自国の憲法解釈を他国の大統領に委ねる人たち

 あきれた話である。

米大統領宛に集団的自衛権行使容認「不支持」を要請 蓮舫氏ら

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140421/stt14042122080005-n1.htm

 今、私たちが憲法と崇め奉っているものは、GHQから押し付けられたものである。こんな憲法をノーベル平和賞に、などと気は確かか?と思われるような動きがあることは、4月3日のブログでも述べた。これは、安倍政権が進めている集団的自衛権の解釈変更をやめさせるための陰謀ではないか、とも思っている。そんな中これである。

 いったいこの人たちはなんなのだ。日本の政治家ではないのか。日本の憲法解釈に関する問題は国民の議論に基づいて進めるべきではないのか。なぜ外圧によって止めさせようとするのだ。しかも民主党の小西議員はこのことを誇らしげにブログに挙げ、twitterでもつぶやいている。案の定、すでに炎上しそうな勢いだ。記事の中の名簿を見れば、さもありなんというメンバーだ。こんなものを他国の大統領に要請するなど、私たちは自分たちの国の政治を自分たちで決められませんと告白するようなものだ。恥ずかしいので日本人やめてからにして欲しい。

 この人たちの名前をよーく覚えておきましょう。次の選挙で審判を下しましょう!!

 【衆院】(民主)篠原孝、生方幸夫(社民)吉川元

 【参院】(民主)蓮舫、小川敏夫、藤田幸久、相原久美子、有田芳生、石橋通宏、小西洋之、難波奨二、野田国義、大島九州男、田城郁、徳永エリ、森本真治(社民)吉田忠智、福島瑞穂、又市征治
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yumi

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR