ユウキのこと

 12月30日、今日は猫のユウキの命日だ。

 ユウキは私が大学を卒業し、仕事を始めた年に飼い始めた猫だ。ずっと猫を飼いたいと思っていたところ、近所のスーパーに「猫もらってください」の張り紙が貼ってあった。その家を訪ねると、飼っている2匹の雌猫が同時期に出産し、仔猫が十匹も生まれてしまったというのだ。茶色と灰色のペルシャ猫の子供たちは、様々な毛色の子がいたが、みんな来客の様子をうかがっている中、一匹の灰色の子猫が私のところに近づいてきて私の手をなめた。その子がユウキだ。

 まだ生まれて2か月もたっていないころで、体重は500gしかなかった。すごく人懐っこい子で、来た日から、まだ9月で暑いのに私の腕枕で眠った。やんちゃな子で、いろんなところに登っては物を落とすので、カラーボックスでの物の管理がすごく大変になった。小さいころには噛み癖があって、しつけに悩んだ。

 ユウキが4歳になった時、私に息子が生まれたので心配したが、ユウキのほうは「なんか変な生き物来た!!」と言わんばかりで遠巻きに眺めるだけだったので安心した。息子は寝返りがうてるようになると、目を離したすきにユウキに近づくようになったが、たたいたり毛を引っ張ったりするようなこともなく、まるで生き物の扱い方を知っているかのようにやさしくなでていた。息子が少し大きくなると、夜にトイレについてきてくれるお兄ちゃんのような存在になった。寒い冬には、布団の中で私の隣を奪い合った。何より、小学校高学年になり、祖母宅より家で私の帰りを待つようになった頃、家にいるのが自分一人ではなく、ユウキがいることは何よりも彼の慰めになっただろう。

 しかし、生きているものは必ず老いる。遊んでいる時間よりも、じっと横になっている時間が増え、食も細くなり、朝は2階で寝ている私たちを起こしに来ることもなくなった。ただ、いつも私が朝起きると、必ず私についてきて、洗面所で顔を洗う私の横で、お風呂場で水を飲み、私のトイレが終わるのを待って、一緒に台所に行き、シンクでもう一度水を飲んだ。

 ここからは、死の描写があるので、苦手な人はご遠慮願いたい。

 2年前の12月29日の夜、仕事から帰っていつものように餌をやるが食べない。少し鰹節を振ってやったのだが、興味を示さない。ただシンクに上って水は飲んでいた。その時、もう長くはないかもしれないと思った。
 次の日の朝、私が起きると、彼も部屋から出てきたのだが、いつもなら私についてきて水を飲むのに、逆の方向のトイレに向かい、そして、たどり着く前に漏らしてしまった。そのまま、水を飲むこともなく寝床に戻り、眠ってしまった。
 その日から幸い仕事が休みだったため、朝一番で病院に連れて行った。いろいろ検査をしてもらったところ、いろんなところが少しづつ悪いが、治療をするほど悪いものではない、体温は下がっている、17歳という年齢からも、来るべき時が来た、ということでしょう、と言われた。脱水状態だと体がつらいので、と温かい点滴を打ち、少しでも飲ませてくださいとブドウ糖とスポイドともらった。年末年始は基本的に休みだが、時間を決めて開けるので、点滴を希望するならその時間にできる、連れてくるほうが負担になると判断されたら、それでもかまわない、とも言われた。とりあえず、翌日の予約だけして帰った。
 うちについた時はもう昼近かったので、昼食の用意をして、息子と食べた。その後、ユウキにスポイドでブドウ糖液を飲ませた。口に含ませた水を、ユウキが飲み込み、のどが動いたその瞬間、ユウキが私を見つめ、その瞳から、すうっと命の光が消えた。生きていたその目が、まるでガラス玉のようになってしまったのだ。慌てて心臓マッサージをし、人口呼吸をした。しかしユウキは戻らなかった。私が殺してしまったのか?と狼狽し、その後は茫然となった。止まることなく涙が流れ、嗚咽が止まらない。息子は、「部屋に行く」と言って、出て行った。私が泣くのが見ていられなかったのか、何より彼は、自分が泣いているのを人に見られるのを嫌う。
 何をしたらよいのかわからなかったが、ユウキの亡骸をずっとこのままにしておくわけにもいかない。ペット葬儀センターをインターネットで探すと、近くにあることがわかった。そこのホームページに、まずなくなったペットの目を閉じてあげてください、とあった。確かに、目を開けたままだったので、目を閉じてやる。ふと、夫に連絡をしてなかったことに気づき、仕事中の夫に電話、すぐに来てくれた。死んでしまったユウキを見て、夫も号泣していた。初めて見る姿だった。夫は仕事にすぐ戻ったが、帰ってきたときは、ペット用ベッドと造花を買ってきてくれた。ベッドに寝かせ、周りに花を敷き詰め、ただ私たちは泣いていた。どんなに悲しくても、生活しなくてはならない。泣きながら食事を作り、泣きながら食べた。葬儀社に予約をし、次の日にお葬式をしたが、ひたすら泣いた。

 しばらくは、特に夜一人になると、涙が止まらない日々が続いた。17年の時を一緒に過ごした命が消えるということは重い。2年たってもやはり思い出すのはつらいものがある。ただ、そのつらさよりももっとたくさんの幸せな時をユウキはくれた。私と過ごした日々が、彼にとっても幸せなものであったことを願う。

 
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

涙が止まらない。。

おはようございます。

年末になると、ユウキちゃんを想い出しちゃいますねi-241
読ませて戴きながらも私も号泣しちゃいました。
本当に最期はきっと『ありがとぅ』って言ってくれたんですょ。
17年間一緒に過ごして沢山の宝物を残してくれたユウキちゃん。
私も空の事を想うと考えたくないけど、その時が来たらずーっと
泣いていると想う。本当に考えたくないけど、その時は間違い
なく来るんですょねe-263そう想うと1日1日を大切に、
そして幸せに過ごさせてあげたいなって想います☆

ありがとぅ。


今、会社です(^^;  誰もいないから号泣しても平気(笑)
昨日は雑煮と煮ものを作りました。(と言っても今日味付けです)
いつも我が家の雑煮は、富山県東部の味付けなのかな…?
焼き豆腐、こんにゃく、ごぼう、にんじん、そして本来はふくらぎ?
でも我が家は鯛のほぐしたのを入れてます。具沢山な雑煮♫
だけれども、うちのパパな魚のそういうのが苦手で今回は鶏肉に
しました☆ これは食べてくれるから(笑) 牛肉っていうのもお初
かもしれません^^ 豪華ですね~e-266

そんな訳で食べたいものをお節にしてる我が家は茶色の食卓に
なるでしょ~e-400  一般的なのはあんまり好きじゃな
いので、作らないんです(伊達巻とか海老とか)
姑さんと同居してたらそんな訳にもいかないんだろうけど、核家族は
楽だわe-440

今年も後少し。大変お世話になりました☆
2014年もどうぞよろしくお願いいたします^^

よいお年をお迎えください~i-236
プロフィール

yumi

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR