景気回復のために増税延期を

 平成26年4月より消費税が5%から8%に変わりました。それから5か月、一時的に落ち込むことはあっても7月ごろからは回復すると言われていましたが、そのようにはとても思えない状況です。

景気下振れ、消費再増税に耐えられるか
https://vpoint.jp/bus/26425.html

 私は知識がないためあまり経済関係のことをブログの記事にすることはなかったのですが、日々生活をしている実感として、苦しくなっていることはわかります。増税は社会保障のため、と言われていますが、大人も子供も、お金持ちも貧乏な人も、働けない人までも一定の額を支払うのが消費税です。しかも、増税をすれば税収が増えるかと言えばそういうわけではなく、消費が冷え込み、GDPが減少すれば減ってしまいます。税収は税率を挙げなくても、景気が上向きGDPが増えれば増えるのです。実際去年の税収は増えました。アベノミクスの第一の矢、金融緩和により景気が回復基調にあったからです。

13年度の国の税収47兆円、予算比1.6兆円上ぶれ 一般会計
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL030ON_T00C14A7000000/
 
 人は先行きが苦しくなると思えば、お金を使わずにとっておきます。逆に、よくなると思えば使います。景気は「期待」に左右されます。このまま来年の10月に消費税が10%になるなら、期待は逆の方向に向かい、景気は悪化するでしょう。日本は20年以上デフレです。これは日本人が働かないからでも無能だからでもありません。経済政策の失敗です。それを正しくしようとはじめられた政策がアベノミクスです。1年もたたないうちに株価を倍増させ、現在では失業率を大幅に低下させたのに、増税ひとつで台無しにしても良いのでしょうか。

 安倍首相のブレーンの一人である本田内閣参与は、増税を延期しなければこのままでは日本は終わってしまう、と今、様々なメディアで訴えています。

財務省の言うことを聞いていたらこの国はなくなる!本田悦朗内閣官房参与が再増税阻止へ必死の叫び!
http://ameblo.jp/channelcrara/entry-11922694286.html

 もともと本田内閣参与も、もう一人のブレーンであり有名な経済学者の浜田内閣参与も、消費税を8%にあげることには慎重な意見を言っていました。本来、安倍首相も景気が腰折れしてしまうのに増税することを望んでいたとはとても思えません。去年の8%の増税時に何が起こったかは、私が以前ブログに感想を挙げている「増税と政局・暗闘50年史」に詳しく書かれています。

倉山満 「増税と政局・暗闘50年史」感想
http://yumikw.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

 本田内閣参与は、首相と刺し違えても増税を止めると言っています。難しい経済のことがわからなくても、今この苦しい時に、増税しないでほしい、少しだけ待ってほしい、増税しなくても景気が上向けば税収が増えるではないかと声を上げることはできますよね。財務省の権限がいくら強いと言っても、政治家は本来民意がなければ何もできません。私たち一人一人の声が大きくなれば、それに逆らう政策はできないのです。消費税を8%にする決断がされたときは、景気は回復基調にあり、東京オリンピックが決まったこともあって、マスメディアも御用学者も一時的に落ち込むことがあっても大丈夫だと言っていました。しかし、予想以上に消費が落ち込んだことで、増税に反対する声も大きくなり、危機感を募らせる経済学者たちも増えています。軽減税率を適用すれば大丈夫だという声もありますが、果たしてそのような煩雑な制度を生活必需品に導入できるでしょうか。新聞社が軽減税率を導入するように言っています。読売新聞グループに、前財務事務次官とその前の財務事務次官が天下りしたのはご存じですか?そういった業界を優先して軽減税率を適用しないと誰が言い切れるのでしょうか。

 確かに、金融緩和を続けていれば、いずれデフレは脱却できるでしょう。しかし今やっているのは、アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいるのと同じことです。回り道をしながら、もっと上まで行けるのに、中途半端なところで終わりにして良いのでしょうか。日本は長い間不況が続いています。生まれてきたときから景気の悪い状態の日本で、良くなった時期を知らない私たちの子供たちは、この後どうやって明るい未来を思い描いて生きていくことができるのでしょう。今の日本をより良いものにして、次世代に渡すのは大人の責任です。少しだけでも声を大きくしていくことから始めましょう。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR