増税と政局~保守界隈のバカ騒ぎ ~愛国者それとも愉快犯?青山繁晴編~

 
 さて、「増税と政局」第5弾、今回取り上げるのは民間シンクタンクの独立総合研究所代表取締役社長青山繁晴氏です。普段から自分が愛国者であり、安倍総理と親しいことを公言している彼。なんと安倍総理が硫黄島で土下座をしたのは彼の助言からだそうです。安倍総理を主語にいろいろ語っていますが、本当に親しいのは石破茂氏のようで、自民党総裁選では石破氏を推していました。

たかじんNOマネー コメント力グランプリ 動画 2012年9月22日放送[FULL]


26:00~
 僕は、石破さん安倍さんどちらでもいい。ただし、本来は安倍さんは一度閣僚をやって、特にご自分の主張を外務大臣として貫けるかどうか、ちゃんと世界に示す。それからお腹痛いの克服したのを示して、ほんとに苦労してからもう一度総理にチャレンジすべきだと思うから、今回は石破さんの方がいいと思う。


 この番組なぜか「かわいいから石破さん」などと不思議な石破氏上げが行われていました。しかしさらっと「お腹痛いの」などとマイナスのイメージの言葉を青山氏は挟み込みます。

 参議院選が終わった直後から、麻生財務大臣が、「消費増税は国際公約」と言い出したことは以前の記事にも書いていますが、青山氏もすぐさまそれを言いだしました。

Watch 青山繁晴 安部政権の今後とその課題 2013.7.24


6:45~
 消費増税自体はもう一度申しますが、来春がどうなるかよりも、再来年最終的に今の消費税を倍にするというのはもうこれは避けられないんです。えー、一番大きな国際公約になっていますし、これを避けると長期国債、10年物の国債の金利が上がってえーそれは、もう本当は日本経済を、あるいは日本の国の運営を一番深刻な状態にさせることですから。消費税は倍になること、あるいは倍にすることはもう決して避けられることではないんです。したがって、その、消費増税も実は選択の問題じゃなくて、えー消費税が倍になってもなお私たちのような庶民が、えー中西さんや僕も含めてですね、えー物を買ったり、あるいは車を買い替えたり、えーお人によっては家を買ったりするっていう基礎体力を付けなきゃいけない。もう他のことをやってる暇はありません。

 しかし、これをやり遂げれば安倍総理のやりたいことが出来るそうです。

 そして、なぜか(自分が言ったのではないとしながら)浜田参与に対しての批判が始まります。

アンカー平成25年7月24日



6:45~
 たとえば、内閣の参与の、浜田宏一さんっていう学者の方、アベノミクスの生みの親ですけれど、こういう方がもう、これ(8%の増税)はちょっと飛ばしたらどうだと、ね。
 えー個人消費が、頭打ち、あるいは折れちゃったりすると、アベノミクスは失敗になると言われてるんですが、これ今、本当はですね、政官界で何と言われてるかというと、何と卑怯な話だと。だから浜田さんご意見あるでしょうが、言われてるんですよ。どうしてかというと、アベノミクスがもし失敗したら、それは消費増税なんかしたからだと、いうふうに逃げ道を作ろうとしてるんじゃないかと。これちょっと僕は言いすぎだと思いますよ。浜田さんもうあのご高齢でもあるし、そんな自分のことを考えてるわけじゃないと思うけど、この話の根っこにあるのは、変えられるはずがないってことなんですよ。はい。ほんとは変えられないです。


 政官界で浜田参与が卑怯だと言われている?いったい誰が言っていたのでしょうか。そもそも経済学者の浜田参与が景気悪化するのがわかりきっている消費増税に反対するのは当たり前です。そしてアベノミクスには消費増税は含まれていません。アベノミクスの第二の矢は機動的な財政政策、消費増税はマイナス方向の財政政策です。アクセルを踏んでいるときにブレーキをかけたらどうなるか。それを卑怯だなどと言っている馬鹿者はどこの誰だったのでしょうか。

 8月になると、安倍総理はもう増税を決めている。まだ決めていないのというのは演技だと言いだします。

5:00~

【青山繁晴】TPP・消費税と日米を脅かす中韓の謀略 2013.8.21


 しかしながら、彼が直接安倍総理に聞いたわけではなく、いつも「安倍総理に近い人物」から聞いた話です。官邸の正式なスポークスマンは菅官房長官です。その菅官房長官は増税決断直前まで「総理はまだ決めていない」と言っていました。それが真実かはともかく、安倍総理の表に出したい情報はそれなわけです。それを安倍総理はもう増税を決めている、迷っているのは演技だなどと言ったことを青山氏に話す人物はいったい何の意図でそれを話すのか、そして首相の意に沿わないことを個人的に親しいことを強調しながら番組で話す青山氏にいったい何の意図があるのでしょうか。

 そして「財務省を信用し過ぎなんですよ」「財務省は一般にも非常に悪口を言われているからもうちょっとましなんじゃ思っている人もいるかもしれませんが実態はもっとひどいです」と痛烈に財務省批判をしています。この批判もどういった意図だったのでしょうか。

 10月に入り、増税が決まった直後にもやはり安倍総理は増税を早い段階で決めており、最後の最後まで悩んだのは演技だったなどと言っています(ここでも本人の言葉ではなく政権中枢から聞いたと言っている)。その理由としてインテリジェンス(諜報機関)の活用が濃い。そのインテリジェンスとやらがこれです。

安倍 消費税増税 2013/10/04

11:05~
 中国韓国を主として、そういう外国が動いて、その消費増税の見送りを待っている。つまり日本は約束を貫かない、あるいは財政再建に関心がない。黒田日銀総裁のやっているその政策は僕は支持しますけど、そのきわどい面もあるわけですね。つまり日銀がどんどんどんどんお金を刷って借金の肩代わりをしてると。中韓は実はアメリカはすでにそうゆう世論作りを始めてますけど。で、そうなると実態がどうであれ関係なくですね、日本はそんなことやってるんだから先行き危ないって言うのでたとえば国債でおかしなことがあったり。国債については日本国債は日本で消化されてるから大丈夫って人がいっぱいいますけれど、しかしその日本の中にいる人に手をだすのが外国の工作ですから。だから実はむしろ消費増税を諦めて、その延期したりすると、日本国債の信任を落としてですね。国債だけじゃなくて、どんどんどんどん日本の中の利子が上がってしまうと、いうことを狙ってるということを安倍さんが判断をして、その判断は実はかなり早い段階の情報だったから一切気づかれないように熟慮してる熟慮してるってことでずーっと演技を重ねていったということなんですね。


 しかも12:52から消費税率5%への引き上げがきっかけで、デフレ不況になったというのは事実に反する。原因はアジア通貨危機、普通の経済学者ならみんな知っていると言い出します。確かにデフレ不況は消費増税だけが原因ではありません。日銀の間違った政策にかなり負うところがあります。しかし、確実に景気が悪化していたことは、青山氏の持ってきたグラフでも明らかではないですか。

青山 グラフ


 そして16:45分頃から、浜田宏一内閣官房参与の話になります。安倍総理は今の段階の増税に反対している浜田内閣参与をどう説得したか。「首相自ら浜田内閣官房参与を説得した。消費税2%分にあたる5兆円を経済対策に使うので実質1%分の消費税増税にすぎない」と。ここで青山氏は消費増税分は全部社会保障に使うという総理の発言と矛盾すると批判します。

ここまでの青山繁晴氏の発言をまとめます。

・消費増税は国際公約、10%までは絶対避けられない。
・増税を避けたら、日本国債の信認は失われて長期国債の金利は暴騰する。中国・韓国はそれを狙っている。そして、それは官邸のインテリジェンス(諜報機関)の判断。
・今まで続いてきたデフレ不況の原因は5%の消費増税ではなくアジア通貨危機。
・浜田参与は消費増税をスキップしたほうが良いと言っていたが、それは消費増税でアベノミクスが失敗したという逃げ道にするつもりで政官界では卑怯だと言われている。その浜田参与を首相自ら説得した。
・2回の増税をやりきれるほどに経済成長をすることが大事。それを乗り越えれば安倍首相は自分のやりたいことをやれる。


 しかし、その後、平成26年の1月ごろになると、消費増税をするのなら解散して信を問うような心構えがないと政権なんか持たないと絶叫しています。今更いったい何を言うのやら。最大の国際公約なのだから変えられないと言っていましたよね?

3:00~

青山繁晴、舛添要一を都知事選立候補させた安倍政権のゲス過ぎる理


 まあ彼は言論の責任を取る気などないのでしょう。あるいは健忘症なのかもしれません。24分頃からですが、増税容認派だったとして浜田内閣参与を紹介していますから。

2014-11.05 青山繁晴 水曜アンカー

 浜田参与が他の参与よりも(増税の影響を)心配していない、と2013年の11月に言っていたという根拠はおそらくこちらの記事でしょう。

浜田内閣官房参与、アベノミクスを採点 金融緩和はAプラスだが、成長戦略はE ロイター 2013年11月16日

記事から引用

 浜田氏は消費増税に反対だったが、にもかかわらず増税が決まったのはなぜか、との質問に対し「私よりも財務省の説得が強かったため」と説明した。ただ増税が景気・物価を下押しする可能性について「私は他の(内閣官房)参与ほど心配していない」と述べ、円安を背景とした外需による効果を期待した。

引用終わり


 これのどこが増税容認派なのでしょうか。日本語理解できてますか、青山さん。そもそも、増税に反対していた浜田参与を首相自ら説得したとあなた自身言っていたではないですか。

 浜田参与の著作などを読んでいれば、彼を増税派などと誤解するはずはないと思うのですが、何度も話題にする割にはその人物について勉強しようとも思わないのでしょうか。

 そして8%の増税を決めた際に、安倍総理が参考にしていたと青山氏が言っていたインテリジェンスの正体が浜田参与の著作で明らかにされています。




『世界が日本経済をうらやむ日 』 2015/1/31
(kindleで所有のためページ数省略)

世界の投資家は日本の財政赤字をきにしていない

 ここまで行っても、「増税しなければ日本は破産する」といった話がいまだに流布され続けているため、「景気が悪化しようが、増税は避けられない」と考える人も多いだろう。
 しかし、安倍首相が、増税を5%から8%にあげると明言した2013年、財務省や財政再建至上主義者たちの主張が誤りであったことは市場が証明している。
 財務省や財政再建至上主義者たちの脅しは、「日本が消費増税を先延ばしにすれば、アベノミクスにも信憑性がなくなり、国際市場だけでなく日本の株式市場も暴落する」というものであった。私も内閣府や官邸でしばしば聞かされてきた。
 しかし、そうであれば、安倍首相が、予定通り消費税を5%から8%に上げることを明言した2013年10月1日の日本の株価は、大きく上昇(少なくとも横ばいであったと)してもおかしくなかったはずである。
 ところが、安倍首相が消費税引き上げを明言した夜(アメリカの昼)のシカゴ市場の日経先物は、上昇するどころか、大幅に下落したのである。その日は、アメリカ赤字関連のニュースなどで各国の株式も下落していたが、S&Pの株価指数が1%ほどの下落であったのに対し、日経先物はその3倍にも匹敵するほど急落していたのだ。
 また、安倍首相が消費税率の8%から10%への再引き上げの延期を表明したのは、2014年11月18日だったが、その日は事前にメディア数社が、消費税率引き上げ先送り表明をリークしていた。増税派の学者やメディアは、消費税率引き上げを先送りした場合には、国際暴落は愚か、株価も暴落するだろうと“予言”していた。
 しかし、11月18日の日経平均は活況で、前日終値の1万6973円80銭から215円高い1万7188円84銭で寄り付き、結局、前日比370円高の1万7344円6銭で引けた。
 これは世界の投資家が、財務省が言うほどに、日本の財政赤字の問題を過大なリスクだととらえていなかっただけでなく、消費税引き上げを回避したことで、日本経済が深刻な景気後退に陥るのを事前に食い止めたとして、逆に評価したことを意味している。
 つまり、「消費増税をしなければ、日本の国債市場と株価が暴騰し、国家が破たんする」といったような主張が誤りであったことは明らかである。
 また財政再建至上主義者たちは、長年、財政再建を先送りにすれば、日本の国債の信認がなくなり、長期金利が暴騰すると言い続けてきた。
 しかし、安倍首相が増税の延期を決めて以降、そんな問題は少しも生じていない。


引用終わり


 どうも青山氏の言っていたインテリジェンスとは財務省と財政再建至上主義者だったようです。

 さて、もう一度先ほどのまとめを見てみましょうか。

・消費増税は国際公約、10%までは絶対避けられない。
・増税を避けたら、日本国債の信認は失われて長期国債の金利は暴騰する。中国・韓国はそれを狙っている。そして、それは官邸のインテリジェンス(諜報機関)の判断。
・今まで続いてきたデフレ不況の原因は5%の消費増税ではなくアジア通貨危機。
・浜田参与は消費増税をスキップしたほうが良いと言っていたが、それは消費増税でアベノミクスが失敗したという逃げ道にするつもりで政官界では卑怯だと言われている。その浜田参与を首相自ら説得した。
・2回の増税をやりきれるほどに経済成長をすることが大事。それを乗り越えれば安倍首相は自分のやりたいことをやれる。

 青山繁晴氏は安倍総理の信頼できる友人なのか、財務省の代弁者なのか、それとも単なる愉快犯なのか?こちらは皆さんのご判断にお任せしましょう。

 それでは次回はこの頃やはり浜田参与を増税派呼ばわりしていたMことN氏のことを語ることにしましょう。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

増税と政局~増税延期に解散総選挙は必要か~


 現在、増税をめぐる論議で、安倍総理は前回の延期の時と同様、参議院議員の改選に合わせて衆議院解散、W選挙を行うのではないかといううわさが流れています。本当にW選挙になるかどうかはさておき果たして増税延期するために衆議院を解散して民意を問う必要があるのでしょうか。

 平成26年11月に解散総選挙を行う際、安倍総理は「代表なくして課税なし」との言葉を使いました。

平成26年11月18日 安倍内閣総理大臣記者会見

 大きな税制の変更を伴うには民意を問う必要があるとのことですが、そもそもこの言葉は本来どういう時に使われたのでしょうか。

代表なくして課税なし

 Wikipediaで参照させてもらいますが、アメリカ独立戦争のスローガンでもともとはマグナカルタに由来するもの。「人民が自ら選出した代議士の承認無しに政府が人民を課税することは不当であるという理念」とあります。増税延期するために選挙を行う理由になるのでしょうか?

 現在日本国では普通選挙が実施されています。代表と言えるのは間違いなく、多数の支持を得て政権与党となった自民党の議員及び総裁であり総理大臣になった安倍総理でしょう。代表はいるのになぜ「代表なくして課税なし」だったのでしょうか。

 税制に関しては憲法でも定めがあります。

 日本国憲法 第八十四条 あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。

 法律によらなければ新たに租税を課すことが出来ません。法律を作るのは選挙で選ばれた国会議員です。この消費増税を決めたときの政権与党は民主党で野田佳彦総理は「鳩山さんは四年間消費税をひきあげないと言った」「(マニフェストに)書いてあることは命がけで実行する。書いていないことはやらない。これがルールです」と言っていました。

野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行


 それなのにマニフェストに書いていることは碌に実行せず、書いていなかった消費増税を決めたのです。これは明らかにルール違反であり、本来ならばこの増税法案の是非を問うために解散総選挙をすべきでしょう。しかし三党合意で法案を通した後、この法案は争点とされることなく解散総選挙が行われました。その総選挙で勝利したのは「日本を取り戻す」と経済再生を第一に掲げた安倍総裁率いる自民党でした。

重点政策2012 自民党

 読んでいただければ分かるとおり、予定通りに増税するともしないとも書いてありません。しかし、デフレ脱却前の増税には慎重な態度をずっと安倍総理は取ってきましたし、景気動向を見て決めると発言していました。附則18条、いわゆる景気条項があるためです。

 結局平成25年10月1日に安倍総理は増税を決断してしまいます。景気は回復傾向にあったとはいえ、早すぎる増税でした。5%から8%、3%の消費増税で、景気はリーマンショック並に落ち込むこととなりました。その後、平成26年11月の増税延期の決断とともに衆議院は解散、総選挙が行われました。

 さて、この解散総選挙は本当に必要だったのでしょうか。

 民意を問うために総選挙を行ったのだとしたら、そもそも平成24年の衆議院選挙で安倍総理は経済再生を掲げて戦っています。国民は景気回復を望んでいたのです。しかしながら増税により消費が落ち込み経済成長にストップがかかってしまいました。ですから経済を再生させるために景気を悪化させる消費増税を延期する。何の問題があるのでしょうか。全く民意に反することではないし敢えて問い直すことではないと思うのですが。

 高橋洋一氏の検証部分で「増税延期のためには新たに法案を通さなければいけない」というのがありました。確かにその通りで、野党はともかく与党内をまとめられなければ法案を通すことは難しいでしょう。しかし、10%延期判断の時に総理の意向に逆らってまで増税延期に反対する意思のあった自民党の衆議院議員など私は一人を除いて知りません。しかもこの時は野党も皆増税延期に賛成していたのです。もちろんこの流れは解散風が吹いたからということもあるでしょうが、解散風を吹かすのと本当に解散するのは別の話です。それを最終的に決断できるのは安倍総理なのですから。

 一方8%の増税決断の時は野党のみならず、自民党の議員の多くも増税に賛成していました。こういうときならば首相が増税延期を理由に解散するのはありだったと思います。それでも増税延期又は凍結法案を出してそれが否決されたのならその是非を問うという形が望ましいと思いますが。

 どちらにしても民意は景気回復であり、8%の消費増税の実施によって増税すれば景気が悪くなることが明らかになったわけです。何故増税を延期する法案を国会で通すために解散総選挙を行う必要があるのでしょうか。

 10%の増税延期の前に、増税しなかった時の悪影響をとなえた政治家やエコノミストが大勢いました。マスコミでもそういう論調で語られることがよくありました。

日本経済新聞 社説 消費再増税をここで延期していいのか 2014/11/12

記事より引用

 しかし、わたしたちは、再増税を延期すれば、いずれ金融市場で日本の国債に対する信認が失われ、長期金利が意図しない形で急上昇するリスクがあると指摘してきた。

 気になるのは、財政破綻リスクを取引する市場で、日本の国債に対する信認の度合いが低下する兆しが出ていることだ。

引用終わり


外国人投資家が手ぐすね? 消費増税先送りで「日本売り」の恐怖 2014/11/12

記事より引用

経済評論家の池田信夫氏はJB PRESS(2014年10月21日付)で、「アベノミクスの挫折で深まる安倍政権の危機 消費増税の先送りは国債暴落への道」と題して、「このまま日銀が毎月7兆円の国債を買い続け、おまけに政府が消費税の増税を延期すると、それを引き金にして市場が反乱を起こすおそれがある」と、危惧している。

また、金融アナリストの久保田博幸氏はBLOGOS(11月12日付)で、「消費増税そのものが財政健全化に向けてのひとつの柱として認識されていることは確かで、財政健全化があってこそ、国債への信認が維持されている。これだけ財政が悪化(国の借金の残高が9月末時点で1038兆9150億円)しているなか、国債が安定的に消化され、売買も滞りなく実施されている状況に、国債への信認に対する不安要素は入れてほしくない」という。

引用終わり

 さて、ここで心配されているような国債の暴落など起きたでしょうか。エコノミストたちが危惧するようなことは何も起きなかったわけです。

 この数年の消費増税にまつわることではっきり分かったことは以下のことです。

・デフレ下の増税はリーマンショック並の景気悪化を招くこと。

・増税を延期しても、国債への信認が失われたり、国債が大暴落したりすることはおこらないこと。

 これがわかった今、現在の経済状況で消費増税など出来るはずがないことは明らかです。それなのに、増税を前提に名ばかりの、本当は何を据え置きするかの議論をしている軽減税率の話がなされている。国民を馬鹿にしているとしか思えません。

 そしてこんなことを2度もやってしまったらこの先増税を延期するには解散総選挙をするのが習律になってしまうのではないかということを私は危惧しています。増税するときは民意を問わなくて良いのに、延期をするときは民意を問うために解散総選挙。あまりにばかげているとしか思えません。そもそも民意に沿った法律の改正をするのになぜさらに選挙で民意を問うことが必要なのでしょうか。そして、あえて「たかが」と言いますが、「たかが」増税延期法案を通すことを解散総選挙などという「伝家の宝刀」を抜かねば出来ないような政権にいったい何が出来るのでしょうか。こんなことでは安倍総理の掲げる「戦後レジームの脱却」や「憲法改正」など夢また夢です。

 平成26年の衆議院選挙の公約には平成29年に消費税を10%にすることが掲げられていました。

自民党重点政策2014

● 安定した社会保障制度を確立するために、2017 年(平成 29 年)4 月に消費税率を10%にします。

●経済再生と財政健全化を両立するため、消費税率10%への引上げは2017年4月に行います。また、軽減税率制度については、関係事業者を含む国民の理解を得た上で、税率10%時に導入します。2017年度からの導入を目指して、対象品目、区分経理、安定財源等について早急に具体的な検討を進めます。


 しかしあくまで「安定した社会保障制度を確立するため」との前置きがあり、前回の増税で景気が悪化することが明らかになっている消費増税、しかも世界経済が不安定になっているにもかかわらず増税などしたら、本当に国民が望んでいる景気回復はとん挫してしまい、安定した社会保障制度の確立など出来るはずもありません。この公約で国民が望んでいるのは「経済再生」と「安定した社会保障制度」であり、その手段の一つである「消費増税10%」ではないのです。

 そもそも民意を問うのならば今年の夏には参議院選挙があるわけです。参議院では民意が問いづらいという声もありますが、本当でしょうか?

 確かに6年の任期があり解散総選挙のない参議院制度にはいろいろと問題があると思います。その時々の民意でいわゆる「ねじれ」が起こるという問題もあります。しかし、選挙の結果はその時の「民意」です。参議院か衆議院かの区別をして、私たちは投票を行うのでしょうか。

 大事なことですので繰り返してまとめておきます。

・民意は景気回復及び社会保障の安定であり、消費税を10%にすることはあくまで一つの手段。しかもその手段は間違っていることが証明されている。

・増税を決めるときは民意を問わず、増税を延期するのに解散総選挙を行うという間違った方法が過去に取られてしまった。繰り返せばこれが習律になってしまう恐れがある。


 いろんな意見があると思いますが、私はこういった理由で、増税延期のために解散総選挙という方法を取ることには反対です。解散総選挙という方法を取らずに、増税凍結法案を通していただきたいと思います。

 では次回は、増税にまつわる保守業界で起こった出来事について述べたいと思います。


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

増税と政局~優れた経済学者は無謬の預言者か(後編)

 
 さて、衆議院選挙は与党勝利で無事に増税も延期となりました。そこで気になるのはやはり、次の平成29年4月からの10%の増税がどのようになるかです。

再増税阻止チャンスは一度! 針の穴に糸を通すような困難 (1/2ページ) 2015.09.11

記事から引用

国内外の経済環境に不透明感が増しているが、2017年4月の10%への消費再増税はどのようにすれば止められるのだろうか。

まず、現状をきちんと理解しておくと、民主党時代に制定された消費増税法はまだ生きている。その中で、17年4月からの消費増税は既に法定化されている。

(中略)
延期の際、景気情勢によって増税を停止できる「景気条項」を削除した。その解釈として、「景気がどうなっても消費再増税する」という話が流れたが、まったくの事実誤認である。

これまでに本コラムでも指摘したが、そもそも消費増税法の付則であった景気条項は、消費増税を止めるためにはまったく役立たないものだった。

昨年12月の衆院選がなければ、消費再増税は延期できなかったというのが事実だ。あの段階で、もし安倍首相が「増税を止めるための法案を作ろう」と言ったら、政局になって首相の座から引きずり下ろされただろう。そうした政局の動きを封じるために、衆院議員は全員クビというのが解散・総選挙であった。景気条項の有無は、消費再増税をスキップするための政治的な意味はまったくない。

重要なのは、国政選挙で、どのような公約を掲げて、選挙に勝つかという点だ。昨年の衆院選では、消費増税スキップを公約として自民党が勝ったので、それが実現された。17年4月からの消費再増税を止めるには、遅くとも16年9月までに、意思を固めて国民の審判を受ける必要がある。その審判とは16年7月の参院選である。

ただし、通常のように悠長に公約作りをしながらであると、財務省がつぶすだろう。それを封じるには、その時、衆院を解散してダブル選挙にした方が、成功する確率は高くなる。そこが唯一のチャンスである。

 一方、消費税が争点にならなければ、今の法律通りに17年4月から消費再増税になる。もし、その時の経済状況からみて延期がふさわしく、選挙の争点にして勝利すれば、消費再増税は延期される。逆にいえば、この一点しか延期される可能性はないだろう。この意味で、消費再増税を止めるのは、針の穴に糸を通すようなものだ。

 このタイミング以外で政治的に仕掛けても、政治巧者の財務省が各方面へ根回しすることで、もくろみは不発となるだろう。財務省はマスコミ、財界、学会、海外などへ大きな影響力もあるので、侮ってはいけない。

引用終わり


 平成26年の10月の記事とは一転してまた高橋洋一氏の発言が弱気になっています。しかも以前は景気条項があるから止められると言っていたはずですが、景気条項はまったく役に立たないに変わっています。そもそも、この時はもう景気条項は削除されているのですが。そして法案を通すのは難しい、財務省は強いから潰されると言った論調です。

 これがまた11月には鍵は首相が握っており、今度は軽減税率がまとまらないこと、新聞が対象外になるのでマスコミを使って増税を延期するのではないかという言説になります。

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ「軽減税率」の自公間協議 安倍首相が「一歩引く」理由2015/11/26

記事より引用

官邸が一歩引いているのは、2017年4月からの消費再増税へのコミットをしないためだ。安倍首相は、「リーマンショックのようなことがない限り消費再増税を行う」と言っている。マスコミは、この発言を「消費再増税」は決断済みと報道する。しかし、政治レトリックからみれば、この発言は、TPPについて「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉に参加しない」と言っていたのと同じレベルだ。実際には、TPPへは参加する、つまり、「聖域なき関税撤廃」ではなかったからだ。

今の経済状況はどうだろうか。人によっては「リーマンショックのようなこと」ではないかもしれないが、安倍首相が「リーマンショックのようなこと」といえば、誰も反対しないだろう。要するに、消費再増税の判断は安倍首相に委ねられている。

その判断のタイミングは、来(16)年の参院選の直前である。その時までは、できるだけフリーハンドをとりたいに違いない。その意味から、軽減税率に官邸が一歩引いているのだ。

筆者の直感でいえば、とても消費再増税を判断できる状況ではない。消費再増税がなければ、軽減税率もない。その意味で、軽減税率の検討は無駄骨に終わるかも知れないので、なおさら一歩引きたいはずだ。

さらに、軽減税率対象は生鮮食品かどうかという話なので、どう考えても新聞が対象になる可能性は限りなく低い。この際、軽減税率を期待していたマスコミが怒って消費再増税の反対にまわることを、官邸は密かに期待しているのではないか。

引用終わり


高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 消費増税は延期すべきだ 新聞の「手のひら返し」ありうる2015/12/10

記事より引用

ところで、新聞への軽減税率の適用は絶望的である。かつては、「米、味噌、醤油、新聞」とやはり朝の食卓風景の一角で、新聞を軽減税率対象にするとのスローガンがあったが、今回の話は「米、味噌、醤油」までだ。

これで、これまで軽減税率を受けたいがために、消費増税に賛成していた新聞の論調がどうなるのかが見ものである。

(中略)

そう考えると、今回の軽減税率の政治決着は絶妙だ。まず新聞を対象としないので、新聞が、消費増税延期に世論を向けやすい。またかなりの減収になるので、財政当局から見ても「消費増税延期でもやむなし」になりやすい。さらに、野党からの消費増税延期発言を引き出し、選挙対策上からも消費増税延期をやりやすい。

こうした点を踏まえると、今回の軽減税率の政治決着から、2017年4月からの消費増税はかなり可能性がなくなったことが見えてくる。

引用終わり


 軽減税率がまとまらなかったにしても増税を延期するのは法案を通さなければならないことには変わりありませんので、なぜ軽減税率がまとまらずマスコミが反対すれば増税阻止できるのか、今一つ理由がわかりません。
 そして、ここで高橋氏の読みは外れ、新聞の定期購読料も軽減税率の対象となります。するとこのような言説になりました。

財務省完敗で消費税10%は遠のいた!安倍官邸との「軽減税率」バトル、その舞台裏で何があったのか 2015年12月14日

記事より引用

ただし、この攻防で、新聞が軽減税率の対象かどうかは、ほとんど報道されていない。食品の中での話だから、まさか新聞は対象にはならないというのが常識だろうが、表向きは今後検討という。

ところが、実際には、新聞は軽減税率の対象になることで決着がついているという話で、積極的に報道されていないだけという。

軽減税率によって財政健全化がさらに厳しくなると報道しながら、ちゃっかりと自らは軽減税率を求める新聞には笑ってしまう。

筆者には、新聞を軽減税率の対象にするのも、官邸の「対策」のように見える。ここで、新聞を対象としないこともありえる。その場合、手のひら返しで、急に消費増税反対になるかもしれないが、すねて反官邸運動に走るかもしれない。一方、ここで新聞にアメ玉をあたえれば、今後の官邸に不利はないという見方だ。

これは、あえてリスクを冒さず、新聞を官邸に向ける作戦だ。官邸は、自民党税調・財務省の連合軍に完勝した。新聞はパワーのあるところに、ネタを求めてくるので、官邸は軽減税率のアメ玉を与えたと見るべきだろう。

(中略)

来年夏の参院選前、消費増税の扱いについては、どっちに転ぶにせよ、自民党・財務省ではなく官邸主導であることがはっきりした。

果たして今の財務省に「外食を除く生鮮・加工食品」の線引きがうまくできるだろうか。それがうまくできないと、それだけで消費増税スキップの口実になってしまう。

そのうえ、2017年4月から消費増税すれば、再び経済成長率がマイナスになるのは確実だ。どうも、軽減税率の作業は消費増税スキップで日の目を見ない公算が高い。

引用終わり

 マスコミが反官邸運動に走らないようにアメ玉を与えたとのことです。消費増税延期のために使うのではなかったのでしょうか。そうしなくても消費税は官邸主導であるため消費増税スキップの可能性が高いということらしいです。解散総選挙をしなくては抑え込めないほど強かったはずの財務省はどうしてそこまで弱くなってしまったのでしょうか。

 そうは言っても高橋氏はW選挙の可能性を否定しません。今年に入ってすぐの記事ではこのように述べています。

選挙後の年後半に景気改善 カギ握る消費再増税中止と27兆円還元 (1/2ページ) 2016.01.04

記事より引用

次に政策がどうなるか。まず16年初頭の補正予算が3兆円規模では、GDPギャップ10兆円を考えると力不足だ。そこで、夏の参院選(衆院とダブル選もありうる)前に、17年4月からの10%への消費再増税を行うかどうかを決めることがポイントとなる。

 先の軽減税率の騒動をみると、官邸は財務省を圧倒し、掌握したように見える。となると、消費再増税スキップ(中止)と実施決定の2択のうち、今のところ、前者を選ぶ公算が高いだろう。

その根拠は、安倍晋三政権では14年の消費増税を失敗ととらえているからだ。財務省の思惑に左右されて政権を潰すことはできないと考えているだろう。

安倍首相は従来、「リーマン・ショックのようなことがない限り増税する」と述べていたが、15年12月14日の講演では「国民の納得を得なければ、できない」と微妙に変わった。これは、国政選挙で国民の声を聴きたい-ということだと解釈していいだろう。

要するに、客観的な条件である「経済状況」ではなく、「政治判断」として国民の信を問うことへ方向転換したのだ。これは、消費増税スキップで国民の信を問うという意味しかありえない。

しかも、軽減税率で自民党と公明党が合意した政治的意味は大きい。一部では、これで消費増税の環境整備が整ったという見方があるが、筆者は逆ではないかと思う。

公明党の意向をのんで、軽減税率の対象は、生鮮食品、加工食品で酒・外食を除くとなった。諸外国で歴史があれば別だが、初めての日本で線引き問題が起きないはずはない。軽減税率で問題を抱えたまま、消費増税を政治的に通すのはかなりの難問である。これも消費増税スキップの補強材料である。

(中略)

もちろん政治は一寸先は闇なので断定的なことはいえないが、筆者はこれをメーンシナリオとしたい。

引用終わり

 私としては高橋氏の言うように官邸が強く消費増税を延期してくれるのならそれはありがたいことです。ただ、この件、まだ決着を見ていないので、高橋氏の言説だけで判断するにはまだ早いです。他のマスコミがどのように報じているかと比較してみましょう。

官邸介入、自民に反発も=選挙意識し公明へ配慮-軽減税率 (2015/12/09)

記事から引用

消費税への軽減税率導入をめぐって自民党と公明党の調整が難航する中、安倍晋三首相が「裁定」に乗り出してきた。自公の溝が埋まらなければ、来年夏の参院選での選挙協力に響くと判断。公明党が求める「加工食品」も対象品目に含める意向だ。2017年4月の導入当初は「生鮮食品」に限定する方針だった自民党は譲歩を迫られた。
「官邸-二階ラインの話だ。谷垣さんと自民税調は知らない」。与党幹部は9日、軽減税率の対象範囲の着地点について、首相や菅義偉官房長官と二階俊博自民党総務会長が連携して探っていたと明かした。谷垣禎一幹事長や税調幹部は8日、対象を「生鮮食品」に限る方針を確認していたが、二階氏は同日夜、公明党幹部に対し、自民党が歩み寄る考えを伝えていた。
官邸や二階氏が気にしたのは、連立政権や選挙協力への影響だ。来年は4月に衆院北海道5区補選、夏には参院選と重要な選挙が続く。衆院補選や参院選の1人区で公明党の協力を期待する首相らとしては、軽減税率で大きなしこりを残したくないのが本音だ。
与党協議の出口が見えなかった11月下旬、二階氏は公明党幹部との電話で危機感を共有。公明党幹部が「安全保障法制は論理の話だが、軽減税率は感情の問題だ」と配慮を求め、二階氏が官邸側と落としどころを探り始めた。
首相は9日昼、谷垣氏と1時間余りにわたって会談し、菅長官も同席した。終了後、谷垣氏は記者団の問いかけに一切応じず、厳しい表情で立ち去った。
会談に先立ち、政府高官は軽減税率の対象について、「朝食に出てくる梅干しやのり、豆腐が含まれないのはおかしい」と指摘し、「加工食品」にも広げる流れをつくった。官邸サイドの介入に対し、自民党税調のある幹部は「参院選を考え公明党とけんかしたくないのだろうが、政策を政局で動かされては困る」と不信感を隠さなかった。

引用終わり


軽減税率 谷垣氏、埋まる外堀 官邸、参院選にらみ押し切る2015.12.10

記事から引用

平成29年4月の消費税再増税と同時導入する軽減税率をめぐり、自民党が対象品目を加工食品にまで広げる方向にかじを切った。来夏の参院選での選挙協力をにらみ、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は公明党に譲歩。自民党の二階俊博総務会長も首相官邸や公明党と歩調を合わせ、財政規律を守る観点から抵抗する谷垣禎一幹事長らの外堀は埋まっていった。

 「ねじ伏せますから」

二階氏は9日午後、公明党幹部に電話で、こう告げた。ねじ伏せる相手とは、谷垣氏だ。28年度与党税制改正大綱の取りまとめを翌日に控えても、いっこうに軟化しない谷垣氏を説得できる自信があることを伝えたのだった。

二階氏は今月1日に公明党の漆原良夫中央幹事会長、太田昭宏前国土交通相と会談。そこで衆院選で公約に掲げた軽減税率を広範囲に導入しなければ、「嘘つきと毎日言われる」と漆原氏らがこぼし、連立離脱をにじませた。谷垣氏に同調していた二階氏も危機感を大きく募らせたようだ。

谷垣氏の外堀は首相官邸からも埋められた。安倍晋三首相と谷垣氏が9日、官邸で会談した際、同席した菅氏は「これで参院選に責任が持てますか」とまくし立て、公明党の主張を受け入れるよう求めたという。谷垣氏は会談後、記者団の問いかけに一切答えず、硬い表情で官邸を後にした。

菅氏は公明党の支持母体の創価学会幹部と太いパイプがある。今回の協議をめぐり、学会幹部から「公明党が納得できる制度を導入できないなら、次期参院選で自民党候補への推薦をやめる可能性もある」と厳しく迫られたという。

自民党は25年の参院選で勝利したが、「野党と数万票差の接戦を制した選挙区が多かった」(党選対幹部)ため、菅氏らも学会票を失うことへの危機感を強めていた。

財政規律を守るため、軽減税率の財源について「社会保障と税の一体改革」の枠内で捻出するよう指示していた首相の脳裏にも、第1次内閣で政権を失ったのは、参院選での敗北が引き金だったことがよぎったのかもしれない。敗北すれば、悲願の憲法改正が遠のくどころか、再び政権を失いかねないのだ。
二階氏は9日、軽減税率の対象品目拡大について、自分に言い聞かせるように周囲に漏らした。

「公明党に選挙で協力してくれということだ」

引用終わり

 これを皆さんはどのように読まれますか。
 表題だけ見れば官邸が強いように見えますが、私にはどう読んでも公明党と二階俊博氏が強い、という風にしか読めないのですが。公明党は軽減税率を推し進めていて、今度の参議院選で自民党が勝利するには絶対に彼らの協力が必要です。そして二階氏は増税派です。彼らの力がこれほど強いのに本当に増税阻止が出来るのでしょうか。

 そして本当に財務省は弱くなってしまったのでしょうか。消費増税が8%に決まった直後にも、財務省はいいようにやられてしまったという記事が流れていたのはご存知でしょうか。

財務省、日銀人事に次いで安倍官邸に2度目の"敗戦" 2013/10/7

 ただ時事通信や産経がこれだけ強さをアピールしている二階氏の名前が朝日や日経では全く出てきません。逆に怪しいような気がするのはうがった見方でしょうか。

官邸・自・公・財務省… 軽減税率めぐる暗闘の勝敗 (1/2ページ)2015/12/12

谷垣氏、矢面 軽減税率、官邸に完敗 2015年12月16日

 誰が正しいか、何が正しいのか。簡単に判断出来ることではありませんが、私はただ無邪気に高橋氏を信じて「増税は延期の可能性が高い」などと言う気にはなれません。
 
今までの状況や各社報道から私が読み取れることは。

・官邸は自民党や税調よりも強い。しかし、公明党はもっと強い。しかも二階氏の強さは幹事長である谷垣氏を凌駕している。
・財務省は一枚岩ではないし割れているようだ。しかし、過去の偽装敗北もあり、全く油断できない。

 そしてもっとも心配しているのが、ここまで積み上げてしまった議論を安倍総理がちゃぶ台返し出来るのかということです。
 軽減税率に関しては運用できるかはともかくある程度の話はまとまり、税制大綱にも記載されています。しかもその混乱を避けるために予備費から補助金を出すことが閣議決定されています。

軽減税率、レジ改修などに補助金 予備費から996億円 2015年12月18日

 税制の法案も閣議決定して、国会に提出されました。

軽減税率盛り込んだ税制改正の関連法案 閣議決定 2016/2/5

 さて、前半にも少し言及しましたが、高橋氏の発言の変化に関して言及しておきます。

 増税延期には法案を通すことが必要でそれは困難と言っていたのに、「景気条項」を根拠に増税は止められる、必要なのは首相の政治的な意志とパワー。凍結法案の形式は簡単と論調が変わった件。これは増税判断するには、余りにも景気が落ち込みすぎたこと、そしてその時の財務省と官邸のパワーバランスを見て、増税延期は可能と高橋氏は考えた。それだけなのではないでしょうか。8%の増税の時は、凍結法案の形式が簡単だったことはわかっていたけど、そこまでの政治的パワーは安倍総理になかったと見ていたのでしょうね。

 そして増税延期後から現在に至る発言もその時々の判断として整合性の取れることを言ってらっしゃるのでしょう。1月4日のご自身の記事でも言ってらっしゃいますが、政治は一寸先は闇なので断定的なことはいえないのですから。

 言説が変わったことの間に説明がない。ご本人としては変えたつもりがないあるいは、私が読んでいない雑誌などで説明されているのでしょうか。ただ現実が変わればそれに対する見方、考え方は変わるということなのでしょう。高橋氏にとっては説明するまでのことでもないということなのかもしれません。これを変節と言っている人をあまり見かけないのがなぜなのかはわかりませんが。

 高橋氏の政局の読みに対する信頼に、安倍総理との近さというのもあると思います。ただ、総理が高橋氏に動いてほしい時ならともかく、そうでないときに本心を話すのでしょうか。政治家とは私は基本的には本心を明かさないものだと思っています。特に総理大臣ともあろう人ならなおさらでしょう。そしてどんなに信頼する人からの助言でも受け入れられる時とそうでないこともあるだろうと。そうでなければ、本田内閣参与、浜田内閣参与がついていてなぜ消費税を8%にしてしまったのでしょうか。

 なぜ私があえてこのような記事を書いたのか。前半にも書きましたが、それは「高橋氏が言っているからこうだ」とか「〇〇はこう言っているけど、高橋氏はこう言っている。どっちが当たっているか」などの意見をネットで散見したからです。私は高橋氏の経済的な知見を高く評価しています。しかし高橋氏は無謬の預言者ではありません。経済学的に正しいことを言っている人が、政局の読みも必ず当てられるなどの保証はないわけです。政治は一寸先は闇。その時々の政治家や官僚の動きで予測することはある程度できますが、必ずしもそうなるというものではありません。そもそも経済学的に正しいことが政治でまかり通りならば、現在の20年近く続くデフレに日本が陥ることはなかったはずです。

 今回は自戒を込めてこういった記事を書きました。ある人の言説を無条件に信じるのは危険です。誰が言っているかは確かに大事です。しかし、何を言っているかもしっかりと見極め、出来る限り広く深く情報を収集して情勢を判断することが大切だと思います。自らの目で見て、自らの頭で判断して出した結論なら後悔することも少ないですし、その後また情勢の変化を見極めながらなにが正しいのかを考えることが出来ますので。誰かを盲目的に信じて、その人の言ったことが外れたなどと叫ぶような見苦しい真似をするのはごめんですからね。

 次回は増税延期のためには解散総選挙が必要かどうかについての記事を書く予定です。


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

増税と政局~優れた経済学者は無謬の預言者か(前編)

 
 これまで『増税と政局』というタイトルでいくつか記事を書いてきましたが、今回はこれまでの消費増税に関わる動き、あるいは来年は10%に上がってしまうのかを含めた動きを嘉悦大学教授・高橋洋一氏の言説を中心に書いてみたいと思います。なぜ高橋氏を選んだのか。理由としては(私の個人的意見として)信頼できる経済学者であるということ。つい最近のチャンネルくららも素晴らしかったですよね。説明がわかりやすかった上に、本当に日銀はマイナス金利を導入!さすがとしか言いようがありません。


【1月29日配信】日銀が初のマイナス金利導入!緊急特番!戦後経済史は嘘ばかり 高橋洋一 上念司【チャンネルくらら】


 そしてただ単に経済学者であるのみならず元大蔵官僚でもあり、何より安倍総理のブレーンであったり、政策工房の会長でもあり具体的な提案を法案の形に出来るほどの力のある人物で、経済のみならず政局に関しても多くを語っている人物だからです。それで彼を中心に語ることで見えてくるものがあるのではないかと思いました。

 もう1点はまるで彼の言説を信仰のように信じ、「高橋先生はこんなことを言っているけど○○はどういうのかな」とか、「○○はこう言ってるけど、高橋先生はこう言っている。どっちが当たるかな」などと言う人物を散見しました。それほど高橋氏の予想は当たるのか。それならば一度高橋氏の言説を検証してみなければと思った次第です。ですから、そのように見えたら心外ですが、高橋洋一氏の批判記事ではありません。ただ、彼を預言者のように信じている人に対しては批判と読めるかもしれないことはお断りしておきます。

 なお、今回、出来るだけ客観的に記事を書きたいため、あるいは読んでいただくために、通常こちらのブログで「先生」の呼称で書いている方も、「氏」で統一させていただきたいと思います(大臣や参与など肩書を付けたほうがわかりやすい人は別)。

 いつから始めようかと思いましたが、安倍内閣が発足し、景気も上向きになり2013年の参議院選でも勝利したあの内閣支持が絶頂にあったころからにしたいと思います。

 参議院選勝利後何が起こったか。以前は景気の状態によっては消費税延期を示唆していた麻生太郎財務大臣が、「予定通り上げる」「増税は国際公約に近い」などと言いだしました。

消費増税、状況次第では先延ばしもあり得る=財務相 2013/4/23

財務相、消費増税「国際公約に近く変更すれば大変な影響」 2013/7/23

 この「消費増税は国際公約」に関してはそのようなことはなかったことが後にわかりました。高橋洋一氏もこの時に「増税撤回しても国際公約違反にならない」と言っています。
(元記事削除されているために、以下のサイト参照)

Baatarismの溜息通信 2013/8/12


 しかし、一貫して消費増税には反対している高橋氏ですが、増税延期は難しいという見方をしていました。

「国会の違憲状態」解消こそがカギ!参議院で歴史的圧勝をした安倍首相は「消費税増税延期」に挑めるか 高橋洋一「ニュースの深層」2013/7/22

記事より引用

 消費税増税を止めるためには、その国会で消費税凍結法案が成立しなければいけない。野党がそうした法案を出しても、国会審議すらしないだろう。

 実際に与党から消費税凍結法案を出すのは、困難といわざるを得ない。三党合意もあるし、その合意が反故になったわけでもない。参院選でも凍結法案を公約にしていないのだから、常識的には凍結法案を与党は出さないという「判断」になる。

(中略)

 経済政策論では消費税増税ストップは当然だが、第一のシナリオでわかるように政治論からみれば、その実現は困難だ。ねじれ国会は解消したが、政府与党内プロセスがある。自民党税制調査会は、来年度の税制改正作業を9月頃から始める見通しだ。これは通常より約2カ月前倒しだが、消費税増税は当然の話として、増税ストップとはなるはずない。

引用終わり


ただこの時期には可能性として、総選挙が行えればということ示唆しています。

記事より引用

 もともと安倍首相は衆参のダブル選挙によって、衆院の「違憲状態」を脱したいはずだ。昨年12月の総選挙の「違憲状態」は深刻だ(4月1日付け本コラム )。いち早く、選挙制度を直して違憲状態から脱すべきである。しかも、消費税増税を止めるため国民の声を聞きたいというのは、これ以上のない大義名分である。そのためには8月の臨時国会で、違憲にならないような選挙制度改革法案を出しておかなければならない。これは針の穴を通すより難しいが、参院選後のパワーがあれば可能制はある。

引用終わり

 こちらの法案を通さなければ延期できない、そしてそれは難しいとの発言は、高橋氏のみならず、それまでは増税に反対していた議員の口からも聞かれるようになります。高橋氏に影響を受けたのか、財務省がそのようにご説明をしていたのかは定かではありませんが。


【赤池誠章】消費増税・三党合意に仕掛けられた罠、戦いは次の局面へ[桜H25/9/25]



 西田氏の場合は減税は新自由主義だそうで、もともとの本性が出ただけなのでしょう。最近は、消費税は貧乏人も金持ちも同じように取れる公平な税だと言っていますので。


【西田昌司】実効税率で投資誘導を、法人税率アップと投資減税の組み合わせ[桜H25/9/20]


 この後、消費増税が8%に決定した後も、次の10%の増税延期あるいは決断した際のシナリオについて、延期するには法案を通す必要があり、それは困難だとの見方を高橋氏は示しています。私が知る限りではこの記事まではそのような言説を取っています。

もし消費増税が見送られたら?起こる“不測の事態”とは?広い範囲で混乱発生か2014/9/13

記事より引用

 4-6月期のGDPは前期比年率▲7.1%と散々だった(二次速報)。7-9月期のGDPを材料として、消費税率10%への再増税(2015年10月)を今年の12月に判断することとなっている。消費増税を見送ろうとすれば、政治的には新たな凍結法案を国会で成立させる必要があり、かなり厳しい。

引用終わり

 しかしここまで延期は難しいと言っていた高橋氏の論調が少し変わります。

デタラメばかりだった財務省とエコノミスト『Voice』 2014年12月号 2014/10/01

記事から引用

 安倍総理も、消費税を10%にするかどうかの判断にあたっては増税のメインシナリオだけでなく、増税凍結のサブシナリオも念頭に置いているはずだ。安倍総理は今年10月1日、経済財政諮問会議の席上で「景気がどう回復するか、将来の見通しはどうか、十分に注視していく必要がある」と強調されていた(甘利明・経済財政担当大臣は相変わらず財務省とエコノミストのいうとおり「天候要因が大きく影響している」とやっていたが)。

 第二次安倍改造内閣についても、マスコミは「谷垣禎一氏や二階俊博氏が党役員に入り、増税路線が確定した」と報じた。だが、これも臆断にすぎない。安倍総理が「消費税を10%にしない」と決断すれば、いつでも谷垣禎一氏を切り、増税見送りを宣言することはありうる。本当に強い為政者は政局が「どちらに転んでもOK」と考え、博打はしない。単一のシナリオしか頭にない人間は、想定外の事態が起きたときに墓穴を掘ることになる。

引用終わり


 安倍総理が増税を見送りすることもあり得るという見方になっています。それが10月後半になるとがらりと論調が変わります。

消費再増税はこうやれば止まる 必要なのは首相の意志とパワー (1/2ページ)2014.10.25

記事より引用

 英フィナンシャル・タイムズ紙に掲載された安倍晋三首相のインタビュー記事が「増税延期も示唆」と報じられた。中身は、増税するともしないとも言っていないが、国内のメディアでは消費再増税が既定路線のように書かれるので、あえて外国メディアを使って、ニュートラル(中立)なスタンスを強調したのだろう。

 こうした報道が話題となるのも、再増税に対する安倍首相の判断が注目を集めているためだ。2閣僚の辞任によって、そう簡単には再増税できないという雰囲気が盛り上がっているのは事実だ。

 党内の増税派急先鋒(せんぽう)である元財務官僚の宮沢洋一氏を閣内に取り込んだのも、谷垣禎一氏の幹事長起用と同じ手法で、党内の増税派を分断している。安倍首相の意向を通りやすくしており、増税延期派からみれば勇気づけられることだろう。

 既に法律がある消費税の再増税を止めるには、新たな凍結法案か延期法案が必要だ。その際には、今の増税法案の「付則」で、経済状況を好転させることを条件とすることなどを盛り込んだ「経済条項」を根拠とすればいい。凍結法案の形式は簡単なので、首相の政治的な意志と党内の増税派を押さえ込めるだけの政治パワーがあればできる。

引用終わり


 「景気条項」を根拠に増税は止められる。必要なのは首相の政治的な意志とパワー。凍結法案の形式は簡単。どこかで聞いたことのあるようなフレーズですが、それはさておき、なぜここまで論調が変わってしまったのでしょうか。首相のインタビューもあるのでしょうが、この頃何が起こっていたのか。

 一つはあまりに景気の落ち込みがひどすぎてさすがに政権側も危機感を抱いていたということがあると思います。

#反動減はリーマンショック級 10%の消費増税は無理 2014/09/29

 この時期に私が書いた記事ですが、消費増税の悪影響があからさまに数字で表れました。記事内でも書いていますが、アメリカのルー米財務長官も消費増税による景気低迷に懸念を示しています。国際公約ってなんだったのでしょうねえ(棒)

 そして高名な経済学者ポール・クルーグマン氏もこのように述べています。

ノーベル賞経済学者クルーグマン「日本経済は消費税10%で完全に終わります」 2014年09月16日(火) 週刊現代 経済の死角

 しかしながら、政治が経済合理性だけで動くものでないことは、日本が20年近いデフレ政策をとっていたことからも明らかです。この頃安倍政権の内部で何が起こっていたのかというと、この方が動いていますね。

財務省の言うことを聞いていたらこの国はなくなる!本田悦朗内閣官房参与が再増税阻止へ必死の叫び!2014-09-09

 安倍総理の経済ブレーンの本田悦郎内閣官房参与がこのころからメディアで活発に活動を始めました。「総理と刺し違えても『消費税10%』は阻止します」との本田参与の言ですが、本田参与は経済ブレーンであるのみならず安倍総理の長年の友人です。彼のこの動きは総理の意向とも考えられます。そして、この後も消費増税に関してのマスコミ報道や政治家、財務省の動きは様々な局面を迎えます。

 9月3日に内閣改造をしたばかりでしたが、不祥事が続き、女性閣僚二人が同日辞任。第一次安倍内閣の辞任ドミノの再来かと思いきや、黒田バズーカ第2弾、いわゆるハロウィーン緩和と呼ばれる追加緩和で一気に株価は爆上げしました。

 自民党内では山本耕三氏が「アベノミクスを成功させる会」を発足させ、増税のマイナスの影響に関しての訴えを起こします。

消費税、自民党議員らも増税時期の延期を求める考え 2014/10/22

 しかしながら、大きく報道されませんでしたが、この勉強会も財務省による切り崩し工作が行われ、参加者は減少していきました。

財務省に切り崩される再増税慎重派。踏ん張る自公の2人の支えとは…2014/11/10

 しかしこのような報道。あの8%増税判断時にはなかったことですよね、財務省の関与をにおわせるようなものは。この件に関しては別の記事で書きたいと思います。

 このころ高橋氏は再延期にあたっては解散総選挙すべきだとの言説をするようになりました。

再増税路線に対抗するには解散総選挙 有識者会合と官僚シナリオ 2014.11.01

記事より引用

一方で、政治サイドとしては、消費増税先送りを争点にした解散総選挙を仕掛けたいところだ。内閣改造後、2閣僚が辞任したが、ダメージ・コントロールが功を奏して、政権支持率は50%程度、政党支持率も40%程度とまだ高い。

この時期に消費増税を先送りして、来年度予算の骨格を作り、解散総選挙というのは、麻生太郎政権で追い込まれて解散した結果、惨敗を喫した経験からも大いにあり得る話だ。

ちょうど2年前、11月16日(赤口)解散-12月16日(友引)総選挙で政権交代したときと似たような日程で、11月19日(大安)解散-12月14日(友引)総選挙という具体的な日程も流れている。11月18日まで有識者から意見を聞いた後で、安倍晋三首相が「国民の意見も聞きたい」と言って解散するシナリオだ。

もちろん、解散権は安倍首相しかないわけだから、これらは下種(げす)の勘繰りだ。ただし、政治の一寸先は闇であるので官僚主導の有識者会議を政治がひっくり返す可能性はないとはいえない。

引用終わり

 この時期になると明らかに官邸と高橋氏は接点を持っています。彼と安倍総理の親密ぶりも報道されるようになりました。

週刊現代「消費税5%に戻します」でニッポン大復活!財務省が焦る!総理「反増税派」との仲を強調!2014-11-04

記事より引用

財務省が焦っている!
財務官僚を震え上がらせる「事件」が起きたのは10月27日
ホテルオークラでの、故村瀬二郎氏の「メモリアルレセプション」でのこと。安倍総理は、同じくレセプションに参加した財務省OB嘉悦大学教授の高橋洋一氏の元へ向かい、5分ほど会話を交わすと会場を後にした。

財務官僚からすれば「大事件」
「レセプションには財務官僚OBが数名参加していたのに、彼らのことは一瞥もせず、高橋さんとだけ安倍総理が会話したから。高橋さんも財務省OBですが、この冬に10%への増税の可否が決められる消費増税に、公然と反対を張っている中核的な論客です。だから、ほかの財務省OBたちからすれば『この大事な時期に増税反対論者といったい何を話しているんだ』と騒然となったわけです。安倍総理がいなくなると財務省OBたちは高橋さんのところへ行き、『どんなことを話したの?』と慌てて質問していた」(出席者の一人)

引用終わり


 そしてほぼ同時期に解散総選挙のうわさが流れます。

【次期衆院選】政権内でにわかに強まる「年内解散論」 消費税先送りで一気に反転攻勢も2014.10.28

 これをきっかけに、今まで増税やむなしと言っていた民主党や自民党増税派も次々と増税延期に傾いていきました。そして安倍総理は11月18日、増税延期とアベノミクス再始動を掲げて衆議院解散、総選挙を行うことになり、平成27年10月に行われる予定だった消費増税10%は平成29年4月へと延期されることになったのです。

 ここまでの動きで気になる事と言えばやはり2014年9月から10月までの言説の変化です。なぜ「法案を通すのは難しい」から「凍結法案の形式は簡単。総理の意志で出来る」に変わったのでしょう。長くなりましたので、こちらは後半、増税延期判断から現在に至るまでの言説と合わせて考察することにしましょう。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

本田悦郎内閣官房参与が大使に!そして藤井聡参与は・・・

 この年も押し迫ってきたころにこんなニュースが飛び込んできました。

本田参与、大使転出へ=首相の経済アドバイザー

 本田悦郎内閣官房参与と言えば、浜田宏一内閣官房参与と共に総理の信頼する経済ブレーンであり、去年、「総理と刺し違えても『消費税10%』は阻止します」と10%への増税阻止に奮闘された方です。未だに消費の伸び悩む中、本来ならば10月には増税が行われていたことを思うと、本当に本田参与の功績は大きいと思われます。

財務省の言うことを聞いていたらこの国はなくなる!本田悦朗内閣官房参与が再増税阻止へ必死の叫び!

 今年行われるはずだった消費増税10%の延期が解散総選挙のおかげだったと思っている方も多いようですが、私はこの本田参与の活躍があったからだと思っています。本田参与のおかげで増税の害や、増税しなくても財政破綻したり国債が暴落したりすることはないという認識が広まりました。その後、解散風が吹いて、民主党を含む野党が増税反対に意見を変えた時点で、解散せずに増税延期を決めればよかったのですから。

 本田参与は、つい最近も、増税は延期すべきだとの声をあげておられました。

アベノミクス3年間の評価、キーマン2人に聞く 「追加緩和は来夏ごろ、消費増税再延期を」本田内閣官房参与

 現在、軽減税率などを含め、日本にとって重大な経済政策を決定すべく政府が動いています。それなのに、なぜこの時期に本田参与が大使として転出することになったのでしょうか?

 内閣官房参与と言えば、もう一名、私がこのブログで何度も取り上げている、藤井聡内閣官房参与がいます。

日本の独立と自由を守る最後の砦 チャンネル桜とは ~藤井聡と愉快な仲間たち


そこまで来たか!藤井聡 内閣官房参与として共産党との連携を主張!


藤井聡氏、赤旗掲載の件。ご本人から直々にご紹介いただきました!!


大阪W選挙自民惨敗! 戦犯は誰だ!


まだまだ続く!藤井聡 京都大学のメールアドレスで政治活動!


藤井聡内閣官房参与様の輝ける実績

・なぜかアベノミクスと親和性の高いリフレ派の経済学者(浜田宏一内閣官房参与を含む)を不思議なグラフなどを使って批判。

・政府の意向に反して、共産党と共闘して大阪都構想反対運動を展開。

・レギュラー出演している番組で、番組のフリップなどを変えさせて、自民党に有利になるように仕向け、BPOに申し立てられる。

・内閣官房参与でありながら赤旗で共産党との連携を呼びかけ、関西版SEALDs(SADL)の番組に登場、おおさか維新(主に橋下氏)を徹底的に批判。結果、大阪W選、自民推薦候補惨敗。

・橋下維新の不祥事を学生を使ってまとめさせる。さらに京都大学のメールアドレスを使って追加募集する(さすがにまずいと思ったのか、理由の説明なしにアドレス削除)。

 こんな素晴らしい実績を持つ藤井聡内閣官房参与様ですが、現在どうなっているかと言うと、なぜか安倍内閣の経済政策のブレーンなどと言われて大活躍です。

深層NEWS▽藤井聡が伝説のディーラー藤巻健史議員(おおさか維新の会)と白熱バトル!安倍総理GDP600兆円は実現するのか 最新2015/12/05


 一体これはどういうことでしょうか。やはり安倍首相の力が弱まって二階俊博氏の力が強まっているということでしょうか。

  藤井聡氏と二階俊博氏の関係の深さは常々言われていて、ここで須田慎一郎氏も語っています。

【須田慎一郎】藤井聡が橋下徹に噛みつく理由を暴露


 しかし、ここで語られている通り、W選では大失敗したにも関わらず、二階氏の強さは、最近の軽減税率をめぐるドタバタの中でこれでもかと言うくらい示されています。

軽減税率 谷垣氏、埋まる外堀 官邸、参院選にらみ押し切る

(記事より引用)

「ねじ伏せますから」

 二階氏は9日午後、公明党幹部に電話で、こう告げた。ねじ伏せる相手とは、谷垣氏だ。28年度与党税制改正大綱の取りまとめを翌日に控えても、いっこうに軟化しない谷垣氏を説得できる自信があることを伝えたのだった。

二階氏は今月1日に公明党の漆原良夫中央幹事会長、太田昭宏前国土交通相と会談。そこで衆院選で公約に掲げた軽減税率を広範囲に導入しなければ、「嘘つきと毎日言われる」と漆原氏らがこぼし、連立離脱をにじませた。谷垣氏に同調していた二階氏も危機感を大きく募らせたようだ。

(中略)

 二階氏は9日、軽減税率の対象品目拡大について、自分に言い聞かせるように周囲に漏らした。

 「公明党に選挙で協力してくれということだ」

(引用終わり)


 タイトルは官邸となっていますが、これでもかとばかりに二階氏の強さが語られています。

 二階氏がどういう人物かと言うと、親中派であることは有名ですが、まだデフレ脱却していない段階で金融緩和の出口戦略について語る、つまりアベノミクスを潰そうとしている人物でもあり、消費税増税に関しても推進派です。

【自民党】二階俊博の反日売国発言 【媚中派】

 この一連の動きを皆さまはどう思いますか。軽減税率のゴタゴタを見て「消費増税が見送られる可能性が高まった」とか「参議院選挙時に衆参ダブルで増税延期」などと言う方がいますが、本当にそうでしょうか。とてもではありませんがそのような楽観論を言う気にはなれません。私は、10%への消費増税はなんとしても阻止しなければならないと思っています。この増税が既定路線になっている中、どうしたら阻止できるのか。真剣に考えて行動しなければならないと思います。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

yumikw

Author:yumikw
富山市在住。夫と息子、猫2匹と暮らす会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR