女性の生き方 「ありのままで」いいの?

 こちらの記事がとても面白かった。

「中央公論」掲載拒否! 中森明夫の『アナと雪の女王』独自解釈
(ネタバレ注意)
http://real-japan.org/%E3%80%8C%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%85%AC%E8%AB%96%E3%80%8D%E6%8E%B2%E8%BC%89%E6%8B%92%E5%90%A6%EF%BC%81-%E4%B8%AD%E6%A3%AE%E6%98%8E%E5%A4%AB%E3%81%AE%E3%80%8E%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%81%A8%E9%9B%AA%E3%81%AE/

 私は『アナと雪の女王』を見ていないので、その辺の感想については何も言えないが、最近もやもやと考えていたことと一致するところがあり、しかも男性によってこれが書かれていることが面白かった。

 最近、安倍内閣の成長戦略で、やたらと「女性の活用」が叫ばれている。それに伴っていわゆる保守論壇の中から、女性の活用は少子化対策の妨げになるだの、女性は専業主婦であることが望ましいなどの声も聞こえる。

 私はいわゆるバブル期に青春時代を過ごした。女性が男性並みに働くことが礼賛された時代だ。そして大学を卒業する前にバブルは崩壊し、就職時にはもう氷河期を迎えていた。田舎で就職したからなおさらだろうが、就職説明会に参加して、企業のブースに並んでも、「四大卒の女性は募集していません」と列から追い出される始末だった。今だったら、問題になりそうだが、当時はこういった説明会や面接でも、学歴による不公平な扱いや、セクハラを受けることさえあった。ものすごく理不尽だと思った。別に四大卒だから、高卒や短大卒の女性に比べて仕事ができるは思わない。しかし、時間とお金をかけて学んできたことを否定される、話を聞いてもらえないどころか、同じ土俵にすらあげてもらえないのだ。

 女性が働くことに関して、様々な意見があるのは当然だ。子供を産むことが女性にしかできないことである限り、男性とは違った働き方を選択できるようにしてほしいし、専業主婦を否定もしない。ただ、やってきた努力を発揮する機会さえ与えられず、否定されるむなしさ。これを男性に理解してもらえるだろうか。倉山満先生が言っていたが、日本とは大学院を出ると、普通の大卒より就職で不利になる馬鹿な国だと言っていたが、これと似たようなものだろうか。女性は子供を産むから、という人もいるだろうが、産むことを望まない人もいるし、産めない人だっているのだ。

 女性が外で働くことが礼賛されていた時代でも、それでよかったかと言えば疑問が残る。男性並みに働くことと同時に女性らしく振舞うことも望まれる。化粧をすることは当然の身だしなみと言われるし、男性にはないお茶当番や掃除当番。私の以前働いていた会社は男女とも同じ仕事をし、建前上能力給だった。しかし実際には私よりも後に入社した、私より評価の低い男性社員の方が給料は高かった。このような例が現在、根絶されているとはとても思えない。

 そんなに大それたことも望んでいないし、自分に大した能力があるとも思わないが、どうしても何か上から価値観を押し付けられているような気がするのだ。男性に求められる、社会人としての責任とか家庭をもって一家の主になるとか、そういったものとは別のものだ。男性の場合は、自分の力を存分に発揮することが望まれるのだろうが、女性の場合は今まで努力して勝ち取ってきたものを放棄せよと言われているように思えるのだ。だからこそ、この『アナと雪の女王』で歌われる「ありのままで」というフレーズが心地よいのではないだろうか。

 男性にとって女性のこのような感情は怖いものなのだろうか。ヤフコメや2chを見ると、「女は専業主婦!!」って声多いもんなあ。しかし、まだ不況を抜けきらない日本で奥さんを専業主婦にさせてあげられる男性がそんなに多いのですかね。そうだったら、うらやましいと思いつつ、健康で働ける体の自分は、好きなものを買ったりするのに旦那様にお伺いを立てなければいけないような立場にはやっぱりなりたくないと思う。夫婦で働いていれば、どちらかに何かあったときに、もう片方が支えられるし。

 仕事をしたい女性もいるし、主婦として生きることに喜びを見出す女性もいる。経済的な問題や家庭の問題もあるから望むとおりに生きられるかどうかはわからないけど、人の人生(特に子供)を犠牲にするのでなければ、ありのままに生きていたいと思うのでした。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR