大義のない解散?だからどうした!

 昨日11月18日、安倍総理が10%への消費増税の1年半の延期を国民に問う形で衆議院解散を発表しました。それに対してマスコミも野党も「大義がない」の非難の声のオンパレードです。

 では今回の解散に大義はないのか?

 消費税を平成27年10月に10%にあげることは法律で決まっていました。確かに景気条項附則18条があるので、国会で通せば延期は可能です。しかしそれは本当に解散なしでできたのでしょうか?

 つい先日まで民主党は自民党に「増税延期はアベノミクス失敗」と増税を実施することを迫っていました。自民党税調を中心とし、多くの自民党員も増税に賛成の立場をとっていました。増税に慎重な人たちでさえも、今回の増税を延期できるか?という問いには法律を変えなければならないので難しいと言っていました。増税延期を主張する山本幸三氏を中心とした「アベノミクスを賛成させる会」も、初めは45人の参加者がいましたが、財務省の圧力により3回目の会合の時には15人に減っています。それが安倍総理が解散を考えていると各社で報道されるようになると、一気に民主党も増税派も増税延期賛成に論調が変わりました。そして野党やマスコミは「みんな延期に賛成しているのだから、解散する必要などない。今回の解散には大義がない」と言いだしました。

 本当に今回の解散には大義がないのか?私の意見としてはどちらでも良い、です。本当は解散するのならば、もっと踏み込んだこと、ここまで景気が悪化しているのだからこの消費税を10%にあげる法を廃案にして5%に戻すくらいのことをしてほしかったと思います。しかし、この10%を一年半延期にするまでが増税賛成派及び財務省が飲める最低ラインだったのでしょう。ここまでやるのに解散までしなければならないとは、本当に一度決めたことを覆すということには政治的なパワーが必要なのだなと思います。ならば、解散に大義がないと言っている人は何か?私がそういう人たちを批判するのはそれを言っている人が本当にそう思っているというより、今解散されると困るというのが見えるからです。この間まで、増税を主張しながら増税延期賛成と言い、代案も出せないのにアベノミクスは失敗だという。ならばあなたたちの政治家としての存在に大義はあるのか、何のために政治家でいるのかと言いたい。増税が本当に必要だと思うのならそれを最後まで主張し、それを国民に説明すればいいのに、与党が増税延期で解散と言えば、それまでの言葉をなかったことにして増税延期を言いだす。増税が必要だと主張していた人の中には「増税を延期したら、国債が暴落し、金利が暴騰し、ハイパーインフレが起こる」と言っていた人もいました。そんな大変なことが起こるのになぜ止めようとしないのですか?本当はそんなことは起こらないとわかっているからではないですか?全くどの口で「大義が」などと言うのでしょうか。臨時国会が開催してから散々審議拒否してきた民主党は、今度は大義のない解散するから審議拒否だそうです。仕事をしない政治家はいらない、と国民が判断しても文句は言えないですよね。
 
 首相が解散を宣言したら、それを止めるすべはほぼありません。ならば自分の信ずるところを国民に示して戦えばいい。そもそも衆議院議員はいつ解散になってもおかしくはないのですから急に言われても困ると言ってもそれは言い訳にしかならないのです。普段から議員としてきちんと仕事をしていれば有権者はそれを見ています。常に政治家は国民に民意を問われても恥ずかしくない行動を心がけていただきたいものです。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

大義がないから安倍なんか相手に出来ないという意味ですよ。
集団的自衛権の時もそうだったが、国会での説明、論議がない。
だから「大義がない」と言われているのであって、だからどうしたとは、この様に民主主義的ではない安倍を認めろという意味か?
安倍が論議しないから野党も論議できないと言っているのだよ。

最近「何でも野党を悪いといえば世の中治まる」と言う傾向があるが、それが安倍の暴走を助長し安倍をやりたい放題にしている。
頼むから、良いことは良い、ダメなことはダメと言える人間になってほしい。野党だけが悪いとの発想は国民が不幸になるだけだよ。
だからどうしたではないよ。だからストップ安倍なのだ。

Re: No title

いぐちあつろう様

コメントありがとうございます。

>「大義がない」と言うかは「まず国会で説明して国会論戦という民主主義のプロセスを踏まない」から言われるのですよ。

まず、今回の消費税ですが、増税をするか延期するかは時の内閣が判断するものです。ですので国会で説明して国会論戦しなければいけないというのがそもそも間違いでは?

>集団的自衛権の時もそうだったが、国会での説明、論議がない。

集団的自衛権は現在「閣議決定」の段階で、国会での審議はこれからでしょう。

貴方はさんざん「安倍の暴走」とおっしゃいますが、何をもって暴走とおっしゃるのでしょうか。何か国会で審議なしで通った法案でもあるのでしょうか。私は存じ上げませんがあるのでしたら、教えてください。

そもそも、現在衆参ともに自公で過半数を取っているのですから、自民党、公明党内で調整すればいくらでも法案は通せるのですよ。それを前回の選挙は増税延期を公約に掲げて勝ったわけではないからと議席が減る可能性もあるのに解散する。これが暴走なのですか?過半数が取れなかったら安倍首相は退陣すると言っていますが。

>安倍なんか相手に出来ない

 自民党は安倍総裁で衆参の選挙に勝ちました。国民は安倍さんを選んだのですよ。あなたは自民党には投票しなかったのかもしれませんが、選挙に勝った党が政権をとるのがこの国の仕組みではないのですか?それを否定し、首相を相手にしない、などと野党が言うのは民主主義ですか?

 そもそも、私がこのような書き方をするのは、解散に必ずしも大義が必要なのか疑問だからです。前回の解散の大義はなんでしょう?教えていただけませんか。

 何を怖がってらっしゃるのですか?安倍首相の暴走を止めたいのでしょう?選挙で自公が過半数を取れなかったら安倍首相は退陣するのです。安倍首相は相手にならないのでしょう?迎え撃てばいいじゃないですか。チャンスですよ。
プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR