藤井聡氏、赤旗掲載の件。ご本人から直々にご紹介いただきました!!

 
 先日の私のブログですが、沢山の方にご覧いただき大変ありがたく思っています。

 そして、なんとなんと、ご本人の藤井聡内閣官房参与様からFBでご紹介いただきました!!


政治学的に分析しますと、今回の大阪ダブル選挙では、維新側陣営は、共産党と自民党が共闘している事が『大問題だ!」というネガティブキャンペーンを展開しているものと解釈できます。例えば、松井氏の下記発言は、そんなネガキャンの典型例です。『...

Posted by 藤井 聡 on 2015年11月13日


 本当にありがとうございます!!

 しかし、はて?当ブログをさして

 >上記文章を拝見すると、当方の文章を曲解しているデマがふんだんに含まれています。ご関心の方は是非一度、ご覧になってみてください。

 とあるのですが、肝心の藤井氏は私のブログを本当に読んでいただけているのでしょうか?

  私のブログで主張していることは、大事なことだから繰り返していることは多いのですが、言っていることはシンプルで

  
 首相のブレーンでもある内閣官房参与の藤井聡氏が共産党との連携を主張しても良いのか!

 それだけなんですけどね。どこにデマがあるのでしょう?

 もし、万が一、安倍総理が「共産党との連携もやむなし!」と言っているのなら別ですよ。その時は「安倍総理には戦後レジームの脱却は無理だな」と見限らせていただくだけなので。

 しかしこの藤井氏のFB、突っ込みどころ満載なのですが。

(引用)

ウソとデマに対しては「真実」が必要です。私は、安倍内閣のもとで内閣官房参与をしています。共産党と立場や政策は違いますが、「真実」のもとに団結し、協力すれば、自民党と共産党の是々非々の一点連携は至って自然な発想です。』
皆さん、この文章の一体どこに、批判される要素があるのでしょうか?
もし、これを批判するなら、「真実なんてどうでもいい、是々非々であろうが、たった一点だけの連携であろうが、兎に角、自民は共産とは一ミリも連携しちゃいかんのだ!!」という事になります。

(引用終わり)


 一つ確認させていただきたいのですが、「真実」ってなんですか?一体どういった「真実」のもとに共産党と組むというのでしょうか。察するに大阪都構想に関する維新側の主張が「ウソ」、自分たちの言い分が「真実」と言いたいのでしょうが、それを「真実」と言い切れる根拠が見当たらないのですが。確かに住民投票は僅差で反対が多かったので住民はそちらを選んだ、と言うのはまあ良いでしょう。ただ、なぜそこで共産党との連携が必要なのでしょうか。

 それに対する答えとも言うべき重要な発言が藤井氏からこの後なされています。

(引用)

そもそも、第二次大戦の時、全体主義のドイツと戦うために、共産主義のロシアと、自由民主主義のイギリス・アメリカが共闘したのですが、今、大阪で起こっていることはそれと同じことなのです。

(引用終わり)


 おおさか維新はナチス・ドイツだと言いたいのでしょうか。敵を勝手にナチスやヒトラー認定するのは左の方々の得意技ですが、この文章大事な部分がごっそり抜けています。

 まず、連合国はドイツだけではなく日本とも戦っていること。本来、自由民主主義国の日本と連合国が戦うことになった原因の一つにソ連や中国共産党のスパイの暗躍があったことは今では明らかになっていますよね。そして、連合国が勝ち、ドイツと日本は負けたのですが、その結果どうなったかと言うと世界の半分が共産主義国家になり、現在、日本にとって一番脅威である中華人民共和国が建国してしまいました。怖いですねー。

 共産主義者と組むということがどれほど恐ろしい結果を生むかということは歴史が証明しているのに、いったい藤井氏は何がやりたいのでしょうか。
 
 そもそも今現在、共産党は、野党を連合して「国民連合政府」なるものを作って政権を打倒しようとしているのですが、それでも共産党と組むのが是々非々なのでしょうか。

 再度繰り返しますが、藤井氏個人が共産党と組もうが赤旗で何を言おうが別にかまわないのですよ。藤井氏が自身の内閣官房参与と言う立場を明確にして共産党との連携を正当化することを問題視しているのです。
 
 先日のブログで橋下氏が「内閣官房参与」の肩書を消したと指摘していた件ですが、WEB上では全部消された状態になっているので、どうすれば確認出来るかと思っていたのですが、なんのことはない、メルマガそのもので確認すれば良かったですねw

 こちらが1月27日の分。sinnnihonn20150127.png


 それでこちらが2月3日分。sinnnihonn20150203.png



 内閣官房参与の肩書が外され、現在もそういう形になっていますね。メルマガでは外した肩書をなぜわざわざ赤旗でのインタビューではあえて名乗ってらっしゃるのでしょうか。再度言いますが、それが官邸の意思なら何も言いません。

 しかし、反論コメントが寄せられてますが、びっくりしますね。

 日本は自由主義社会?個人の自由?
 そんなことわかりきってますよ。だから私が藤井氏を批判するのも自由でしょ?それと自由には責任が付きまとうのですよ。藤井氏のように教授でもあり、参与でもあるような方ならなおのことです。

 立場は違えど是々非々で?
私には政権の要職についている人が共産党と組むと公言することに相当なデメリットがあると思っているのですが。それで選挙に勝ってもその後の議会運営はどうなるのでしょうねえ。

 内閣官房参与の言論活動を誹謗中傷?レッテル?
 どこに誹謗中傷があるのでしょうか。私が行っているのは基本的に事実の指摘です。どこにレッテルがありますか?

 藤井氏の私の記事に対する評価もですが、全く具体的ではないのですよね。反論されるなら、私のブログのどこが問題なのか、何がデマなのかはっきり指摘していただきたいのです。根拠のないレッテル貼りはご遠慮願います。


2015.11.15 15:18

FBページのリンクを一部修正いたしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

件のページが見られませんね。削除されたのでしょうか?
藤井教授のFBと言えば、以前一般の読者に恣意的な統計だと指摘され、反論もことごとく論破され、結果その読者を締め出すなど大人気ない行動をされていましたが、それと同じ様な印象を受けました。
鶴田正平というPNで増税容認論を展開したり、今回のメールの件も然り、やり方が非常に姑息に感じるのは多分私だけではないでしょう。

No title

>日本は自由主義社会?個人の自由?
>そんなことわかりきってますよ。

わかってないじゃん笑
違法でもない他人の行動を制限できましょうか
内閣参与が赤旗のインタビューを受けようと別に自由です。何の問題があるんでしょうか?
問題があると根拠はあなたの主観でしょ

維新はパネルでも説明会でもうそつき集団です
参与のホームページに証拠付ですよ、信者さん

Re: No title

ご指摘ありがとうございます。

リンクを修正いたしました。
本当に、姑息なやり方しかできない人ですよね。

No title

是々非々というのは、上念氏が藤井内閣参与を追及している姿勢のほうだ。上念氏はおおさか維新(橋下氏)のやり方には批判的であって、おおさか維新を擁護しての藤井参与批判ではない。

No title

上念さんのツイートから来ました。

>首相のブレーンでもある内閣官房参与の
>藤井聡氏が共産党との連携を主張しても良いのか!

いいんじゃないの?
既に大阪の自民党は共産党と連携しちゃってるし。
もちろん、守秘義務違反とかあれば別だけど。

つか、その点で批判するのは藤井氏ではなく
内閣官房関与に任命し、任を解かない
安倍首相だと思うけど。

No title

「超越項」で検索してみてください。
貴方が言ってるのはまさしくそれで、ファシズムの根幹をなすものです。

藤井氏のFBから来ました。

他の方も書いていますが、内閣の参与というのは、内閣が相談役をお願いしているのであって、参与がどこで何を言おうと自由でしょう。批判するなら任命している内閣を批判すべきで、参与を批判するなど筋違いというものではないですか。それとも参与は、内閣の意に沿わない言動をしてはならない規則でもあるというのでしょうか。内閣にとって耳の痛いことも時には言ってくれるから、参与を置く意味があるのではないですか。
共産党という名前が同じなら、中国もソ連も日本も同じでしょうか。日本の民主党とアメリカの民主党が同じというのと変わらないですよ。

日独伊防共協定

近衛→三国同盟
安倍→集団的自衛権

近衛→東亞新秩序
安倍→TPP

インターナショナルでグローバルでユニバーサルな新自由主義の偽装保守の安倍ちゃんが藤井さんを参与にするのは当然。

自民党が社会党と連立→あった事。

共産党は、そもそも歴史的段階的発展の法則により、『高度に発達した資本主義』を目指す政党。

『高度に発達した資本主義』を邪魔するのが保守派。

三橋が夕刊フジに記事を書いてる!
三橋は保守派になるの?

ヘドロ藤井が都構想に反対する理由

こちらの方が適切ですね。

京土会役員氏名一覧に藤井聡の名前
http://kyodokai.gr.jp/yakuin.html

【辛坊治郎】 大阪都構想 藤井聡みたいな連中が大阪市を目茶苦茶にしてきたんだよ 2015/05/23 18分 音声のみ
https://www.youtube.com/watch?v=MOhwX9hS8dw

橋下市長の前の市長で前回のW選で戦った平松邦夫氏も
認めています。
自治体維新 首長インタビュー(2011)
大阪市長 平松邦夫氏
市役所内の土木系閥の流れを断つ
https://pbs.twimg.com/media/CE3thd3UkAAoYpT.png
https://pbs.twimg.com/media/CE3thYdUkAAPm69.png
https://pbs.twimg.com/media/CE3thhQUIAABv2k.png

No title

どう考えても野合選挙なんですけどね。

「単独では勝てない、だから連合しよう」
それだけの理由。実にシンプルです。票読みの結果です。政治家さんに、特に選挙において、そんな”崇高な思想”はありません。勝たねばならないからです。

それを民主主義だの反独裁だの、見え透いた建前をつけるから「胡散臭いなあ」と思ってしまうのです。
プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR