「増税と政局」後日談 チャンネル桜 水島社長の変節


 来年の10月に消費税が10%に上がることは1年半延期されることになりました。去年の10月に8%の増税判断の前に、倉山満先生他さまざまな方がそれを阻止すべく活動をしていました。その顛末に関しては倉山先生の「増税と政局・暗闘50年史」に詳しく書かれています。感想はこちらのブログでもUPしています。

倉山満 「増税と政局・暗闘50年史」感想
 
この感想の中で私は

 あの時口だけで消費増税反対を訴えながら、増税を阻止するために必死に動いてきた人たちを、後ろから撃つような真似をしてきた人たちを決して忘れることはないでしょう。その後も「倉山は読みを外した」だの「財務事務次官の木下康司が増税の黒幕だなんてデマを流すな」などと言っていた人は、財務省が増税にかかわっていない証拠をぜひ出していただきたいと思います。

と書いています。その中の一人がネット放送チャンネル桜の水島総社長です。彼は消費増税反対と口では言っておきながら、運動の終盤ではすっかりそれをあきらめており、倉山先生の運動に水をかけるような真似をしてきました。そして増税が決まった後は、まるで倉山先生が嘘を言って運動をあおったと言わんばかりの言動をするようになりました。

【消費増税】疾風にして勁草を知る、日本草莽はどちらか?[桜H25/10/2]

 この動画の中で、水島氏は安倍首相が財務省に操られて決めたのではなく、今やれることのベストとして自分で増税を決めたとの発言をしています。安倍首相は木下財務事務次官を首にしようと思えばできる。安倍対木下、安倍対財務省みたいなものではないとも。最終的には戦後レジームのせいだといった感じの論調でした。

 今年の増税政局で財務省が様々な方面に圧力あるいはご説明を行って、消費増税を押し進めようとしていることが明らかになってきました。ネットで検索すれば大手新聞社のサイトでいくつも見つけることが出来ます。こういったことを財務省が去年やっていなかったとどうして思えるのでしょうか?そもそも財務省が増税をやりたがっていたことは当時の財務事務次官木下康司自らがインタビューで答えています。

カイザー


 そして水島氏は自らの活動を正当化するために、倉山先生を貶めるような発言をするようになりました。

【偽善と虚構】反核平和・ウイグル弾圧・木下増税[桜H26/8/7]

 こちらの動画ですが、消費税も木下元財務事務次官も倉山先生も全く関係ありません。それを自分が水産庁の藤田氏の個人攻撃をしたことを批判されたことの言い訳として、自分たちはちゃんと証拠があってやっているが、倉山先生が(名前は出してはいませんが)増税反対運動の際、木下康司の名前をだしたことを嘘だと断じています。

 私が問題にしているのは、木下が全部取り仕切っているというのは、これは嘘だ!!という様なことを言っただけです。私が財務省の税金の問題に関して言ったのは、「嘘を吐くな」ってことです。

 「国民大衆を嘘で引きずりまわすな!」「デマを流して国民を動かすな!」

 我々は嘘は大っきらいです!
 嘘吐きは良くないし、嘘を吐いて国民を引きずりまわすことは良くない!!と。
 良くないというか、これは逆に犯罪だと思っております。


 そして司会者に

 嘘は泥棒のはじまりです。

 と締めさせています。犯罪者呼ばわりですか。

 実は9月に起こっていたことで「増税と政局」にも書かれていないことがあります。それは「ジャパニズム18」の倉山先生の記事でわかります。




ジャパニズム18 89ページから引用

反安倍とならないよう木下批判を止めてくれということについて、水島氏は三つの理由をあげました。藤井氏の国土強靭化に予算をつけてもらわなければならないこと、尖閣の漁民対策に予算をつけてもらわなければならないこと、そして参議院議員の西田昌司氏にNHKの問題についてがんばってもらわなければならないこと。西田氏、藤井氏を守りたい。だから木下の悪口を言うな、ということでした。

引用終わり

 これはなんなのでしょうか?NHK問題で西田議員に頑張ってもらう、国土強靭化に予算を付けてもらう?尖閣の対策に予算をつけてもらう?これで財務省に工作されていないなんてよく言えたものですね。もし気づいていないのだったらどれだけ鈍いのですか?西田昌司議員は途中まで増税に反対していましたが、ある日突如発言を翻し、増税派に転じています。NHK問題どころか西田議員は強力に公共事業を推進している議員です。財務省に予算を付けてもらうために懐柔されたのではないかとの想像はできますよね。国土強靭化に関わっている藤井聡参与はペンネームを使ってこんな記事を書いています。

【鶴田正平】消費税のしょぼい展開

 消費増税に反対していた倉山先生及び浜田参与他リフレ派の経済学者ををバカにし、財政出動をすれば大丈夫だとの記事ですね。この時点でもう増税を止めようとしていた人の足をひっぱり増税賛成に加担しているじゃないですか。

 水島氏はもちろん木下元財務事務次官じきじきにご説明されたわけではないでしょうが、その策略に取り込まれているのではないですか?

 そして、11月27日の桜で私の目を疑うような放送がなされました。

【アベノミクス】安倍総理vs財務省、消費増税を巡る暗闘[桜H26/11/27]

 なんと安倍さんは財務省に戦いを挑んで増税を延期したそうですよ!財務省が増税をやらせたくても安倍さんは財務事務次官なんて簡単に首に出来るのだから別に戦う必要なんかないですよね?じゃあ、前回の増税政局で消費税をやりたいのは財務省でその事務方の最高責任者だった木下康司を増税の黒幕だと言っていた倉山先生を嘘つきの犯罪者呼ばわりしたあなたはなんなのでしょうか?

 今でもいわゆる保守系の方に影響を与えているチャンネル桜、その社長がこのように発言を180度翻したのに、何の説明もなしでよいのでしょうか?嘘つき呼ばわりした人に謝罪もなしで何もなかったことにしていいのでしょうか?ニコニコ動画のコメント欄を見れば視聴者がどう思っているのかはっきりわかりますよね。ぜひ番組内できちんと説明していただきたいと思います。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

そういえば…

すばらしい正論であります。

チャンネル桜の水島社長は、このときの前にも同じ行動をなさっておられました。TPPの時も初めは、反対されていたのにもかかわらる、最後のほうで、TPPを賛成派に180度、転換していました。あのときは、東谷先生と対立していました。今では、東谷先生を見れないのが残念です。この倉山先生のときも東谷先生のときも、とにかく不快な気持ちでいっぱいでした。

水島社長は、ご自分では、安倍信者じゃないといっておりますが、正に水島社長は安倍信者であります。チャンネル桜ご覧いただいている皆様も安倍さんを絶対支持とほとんど口をそろえて仰っております。

私たち愛国者です、誰が何が悪いんではなく、みんなで日本を良くしていきたいものですね。

No title

水島総およびチャンネル桜に対する不信感は日に日に増しています。私も精一杯チャンネル桜の矛盾を拡散していきます。お互いにチャンネル桜の真実を拡散しましょう。そして願わくば、倉山先生および倉山塾の益々の発展を期待したいばかりです。

保守言論に自由を

私も日本の保守事情に興味を抱くものの一人です。昨年の倉山氏がチャンネル桜によって半ば言論弾圧の憂き目にあったことはたいへん記憶しております。確かに、倉山氏は過激な発言で保守の外は愚か、内にも敵を多く作っているのかもしれません。しかし、言いたいことを言わせない空間は保守ではなく、設計主義だと私は考えます。現に、倉山氏にも発言と行動が必ずしも一致しないときがあります。しかし、倉山氏は必ずその度に釈明をし、自身の行動に潜む理由を提示しました。チャンネル桜ならびにそれに関わる言論人の一部は間違いを認めることや矛盾を修正することができないみたいです。そんなことでは平気で偽装降伏ができる左翼やスパイ勢力には何年かかっても勝てないと私は思います。
余談ですが、チャンネルくららでの「すばやく学ぼう」シリーズの中国史パターンのまとめ動画を作成しました。よかったらご覧ください。

No title

良い記事だとおもって拝見したのですが、
一番下に、

スポンサーサイト ソフトバンクの通信制大学

とあるので、がっかりしました。

ソフトバンクの文字が入っているだけで、
このブログ全体があやしいと感じます。
いわゆる通名ブログ、日本人成りすましブログなのではないか、と思ってしまいます。
違うと言うのなら、このスポンサーサイトというのを
とっぱらっていただきたい、、、、。
すごくわかりやすくていい記事だと思ったのですが。

Re: そういえば…

ペンペン様

コメントありがとうございます。

以前は毎日、桜の動画を見ていただけに、最近の水島社長の言動には本当にがっかりしています。
考えが変わったなら変わったと認めていただきたかったのですが、どうもその後の動画を見た限り相変わらずのようですね。残念です。

Re: No title

コントラスト様

コメントありがとうございます。
間違っていることは間違っていると声を上げなければならないと思います。お互い頑張りましょう。

Re: 保守言論に自由を

ヒスペディア様

コメントありがとうございます。

誰しも間違うことはあります。しかし間違ったらそれを認め修正できるのが保守だと思います。
誰しも言論の自由があり、だからこそ反論されることもあります。それに対して丁寧に対応し正しい道を進めるよう努力したいものですね。

Re: 有難うございます

愚か者様

コメントありがとうございます。

富山の方なのですね。うれしいです。
まだまだ勉強不足のため、たくさんの人に読んでいただけるよう読みやすい文章することは心がけております。
こちらこそよろしくお願いします。

Re: No title

ゆき様

コメントありがとうございます。

こちらのブログに表示されるサイトは、本文中にあるamasonのもの以外は、このFC2ブログの仕様で私がどうにかできるものではありませんのでご了承ください。

それとソフトバンクがスポンサーだから成りすましとかそういった決めつけはなさらない方がいいですよ。
プロフィール

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR