若者たちが国会前で怒りの声「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」・・・えっ?


 何気にネタの宝庫の「弁護士ドットコム」

 今回はとびっきり香ばしいです。

<安保法案可決>若者たちが国会前で怒りの声「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」

メンバーは国会前に仮設された壇上でマイクを握り、「安倍政権は民主主義を理解していない。徹底してノーといいたい。めっちゃ声だしていきましょう」と呼び掛けると、「イエー」「フー」と声があがった。

若者たちは「自由を守れ」「未来を守れ」「安倍はやめろ」「勝手に決めるな」「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」「何か自民党、感じ悪いよね」などと声をあげた。

現場には社会学者の上野千鶴子さんも応援にかけつけ、「国会議員の主人は国民です」と政府の対応を批判した。

政治家も登壇し、共産党の志位和夫委員長は「若いみなさんがこの国の前途を考えていることを頼もしく思っています。安倍政権を倒そうじゃないですか」と呼び掛けた。社民党の吉田忠智党首も「憲法違反であることに変わりはありません。強く抗議していきましょう」と力を込めた。民主党の枝野幸男幹事長も「国民的な大きなうねりをつくってほしい」と語った。

●古賀茂明氏「30万人集まったら、流れが変わる」
デモを訪れていた元経産官僚の古賀茂明氏は弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「SEALDsに期待している。国会じゃ数で負けるが、この運動を続けて30万人集まったら、流れを変えることができると思う」と話していた。

精神科医の香山リカさんも取材に対し、「解釈改憲と安保法制は、国民と学問を愚弄している」「若い世代が参加する抗議運動は素晴らしい。この熱気を保ち続けて、来年の参院選に影響があると思わせないといけない」と語っていた。

(弁護士ドットコムニュース)


  もうタイトルからして飛ばしてますね。「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」
 どうやって?

「安倍政権は民主主義を理解していない。」

 あなたたちは民主主義を理解していますか?日本は議会制民主主義という制度をとっています。

(wikiより引用)
 議会制民主主義は、国民が選出した代表者で構成される議会の討議にもとづいて政治を運営していくことによって、国民の合意による政治という民主主義の理念を実現しようとするものである。議会制民主主義のもとでは、議会は、国民の意思を代表するものとして、政治の中心におかれることになる。対になる概念として直接民主制がある。現在ほとんどの国が「間接民主制」である。

 今、安倍さんが総理大臣なのはなぜでしょう。安倍さんが総裁である自民党が選挙によって第一党に選ばれたからですよね。しかも、3回連続で勝利しています。ちなみにどの選挙でもこの安保法制にあたるような法律の整備を公約で掲げています。きちんと公約に掲げたものを選挙で勝った政党が実行する。これって民主主義の否定なのでしょうか?

自民党公約 

 共産党の志位さん、社民党の吉田さん、民主党の枝野さんもいろいろ言いたいことはおありでしょうけど、まずは国民の声を聴いてください。それが一番示されているのは選挙結果ですよね。

 ちなみに、安倍さんのお祖父さんにあたる岸信介が首相だったときもこのようなことがありました。あの時は、今のでたらめなマスコミ報道とは違い、本当に国会を埋め尽くすほどの人が「日米安保反対!」と叫んでいました。その後、岸首相が退陣した後の、解散総選挙の結果はどうだったのでしょうか、池田勇人を総裁として自民党は圧勝していますよね。国会の周りで騒いていた人たちはいわゆる「ノイジーマイノリティー」で多くの国民は「安保改定」に反対していなかったということですね。確かに、現在の安倍政権の支持率は安倍総理自身の人気によるところも大きいですが、まさか安倍首相が退陣したら、自分たちが政権をとれるなどと思っているわけではないでしょうね。

 若い人たちが政治に興味を持つことは素晴らしいことです。しかし、それを実現するためにはまずは選挙に行くこと。マスコミは「解散に大義がない」などと無意味なことを言わずに、今回の法案しかり、選挙中の各党のマニフェストに関しても国民にわかりやすく説明する努力をしているのでしょうか。「戦争法案」などと出鱈目なプロパガンダで視聴者を誤解させるのはいい加減やめてください。説明不足と言いますが、政府はちゃんと説明をしています。それを報じないから、安倍総理がテレビに呼んでくれない、と言って自らニコニコ動画に出演することになるのではないでしょうか。そもそも騒いでいる人たちは、ちゃんと政府の説明を聞いているのでしょうか。聞いていたら絶対に「戦争するな!」などと大騒ぎするようなことになるはずはないのですが。

 しかし、こんな記事を弁護士ドットコムに載せるとは。書いた人は弁護士なんでしょうか。まずは憲法の勉強からやり直してくださいね。
スポンサーサイト


テーマ : 安倍政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

立憲主義の破壊

 はじめまして、凍え馬と申します。

 私は、「立憲主義」という言葉が何だがよく分からないのです。もちろん本来の語義では、権力者の恣意的な権力の行使を抑制するために、国家権力を一定の規律の下に服させることを言うはずなのですが、安保法制改正に反対する連中の「立憲主義」というのが一体何を指しているのかが分からないのです。

 彼らの言う「立憲主義」というのは、「自分達の憲法解釈に従うこと」を意味しているのではないかと思われるのですが、それでは最も立憲主義とは程遠い考え方でしょう。

Re: 立憲主義の破壊

凍え馬様

コメントありがとうございます。

「立憲主義」とは何か?

難しい問いだと思います。
そもそも、憲法とはなにか?ということを学校では教わらない。逆に意図的にゆがめて教えている節があります。
大学ですらそうですからね。

彼らの言う「憲法」は「憲法典」のことで、それを恣意的に自分たちの都合のいいように解釈している人たちの言い分から外れたら「立憲主義に反する」と言って、責めたてているように見えます。本来「違憲」と「非立憲」は別のものなのに。

>権力者の恣意的な権力の行使を抑制するために、国家権力を一定の規律の下に服させることを言うはずなのですが

凍え馬様のこの分の「国家権力」を「政府権力」にすればかなり当てはまるのではないかと思います。
「国家」をは「国民、領域、政府」を統合した概念で、本来縛ることが出来ないものですので。

おりしも本日のチャンネルくららで「立憲」「非立憲」について倉山先生が語っているのでそちらを見て頂くと良いと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=zSdy4ZKI45s

言うことを聞かせる。ってあたりが
非常に独善的で嫌ですね。
選挙も民主主義も連中の
ご都合主義の前には形無し
そのうち反戦が反選になって
中共は素晴らしい理想的な政治体制
とか言いだすんでしょうね。




Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

安倍は民主主義がわかっていない、などと言う人がなぜこんなことを言うのか意味不明ですよね。
民主主義が何かは俺たちが決めるということでしょうか。
朝鮮「民主主義」人民共和国で行われている民主主義を指しているのかもしれませんw

No title

話題は違いますが、景気状況について

経済アナリストの藤原直哉という人の言です。
「今年4月から6月の実質GDPは1・9%の下落と
なりました。(中略)確報で下方修正される可能性
が大です。要するに日本には既に不景気が広が
っているのです。特に今回の統計を見ると円安物
価高による個人消費の冷え込みと円安にかかわ
らず輸出が落ち込んでいる姿が見え、日本経済
の構造変化で円安による景気浮揚効果は今や
ほとんどないどころか、かえって円安で国民が苦
しむ状況になっていることがわかります。」

この円安は(安部の押した日銀総裁・黒田の施
行する)「無制限の金融緩和」によるものでしょう。

また、http://my.shadowcity.jp/2014/08/post-5508.html#more
によると
「4-6月期の数字が物凄く悪くて、粉飾してなお、
マイナス6.8パーセントと、311以来の落ち込み、
というんだが、それが7月にどうなったのか? 
とりあえず白物家電は前年比15.9パーセントの
落ち込みだそうでw PCの出荷は16パーセント
減だそうでw もう完全に大不況突入ですw」
というのが去年の今頃の話(記事のタイムスタ
ンプは2014年8月27日)なので、既にアベナントカ
は終わっています。

Re: No title

コメントありがとうございます。
今気づいたので、返信遅くなって申し訳ありません。

しかし、基本経済ブログではなくこの記事も経済の記事ではないのに、
なぜこのコメントを書かれたのかはわかりませんが。

>経済アナリストの藤原直哉という人の言です。

私はこの方を存じませんし、この発言に対する指標とかデータとかも
付けて頂いたらわかりやすかったですね。

円安で国民が苦しむのでしたら、円高だったら国民は楽だったのかの
説明もお願いしたいです。

それとなぜか去年の話をしてらっしゃいますが、
当ブログでも去年のデータの落ち込みの件は記事にしていますよ。
明らかに消費増税のせいだと思いますが、
消費増税は民主党政権下で決まったことですし、アベノミクスに
消費増税は含まれていません。
アベノミクスの第2の矢は財政出動ですが、
消費増税はそれの逆をやることですので。

とりあえず、コメントをいただけるのはありがたいのですが、
それを付けるのにふさわしい記事にしていただけませんか。
プロフィール

Author:yumi
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR