは鵜呑みにできないが)
ttps://www.google.co.jp/amp/gamp.ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12106525097.html

田母神さん批判映像の中で統一協会を言及してて草生えました
中川八洋のブログも安倍叩き始めたの平成25年4月くらいからでした。関係あるのかな?
おのれ木下!

Re: 玉座を胸壁とするなかれ


永田町の雀

はいはい。

承認も返信も要らないと言いながら、承認してコメントしたらヒステリックと罵倒ですか。
だから自分のブログでおやりなさいと言ったのですよ。
以前もコメントの返しようのないことを延々書いてらっしゃいましたし。

あなたの体の都合も知ったことではありません。
誰もコメントを書けと言った覚えはありませんのに。
それなのに、こちらの現在の都合を書いたら「書き込みを閉鎖しろ」ですか。
だから謙虚を装う人は嫌いなんです。

>アンチ水島はよいですが、倒す戦略も戦術も無い。

ここのコメント欄を承認制にしたのはアンチが荒らすからですよ。
そんなブログに具体的な戦略や戦術を書くわけがないじゃないですか。
水島を叩くなと言ってみたり、具体的な戦略や戦術を書くことを要求するしたり。
申し訳ないですが、スパイと決めつけさせていただきます。

>ではあなた様の益々のご活躍とご発展を祈念致します。

ありがとうございます。
これからも頑張りますよw

ではではw

いなし上手

yumiさん、いなし上手ですね。(*^_^)v
これからも、ご自分のペースで、言いたいことを、言いたいように書いていって下さい。
陰ながら、応援しております。

例の消費税の件ですね。倉山氏が指摘した
木下の件は、やはり発言した証拠ない限り
信用することは出来ません。証拠ないと
水掛論になり真実が遠のいていくだけですから。それよりも5/2に田母神氏の判決出ますが、もし無罪判決だったらパンダ水島は
完全に終わります。注目すべき判決で今から楽しみですわ!

Re: いなし上手

hisaさん、いつも応援ありがとうございます。

Re: タイトルなし

ゴルゴダの大暴風様

だから字数制限があるわけではないので具体的に書いてくださいよ。
例の消費税の件とか木下の件とかじゃわからないでしょう。

例えば「増税を木下含む財務省が推進していたこと」ですか?

それなら、このブログ内に新潟日報の記事や現代の記事などいろいろありますが。

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR