チャンネル桜は報道番組?誤報記事で誹謗中傷?2

続きです。

【朝日新聞】田母神事務所横領買収事件に便乗、古谷経衡君に社論を託す?[桜H27/5/29]



 この番組、古谷氏への誹謗中傷もひどいですが、前半は田母神俊雄氏への証拠のない誹謗中傷、その後、自分が田母神氏に対して、頑張れ日本の口座にお金を移せと言ったことが、実は本当だった。スタッフに言われて思い出した。とものすごい言い訳をしています(11:53~)。突っ込みどころ満載ですね。

 その件に関しては短くまとめたわかりやすい動画があるのでそちらをどうぞw

【猫動画】水島総の大嘘 削除されたみょ~ん!田母神さんに謝れにゃ!


 こちら、動画の説明文からしてひどいです。

 先日水島が取材を受け、本日の朝日新聞紙面に掲載された『昨日の友は今日の・・・ 保守系に異変?』に関し、中国共産党中央統一戦線工作部の薫陶よろしきを得たようなプ­ロパガンダ記事について間違いを指摘します。同時に、朝日新聞から若手保守評論家とし­て「取り立て」をられたかのような古谷経衡君が、事情も分からぬまま朝日「提灯持ち」­コメントを述べたことに対し、そのレベルの低さと追従姿勢に、失笑と情けなさを水島と­西村が表明します

 古谷氏に対して、西村幸祐氏と水島社長は嘲笑しながら非難しています。

16:06~
(水島)古谷君ですね、古谷さん。保守の、保守の評論家。(西村笑い)これは今笑い声が出たように。あの、保守の評論家と言っていいのか。まあ良く、一番最近便利に使われているね、あの、まあ人たちが鈴木邦男さんという新右翼として、よく代表で出るんですね。まあそれから古谷さんもね、あの、今や保守派の評論家として、あの、朝日新聞によく登場するようになった。あのまあこういう状態ですね。まあ彼が保守派と言えるかどうかちょっと、あのいろんなこと意見もあると思いますけど、ま、でも一言、えーこういう風に上昇志向の子供っていうかね、彼なんかはね。あの一応皮肉で言っときますけど。良かったね。あの朝日新聞なんかによく登場できてと。あのある意味で言うとね保守の人達とか革新というかそういう人達でも、朝日新聞に登場するとね。すごくうれしい人たちもたくさんいるわけですよ。あのまあそういう人たちがいる中で、迂遠なんですけどまあこういう、あの皮肉はともかくですね。保守という形で、朝日新聞のこれ完全な代弁なんですね

18:53~
(西村)僕はネット右翼って言う言葉自体僕は認めないですよね。
(水島)私もそうですよ。
(西村)だからねえ、もうこの時点で
(水島)レッテル貼り出来てるね。
(西村)も、ね。要するに評論家としての要するに資格なんかないと思うんですよね
(水島)陰謀論者、民族派までと、十把ひとかげらにこう言ってるんですけど、えー過去の戦争をめぐる評価について、論争も起きておりこの問題に限らず、保守の亀裂が表面化してきたと、なんか分析してるようにはいってるんだけど
(西村)だからそれはね。笑っちゃうんですよね。もう全然分析にもなってないんですよね。

28:20~
(水島)いかにもこの付け焼刃の認識でね。国民党のとなんですか、共産党がね。あの内戦を再開した。もともとそうじゃないかと、中国の歴史だって全く違うんだよね。こんなことでまた一般の人を騙せる。あの古谷さんもね。一応うちの中で番組やってもらったりしてた人だから。あなたはね、やっぱり朝日新聞がね、良く重用してくれるようになってうれしいのかもわからないけど、本当にジャーナリズムとかあのそういう原点を忘れちゃいけないよと。まあ言っときたいと思います。

 何年も一緒に番組をやっていた人に対してのこの言いよう。水島社長もひどいですが、西村氏は古谷氏が「ネット右翼の逆襲」という本を書いているのを知っているのでしょうか。



 水島社長はチャンネル桜のさくらじでも紹介されたことがあるので知らないわけはないですよね。1000人に及ぶアンケート調査や取材を通じてネット右翼と呼ばれる人たちがどのような人達かの実像に迫った本ですが、その彼が「ネット右翼」という言葉を使った、それだけで評論家の資格はないと。西村氏はそんなに偉い評論家なんですかね。そして水島社長も同調しています。批判対象に対する、無知、無理解。先ほどのはすみ氏への批判にも通じますね。

 この後、水島社長は、記事の間違いの訂正及び自分に対する謝罪が足りないとのことで執拗に番組作成、街宣活動を続けます。その後も何度か公開質問状を送っているのですが、それを読むとこんな記載があります。

抗議状及び公開質問状 平成27年6月1日

(引用)
 当該記事掲載の翌日、古谷氏から水島は電話連絡をうけた。古谷氏は前後の話を削除されてしまったとして、自分の意図とは違う記事となってしまったと水島に伝えてきた。また、秋山記者から、水島が抗議活動を起こすのだろうかと古谷氏に問うてきたことも話した。秋山記者自身が、水島や関連団体が怒ることを予想していた「捏造わい曲記事」の自覚を持っていた証拠でもある。
(引用終わり)

 古谷氏は前後の切り取られた自分の意図しない記事を掲載されてしまったのですよね。そして水島社長はそれも抗議内容として抗議状及び公開質問状を作成しています。本人の意図しない記事を掲載されたことに対して朝日新聞に抗議することはいいでしょう。それならばその意図しない記事にをもとに誹謗中傷した相手に対する謝罪はなされたのでしょうか

 この後、この問題に関して作り続けた大量の番組。その中でその切り取られた部分に関する説明や、古谷氏に対する謝罪はなされたのでしょうか。私は桜の番組を全部チェックしているわけではないので、そのような番組が放送されていたのでしたら、どなたか教えていただきたいです。

 自分に対する間違いはとことんまで追及するのに、自分の間違いは決して認めないことは今までの行動でわかりきってはいますけどね。あ、この番組でも刑事告訴するって言ってますけど、もう4か月たってますね。ちなみに、水島社長は田母神氏、および田母神事務所を横領・買収で刑事告訴することは出来ません。告訴権者じゃないですからね。名誉毀損でしたら出来ないことはないですが、名誉毀損も刑事告訴の時効は半年ですので。もう、いろんな案件が着々と時効を迎えてますね。本当に弁護士さんに相談してるんでしょうか。10万字にも及ぶ連名での告訴状で、これを見たら田母神氏を支持する人はいなくなるんですよね。田母神氏が出したという告訴状に対して、公開しろと言っていたのですから、ぜひこちらの告訴状も番組及びホームページで公開してくださいね。楽しみにお待ちしております。

 
 
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR