談話?いいえ談合です ~河野談合を浸透させ、河野談話を無力化せよ

6月20日、政府による河野談話の検証結果が発表された。

政府検証全文(1)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140621/plc14062100260005-n1.htm

 菅官房長官は会見で、何度も慰安婦の証言に裏付けはなかったと繰り返した。本当は誰もがわかっていたことだが、証拠も根拠もないものが半ば国際法と化し、日本人を貶めてきた。韓国側は今回の結果を否定するだろうが、それならそちらで証拠を出せばよい。本来、立証責任があるのは訴える側なのだ。

 今、私の手元に小林よしのり氏の「戦争論2」がある。




 これは2001年に発売されたものだが、その第12章「総括・従軍慰安婦」を読むと、まあ想像通りの話である。小林氏は早くからいわゆる従軍慰安婦問題に関して言及しており、この戦争論の記述はそれをわかりやすくまとめたものだ。10年以上前から大まかな真相はわかっていたのだ。ようやく正式に政府側からこの成立過程に根拠がなかったことが明らかにされた。これに関して「なぜ河野談話を破棄しないのだ。安倍は腰抜けだ」などという人がいるかもしれない。しかしそれは違う。

 河野談話が出されたのは1993年、今から21年も前だ。しかもその時、河野洋平は首相でもない。内閣官房長官の談話が、世界中で日本人が性犯罪者であったことの根拠とされている。なぜか。そのほうが都合のいい人たちがいるからだ。それは韓国、中国、北朝鮮に限らない。同盟国であるアメリカもその他の戦勝国もだ。戦場における性の問題を本気で取り組めば、潔白だなどと言える国などないだろう。第二次世界大戦後でさえそうだ。彼らにとっては、泥をかぶってくれる日本という国がいることはありがたいことなのだ。簡単に談話を破棄などさせてくれるはずはない。

 そこでどうするか。談話を破棄できなければ無力化すればいい。今回、河野談話は根拠もない上に、韓国側とのすり合わせで作られたものであることが明らかになった。綿密な調査の上、官房長官が出した談話ではない。本当に慰安婦だったかの証拠もない自称慰安婦たちによる証言をもとに、相手側の意向をうかがいながら文言を調整して作られたものだったのだ。談話ではない、談合だ!!破棄などすべきではない。河野談話という言葉すら、あったことを忘れるまでにこの『河野談合』という言葉を広めるのだ。今の政府は河野洋平がいた自民党政権だ。本来ならば、自党内の失政など明らかにしたくはないだろう。しかし、安倍政権はそれを検証し過ちを認めたのだ。それならばその後は国民が声をあげる番である。

 今回の調査は、河野談話が作られた経緯の調査で、実際に慰安婦が強制だったかの調査ではない。それは、今後とことんまで調査していただきたい。日本には「村山談話」により作られたアジア歴史資料センターがある。しかも、ろくに人も予算もついていないため、いまだ満足に機能していないようだ。村山談話の精神にのっとり、河野談合を検証してほしい。そこで慰安婦の強制性の有無を調べ続けてほしい。事実が明らかになるにつれ、どちらの言い分が正しいのかが明らかになるだろう。韓国側が何を言おうと知ったことではない。立証責任は訴えた側にあるのだから。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR